神戸・三宮「グリル 十字屋」の洋食

洋食の十字屋という店の名前と場所は知っていましたが、

今まで一度も入ったことはありませんでした。

どんな話から十字屋でテイクアウトしようとなったのか、

よく分からないのですが、単に前を通り過ぎて、

一度食べてみようか、となっただけかも知れません。

 

とりあえずネットで十字屋のサイトを見てから出かけます。

www.grill-jujiya.com

 

場所はフラワーロードから花時計線を西側へ二筋目、

花時計線から南(海)側を見て左手にあります。

f:id:pochinokotodama:20220310111255p:plain

向かい側は北京料理の第一樓です。写真では分かりにくいかも知れませんが、

写真左側の手前から二つ目のパーキングメータ近くに「グリル十字屋」の看板があります。

第一樓は2016年のブログの記事にしています。

そんなとりとめの無い事を思っていると、子供時分、法事の食事でよく連れられて行った北京料理の「第一樓」を思い起こした。京町筋から1本東にある江戸町筋だから行ってみよう。

f:id:pochinokotodama:20220311180953j:plain

場所は昔のままだが、当時どんな建物だったのか全く憶えていない。小学校の高学年になると法事にも出なくなり全く縁が無くなってしまった。

その頃大人達が注文するメニューはコースのみで、子供に馴染みの無い料理が多く、余り嬉しく無かった。特に「鯉料理」は苦手だった。何年か前に少し年上の華僑の人とその鯉の話になって、その人も子供時分は苦手だったが、今だったら酒の肴においしいよ、と教えられた。

帰宅してから「第一樓」のHPで調べたら、「鯉の姿甘酢あんかけ/時価」となっていたので、お試しなんか出来ない、とあきらめた。

神戸 旧居留地をぶらり - pochinokotodamaのブログ

より

 

中華料理になると、なんやかやと言いたくなるのは、

やはり中華料理好きの親の影響があるかも知れません。

配偶者も中華料理になると一言あって、

華僑の人から、よう中華料理知ってるね、と言われたり、

中華料理店で、日本語のアクセントから明らかに中国人の店員さんと

思われる人から、話もしていないのに見た目で、

「中国の方ですか?」と言われるような人ですからね。

 

話が横にそれましたが、いかにも洋食屋さんの佇まいです。

f:id:pochinokotodama:20220310111316p:plain

写真を撮った日は、店の定休日の日曜日、3月6日です。

f:id:pochinokotodama:20220310114309p:plain

テイクアウトしたのは前日の土曜日で、カメラを持って出るのを忘れていたので、

次の日あらためて撮りに行ってます。

 

テイクアウトしたのは、

最初は、ホッとするためにお腹に入れたい、ポタージュ。

f:id:pochinokotodama:20220310113245p:plain

 

十字屋のサイトでトップページの写真になっている、シチュービーフ

私の大好物、エビフライ。

f:id:pochinokotodama:20220308172140p:plain

 

同じくトップページの写真になっていて、配偶者の大好物の

オムライス。

f:id:pochinokotodama:20220311163827p:plain

テイクアウトなので、どうしても容器の中で料理がグズグズになり、

上手く盛り付ける技量もなくて、まるで自宅で料理したように

見えてしまい、皆様にも、お店の方にも申し訳ありません。

 

注文してから出来るまでの時間は約30分ほどかかりました。

ファストフードの待ち時間に慣れていると、長いと思うかも知れませんが、

その分の丁寧さははっきりと分かり、どれをとっても優しい味です。

食べ進むと大げさではなく、身も心も緊張がほどけてゆきます。

 

どれも見た目が少なそうに見えるのですが、

食べ応えがあって、と言っても噛み応えがあるという意味ではなく、

ビーフビーフとしての、エビはエビとしての質がしっかりしているという、

食べ応えが十分あるので、風味もしっかりしています。

 

付け合わせの野菜も丁寧に作られていて、

野菜嫌いの私も、食べなあかん、の義務感なく楽しくいただけました。

 

私や配偶者が子供の頃から馴染んでいる、洋食の味を一層磨きをかけた、

そして、十字屋のサイトトップページのシチュービーフの写真を見た時、

f:id:pochinokotodama:20220311174818j:plain

三宮 ランチ 洋食屋 グリル十字屋

の写真より

口全体が想像した通りの「洋食」の味です。

あらためて洋食もおいしいなと思いました。

 

スプーンでは掬えず残ったシチュービーフのソースも、ポタージュも、

直接パンで掬い取っていただきました。

 

とてもおいしい晩ごはんになりました。

f:id:pochinokotodama:20220310115653p:plain

ごちそうさまでした。