「さんらく2F 三宮阪急楽天地」はどうなっているかな。

3年前、まだ新しい神戸阪急ビルが出来る前に、

JR高架下の2階にある「さんらく2F 三宮阪急楽天地」をご紹介しました。

神戸三宮の高架下商店街「さんらく2F 三宮阪急楽天地」 - pochinokotodamaのブログ

 

新しい神戸阪急ビルや阪急の高架下にばかり気が向いていて、

すっかりJR高架下の2階にある「さんらく2F 三宮阪急楽天地」を忘れていました。

1月17日(火)、阪急三宮駅の西口の方から行きます。

f:id:pochinokotodama:20220118113442p:plain

 

下の写真は3年前の改札口への上り口です。

f:id:pochinokotodama:20220118102802p:plain

今も天井の照明は変わっていませんが、

f:id:pochinokotodama:20220118113528p:plain

エスカレータの右側の壁はすっかり変わっていて、今回のリニューアルで、

駅東口と雰囲気が合ってきました。

今年5月に撮影した駅東口です。

f:id:pochinokotodama:20220118110147p:plain

 

「さんらく 三宮阪急楽天地」への入り口は分かりやすくなっています。

f:id:pochinokotodama:20220118113611p:plain

入居していた店はどうなっているのか案内板で、

下の写真の3年前と比べると、

f:id:pochinokotodama:20220118122241p:plain

下の写真の現在は、

f:id:pochinokotodama:20220118122411p:plain

「食らく」で1軒、「遊らく」で1軒、

「買らく」で2軒、「事務所」で2軒がなくなっています。

3年前はこういう状態だったので、

f:id:pochinokotodama:20220118165647p:plain

見た目は殆ど変わっていません。

f:id:pochinokotodama:20220118170243p:plain

3年前、東へ進むにつれて段々と上がってゆく通路は、

酔っぱらって歩くと怖いな、の印象はそのままです。

新しくトイレが設けられていて、

f:id:pochinokotodama:20220118172330p:plain

もう一ヶ所この先にもありました。

寒い時には街中のトイレは助かります。

 

午後の3時半頃。

f:id:pochinokotodama:20220118180345p:plain

もっとシンとしている印象でしたが、

f:id:pochinokotodama:20220118180823p:plain

お昼営業もしている飲み屋さんもあるせいでしょうか、

意外と人が通っています。

f:id:pochinokotodama:20220118181556p:plain

空気が乾燥しているので、

焼きギョーザ・ししとう・ホルモン焼きそば、なまちゅう、

の誘惑と闘っていました。

 

最後の1段で東側の突き当りになります。

f:id:pochinokotodama:20220118183106p:plain

左側にある階段を降りて外に出ると、路地の右側は阪急の高架下「EKIZO」です。

f:id:pochinokotodama:20220118185044p:plain

「さんらく2F 三宮阪急楽天地」の下にある飲み屋さんや食べ物屋さんは、

今時の「EKIZO」と違い、昭和の飲み屋さんの匂いが流れています。

f:id:pochinokotodama:20220118191200p:plain

 

路地を阪急三宮駅の西口の方へ引き返してゆくと、

時々テイクアウトをしている「珉珉」や、

f:id:pochinokotodama:20220118193249p:plain

こってりした飲み屋さんなどが並ぶ通路の奥には、

関西国際空港や大阪空港へのリムジンバスが停車している、

ちょっとしたミスマッチ感は神戸らしいかなと、思い込んでいます。

f:id:pochinokotodama:20220118194551p:plain

酒の肴を焼く煙が時々猛烈に流れたり、人がウロウロしている高架下の1階と、

床がテカテカしている2階はまるで別世界のようです。

 

阪急三宮駅の西口へ戻って来ました。

f:id:pochinokotodama:20220118201328p:plain

 

「神戸阪急ビル」「EKIZO」「さんらく2F 三宮阪急楽天地」の中で、

「さんらく2F 三宮阪急楽天地」が一番夢に出てきそうな夢のような景色です。