メリケンパークの空を雲がどんどん流れています。

海岸通りの「メリケンパーク波止場前」交差点にある陸橋から空を見ると、

商船三井ビルディングの上を、雲が山から海の方に流れています。

f:id:pochinokotodama:20220106103123p:plain

海がキラキラしているメリケン波止場

f:id:pochinokotodama:20220106102635p:plain

音は聞こえてきませんが、よく見ると空港島から飛行機が飛び立って行きます。

f:id:pochinokotodama:20220106104045p:plain

メリケンパークの南の端まで歩いて、海をぼんやり眺めていると、

今度は誘導路に沿って下りてくる飛行機です。

f:id:pochinokotodama:20220106104908p:plain

山から海に向かって吹く北風が強いからでしょうか、やはり音は聞こえません。

すぐそこなのに音がしないと、ものすごく現実離れした景色を見ているようです。

 

冬の晴れた日に、山肌を次々と雲の影が動くのが見られる、海側からの眺めです。

f:id:pochinokotodama:20220106110736p:plain

左の方に市章山と錨山のマークが見えます。

街灯の後ろの錨のマークは見えにくいですが、夏場に比べると見つけやすいです。

f:id:pochinokotodama:20220106112531p:plain

 

ポートタワーの工事用の囲いが、だんだんと高くなっています。

f:id:pochinokotodama:20220106113308p:plain

 

メリケンパークの広場に白バイやパトカーが整列していて、

警察の何かの行事かなと思って、家に帰ってから調べると、

f:id:pochinokotodama:20220106114049p:plain

兵庫県警の「年頭視閲式」 だそうです。

jocr.jp

消防の出初式というのはTVニュースで見たりしますが、

警察も年頭に同じような行事があったのですね。

消防の出初式ほど人目を引く派手なアトラクションがないので、

あまり報道されないのかも知れません。

 

それにしても風が吹き抜ける中での直立姿勢を見ていると、

だらけた姿勢をすると教師に注意されて厭だった、

小中学校の朝礼を思い出してしまいました。

 

f:id:pochinokotodama:20220107105652p:plain

体が冷え切らないうちに、メリケンパークの西側、

ポートタワー前のタワーロードを通って帰ります。

 

この日のように、晴れて風の強い日は、

山から海へ、雲がどんどん流れています。