写真集「ふるさとの手帖」は、誕生日プレゼント。

2018年のブログで、

配偶者「誕生日プレゼントは何がエエ?」

私  「そやなぁ、ハイキングでも履ける中厚手位の靴下がエエなぁ。」

配偶者「靴下ぐらいやったら一人で買えるやろ。一人で買(こ)うといで。」

私  「ヘッ・・・ ⁉」

《一人で好きなように、好きなもん買っといでという思いやりでしょうね。多分。(ダークサイドの私)》

プレゼントの話はこれで決着です。

 

私  「ケーキはあんのん?」《自作はやめてくれよ。(ダークサイドの私)》

配偶者「私は元町ケーキがエエなぁ。」《俺の誕生日や ‼ (ダークサイドの私)》

配偶者「私、いつでも買いに行けるよ。」 《‼ ‼ ‼ (ダークサイドの私)》

 ケーキの話はこれで決着です。

元町ケーキのあとに「思いつき冬のパフェ」が出ます。 - pochinokotodamaのブログ より

という事があって、今年の私への誕生日プレゼントは、

以前のブログでもご紹介した、

すき間の景色-神戸。 - pochinokotodamaのブログ

写真家の仁科勝介さんの写真集でした。

f:id:pochinokotodama:20211217184603p:plain

ハーバーランドの「大垣書店」で買おうと思ったのですが、

見つからなかったので、Amazonで注文しました。

書評では写真は素人レベルと言ってる方もおられますが、

心がじんわりと深呼吸できるように、

穏やかな眼差しで写真を撮っておられるので、

私は良い写真だなぁと思っていますよ。

f:id:pochinokotodama:20211217193126p:plain

こちらのサイトでは、

東京・神田の今を撮っている写真が、連載されています。

www.1101.com

今年のプレゼントの話はこれで決着です。

 

今年の誕生日ケーキは、どうした事でしょう、配偶者の自作となりました。

スポンジケーキを買ってきて、

f:id:pochinokotodama:20211217193413p:plain

ブランデーを、これでもかと言わんばかりにスポンジに滲みこませ、

ホイップを使って、それらしくボリューム感を出して、イチゴを散りばめ、

f:id:pochinokotodama:20211217194654p:plain

これで、どないや、という配偶者の根性がハッキリと分かる、

小ぶりではありますが、渾身の力作となっています。

「HAPPY BIRTHDAY」は、これも手描きの自作です。

f:id:pochinokotodama:20211217201930p:plain

一日では食べきれなかったので、二日にわたって食べたのですが、

二日目の方がスポンジにブランデーがよく滲み込んで、

しっとりとした生地になり、一層おいしく頂けたのでした。

今年のケーキの話はこれで決着です。

 

来年は、さぁどうでしょう。