去年の11月以来の摩耶山。

3月24日(水)

新神戸駅裏の「みはらし展望台」で咲いている桜をみると、

思わず微笑んでしまいます。

f:id:pochinokotodama:20210326093740p:plain

今年も見ることができた、の満足感がじわ~っと湧いてきます。

f:id:pochinokotodama:20210326095226p:plain

 

生田川沿いの桜はどうかな。

f:id:pochinokotodama:20210326101104p:plain

今週末の土曜日は晴れの予報なので、見に行ってみようかな。

 

今日は去年の11月以来の摩耶山ハイキング。

家を出て地下鉄に乗ると、普段の裏山散歩と違って、

少し緊張しています。

 

「みはらし展望台」を過ぎるころには、緊張もなくなり、

市ヶ原から10分位上がってくると、ここにも桜。

f:id:pochinokotodama:20210326104324p:plain

掬星台まで、まだまだやけど、息も上がらんし大丈夫やろ、

と、近くにある案内板を見ながら一息つきます。

f:id:pochinokotodama:20210326111902p:plain

 

ハーブ園との分岐近くから白く見えるのも桜、かな。

f:id:pochinokotodama:20210326115933p:plain

 

稲妻坂の学校林道分岐まで約半分の所から見える明石海峡大橋が、

霞んでいるのは、この季節ではしようがないこと。

f:id:pochinokotodama:20210326121001p:plain

標高400mを越える裏山散歩には、ほとんど行っていないので、

新神戸から約1時間半、ここまで不具合もなく歩けたことで十分です。

 

学校林道との分岐に到着。

左に見える赤い標識から学校林道が始まり、行く先には4本鉄塔があります。

f:id:pochinokotodama:20210326123940p:plain

春休みも関係あるのでしょうか、平日にもかかわらず若い人が多く、

どんどん追い越されてゆきますが、連られてペースを上げると、

あとで痛い目にあうことはこれまで十分経験済みなので、

新神戸から約2時間、ここで腰を下ろして一服します。

 

久しぶりに4本鉄塔を町中から見上げるのではなく、

見下ろしています。

ポートアイランドや空港島までは見えても、対岸の大阪は見えません。

春やね。

f:id:pochinokotodama:20210326130649p:plain

この辺りは、市ヶ原から掬星台までの、三分の二くらいの所、

f:id:pochinokotodama:20210326154149p:plain

f:id:pochinokotodama:20210326155250p:plain

山上まで標高差も100mを切ってきたので、このままのゆっくりしたペースでも、

お昼には掬星台に着けそうです。

 

山上の電波塔まであと2分の所にある反射板から、

大龍寺の屋根が白く見えます。

f:id:pochinokotodama:20210326160544p:plain

結構上ってきたと久しぶりの摩耶山に上機嫌です。

 

掬星台では紅梅が満開。

f:id:pochinokotodama:20210326163737p:plain

f:id:pochinokotodama:20210326164237p:plain

 

広い展望と市街地への距離感が、掬星台に人気がある理由でしょう。

ポートアイランドからハーバーランド方面、

f:id:pochinokotodama:20210326165434p:plain

こちらは六甲アイランド方面です。

f:id:pochinokotodama:20210326170431p:plain

 

お昼は掬星台で済ませたのですが、

風があってじっとしていると冷えてきそうなので、さっさと下りることにします。

もし疲れていたらロープウェーとケーブルカーを使おうと思っていたのですが、

それ程疲れていないし、風もあるのでロープウェーが揺れたら怖いなと思い、

歩いて青谷へ下ります。

 

摩耶山史跡公園は、冬は風が摩耶山に遮られているので、

ここまで下りてくるとホッとします。

f:id:pochinokotodama:20210326173013p:plain

f:id:pochinokotodama:20210326172456p:plain

今日はモクレンが綺麗に咲いています。

f:id:pochinokotodama:20210326173303p:plain

下ってゆくと旧山門の手前で、冷たい風が抜けてゆきますが、

身をすくめるような冬の冷たさではなく、

秋のような心地よい冷たさなので、

f:id:pochinokotodama:20210326174323p:plain

季節は秋で、摩耶山とは違う場所を歩いているような、

例えば秋の終わりかけの京都のお寺を歩いているような、

そんな錯覚をおこしそうな雰囲気です。

 

久しぶりのハイキングシューズで、

湿っている小さな岩場を滑らないで通り抜けたりすると、

あぁ、山道をあるいてるんや、と一々楽しみながら、

青谷へ下りてきました。

f:id:pochinokotodama:20210326174757p:plain

 

まぁまぁ、よう歩けたんとちがう、

と、その日はいい気になっていましたが、

次の日の木曜日と、今日金曜日はお尻から太ももの後ろが筋肉痛、

階段の上り下りがちょっと辛いです。