オレンジのル・クルーゼ

2月28日(日)の夕方、

煮炊きものを何品か作ろうとして、二人の不注意で、20年近く使っていた、

ル・クルーゼのお鍋を、どうしようもないほど焦げ付かせてしまいました。

f:id:pochinokotodama:20210304171428p:plain

配偶者は半べそ状態で、自分の注意力の無さに落ち込んでいます。

 

私でも、たとえハンカチであっても、どこかで落とした時など、

人に踏まれていないかなと、心寂しくなることもあるので、

配偶者にすれば、20年近くずっと当たり前にそこにあって、

ずっと当たり前に使っていたお鍋を失うのは辛いでしょうね。

 

買ってから間もない頃、私がお鍋の底を焦げ付かせ、

慌てて木のヘラで無理やり焦げをそぎ落としたのが原因で、

最近はホーローが剥がれて地金が小さく出てきていたので、

使いにくくなっているなと、思っていたところに、

今回の事態は辛いものでした。

 

ル・クルーゼは使い易く、これで煮炊きをすると美味しい、

と思い込んでいたので、どうしても他のお鍋は使う気にはなれず、

その日の夜遅くに、ネットで新しいル・クルーゼのお鍋を注文しました。

 

注文したオレンジのお鍋が配達されたのは3月2日の火曜日。

f:id:pochinokotodama:20210304172114p:plain

はじめまして。これからよろしくお願いしますね。

 

取扱説明書に焦げ付かせた時の説明があり、

ちゃんと読んでおけばよかった、とは今更ながらです。

f:id:pochinokotodama:20210305120749p:plain

 

古いお鍋を捨てる気にはなれず、台所で休んでもらっています。

 

 

新顔のル・クルーゼが来た次の日3月3日(水)は風があり寒い。

大師道で久しぶりの修法ヶ原池へ。

登り口の空を雲が駆け抜けています。

f:id:pochinokotodama:20210304174905p:plain

 

修法ヶ原池には陽だまりがあって、正面の再度山に、

鍋ひとつでも案外動揺するもんやな、と独り言。

f:id:pochinokotodama:20210304173902p:plain

片隅にまだ後悔を持っている自分を小さいなと思うと、

営業中のボートハウスが大きく見えてしまいます。

f:id:pochinokotodama:20210304172952p:plain

それでも帰り道の大龍寺で、 

f:id:pochinokotodama:20210304175500p:plain

寒緋桜が咲いているのを見つけて、後悔のこわばりが少しほぐれます。

f:id:pochinokotodama:20210304121653p:plain

 

今日3月5日(金)も 朝から雨ですが、底冷えがなくなっているので、

これからは、体のこわばりも、少しずつほぐれてゆくのでしょうね。