神仙閣 神戸店 のテイクアウト中華。

三宮にある上海料理の店が、テイクアウトをしていたら買ってみようと、

出かけたのが2月20日(土)。

 

ところが上海料理の店へ着く前に、生田新道で見つけたのが、

神仙閣 神戸店 のテイクアウトメニュー。

配偶者と私の二人はメニューにくぎ付けです。

f:id:pochinokotodama:20210223130348p:plain

20%OFFやで!「人気の6種盛」が税込みで4,320円やで!

しかも2月28日までやで、どないする?

上海料理は、また今度にして10秒もかからず「人気の6種盛」に決定。

 

テイクアウトしました「人気の6種盛」

f:id:pochinokotodama:20210226110634p:plain

真ん中は海老のマヨネーズ炒め。

真上は酢豚。(ここから時計回りに)

右上は鶏の唐揚げ。右下は玉子春巻。

左下はイカの天ぷら。左上は海老の甘辛炒め。

 

左上の海老の甘辛炒めは、本来のメニューは海老のチリソースですが、

私は辛いのが苦手なので、甘辛といっても殆ど辛味が薄い、

海老の甘辛炒めに変更してもらいました。

 

先ずは、この海老の甘辛炒めからいただきます。

f:id:pochinokotodama:20210226112502p:plain

ああ、この味や!

法事など集まりの後の食事といえば、中華料理。

おとな達がここの中華が美味しいと言っていれば、

こどもの私は、そうかと憶え込み、それが中華味の基準になりました。

海老の甘辛炒めは、その味が美味しく再現されています。

 

配偶者は玉子春巻を一口食べて、

この春巻き美味しい!やっぱり!皮に玉子をいっぱい使ってる!

と大はしゃぎ。

f:id:pochinokotodama:20210226114811p:plain

具材に何を使っているのか詳しくは分かりませんが、

量はたっぷりで、味は海老の甘辛炒めと同じように「美味しい」の基準味。

 

配偶者の知人のお父さんが神仙閣で働いておられるので、

その知人が玉子春巻の作り方を教えて欲しいと言ったところ、

「卵を10個用意して」と言われたので、

その時点で玉子春巻はあきらめた、と話された事があったそうで、

配偶者も自分で作るより買ったほうが良いのだそうです。

 

海老のマヨネーズ炒めのマヨネーズ味が、

酸っぱ過ぎず、くど過ぎず、良いあんばいです。

f:id:pochinokotodama:20210226122057p:plain

海老は、海老の甘辛炒めと同じように大きくプリプリで、風味もしっかり。

 

イカの天ぷら、久しぶりで懐かしい。

以前は時々、春日野道の「民生」で食べていました。

f:id:pochinokotodama:20210226124733p:plain

おいしいイカの香りにパリッとした衣が良いなぁ。

 

酢豚。

豚肉も野菜も固すぎず、かと言ってヨレすぎず、

ほんまにええ腕やなぁ、と納得します。

f:id:pochinokotodama:20210226124051p:plain

私と配偶者が大阪や京都で中華を食べる時、

この味が、「美味しい」の物差しになっているようです。

 

鶏の唐揚げ。

今では色んな味付けの唐揚げがある中では、

オーソドックスな味付けです。

f:id:pochinokotodama:20210226150939p:plain

ちょっとアクセントが足りないなぁ、という気がします。
ニューミュンヘンの唐揚げに馴染んでいるせいでしょうか。 

 

美味しいものを食べると、

楽しいことを思ったり、

楽しかったことを思い出したりして、

お腹が温くなります。

 

今日2月26日(金)は朝から寒い雨ですが、

昨日25日は良い天気でビーナスブリッジの空には何本も飛行機雲。

f:id:pochinokotodama:20210226161211p:plain

今が花粉症のピークのようで、こんな晴れた日に風があると大変ですが、

もう少しの辛抱でしょうか。