新神戸駅裏から北野町異人館街までの「背山散策路」

2月17日(水)は天気予報どおり「寒の戻り」 で空気が冷たい。

 

かかりつけのお医者さんからも勧められているので、

暖かくなったら摩耶山へハイキングに行けるよう、体を慣らしておこうと、

新神戸駅裏から北野町の異人館街までの、「背山散策路」へ向かいます。

 

1月20日とは逆コースです。 

風見鶏の館から新神戸駅裏に出る、久しぶりの背山散策路です。 - pochinokotodamaのブログ

 

フラワーロードを山の方へ歩いて行くと、

手前に学校林道の4本鉄塔、奥に摩耶山の電波塔が見えています。

左の建物は新神戸ANAホテル。 

f:id:pochinokotodama:20210217140624p:plain

 

新幹線の新神戸駅のガードをくぐって、いきなりの坂道を2分ほど上ると、

左側に大きな案内板と石の道標で「背山散策路」 が始まります。

f:id:pochinokotodama:20210217141053p:plain

近づいて見ると、コースと 

f:id:pochinokotodama:20210218121035p:plain

距離が分かります。

f:id:pochinokotodama:20210218125743p:plain

 

100mほど坂道を上ると、

f:id:pochinokotodama:20210219103627p:plain

(100mおき位に道しるべがあり、目安となっています)

f:id:pochinokotodama:20210218221457p:plain

生田川右岸の上方からの港が見えてきます。

f:id:pochinokotodama:20210218221130p:plain

春から秋は、葉が茂ってよく見えないのですが、

葉が落ちている、真冬の今だからの見晴らしと思います。

 

 

木に手描きの古い道標がある少し先から、

f:id:pochinokotodama:20210219105731p:plain

布引ハーブ園のロープウェイの山麓駅はすぐ下にあります。

f:id:pochinokotodama:20210219111928p:plain

 

右手にベンチがある小さな休憩場所で、

東向きに置かれているベンチからは何の眺めもありませんが、

落ち葉がない所があるので、結構立ち寄る人もいるようです。

f:id:pochinokotodama:20210219112839p:plain

傍には、レトロなイラストマップ。

f:id:pochinokotodama:20210219113409p:plain

訂正シールが貼られていますが、シールの「新神戸ロープウェイ」は、

現在「神戸布引ロープウェイ」となっていて、

その表記も今ではもう古いものとなっています。

冒頭の案内板のマップより正確性ではイマイチかも知れませんが、

私はこちらのイラストマップの方が楽しいですね。 

 

もう一度ロープウェイの下を通る頃は、

f:id:pochinokotodama:20210219121116p:plain

道は水平道になってきます。

f:id:pochinokotodama:20210219122018p:plain

「背山散策路」は山の南際にあるので、

冬の北西の風は山がブロックしていて、

ザーッという木が風で鳴る音が聞こえても、

風は上を通り過ぎていて、体にあたる事はありません。

葉が落ちて明るい木々の間を歩くのは快適です。

f:id:pochinokotodama:20210219123121p:plain

 

ちゃんと閉めたか不安になり、振り返ってイノシシ除けの扉を確認。

よかった、閉めてるわ。

f:id:pochinokotodama:20210219160847p:plain

「港みはらし台」 はすぐです。異人館街も近くなりました。

f:id:pochinokotodama:20210219161853p:plain

f:id:pochinokotodama:20210219162223p:plain

ここにもレトロなすごいイラストの案内が。

f:id:pochinokotodama:20210219162601p:plain

手前の「うろこの家」あたりは殆ど変わっていないようですが、

奥の市街地には高いビルが建っています。

f:id:pochinokotodama:20210219163035p:plain

空には黒い雲が背中の山の方から流れていて、

上り始めた新神戸駅の時より寒くなってきた気がします。

新神戸駅からここまで30分くらい、異人館街まであと少し。

 

道が急な下り坂になると、昔ながらの街の雰囲気になってきます。

f:id:pochinokotodama:20210219170051p:plain

右側の道を下りてくると、小さな「背山散策路」の石柱があり、

ここが終点となっているようです。

f:id:pochinokotodama:20210219170914p:plain

新神戸駅裏から約40分の背山散策でした。

f:id:pochinokotodama:20210219172736p:plain
イラストマップで「背山散策路」終点から、

左にある北野天満神社へ行くのですが、

道が直角に曲がる所にあるこの建物は、

f:id:pochinokotodama:20210219174240p:plain

風見鶏の館から新神戸駅裏に出る、久しぶりの背山散策路です。 - pochinokotodamaのブログ の空き家異人館の裏手です。

表はこんな具合です。

f:id:pochinokotodama:20210219175106p:plain

異人館を見ているこの場所の左側に、北野天満神社の裏口があります。

f:id:pochinokotodama:20210219175819p:plain

天神さんへ裏口から入るような不埒な私、

やっぱり勉強は出来んわな。

f:id:pochinokotodama:20210219180604p:plain

見晴らしは良いけれど、雲がどんどん流れる、風が強い。

f:id:pochinokotodama:20210219182530p:plain

人のいない北野町広場。

春節祭の獅子舞が見られへんのは淋しいなぁ。

f:id:pochinokotodama:20210219183437p:plain

 

異人館の多くが緊急事態宣言で休館中なので、

北野通りにも、

f:id:pochinokotodama:20210219184136p:plain

北野坂にも、

f:id:pochinokotodama:20210219184923p:plain

人出はほとんどありません。

 

観光が一服している北野通りは、

狭いけれど信号が少なく、車が抜け道に使うのか、結構せわしないので、

トアロードへ出るのに、また山側の道へ戻ろうと、

萌黄の館の西側へ出る路地を上ります。

f:id:pochinokotodama:20210219190420p:plain

上りきって西へ歩くと、

f:id:pochinokotodama:20210219190838p:plain
上りはここまで。

f:id:pochinokotodama:20210219191215p:plain

このまま道なりに西へ歩き、突き当りで北野通りへ戻ります。

 

北野通りからトアロードへの途中で、

きょうは坂の路地に魅入られたように、

山本通りへの路地を下ります。

f:id:pochinokotodama:20210219192417p:plain

山本通に出て、

左側の界隈の異人館の多くは、

観光用ではなくて、人が普通に住んでいます。

f:id:pochinokotodama:20210219192829p:plain

右側は信号機のある交差点がトアロードなので、

こちら側へ歩いて帰ります。

f:id:pochinokotodama:20210219193805p:plain

雪がチラチラ落ちてきました。

 

「背山散策路」については毎回同じこと言ってますが、

小一時間ほどのこの背山散策路は、

冷たい季節風は山で遮られ、南からの陽ざしが暖かく、虫もいない、

寒い今の時期に歩くのが一番良いと思います。

風見鶏の館から新神戸駅裏に出る、久しぶりの背山散策路です。 - pochinokotodamaのブログ より

 もう一つ付け加えると、

新神戸駅からの方が取り付き口が分かりやすく、景色も楽しみやすいので、

新神戸駅裏からのコースはおすすめです。

くれぐれも、葉が茂って見晴らしが悪く、

その上、風が抜けず蒸し暑く、やぶ蚊などに悩まされる、

夏場の「背山散策路」は避けてください。