神戸ハーバーランドの風が強かった日に、メレンゲ菓子を作り直しました。

1月16日(土)、風が強い神戸ハーバーランド

神戸市の市章が描かれている高浜岸壁から山の方をみると、

雲がどんどん流れてゆきます。

f:id:pochinokotodama:20210119124020p:plain

雪かなと思ったのですが、そんなに冷えていないので雨雲だろうな、

と、思って見ると、ポートアイランドも降りそうな空です。

f:id:pochinokotodama:20210119125909p:plain

 

川重のドックに「よこすか」という、

海洋研究開発機構(JAMSTEC) の船が停泊しています。

f:id:pochinokotodama:20210119163351p:plain

 「こうべ」の造船所に「よこすか」とは、なんか不思議やなと思っていると、

www.youtube.com

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が、頭の内で鳴っています。

横浜・横須賀は、画や歌になるので羨ましいですね。

 

この日は、同じドックに潜水艦も停泊していました。

f:id:pochinokotodama:20210119171749p:plain

この後、umie で買い物をしていると一雨あったようで、

umie から出てくると地面が濡れていました。

 

家に帰って一服すると、配偶者は、

初めてのメレンゲ菓子が散々だったので、作り直します。

失敗の様子はこちらで

ティラミスを作ってますよ。 - pochinokotodamaのブログ

 

こんなふうな仕上がりに近づけたかったのに、

間違った手順で作ったので、

f:id:pochinokotodama:20210112112507p:plain

結果、恐ろしいことになってしまいました。

f:id:pochinokotodama:20210112114232p:plain

 

よほど悔しかったのでしょう、

配偶者は、今度はしっかりと動画の内容を理解しようと、

パソコンの画面を真剣に見つめています。

その気迫は、それはそれで恐ろしいものがありましたが・・・。

 

オーブンで焼き上がったところです。

f:id:pochinokotodama:20210119112225p:plain

おぉ、出来ています。

ちょっと形がバラバラやな、とは思ってはいけません。
そう思うのは誤解か、錯誤ですから。

 

早速いただきます。

f:id:pochinokotodama:20210119113952p:plain

食感は口の中で溶ける軽さ。

前回よりも更にマイルドさと香ばしさがあり、

昔食べた綿菓子の味が一番近いようです。

 

綿菓子を食べた記憶で一番古いのは、

まだ小学校に上がる前、私の従姉が通っていた小学校の運動会に、

父方の祖母に連れられて行った帰り、校門の前で綿菓子を売っていて、

欲しいと言っても両親だと買ってくれないけれど、

祖母だと多分買ってくれるであろうことを見越して、

ねだって買ってもらったのが一番古い記憶です。

欲しいものがあっても両親が買ってくれない時は、

何かと両親の祖父母にねだっていたのを思い出します。

 

f:id:pochinokotodama:20210119121132p:plain

そんな懐かしい綿菓子の味に合うように、駄菓子っぽく瓶に入れて、
しばらくの間、味も見た目も楽しみます。