ハイテンションのホットサンドメーカー。

ホットサンドを食べたのはいつだったか、思い出せないほどの昔話。

配偶者からハイテンションで、

ホットサンドメーカーを買っていいかな、と言われた時も、

ホットサンドをイメージするのに若干時間が必要で、

ああエエのんちゃう、の返事までちょっと間がありました。

 

で、アマゾンで買ったのがこちら。

f:id:pochinokotodama:20201110104245p:plain

詳しい仕様は下記リンクで参照してください。

 

配偶者がハイテンションで、用意したサンドイッチの具材は、

f:id:pochinokotodama:20201110110341p:plain

魚肉ソーセージのフライはきのうの晩の残りで、

燻製チーズはセブンイレブンのお酒のつまみ用の残りで、

カマンベールチーズはピザトースト用のストック、

と有りものばかりです。

 

配偶者がハイテンションで、

メーカーにバターを置きます。

f:id:pochinokotodama:20201110113417p:plain

これでバター風味がパンを包みます。

 

配偶者がハイテンションで、

5枚切りの山食パンに、魚肉ソーセージのフライを載せて、

トンカツソースをかけます。

f:id:pochinokotodama:20201110120250p:plain

 

配偶者がハイテンションで、

カマンベールチーズと燻製チーズも載せます。

f:id:pochinokotodama:20201110122326p:plain

 

焼き上がると、

配偶者が更にハイテンションになります。

f:id:pochinokotodama:20201110122910p:plain

 

配偶者が一層ハイテンションで、

中の焼け具合を見せようと切ったのですが、

f:id:pochinokotodama:20201110124658p:plain

意に反して無残な切り口になり、

テンションが下がるかと思ったのですが、

ごっついハイテンションのままです。

《ほんま、あんた強いわ。(ダークサイドの私)》

 

パンにバターの風味が香ばしく、

具材はしっとりおいしい。

パンの耳はカチカチですが、少しずつかじると問題ありません。

ただ具材の味がちょっと淡白なのが惜しかったのですが、

今度はうまくやるぞ、と配偶者は更にハイテンションになります。

 

これが11月8日の朝の事。

その日の晩には、

配偶者がハイテンションで、ホットサンドメーカーで、

跳び箱の踏切板のようになっている、お好み焼きを作ります。

f:id:pochinokotodama:20201110153830p:plain

《どないしたら、こんな形になるんや?(ダークサイドの私)》

 

具材は、キャベツを細かく刻んで、 長芋たっぷりの小麦粉に、

豚バラ、チクワと一緒に混ぜ込みます。

 

長芋がたっぷりなので、外側はお好み焼きほど固くなく、

出汁で食べるタコ焼きのようです。

お好み焼きでもタコ焼きでもない、それでも「いける」不思議なおいしさです。

 

ホットサンドやお好み焼きのバリエーションはもちろんの事、

例えば出汁巻き玉子など、しばらくの間、色んなものが出てきそうな、

配偶者がハイテンションになるホットサンドメーカーです。