中秋節の神戸南京町へ月餅と餃子を買いに。

10月3日(土)、中秋節南京町へ月餅と餃子を買いに出かけます。

 

南京町のサイトよりイラストマップを流用しています。

https://www.nankinmachi.or.jp/map/map.pdf を流用

f:id:pochinokotodama:20201006220155p:plain

長安門の南京東路は、去年までの春節祭中秋節のような歩き難さはありませんが、さすがに今日・土曜日は人が多いです。

f:id:pochinokotodama:20201006192638p:plain

通りの向かって右側にある中華料理の「民生」で、月餅を買います。

「民生」の場所はイラストマップで赤く囲んでいます。

上が蓮蓉月餅(蓮の実餡)、下が蛋黄豆沙月餅(塩玉子入り黒餡)です。

f:id:pochinokotodama:20201006200126p:plain

中はこうなっています。

f:id:pochinokotodama:20201006200940p:plain

南京町のサイトでは月餅の種類は3種類だけだったのですが、実際に「民生」で買おうとしたら6種類もあって、そんなにあるとは私たちは知らなかったので、中国人の店員さんとは、なかなか話が噛み合わず困りました。

配偶者が根気よく話をしてくれたので、欲しかった月餅を買うことが出来ました。

 

南京町広場も賑わっていますが、若い人が多いように思います。

例年なら私のような老人が写真撮影にたくさん来ているのですが、イベントが無かったり、人混みを避けているのか、今年はあまり見かけません。

f:id:pochinokotodama:20201006193354p:plain

 

南京町広場から西へ、南京西路にある元祖「ぎょうざ苑」で、

今日は神戸牛を使用した餃子の「極み餃子」を持ち帰りで買います。

元祖「ぎょうざ苑」の場所もイラストマップで赤く囲んでいます。

f:id:pochinokotodama:20201006201932p:plain

「極み餃子」の冷凍保存袋です。

左下の帯では「神戸ビーフ入り!」、

右下では「秘伝の味噌だれ付き」の表記で餃子の特色を紹介しています。

 

餃子や月餅を手に、ご機嫌さんで西の端にある西安門から帰って行きます。

f:id:pochinokotodama:20201006193914p:plain

 

冷凍袋から取り出したこちらのラベルの帯には、

冷凍袋の帯とは違って「隠し味は神戸牛!」です。

f:id:pochinokotodama:20201006203315p:plain

「秘伝の味噌だれ」は 、ほんのり甘めの「極み餃子」にはピッタリです。

買ってきた肉団子とエビチリを添えました。

f:id:pochinokotodama:20201006210216p:plain

ビールがおいしい。

 

中華麺の製麺所に知り合いの華僑の方に連れて行ってもらい、

麺の風味と、固くもなく柔らかくもなく、ほど良い腰が気に入り、

紹介されて以来1年近く、中華麺はずっとここで買っています。

 

玉子麺の冷凍のストック分が無くなったので、南京町からの帰りに寄ります。

f:id:pochinokotodama:20201006202444p:plain

ボールにゴマ油オイスターソース、たまり醤油、酢、胡椒でタレを作っておき、

玉子麺を熱湯で約1分ほど茹でた後、水でよく洗い、水気をしっかり切って、

炒めておいた玉ネギ、ソーセージと一緒にタレのボールに入れて混ぜ合わせ、

和え麺にします。 

f:id:pochinokotodama:20201006213617p:plain

華僑の方に教えてもらったのは、

タレはゴマ油と醤油で作り、キュウリの千切りと焼き豚で和えるレシピでしたが、

私がキュウリを好きではないので、配偶者にアレンジしてもらいました。

 

最後は甘い月餅と濃いめのコーヒーで〆ます。 

f:id:pochinokotodama:20201006233410p:plain

食事の最後の甘いもので、あ~食べた、の満足感が広がります。

 

南京町で獅子舞が見られなかったのは残念ですが、

神戸中華同文学校(日本の小学・中学校にあたります)の獅子舞が、

「神戸南京町 You Tubeチャンネル」で紹介されています。

youtu.be校庭で演じられたようで、6分10秒頃に学校のチャイムが鳴ります。

 

他にも色々なイベントがYou Tubeチャンネルで紹介されています。

神戸・南京町YouTubeチャンネル|熱烈歓迎!南京町