牛すじ入りお好み焼き

9月6日(日)、生田新道と鯉川筋の交差点近くから東の空を見ると、

台風の影響で怪しい雲行き。

f:id:pochinokotodama:20200908102749p:plain

今日は私の用事で、先週の日曜と同じように三宮へ出かけます。

 

日差しを避けて、鯉川筋から三宮センター街に入ろうと、

JR元町駅まで来ると、配偶者が駅南側の一等地にある建物を見て、

「見て!いまだにモルタルに屋上小屋があるで。」と言います。

f:id:pochinokotodama:20200908105516p:plain

今まで気にも留めていなかったのですが、周りと比べると、

この一角だけ、確かに時間が止まっているような感じがします。

 

今日は牛すじのお好み焼きを家で作る予定で、

前日の土曜日に近所のスーパーで牛すじを買っておきました。

用事を済ました後、神戸阪急へ行ったのですが、

キャベツも長芋も思うようなものがありません。

ただ先週美味しかった「油淋鶏」は、また買ってしまいました。

 

キャベツ、長芋、コンニャク、ゴボウは、

神戸阪急近くのスーパーKOHYOで買います。

ついでに竹輪、ハムも買って、油淋鶏と一緒に、

お好み焼きが焼けるまでのビールのアテにします。

f:id:pochinokotodama:20200908112605p:plain

 

キャベツ、竹輪、残り物のニラ、卵、すりおろした長芋を入れ、

器の中で水っぽくならないようにこれらの材料を軽く混ぜて、

お好み焼きのタネを作ります。

 

タネを鉄板に広げ、すじコン(牛すじとコンニャク)をその上に載せ、

焼いているうちに、すじコンが固くならないように、

上からタネを薄く覆い掛けて焼きます。

f:id:pochinokotodama:20200908120730p:plain

 

配偶者は牛すじを炊いた事がなかったので、

ネットで調べて、何とかかんとかしながら、

イラチにならず、じっくり炊けば肉はホロホロ、すじはトロトロ。

思い通りの甘辛味で、ものすごくおいしい、と自画自賛

すじコンにゴボウを入れて炊くとアテにもなるので、

今度は多めに作ろうか、と図に乗っています。

f:id:pochinokotodama:20200908180632p:plain


今日の甘いものは、和菓子です。

お菓子の季節は秋になっていて、神戸阪急 仙太郎の「こぐり」を買いました。

f:id:pochinokotodama:20200908172754p:plain

小豆こしあんから作った桃山生地で、刻み栗入り栗あんを包み焼き上げました。  

こぐり|仙太郎 より

栗あんに入っている刻み栗が、良いアクセントになっています。

抹茶と頂けば、口の中はさっぱり。 

ごちそうさまでした。 

 

さすがにちょっと疲れてきましたね。

秋の夜長が待ち遠しいです。