気が変わって、市ヶ原へ行ってみたくなりました。

 8月12日(水)、修法ヶ原池へ散歩のつもりが、大龍寺まで来ると、

気が変わって、市ヶ原へ行ってみたくなりました。

 

櫻茶屋は閉まっていますが、店の前のベンチではグループが腰を下ろして一服しています。

f:id:pochinokotodama:20200814204238p:plain

ここから来た道を引き返して、大龍寺から大師道へ帰るのも面白くないし、

それに大師道で、汗だくのトレランの人の後ろをメマトイなどの小さな虫が、

塊になってブンブン舞ってついて行くのを見ているので、引き返すのも厭だし、

ここから新神戸へ下ろうか、どうしようか迷います。

 

あれこれ迷っていると、

ことしの1月以来、摩耶山へ行ってなかったことを思い出し、

六甲全山縦走路の天狗道を歩いてみたくなりました。

と言っても今は午前10時半前、この時間から摩耶山へ登る時間は無いので、

ちょっとだけ上がって、ハーブ園回りで新神戸へ下る事にします。

 

地図の赤い線は裏山散歩によく使っているコース。

きょうは緑の線のコースを通って新神戸へ下ります。

f:id:pochinokotodama:20200814214827p:plain


櫻茶屋を出発。

見慣れているはずの景色なのに、長い間通っていなかったので、

ちょっとワクワクします。 

f:id:pochinokotodama:20200814213559p:plain

 

櫻茶屋から約40分。

ハーブ園への分岐近くまでやって来ました。

f:id:pochinokotodama:20200814220206p:plain

ここの登りはきついのですが、大師道の川沿いの道よりもずっと風が抜け、

またその風のおかげで小さな虫も寄って来ず、快適に歩けます。

 

天狗道から分岐してハーブ園への道に入って、高圧線の鉄塔手前で、

西の方に大龍寺が見えます。

f:id:pochinokotodama:20200814225219p:plain

 

ハーブ園の手前まで来ると、さすがの暑さにグタ~とだらけていると、

注意力も落ちて、目の前にある木の実に頭をぶつけてしまい、目が覚めます。

f:id:pochinokotodama:20200814225809p:plain

 

ハーブ園の山上のハイキングコース用の出入り口は、香りの資料館の東側にあり、

f:id:pochinokotodama:20200814232458p:plain

レストランやショップのある展望広場に出ると、ハーブ園の温室、神戸の街、ポートアイランドや空港島を望めます。

f:id:pochinokotodama:20200814234530p:plain

 

ヒマワリは、草のはずなのに自分の背丈より高いところに花がある、

という子供の時の印象が今も強く残っていて、

f:id:pochinokotodama:20200815000041p:plain

その印象と比べると、ここのヒマワリは小ぶりなので、

いかにもお日さんに向っているという印象は薄いですね。

f:id:pochinokotodama:20200815004601p:plain

ハーブ園に入る前は、人出はどうかなと思っていたのですが、

混んでもおらず空いてもおらず、ほど良い人出という印象です。

 

ロープウェイの「風の岡中間駅」西側の出入り口から一般道に出て、

新神戸へ下りて行きます。

 

みはらし展望台まで下りて来て見る、建築中の神戸阪急ビル。

ここのところ、どこから見ても高さが変わっていないように思えるのは、

これ以上は高くはならないという事かな。

f:id:pochinokotodama:20200815005651p:plain

新神戸から自宅までのアスファルトの道が暑くて、きょうはここが一番キツイ。

熱中症が心配なので、自販機で冷たい水を補給します。

 

暑い、暑い、と家に帰ると「いなり寿司」。

酢を使ったご飯がおいしい。

f:id:pochinokotodama:20200815011019p:plain

ミツカンの「五目ちらし」を使って、ちらし寿司をつくり、

出来合いの寿司揚げに詰めた、力まない「いなり寿司」は気楽でおいしい。
キクラゲの白天は、空きスペースを埋めるのに使っています。

総菜売り場で買った、「エビマヨ」も気楽でおいしい。

f:id:pochinokotodama:20200815015610p:plain

 

きょうはコップ一杯のビールが結構まわります。