足慣らしの鍋蓋山ハイク

6月3日(水)

摩耶山へハイキングに行けるか不安があるので、歩きやすく引き返し易い、

大師道から鍋蓋山へ、足の力を試すつもりで登ります。

f:id:pochinokotodama:20200605091515p:plain

いつもの修法ヶ原池ハイキングより少し足を延ばしています。

f:id:pochinokotodama:20200605100712p:plain

地理院地図を加工引用

大師道を登って来て、山の道かなと思わされる堰堤横の階段道。
上るにつれて足が重くなります。

・・・クソッ!

f:id:pochinokotodama:20200605102950p:plain

 

大師道に入って約1時間、猩々池に着きます。

別にどうということのない池ですが、二本松林道と交差しているので、

何となく腰を下ろして一服する雰囲気があり、休憩している人も多い所です。

f:id:pochinokotodama:20200605103859p:plain

今日は足慣らしが目的の鍋蓋山ハイク。

鍋蓋山までの約2時間、水分や糖分の補給はしますが、

腰を下ろさないで行くのが目的なので、ここでの一服はしません。

 

大龍寺まで10分強、そこで六甲全山縦走路に合流して西へ約10分、

右へ折れると修法ヶ原に行きますが、鍋蓋山へは直進します。

f:id:pochinokotodama:20200605105546p:plain

 

思わくどおりに何とか登って来れた鍋蓋山から、西に菊水山の電波塔が見えます。

その左には淡路島があって、明石海峡大橋がよく見えるはずですが、

残念ながら今日はダメのようです。

f:id:pochinokotodama:20200605113918p:plain

熱中症にも注意しないといけないなあ、と蒸し暑さを感じるような景色です。

東に見えるハーバーランドポートアイランド、空港島もボヤっとしています。

f:id:pochinokotodama:20200605114348p:plain

 

鍋蓋山で一服すると余裕が出たのか、帰り道は修法ヶ原池に寄って帰ろうと、

六甲全山縦走路から鍋蓋北尾根へ回ることにします。

来た道を引き返すと正面に摩耶山が見えます。

f:id:pochinokotodama:20200605115921p:plain

 

約5分で鍋蓋北尾根への分岐点に。

階段を下って行くのが六甲全山縦走路、左の道標の間が鍋蓋北尾根の道です。

f:id:pochinokotodama:20200605122051p:plain

 

鈴蘭台は進行方向左側すぐそこです。

大きな白い屋根が見えるのは神戸鈴蘭台高校でしょうか。

f:id:pochinokotodama:20200605124018p:plain

子供時分から、鈴蘭台と言えば、阪急か阪神で新開地に出て、

神戸電鉄に乗り換えて行く、遠い所のイメージが私にはずっとあるのですが、

鍋蓋山から間近に鈴蘭台を見ると、その近さに楽しくなります。

 

鈴蘭台と再度公園(修法ヶ原池や外国人墓地などがある)の分岐まで来ました。

f:id:pochinokotodama:20200605172336p:plain

数回この道を歩いたことはあるのですが、

うろ覚えなので、スマホに山用の地図アプリを入れて、

GPSで現在地を確認できるようにしていますが、

分かっているつもりでも道標を確かめて再度公園へ向かいます。

f:id:pochinokotodama:20200605131122p:plain

 

分岐から約5分程で「弘法大師 修法之地」と碑があるお堂を通り過ぎ、

f:id:pochinokotodama:20200605182913p:plain

静かな修法ヶ原池に出ます。

f:id:pochinokotodama:20200605183428p:plain

ここまで思いのほか順調に歩けました。

天候に恵まれ、ゆっくりしたペースであれば摩耶山も大丈夫そうです。

ただ梅雨の入りが近いのが気にかかります。

 

この後、何事もなく帰れたのですが、

あれほど多くぶら下がっていた毛虫は蝶に、尺取虫は蛾になったのでしょう、

ほとんど見かけませんでした。

 

そろそろ、メマトイなど体の周りを飛ぶ虫が多いかなと予想して、

ハッカ油のスプレーを持って行き、マスクにも軽く吹きかけておくと、

顔の近くまで虫は寄っては来るけれど、すぐ離れてゆきました。

今までなら顔の周りの虫は、なかなか離れず不愉快だったのですが、

ハッカ油をマスクに軽く吹きかけておくだけで効果がありました。

ただ人によっては刺激が強いので要注意です。

 

作り方はこちらを参考にしました。

https://www.hakkayu.jp/column/column01/ 

f:id:pochinokotodama:20200605195151p:plain

 

 

但し現在、コロナ対策で使われているのでしょう、

無水エタノールや、100均でスプレーボトルが手に入りにくいので、

スプレーボトル入りを買ったほうが良いかも知れません。