神仙閣 神戸店 のテイクアウト中華。

三宮にある上海料理の店が、テイクアウトをしていたら買ってみようと、

出かけたのが2月20日(土)。

 

ところが上海料理の店へ着く前に、生田新道で見つけたのが、

神仙閣 神戸店 のテイクアウトメニュー。

配偶者と私の二人はメニューにくぎ付けです。

f:id:pochinokotodama:20210223130348p:plain

20%OFFやで!「人気の6種盛」が税込みで4,320円やで!

しかも2月28日までやで、どないする?

上海料理は、また今度にして10秒もかからず「人気の6種盛」に決定。

 

テイクアウトしました「人気の6種盛」

f:id:pochinokotodama:20210226110634p:plain

真ん中は海老のマヨネーズ炒め。

真上は酢豚。(ここから時計回りに)

右上は鶏の唐揚げ。右下は玉子春巻。

左下はイカの天ぷら。左上は海老の甘辛炒め。

 

左上の海老の甘辛炒めは、本来のメニューは海老のチリソースですが、

私は辛いのが苦手なので、甘辛といっても殆ど辛味が薄い、

海老の甘辛炒めに変更してもらいました。

 

先ずは、この海老の甘辛炒めからいただきます。

f:id:pochinokotodama:20210226112502p:plain

ああ、この味や!

法事など集まりの後の食事といえば、中華料理。

おとな達がここの中華が美味しいと言っていれば、

こどもの私は、そうかと憶え込み、それが中華味の基準になりました。

海老の甘辛炒めは、その味が美味しく再現されています。

 

配偶者は玉子春巻を一口食べて、

この春巻き美味しい!やっぱり!皮に玉子をいっぱい使ってる!

と大はしゃぎ。

f:id:pochinokotodama:20210226114811p:plain

具材に何を使っているのか詳しくは分かりませんが、

量はたっぷりで、味は海老の甘辛炒めと同じように「美味しい」の基準味。

 

配偶者の知人のお父さんが神仙閣で働いておられるので、

その知人が玉子春巻の作り方を教えて欲しいと言ったところ、

「卵を10個用意して」と言われたので、

その時点で玉子春巻はあきらめた、と話された事があったそうで、

配偶者も自分で作るより買ったほうが良いのだそうです。

 

海老のマヨネーズ炒めのマヨネーズ味が、

酸っぱ過ぎず、くど過ぎず、良いあんばいです。

f:id:pochinokotodama:20210226122057p:plain

海老は、海老の甘辛炒めと同じように大きくプリプリで、風味もしっかり。

 

イカの天ぷら、久しぶりで懐かしい。

以前は時々、春日野道の「民生」で食べていました。

f:id:pochinokotodama:20210226124733p:plain

おいしいイカの香りにパリッとした衣が良いなぁ。

 

酢豚。

豚肉も野菜も固すぎず、かと言ってヨレすぎず、

ほんまにええ腕やなぁ、と納得します。

f:id:pochinokotodama:20210226124051p:plain

私と配偶者が大阪や京都で中華を食べる時、

この味が、「美味しい」の物差しになっているようです。

 

鶏の唐揚げ。

今では色んな味付けの唐揚げがある中では、

オーソドックスな味付けです。

f:id:pochinokotodama:20210226150939p:plain

ちょっとアクセントが足りないなぁ、という気がします。
ニューミュンヘンの唐揚げに馴染んでいるせいでしょうか。 

 

美味しいものを食べると、

楽しいことを思ったり、

楽しかったことを思い出したりして、

お腹が温くなります。

 

今日2月26日(金)は朝から寒い雨ですが、

昨日25日は良い天気でビーナスブリッジの空には何本も飛行機雲。

f:id:pochinokotodama:20210226161211p:plain

今が花粉症のピークのようで、こんな晴れた日に風があると大変ですが、

もう少しの辛抱でしょうか。

  

神戸市役所の展望ロビー

2月20日(土) 晴れて暖かい。

相楽園南側の街路樹のモクレンの蕾がふくらんでいます。

f:id:pochinokotodama:20210223122102p:plain

相楽園の東隣にある「こうべ小学校」付近からのビーナスブリッジ。

f:id:pochinokotodama:20210223122730p:plain

午後1時過ぎ、日差しがきつく、影がくっきりしています。

f:id:pochinokotodama:20210223123643p:plain

山手幹線と合流する所に「山手バラ園」がありますが、花は未だのようです。 

  

東遊園地で日向ぼっこと、フラワーロードの国際会館前交差点まで来ると、

配偶者は好物のジオラマにくぎ付け。

f:id:pochinokotodama:20210223165034p:plain

配偶者:何のジオラマやろ?

:丑年やから牛の牧場やろ。

f:id:pochinokotodama:20210223165848p:plain

右側の案内板に「フラワーロード 花と彫刻の道」とあります。

神戸市:彫刻の街こうべ 花と彫刻の道

配偶者と私:いつから「花と彫刻の道」やろ?

f:id:pochinokotodama:20210223172408p:plain

 

市役所前まで来ると、旧庁舎の解体工事中。 

配偶者地震(阪神淡路大震災)で、ヒビいってたで。

:そやったかなぁ。

そや、新庁舎の上の方が展望階になってるはずやから、行ってみよか。 

 

展望階は「神戸市役所1号館24階」だそうです。 

神戸市:神戸市役所1号館24階のご案内

 

山側の展望です。

真ん中の広い道がフラワーロード。それを跨いでいる高架はJR三ノ宮駅

駅の向こう側、左の高いビルが工事中の神戸阪急ビル。

f:id:pochinokotodama:20210223174943p:plain

 

最近は全く登っていない東の六甲連山

f:id:pochinokotodama:20210223185148p:plain

 

西は奥に菊水山の電波塔がぼんやり。

f:id:pochinokotodama:20210223185554p:plain

 

海側へまわると、西にハーバーランド

f:id:pochinokotodama:20210223190021p:plain

 

南は神戸大橋ポートアイランド

f:id:pochinokotodama:20210223191035p:plain

 

左のこげ茶色のビルは貿易センタービル。

配偶者:あっ、あれ撮っといて。

私が高校生の頃はあのビルが一番高かってんで。

ダークサイドの私:・・・(何百年前の話や!)

f:id:pochinokotodama:20210223192357p:plain

 

海側の東は六甲アイランドが見えています。

f:id:pochinokotodama:20210223193758p:plain

 

配偶者:何かフラフラするような感じがする。

海側は何ともないけど、山側を見てる時何かフラフラするねん。

そんな事ない?

:別に。今日みたいに、ええ天気になったら、

山にはあんたの嫌いな虫・トカゲ・ヘビが出るから、

山を見ただけでも気分が悪なるんとちがうか。

 

f:id:pochinokotodama:20210223201135p:plain

初めて神戸市役所の展望ロビーに上がりましたが、

今さら珍しくもないので、人も少なく、ゆっくり展望できました。

 

新神戸駅裏から北野町異人館街までの「背山散策路」

2月17日(水)は天気予報どおり「寒の戻り」 で空気が冷たい。

 

かかりつけのお医者さんからも勧められているので、

暖かくなったら摩耶山へハイキングに行けるよう、体を慣らしておこうと、

新神戸駅裏から北野町の異人館街までの、「背山散策路」へ向かいます。

 

1月20日とは逆コースです。 

風見鶏の館から新神戸駅裏に出る、久しぶりの背山散策路です。 - pochinokotodamaのブログ

 

フラワーロードを山の方へ歩いて行くと、

手前に学校林道の4本鉄塔、奥に摩耶山の電波塔が見えています。

左の建物は新神戸ANAホテル。 

f:id:pochinokotodama:20210217140624p:plain

 

新幹線の新神戸駅のガードをくぐって、いきなりの坂道を2分ほど上ると、

左側に大きな案内板と石の道標で「背山散策路」 が始まります。

f:id:pochinokotodama:20210217141053p:plain

近づいて見ると、コースと 

f:id:pochinokotodama:20210218121035p:plain

距離が分かります。

f:id:pochinokotodama:20210218125743p:plain

 

100mほど坂道を上ると、

f:id:pochinokotodama:20210219103627p:plain

(100mおき位に道しるべがあり、目安となっています)

f:id:pochinokotodama:20210218221457p:plain

生田川右岸の上方からの港が見えてきます。

f:id:pochinokotodama:20210218221130p:plain

春から秋は、葉が茂ってよく見えないのですが、

葉が落ちている、真冬の今だからの見晴らしと思います。

 

 

木に手描きの古い道標がある少し先から、

f:id:pochinokotodama:20210219105731p:plain

布引ハーブ園のロープウェイの山麓駅はすぐ下にあります。

f:id:pochinokotodama:20210219111928p:plain

 

右手にベンチがある小さな休憩場所で、

東向きに置かれているベンチからは何の眺めもありませんが、

落ち葉がない所があるので、結構立ち寄る人もいるようです。

f:id:pochinokotodama:20210219112839p:plain

傍には、レトロなイラストマップ。

f:id:pochinokotodama:20210219113409p:plain

訂正シールが貼られていますが、シールの「新神戸ロープウェイ」は、

現在「神戸布引ロープウェイ」となっていて、

その表記も今ではもう古いものとなっています。

冒頭の案内板のマップより正確性ではイマイチかも知れませんが、

私はこちらのイラストマップの方が楽しいですね。 

 

もう一度ロープウェイの下を通る頃は、

f:id:pochinokotodama:20210219121116p:plain

道は水平道になってきます。

f:id:pochinokotodama:20210219122018p:plain

「背山散策路」は山の南際にあるので、

冬の北西の風は山がブロックしていて、

ザーッという木が風で鳴る音が聞こえても、

風は上を通り過ぎていて、体にあたる事はありません。

葉が落ちて明るい木々の間を歩くのは快適です。

f:id:pochinokotodama:20210219123121p:plain

 

ちゃんと閉めたか不安になり、振り返ってイノシシ除けの扉を確認。

よかった、閉めてるわ。

f:id:pochinokotodama:20210219160847p:plain

「港みはらし台」 はすぐです。異人館街も近くなりました。

f:id:pochinokotodama:20210219161853p:plain

f:id:pochinokotodama:20210219162223p:plain

ここにもレトロなすごいイラストの案内が。

f:id:pochinokotodama:20210219162601p:plain

手前の「うろこの家」あたりは殆ど変わっていないようですが、

奥の市街地には高いビルが建っています。

f:id:pochinokotodama:20210219163035p:plain

空には黒い雲が背中の山の方から流れていて、

上り始めた新神戸駅の時より寒くなってきた気がします。

新神戸駅からここまで30分くらい、異人館街まであと少し。

 

道が急な下り坂になると、昔ながらの街の雰囲気になってきます。

f:id:pochinokotodama:20210219170051p:plain

右側の道を下りてくると、小さな「背山散策路」の石柱があり、

ここが終点となっているようです。

f:id:pochinokotodama:20210219170914p:plain

新神戸駅裏から約40分の背山散策でした。

f:id:pochinokotodama:20210219172736p:plain
イラストマップで「背山散策路」終点から、

左にある北野天満神社へ行くのですが、

道が直角に曲がる所にあるこの建物は、

f:id:pochinokotodama:20210219174240p:plain

風見鶏の館から新神戸駅裏に出る、久しぶりの背山散策路です。 - pochinokotodamaのブログ の空き家異人館の裏手です。

表はこんな具合です。

f:id:pochinokotodama:20210219175106p:plain

異人館を見ているこの場所の左側に、北野天満神社の裏口があります。

f:id:pochinokotodama:20210219175819p:plain

天神さんへ裏口から入るような不埒な私、

やっぱり勉強は出来んわな。

f:id:pochinokotodama:20210219180604p:plain

見晴らしは良いけれど、雲がどんどん流れる、風が強い。

f:id:pochinokotodama:20210219182530p:plain

人のいない北野町広場。

春節祭の獅子舞が見られへんのは淋しいなぁ。

f:id:pochinokotodama:20210219183437p:plain

 

異人館の多くが緊急事態宣言で休館中なので、

北野通りにも、

f:id:pochinokotodama:20210219184136p:plain

北野坂にも、

f:id:pochinokotodama:20210219184923p:plain

人出はほとんどありません。

 

観光が一服している北野通りは、

狭いけれど信号が少なく、車が抜け道に使うのか、結構せわしないので、

トアロードへ出るのに、また山側の道へ戻ろうと、

萌黄の館の西側へ出る路地を上ります。

f:id:pochinokotodama:20210219190420p:plain

上りきって西へ歩くと、

f:id:pochinokotodama:20210219190838p:plain
上りはここまで。

f:id:pochinokotodama:20210219191215p:plain

このまま道なりに西へ歩き、突き当りで北野通りへ戻ります。

 

北野通りからトアロードへの途中で、

きょうは坂の路地に魅入られたように、

山本通りへの路地を下ります。

f:id:pochinokotodama:20210219192417p:plain

山本通に出て、

左側の界隈の異人館の多くは、

観光用ではなくて、人が普通に住んでいます。

f:id:pochinokotodama:20210219192829p:plain

右側は信号機のある交差点がトアロードなので、

こちら側へ歩いて帰ります。

f:id:pochinokotodama:20210219193805p:plain

雪がチラチラ落ちてきました。

 

「背山散策路」については毎回同じこと言ってますが、

小一時間ほどのこの背山散策路は、

冷たい季節風は山で遮られ、南からの陽ざしが暖かく、虫もいない、

寒い今の時期に歩くのが一番良いと思います。

風見鶏の館から新神戸駅裏に出る、久しぶりの背山散策路です。 - pochinokotodamaのブログ より

 もう一つ付け加えると、

新神戸駅からの方が取り付き口が分かりやすく、景色も楽しみやすいので、

新神戸駅裏からのコースはおすすめです。

くれぐれも、葉が茂って見晴らしが悪く、

その上、風が抜けず蒸し暑く、やぶ蚊などに悩まされる、

夏場の「背山散策路」は避けてください。

 

神戸ハーバーランドと帆船「海王丸」

暖かくて、日差しがきつい2月14日(日) のハーバーランド

 

umieからモザイクへは2階にある連絡通路を通るのが便利なのですが、

たまたまumieの1階東口を出て南へ歩いて行くと、

「望楼」付近で見るモザイクの眺めは新鮮でした。

f:id:pochinokotodama:20210216125254p:plain

横断歩道でモザイクへ入ります。

 

岸壁の日なたを歩いていると暑い位で、コートを脱いで日影で一服します。

日影に入るとさすがにまだ2月、すっと涼しくなります。

遊覧船「コンチェルト」は3月7日(火)まで運休中。

f:id:pochinokotodama:20210216125911p:plain

あっ、中突堤に帆船が見える。  

ワクワクしながら中突堤に向います。

f:id:pochinokotodama:20210216171152p:plain

 

これぞ船、を感じる帆柱。

なにか楽しい。

f:id:pochinokotodama:20210216163949p:plain

横で配偶者が「シンドバッドの冒険で、なんちゃら、かんちゃら」言うてますが、

私は全然聞いていません。

f:id:pochinokotodama:20210216180102p:plain

帆船は練習船の「海王丸」。昨年の9月にも入港していたのですが、

その時は立入禁止区域の新港第2突堤だったので、

近くで見ることはできませんでした。

神戸港に帆船2隻が停泊中。 - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20210216175301p:plain

昨年9月に見た練習船のタラップの横にも自転車が置いてありました。

港では手軽で便利なんでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20210216181205p:plain

後ろの甲板では手前にある係留用のロープを張る作業をしています。

f:id:pochinokotodama:20210216182659p:plain

影のない甲板の作業は暑そう。

 

山の方を見ると、摩耶山が「ホテルオークラ」の左側にくっきり。

f:id:pochinokotodama:20210216170437p:plain

2月6日に受けたコレステロール値などの検査結果は、

口養生をさぼった割には大して悪くなく、

かかりつけのお医者さんから、

「これから天気も良くなるので、山へも行くようにしたら大丈夫やからね」

と言われたので、

また摩耶山にも出かけようかなと思わせる、良い天気のハーバーランドでした。

 

ワンテンポ遅れの結露取りワイパーでした。

2月12日(金)

朝の寒さは少し柔らかいけれど、

「相楽園」と「ビーナスブリッジ」の空はどんより。

f:id:pochinokotodama:20210212180144p:plain

寒かった頃のことを思えば、

窓の結露は少なくなってきたとはいえ、

毎朝の窓拭きは面倒なもの。

古くなったフェイスタオルなどを使っての窓拭きは疲れますが、

しようがないかな、と思っていました。

 

配偶者が知人との話のなかで、

その知人が結露取りワイパーを使っていると知り、

ダメもとでエエから使ってみようとなり、

Amazonで検索すると、季節外れになってきたのか、

安くなっていたので注文。 

届いたのがこちらです。

f:id:pochinokotodama:20210212112818p:plain

すりガラス等凹凸のあるガラス面、壁面では使用しないでください。すべりが悪くなり、ブレードが変形したりして、壁面を傷つけることがあります。 

と、メーカーの注意書きがあります。

試しに凹凸のあるガラス面を拭いてみましたが、

確かに結露を上手く集められません。

どうしようかな思っていると、すっかり忘れて使っていなかった、

吸水性の良いハンドモップが偶然出てきたので凹凸面はこれで対応。

f:id:pochinokotodama:20210212113048p:plain

結露取りワイパーやハンドモップを使うと、

素手でフェイスタオルを使って窓を拭いた時のように、

指先が冷たくならないので助かります。

 

来週には「寒の戻り」がありそうなので、

しばらくは重宝しそうです。

 

ビルの間から、浜手バイパスの高架の向こう新港第1突堤に、

階段状の建物は「神戸みなと温泉 蓮」。

奥のポートアイランドには、

横幅のある高い右側のビルは「神戸ポートピアホテル」、

それより高い左側のビルは「ワールド本社ビル」。

f:id:pochinokotodama:20210212175414p:plain

こちらもどんよりの空模様。

 

寒かったり、少し寒さが緩んだりして、

なんとなく体がだるいですが、

どうか良い週末を。

 

チャイグラスとシフォンケーキ

寒い日があっても、

空と海が青かったり、

f:id:pochinokotodama:20210210103247p:plain

山の方が青かったり、

f:id:pochinokotodama:20210210103920p:plain 

自宅近くの街路樹のモクレンの芽が膨らんで来たり、

f:id:pochinokotodama:20210210102341p:plain

桜の芽も、芽と分かってきたりすると、

f:id:pochinokotodama:20210210105220p:plain

2月6日(土)、前回ブログで写真を忘れていた事を口実に、

また、前回は配偶者が一緒ではなかったので、

それも口実に、「プティ・フルール」へ行きます。

kobe-petit-fleur.com

 

店は摩耶山からの帰りのバス道に面していて、

f:id:pochinokotodama:20210210112215p:plain

f:id:pochinokotodama:20210210115003p:plain

前を通るたびに気にはなっていました。

 

今回買ったのは、

手前右の「あずき(250円・税別)」、

その後ろ「アップルシナモン(270円・税別)」、

横は「ドライフルーツ(270円・税別)」、

一番後ろは「紅茶(200円・税別)」。

f:id:pochinokotodama:20210210121035p:plain

チャイグラスで紅茶と一緒にいただきます。

どれもしっとり感が絶妙です。

味、風味、食感のバランスが良く、

私たちが一番おいしいと思ったのは「アップルシナモン」でした。

 

買ったその日のうちに食べなくても、

今は寒いので、常温で3日もつのも助かります。

何せ寒いと、こんなメタボ促進ご飯を食べてしまいますからね。

f:id:pochinokotodama:20210210125043p:plain
シフォンケーキとの合わせ技でメタボに1本取られそうです。

 

シフォンケーキも全部の種類を食べたいし、

ロールケーキもおいしそうだったし、

きっと、また行くでしょう。 

 

それにしてもこの日、コレステロ-ルなどの検査をしたけれど、

ちょっと結果が気になる、最近忘れがちの口養生です。

 

マグカップとシフォンケーキ

前回のブログ記事のマグカップでコーヒーを飲むと、

マグカップとチョコ - pochinokotodamaのブログ

今まで以上に美味しいとなって、

洋菓子が欲しくなります。 

 

2月3日(水)

 配偶者お気に入りの「アイガー洋菓子店」で何かあるかな、

と、人通りが少ない異人館の北野通りを抜け、

散歩も兼ねて春日野道へ出かけます。

 

今年は、桜の頃に花見ができるやろか、と思いながら、

新神戸の生田川公園を原田線で横切り、春日野道へ。

f:id:pochinokotodama:20210205121741p:plain

ところが「アイガー洋菓子店」は水曜日は定休日。

あ~、ちゃんと調べとくんやった、は後の祭り。

 

このまま引き返すのも厭やし、三宮へ出たら何とかなるけれど、

せっかく三宮をやり過ごしてここまで来たんやからなぁ、

どないしよかな、と思案していると、

摩耶山から青谷へ下りて、野崎通のバス道を新神戸へ歩いていると、

確か、新神戸近くにシフォンケーキの店があったなぁ、

と、思いあたります。  

「アイガー洋菓子店」の前の春日野坂を、山側へ野崎通まで上り、

突き当りを新神戸の方へ行くと、シフォンケーキの店がありました、

店の名前は「プティ・フルール」。

こちらの定休日は火曜日と木曜日。今日が水曜日で良かった。

 

店の前で一息ついてから中に入って、

シフォンケーキのミルクとココア(どちらも1個200円・税別)を買います。

f:id:pochinokotodama:20210205121505p:plain

シフォンケーキといえばパサパサした感じと思っていたのですが、

こちらのは軽いけれどシトっと滑らかで、エエ食感。 

f:id:pochinokotodama:20210205122511p:plain

他にも色々なシフォンケーキがあったのですが、

初めての店なので、無難なシンプルなものにしました。

大変気に入ったので、また、行ってみようと思っています。

 

家に帰ってから、「アイガー」も「プティ・フルール」も、

店の写真を撮っていない事に気がつきます。

「アイガー」の休みによほど動揺したのでしょう、

早足で「プティ・フルール」探して、

帰り道も別に急がなくてもいいのに、何故か急ぎ足。

次の日の朝、お尻の筋肉が痛くなっていました。