新神戸の「コトノハコ」3Fにある「兵庫県おみあげ発掘屋」

10月24日(日) 午後2時半過ぎ、

たまたま通りかかって気になっていた、

新神戸の「コトノハコ」3Fにある「兵庫県おみあげ発掘屋」に行きます。

フラワーロード新神戸の近くまで来ると、

摩耶山あたりでトレランをしてきた人たちでしょうか、

歩きながら楽しそうにお喋りをしています。

この日は走るには良いコンディションなのでしょう。

f:id:pochinokotodama:20211026112545p:plain

私と配偶者は何も考えず、とりとめのないことを喋りながら、

ぼや~っと歩いていると、みはらし展望台や市ヶ原に行く時の癖で、

新神戸駅まで来てしまいます。

 

時間はあるので、焦りもせず、不機嫌になりもせず、

新幹線の改札口のある新神戸駅の2階から、連絡橋で「コトノハコ」に向います。

f:id:pochinokotodama:20211026120743p:plain

新幹線駅の2階は「コトノハコ」の3階とほぼ同じ高さになっていて、

連絡橋から「コトノハコ」に入って右側通路を少し進むと、

セブンイレブンの向かいが「兵庫県おみあげ発掘屋」です。

f:id:pochinokotodama:20211026125604p:plain

柱に店名と面白いイラストが描かれています。

f:id:pochinokotodama:20211026161625p:plain

「おみやげ」ではなく「おみあげ」になっていますね。

神戸阪急の新館5階に「ひょうごふるさと館」があって、

こちらも兵庫県の特産品を置いているのですが、

f:id:pochinokotodama:20211026160812p:plain

それぞれがどんな品ぞれをしているのか、細かくは分かりませんが、

新神戸の「兵庫県おみあげ発掘屋」の方が、ゆっくり見ることができます。

https://www.facebook.com/hakkutsuya/

 

新神戸の駅から対岸の大阪・和泉山脈の稜線がくっきり見えます。

空気が澄んでいるからでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20211026162423p:plain

 

兵庫県おみあげ発掘屋」で「香住 かにぞうすい」のスープを買って帰り、

f:id:pochinokotodama:20211026162943p:plain

野菜とカニの身、それと海苔が付いているので、

沸騰しているスープに野菜とカニの身とご飯を入れて、

f:id:pochinokotodama:20211026164047p:plain

沸騰させたら卵を入れます。海苔はアクセント。

ひと口目からガツンとくる味ではありませんが、

食べ進むうちに、じんわり風味も広がり、

それこそ「なんぼでも食べられる」気がして、

一袋2人前を一人でも軽くいけそうで、あぶない。

 

「香住 かにぞうすい」では足りないので、

スーパーで天然鯛が特売だったので、お豆腐を入れた煮つけにします。

f:id:pochinokotodama:20211026170344p:plain

鯛とお豆腐をあてに、伏見の「古都千年」をいただきます。

f:id:pochinokotodama:20211026173317p:plain

うま味の効いた煮つけに「古都千年」はぴったり。

こちらも「なんぼでもいける」気がしてあぶない。

写真は飲む前に撮るのを忘れていたので、空き瓶です。

 

兵庫県おみあげ発掘屋」では他にも買い物をしていますので、

またご紹介してゆきます。

 

いよいよ和食と日本酒の組み合わせが楽しい季節になってきましたね。

 

神戸 南京町に行った時は寒かった。

朝起きて、あぁ寒い、と思った10月17日(日)。

去年の中秋節から獅子舞を実際に見られなかったので、

最近は神戸のどこか遠い所にあるような感じがしていた、

歩いて15分ほどの南京町へ出かけます。

f:id:pochinokotodama:20211021104359p:plain

南京町長安門から入ろうと、大丸神戸店の近くから東の空を見ると、

大きな雲の塊が北(山側)から南(海側)へどんどん流れています。

おぉ寒い。

f:id:pochinokotodama:20211022111132p:plain

南京町に入ると、気おくれがするほどの混雑に圧倒されます。

長い行列ができている店があったり、

f:id:pochinokotodama:20211021111846p:plain

寒いのか、シーズンに合わせたのか、厚手のセーターを着ていたり、

f:id:pochinokotodama:20211022103544p:plain

そんなに寒いか?と半袖Tシャツや短パンがあったりと、

久しぶりの統一感の無いバラバラの賑やかさに気が和んできます。

f:id:pochinokotodama:20211021112906p:plain

おっ用意がええなぁ、ダウン着てはるよ。

お姉さん、レジ袋を落としそうやで、ちゃんと持った方がええよ。

f:id:pochinokotodama:20211022101906p:plain

混雑はちょっと怖いなぁ、と思いながらも人出でにぎわっていると、

閑散としているよりは、ずっと安心感があります。

 

帰り道は、こちらも結構人出でにぎわっている元町商店街を通って、

4丁目辺りでは、体半分のポートタワーを見ながら帰ります。

f:id:pochinokotodama:20211022102701p:plain

商店街を外れると、雨らしきものが顔にポツポツと当たるので、

早足になって家に帰ると、間もなく雨になりました。

 

この日から急に寒くなり、特に朝晩は冷えるせいか、

ストレッチをしても、体のだるさが今ひとつとれなかったりで、

配偶者も頭痛や肩こりがつらそうです。

 

寒さの最初の頃は、毎年のように調子を落としますが、

来週になれば、寒い時期での体のリズムも出来てくるのでしょう。

 

栗の季節はアイガーのモンブランがおいしい。

10月16日(土)

栗の季節になると「アイガー洋菓子店」のモンブランが食べたくなり、

北野町・新神戸を通って「アイガー洋菓子店」のある春日野道へ出かけます。

 

家を出て、山本通のバス道まで上る坂道の途中で、

石垣、空き地、セイタカキリンソウ、と来ると、

配偶者の大好物の秋景色です。

f:id:pochinokotodama:20211018115558p:plain

セイタカキリンソウと私も配偶者も当たり前に呼んでいたのですが、

これが間違っているというのが、ネット検索で何気なく「セイタカキリンソウ」を調べたところ、分かってしまいました。

アキノキリンソウとは?特徴やセイタカアワダチソウとの違いもご紹介! | BOTANICA によると

セイタカアワダチソウは、北アメリカ原産の帰化植物です。

アキノキリンソウの別名「アワダチソウ」より背が高いことが由来となっています。

同じキク科アキノキリンソウ属であり、秋に黄色の花を付けるのでセイタカアワダチソウアキノキリンソウが混同されがちです。

空き地に生えているのはセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ」と「アキノキリンソウ」の名前を混合して「セイタカキリンソウ」と私たちは呼んでいたようです。

それでも「セイタカキリンソウ」と言うほうが、実物のイメージと近い、と負け惜しみ気味に思いたいのですが。

 

北野町にあるユダヤ教シナゴーグ(会堂)から少し西の道端に小さな看板。

f:id:pochinokotodama:20211019161059p:plain

f:id:pochinokotodama:20211019161333p:plain

ネットで検索すると、

神戸 猫カフェ 三宮 元町 抱っこOK 時間無制限 異人館 アンティーク 《ねこ室 神戸北野研究所》 アンティークアナスタシア Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων FELES αἴλουροι cats chats Katzen gatos michifús

が出てきました。

街中で猫カフェはあたり前ですが、こんな背山近くで予約制のカフェがあるとは。

 

午後1時頃。人がチラホラの風見鶏の館と、奥は萌黄の館。

f:id:pochinokotodama:20211019163408p:plain

 

新神戸駅近くの北野浄水場跡では、紅葉の時期がやって来そうです。

f:id:pochinokotodama:20211019164159p:plain

この秋は急に寒くなったので綺麗な紅葉が見られるそうですよ。

《石垣の所にセイタカキリンソウがあるで。(ダークサイドの私)》

このあと、後ろに見える新神戸の「コトノハコ神戸」で一休みしてから、

春日野道の「アイガー洋菓子店」まで行きます。

 

買って帰ったのはモンブランが2種類。

左は生クリームの味がしっかりしていて食べ応えがあり、

右はオーソドックスなモンブランですが、台のメレンゲが特に美味しいです。

f:id:pochinokotodama:20211019215828p:plain

それと奥はカスタードクリームたっぷりのシュークリーム。

食べると、どれも丁寧に作られているのがよく分かります。

濃いエスプレッソがとても似合いました。

 

セイタカキリンソウのように間違って思い込んでいることは、

多分他にも、慌てもんの二人にはあるのでしょう。

 

ハロウィン仕様が三品。

10月13日(水)

歩いて小1時間の新神戸駅裏にある「みはらし展望台」へ。

日差しは時折あるぐらいの曇り空です。

赤い橋はハーバーハイウェイの灘浜大橋。その向こうは六甲アイランド

f:id:pochinokotodama:20211015114644p:plain

湿気が少ないのか、「あべのハルカス (地上300m・標高だと約320m)」が、

他のビルより群を抜いて高いのでよく見えています。

今立っている「みはらし展望台」は標高約170mなので、ハルカスは高い。

 

ハルカスは、やっぱり高いなぁ、と家に帰ってくると、

晩ごはんにハロウィン仕様のメニューがあります。

f:id:pochinokotodama:20211014121621p:plain

パンの耳のお化けが、ひと風呂浴びているパンプキンスープ。

カボチャの甘味と、重過ぎず軽過ぎないとろみ具合が絶妙です。

 

別寅の「あつやき」をトラネコさんに型抜きしています。

海苔の黒ひげ、赤目は悪魔のしるし。

f:id:pochinokotodama:20211015095939p:plain

見た目は笑いましたが、味は普通でした。

 

食後の甘いものは、チョコレートクッキーの上に群れる紅白の妖怪白玉団子。

f:id:pochinokotodama:20211015094726p:plain

かき氷用の抹茶シロップをかけて、緑色の血を演出しようとしたのですが、

サラサラと流れてしまって、残念ながら不気味感足らずになってしまいました。

家を出る時にハロウィン仕様のメニューは聞いていたので、

何を買って帰ろうかなと思っていると、

f:id:pochinokotodama:20211015170353p:plain f:id:pochinokotodama:20211015170839p:plain

私の大好物の駅弁「富山 ますのすし」を見つけると、

ハロウィンメニューは吹っ飛んでしまって、速攻買いです。

f:id:pochinokotodama:20211015171210p:plain f:id:pochinokotodama:20211015171616p:plain

買って帰った後で一番心配したのは、

ハロウィン仕様の「富山 ますのすし」にならないか、でしたが、

f:id:pochinokotodama:20211015173346p:plain

ノーマル仕様で楽しい晩ごはんとなりました。

 

神戸港 中突堤で何があったのかな?

10月10日(日)

湿気も少なくカラッとして、日差しが痛いほどの好天気。

こんな日は三宮ではなくて、ハーバーランドへ行く方が楽しい。

 

いつものように、花隈公園東側の道をポートタワーの方へ下りて、

JRの高架をくぐり抜けて、

(写真は2018年8月撮影、高架の奥の石垣は花隈公園)

f:id:pochinokotodama:20211012113556p:plain

元町商店街の手前まで来ると、車の警笛と同時にドーンと大きな音、

見ると、今通ってきたJR高架の交差点で、車が前の車に追突しています。

スピードは出ていなかったようで、車が少し凹んだ位のようです。

高架沿いの手前の道路は全線が見通しの良い西行きの一方通行。

あれ?何で?

こんな所で追突するんや?

 

元町商店街を横切って、栄町通の交差点まで来ると、

子ども二人を乗せたお母さんの自転車が、目の前でピシッと大きな音を立てて、

前輪がパンクしてペッチャンコになります。

あれ?何で?

昔々ならいざ知らず、今時の自転車も簡単にパンクするんか?

 

ポートタワーまで来ると、サイレンを鳴らしながら、

消防車が山側からこちらに向ってきます。

あれ?何で?

消火用の消防車とは違う、人が閉じ込められたときに出動してくるような車。

それが続けさまに3台やって来て、オリエンタルホテルの方に走ってゆきます。

あたりを見渡しても煙が出ていないから、火事ではなさそうです。

 

何事やろな思いながら、ハーバーランドの方へ歩いて行くと、

突堤の所で水上警察署と水上消防署の船が浮かんでいます。

f:id:pochinokotodama:20211011110827p:plain

何か事故かな?と思っていると、ヘリコプターが飛んできました。

機体の色からみると警察のようです。

f:id:pochinokotodama:20211012121219p:plain

 

日差しがきついのでモザイクで日影に入って涼んでいると、

港の景色を楽しめる今日は絶好の天気ですが、

f:id:pochinokotodama:20211011112627p:plain

やはり誰もが中突堤の様子が気になるようです。

f:id:pochinokotodama:20211011112113p:plain

 

この日はモザイクでも久しぶりにイベントがあって、

気分がワサワサしているようで、ハーバーランドには他府県ナンバーの車も多く、

「危なそうやから、慌てんようにしよか」と配偶者へ口に出して言うほど、

人も車もどこか落ち着かない雰囲気がありました。

 

突堤でも何かあったのでしょうが、大したことでなければ良いのにと、

思っていたのですが、残念です。

神戸港の海上で男性遺体/兵庫県(サンテレビ) - Yahoo!ニュース

 

ちょっと疲れました。

 

神戸大橋とポートアイランド北公園

今年6月11日のブログでポートターミナルの事を書いたのですが、

 

体を動かさないとまずい。 - pochinokotodamaのブログ より

ポートターミナルの東側からは、ポートアイランド側の橋桁が見えます。

f:id:pochinokotodama:20210609175758p:plain

橋桁の辺りはポートアイランド北公園です。

 

この時はポートアイランド北公園まで行けなかったのが、

ちょっと悔しかったので、10月6日(水)に出かけます。

 

北公園に来た最後がいつだったか、思い出せないほど、

長い間来ていないように思います。

f:id:pochinokotodama:20211007101010p:plain

北公園の神戸大橋西側からは、

左より、

青い「神戸クリスタルタワー」、

船のブリッジを思わせる「メリケンパークオリエンタルホテル」、

現在リニューアル工事中の「ポートタワー」、

帆船の帆をイメージした白いフレームの「神戸博物海洋館」、

写真では一番高く見える「ホテルオークラ神戸」など、

普段見慣れている山側からの風景を海側から見ていますが、

街並みより後ろにある六甲連山の方に目がゆきます。

 

橋全体を見ようと後ずさりして橋を見ますが、

段々低くなってゆく山の稜線を目で追ってしまいます。

f:id:pochinokotodama:20211007113843p:plain

 

ポートアイランド北公園には「みなと異人館」という名の異人館がありますが、

非公開となっています。

f:id:pochinokotodama:20211007120057p:plain

 ポートアイランドの北公園内にある「みなと異人館」は、もと北野町4丁目にあったものを、この場所に移築・保存したものである。北野町時代には日本郵船生田船員寮として使用されており、西棟と東棟の二つの建物からなっていた。この建物は、そのうちの西棟にあたり、大正時代に建てられたものと推測される。木造二階建で、寄棟造り、下見板張りオイルペンキ塗りの建物である。 現在は民間会社に貸出中のため、年1回の公開日以外、内部は非公開である。
 なお、もう一方の東棟の方は、1976(昭和51)年に、四国の高松市にある民家博物館四国村へ移築された。こちらの方はみなと異人館より古く、明治末にドイツ人が設計したと言われている。

https://www.city.kobe.lg.jp/documents/44019/g-9_minatoijinkan.pdf より

 

公園の東側へ行くために橋をくぐると、

f:id:pochinokotodama:20211007155041p:plain

橋桁の所にはベンチがあって、今降ってきても雨宿りができそうで、

今日みたいに怪しい空模様の時は安心できます。

 

橋の東側に出ると、約200m足らず向こうにポートターミナルがあります。

f:id:pochinokotodama:20211007155402p:plain

橋の東側からは摩耶山上の電波塔や、

分かりにくいですが、左下には学校林道の尾根筋がうっすら見えます。

f:id:pochinokotodama:20211007175545p:plain

海側から見ると、本当に神戸の街は山が迫っていますね。

普段はどうしても裏山へ散歩に出ることが多いので、

海側からの眺めは目新しくて見飽きません。

 

ポートアイランド北公園は大きな公園ではないので、長居はせず、

神戸大橋の歩行者用道路でポートターミナルに向かっていると、

f:id:pochinokotodama:20211007155729p:plain

時々自転車が追い越してゆきます。

橋の高い所まで上がって来るのはちょっと辛いかも知れませんが、

三宮まで行くなら、歩くよりも遙かに楽勝かも知れません。

 

ポートターミナルの送迎デッキからポートアイランド北公園を見ていると、

神戸港遊覧船のロイヤルプリンセスがやって来ました。

橋を抜けると、ここでUターンして帰ってゆきます。

f:id:pochinokotodama:20211007160117p:plain

しばらくするとポートライナーが橋を渡ってゆきます。

f:id:pochinokotodama:20211007161516p:plain

ポートターミナルとポートアイランド北公園の間の運河のような水路を、

一目見ただけでは何を運ぶのか分からない形の船が通っていったりするのを、

ボーっと眺めていると、知らぬ間に時間が過ぎていました。

 

バシャッ、バシャッと音がする方を見ると、

種類は分かりませんが魚が跳ねていました。

私は釣りの事は全く知りませんが、

ポートアイランド北公園で釣りをしている人を何人か見かけたので、

この辺りは魚が多いのかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20211007211238p:plain

魚が跳ねているのを見るのは、2017年4月以来です。

JR垂水駅までの送迎バスを待っている間に、自販機で暖かい物を買って飲んでいると目の前で魚が跳ねました。

お〜っ!偶然撮れた。

f:id:pochinokotodama:20170425144653j:plain

明石海峡大橋の間近にマリンピア神戸 - pochinokotodamaのブログ より

 

ポートアイランドの西側に「ポーアイしおさい公園」もあるので、

次は行ってみようかなと思い始めています。

 

久しぶりが二つ。

10月2日(土)に家を出たのが午後5時頃、

東の空には横長の入道雲が湧いています。

f:id:pochinokotodama:20211004103010p:plain

夕食を何をするかに迷ったので、こういう時はとりあえず神戸阪急へ行きます。

家を出る時は、作るご飯の献立の参考になるようにと、

見学のつもりで出かけて行くのですが、

目の前にあるおいしそうな現物を見ると、

結局はその現物を買って帰ることになってしまいます。

 

夕方の6時頃になると、

9月24日のブログでご紹介したお弁当、

また神戸阪急の「淡路屋」で、

f:id:pochinokotodama:20210924191125p:plain

「六甲山 縦走弁当(税込680円)」も買ってしまいました。

ハーバーランドは秋空かな、秋空は弁当の季節かな。 - pochinokotodamaのブログ

など、「淡路屋」のお弁当がほとんど売切れになっていたのには驚きました。

 

私たちが買ったのは、「551蓬莱」の餃子と甘酢団子と、

f:id:pochinokotodama:20211004101259p:plain

「古市庵」のうず潮巻とバッテラ。

どれも久しぶりに頂いたのですが、食べなれたものは安心できておいしいですね。

 

それと9月28日のブログでご紹介した、

「芋ういろ/四国・徳島の味」や「栗ういろ/四国・徳島の味」が、

欲しかったので売り場に行くと売切れになっています。

f:id:pochinokotodama:20210928165709p:plain  f:id:pochinokotodama:20210928172846p:plain

そこで以前から目をつけていた「亀せん」を買います。

f:id:pochinokotodama:20211004160302p:plain

甘辛い味付けは病みつきになりそうです。

 

三宮の「カルディ」ではメキシコビールの「コロナ」を初めて買いました。

f:id:pochinokotodama:20211004095702p:plain

飲みやすいビールだろうと想像していましたが、

その通りで、暑かったこの日にはぴったりでした。

 

ウロウロしているうちに日暮れの三宮になりました。

f:id:pochinokotodama:20211004120728p:plain

一つ目の「久しぶり」は、日暮れの三宮です。

コロナの影響で、2年間も日暮れ時に来ていないとは思いませんが、

配偶者と二人で目の前の光景を、妙に新鮮に感じました。

 

二つ目の「久しぶり」は、翌日の10月3日(日)電車に乗ったことです。

f:id:pochinokotodama:20211004121933p:plain

用事があって、往きはJRの元町駅から摂津本山駅まで乗り、

帰りは阪急電車の岡本駅から三宮駅まで乗って帰りました。

日差しがきつくて疲れたのか、久しぶりの乗り物に疲れたのか、

帰りの阪急では二人とも居眠りしそうになっていました。

 

久しぶりに電車に乗ったら、

久しぶりに京都へ行きたくなりました。