2月23日(日)の「風見鶏の館」周辺。

三宮で用事を済ませ散歩を兼ねて「風見鶏の館」のある北野町を通って帰ります。

北野坂を上って山手幹線との交差点に来ると、

並木の葉が生い茂っていない冬の間だけ、

突き当りの「風見鶏の館」がよく見えます。

f:id:pochinokotodama:20200223160539p:plain

信号待ちしていると、右に見たことのあるロゴマーク

f:id:pochinokotodama:20200223154933p:plain

ビッグマックとコーラMを2個ずつ、お願いします。」

 

交差点を山側へ渡ると、ジャズライブの「ソネ」。 

f:id:pochinokotodama:20200223163105p:plain

きょう2月23日(日)の「昼下がりのジャズライブ」は午後2時スタートなので、

まだ11時前、店は閉まっています。

 

1995年1月・阪神淡路大震災でお店が大きな被害を受けて間もない、

まだ寒い頃だった思いますが、

今日みたいに天気の良い日に店の前で今は亡き女将さんが、

膝に毛布を掛けて椅子に座っておられました。

何気なく「お店はどうされるんですか?」とお聞きしたら、

「どないしよう。」

再建はものすごく大変やろなぁ、とは分かっていたのですが、

「無いと寂しいから、がんばって開けてください。」と言ってしまって、

この先どないなるか分からんのに、エライこと言うてしもた、と後悔していると、

「お宅は大丈夫なん?」 と聞かれ、

「いや~、あかんかったから、住むとこ探してますねん。」

「体に気いつけてな。」

「ハイ、そしたら。」

たったこれだけの立ち話ですが、閉まっている店を見ていたら、

もう25年も前の事を思い出しました。

 

連休の中日としたら観光客は少ないのでしょうか?

商売が鈍ると言われるニッパチ(二月・八月)だったらこんなもんでしょうか?

f:id:pochinokotodama:20200225132551p:plain

神戸観光でもインバウンドかなと思い始めた四、五年前より以前は、

北野坂でも空き店舗が目についていたし、異人館もどきの店もなかったし、

人出も少なかった気もするしなぁ。

 

建物は変わってきているけれど、

北野通りの英国館、洋館長屋やベンの家あたりの雰囲気も、

f:id:pochinokotodama:20200225141404p:plain

インバウンド前はこんな感じやった気もするしなぁ。

f:id:pochinokotodama:20200225142105p:plain

 

不動坂を、結婚式が行われているサッスーン邸まで上って、

左へ折れると、北野で私の好物の路地へ入ります。

f:id:pochinokotodama:20200225145038p:plain

北野天満神社や風見鶏の館までの路地には、

店があったり、普通に生活をしている家があったり、

f:id:pochinokotodama:20200225173113p:plain
裏山への坂道があったりして、

f:id:pochinokotodama:20200225174052p:plain
私がイメージする神戸の普段の生活がここにもあるような気がします。

 

急な階段の北野天満神社の前を通り、

f:id:pochinokotodama:20200225175546p:plain

北野坂を上り風見鶏の館に来るまで、今日は外国語をほとんど耳にしません。

f:id:pochinokotodama:20200225180849p:plain

この道を通るといつも外国語が一杯で、

自分が場違いなところにいるような気がしていたのですが、

今日はそんな違和感はありません。

風見鶏の館の前の北野町広場には、春節のランタンがまだありました。

f:id:pochinokotodama:20200225181616p:plain

 

風見鶏の館の西にある萌黄の館までは観光ゾーン。

f:id:pochinokotodama:20200225182937p:plain

ここを過ぎるとパタッと人通りが絶えます。

ハンター坂を下らず真っすぐ進むと、

昨年から気になっていた塀は覆われたままです。

青谷ベーカリーのロールパンを買いに行こう。 - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20200225185705p:plain

このまま放っとくんかな。

 

トアロードの方へどんどん道なりに進みます。

f:id:pochinokotodama:20200225191156p:plain

強い風に木の葉がざわざわ鳴って、木の匂いで一杯になり、

冷たい空気がびゅんびゅん流れて影になった所は寒くて、

日が当たる所はポカポカするのが、昔ながらの神戸の普段の生活です。