ヨーグルトシャーベットの雪ダルマ。

神戸阪急の食品売場で、「ヨーグルト種菌」に配偶者が食いつきます。

手招きで呼ばれて行った私の「買(こ)うてもええで。」で、衝動買い。

f:id:pochinokotodama:20200130131148j:plain

以前知人から種菌で作ったヨーグルトをいただいたところ、

結構おいしかったので、「種菌」パッケージを見た途端、

二人ともそのおいしさを思い出したのかも知れません。

 

家に帰って1000mlの牛乳パックを常温に戻し、種菌1包を入れ、

説明書の手順で発酵を待ちます。

寒い時の発酵は36時間~72時間が目安となっていますが、

早く結果が見たくて36時間で開けてしまいます。

まずは出来上がったヨーグルトを種菌にするため取り置きをします。

 

確かにトロリと粘りはあって見た目は食べやすそうですが、

食べてみると、何や?全然違う!

まるで胃の検査をする時に飲むバリュームに近い感じ。

 

このままでは1000mlの牛乳パックのヨーグルトを食べきれないので、

配偶者が思いついたのが、安心安全の自家製アイスヨーグルトパフェ。

 

ヨーグルトをシャーベット状にして、

2019-12-06の記事「見納めの紅葉パフェです。」で使った、

フリーズドライのマンゴー(黄色)とラズベリー(赤色)に、

練乳をかけて「白くま」風アイスパフェを作ります。

f:id:pochinokotodama:20200130143151j:plain

しかし見た目が面白くありませんし、味や風味に感心するわけでもありません。

 

ここで、物腰は低いが、性格は荒っぽい配偶者の実力が発揮されます。

雪ダルマを作ると言い出して、

手近にあったポッキーとピーナッツを、

ヨーグルトのシャーベット団子に突き刺しますが、

f:id:pochinokotodama:20200130144338j:plain

このままでは雪ダルマの華やかさが足りないと、

更に銀の粒のアラザンを散らします。 

f:id:pochinokotodama:20200130144824j:plain

《なんか情けない鳥になってへんか?(ダークサイドの私)》

とは口に出して言えないので、撮った写真をみせると、

作者はゲラゲラ笑っておられました。

  

取り置きの種菌から作った2回目のヨーグルトは、

72時間経って開けると、なめらかで適度に粘りもあって、

普通にヨーグルトになっています。

小さじ三分の一の砂糖と、大好きなシナモンパウダーを入れて、

良くかき混ぜて食べると、好みの美味しいヨーグルトになりました。

 

わざわざ雪ダルマのために、シャーベット団子作るのでなければ、

普通にヨーグルトで食べるのが我が家には合っているようです。