先ずは息を吐く。

今から約30年くらい前、朝起きると右手の中指が動きづらく痛みがあり、

出社しても仕事にならないので、仕事場近くの整骨院へ。

 

これといった原因は分からなかったのですが、

治療やリハビリで2週間くらいで治ったように思います。

その時、

あなたの体はものすごく緊張していて、あちこちが固いので、

いつでもいいから、

先ず口からお腹の空気をしっかり吐いて、

f:id:pochinokotodama:20200109103033j:plain

吐いたら自然と息を吸うから鼻から空気をお腹へ入れましょう。

f:id:pochinokotodama:20200109102335j:plain

疲れてるな、緊張してるなと思ったらこの呼吸をして下さい。

と息の仕方を教えてもらいました。

 

そんな事はもうすっかり忘れていたのですが、

メタボ対策のために裏山を散歩をするようになり、

少し歩き慣れてくると少しハードな歩きがしたくなります。

すると、息はあがるわ、脇腹やお尻の筋肉は痛くなるわと、

なまくらな体を思い知らされます。

f:id:pochinokotodama:20200109143015j:plain

 

痛い目にあうとネットで対処法はないかと調べ始めます。

ウォーキング、ジョギング、ランニング、マラソン体幹等々で検索して、

息の仕方で多かったのが、先ずは息を吐く、という事でした。

もう約30年前も前の整骨院で教えてもらったことを思い出しました。

 

歩き疲れてワサワサしている体を落ち着けようと、

まるでX線写真を撮る時のように、息を大きく吸い込んでいましたが、

息をゆっくり吐きだした後、静かに呼吸するように心がけると、

気分かも知れませんが、体も気持ちも落ちついてくる気がします。

f:id:pochinokotodama:20200109144320j:plain

この先もメタボ対策の裏山散歩が続けられるように、

苦しくなったら先ずは息を吐く、を続けてみようかなと思っています。