元日は夙川堤から西宮の「えべっさん」へ。

1月1日(水)

元旦は、たとえ安直な「店屋もんのおせち」を並べても、

一品でも自前で作るところに配偶者の心意気が見てとれます。

今年も負けず嫌いの意地の強さは継続するのでしょう、多分。

f:id:pochinokotodama:20200103113301j:plain

お雑煮とおせちを頂いてから、西宮の「えべっさん」へお詣りします。

 

阪急三宮駅から夙川駅へ向かうのですが、

寒く無いとはいえ、プラットホームでじっと立っていると冷えるので、

普通電車の座席で特急電車が来るまで待ちます。

f:id:pochinokotodama:20200103130458j:plain

 

年に一度くらいしか見ない夙川からの六甲連山

大阪方面から帰ってくる時、この山の形を見ると、

あぁ帰ってきたと、どことなくホッとします。

f:id:pochinokotodama:20200103132901j:plain

丸いお椀を伏せたような甲山が見えていないのが残念です。

昔々大昔、高校の3年間はこの駅を利用していたのですが、

ロータリーがどんな感じだったのか、ほとんど覚えていません。

 

夙川堤を阪神電車の香枦園駅まで15分ほど歩いてきて、

駅から国道43号線沿いに東へ10分ほど行くと、「えべっさん」です。

f:id:pochinokotodama:20200103143913j:plain

阪神電車の高架の向こうに丸い甲山が見えています。

 

夙川から「えべっさん」へ。

半世紀近く前の記憶を妄想しながら「えべっさん」に着くと、

今年は拝殿前の人が多い気がします。

f:id:pochinokotodama:20200103194306j:plain

御本殿に入って行くと、拝殿前の混雑から想像したより人は多くなく、

ゆったりとしたお詣りになりました。

f:id:pochinokotodama:20200103195543j:plain

おみくじを引くと、私は「凶」、配偶者は「大吉」。

配偶者はアイスパフェが「吉」を呼んでいるのでしょう。

私には「えべっさん」から「図に乗るな!」という忠告と思い、

無駄にウロチョロしないで、来た道の夙川堤を帰って行きます。

 

国道2号線の夙川の橋の上から見ると、JR神戸線の鉄橋の向こうの丘に

あんなぎょうさん家があったかな?と思うくらい家が建っています。

f:id:pochinokotodama:20200103204459j:plain

阪神淡路大震災から25年も経っているから街の様子も変わるやろ、

と今更ながら納得します。

 

鉄橋の西側にある「日切地蔵尊」。

f:id:pochinokotodama:20200103210153j:plain

ここから見る六甲連山の眺めは、夙川の堤ということもあるのか、

空が広がっていて、ぼんやりした解放感があり半世紀前からずっと好きです。

f:id:pochinokotodama:20200103210738j:plain

 

さすがに「凶」のくじを引いた時は、あちゃ~!と思いましたが、

えべっさん」から今年一年限りのイエローカードを貰ったのだと思っています。

慌てんと、ぼちぼち行きまっせ。