灘浜グランドの練習試合と中華料理の「黄老(おうろう)」。

12月14日(土)

神戸製鋼コベルコスティーラーズキヤノンイーグルス

練習試合を見るために灘浜グランドへ。

 

阪神電車住吉駅より歩く時間を読み間違い、

正午のキックオフだったのですが遅刻してしまいました。

尚、試合中は撮影禁止なので写真は試合終了後に撮っています。

f:id:pochinokotodama:20191217182028j:plain


タッチラインから数メートルの所から見ることができるので、

ボールを持ってスピードに乗っている神戸製鋼の山中亮平選手が、

目の前でタックルを受けた時バチッと凄い音がして配偶者が思わず「あ痛!」。

f:id:pochinokotodama:20191217113020j:plain

練習試合とはいえすごい迫力です。

 

グランドのある所は埋め立て地なので風が強いかなと思っていたのですが、

風は強くなく穏やかな天気で助かりました。

それでもコンバージョンゴールの時、風でボールが押し返されていましたので、

元々風は強い所なのでしょう。

 

神戸製鋼は青のセカンドジャージ、

f:id:pochinokotodama:20191217144832j:plain
キャノンは赤のファーストジャージを着ています。

f:id:pochinokotodama:20191217145252j:plain


神戸製鋼は赤と思い込んでいた私たちは、

KOBELCO」のロゴが青のジャージにあるので、

ラグビーではジャージが両チームが同色の場合、

ホームチームがセカンドジャージを着るのかなと思いました。

f:id:pochinokotodama:20191217150045j:plain

試合は43ー14で神戸製鋼の勝利でした。

この試合では明らかに素人目にも体力差がある気がしましたが、

リーグ戦ではどうなるのでしょうか。

 

TVでは感じることのできない瞬時のスピードと強い当たりが、

目の前で展開されて感嘆しました。

二人とも機会があればリーグ戦も見たいと思ってしまいました。

 

気分良く三宮まで戻ってきて「さんちか 味ののれん街」にある、

中華料理の「黄老(おうろう)」でご飯にします。

 

頼んだのは土日祝限定の「口福(こうふく)セット」 というセット料理です。

スープと蒸し鶏、クラゲ、焼き豚(ジャムが上にのっています)の三種の突出しが最初に運ばれてきました。

f:id:pochinokotodama:20191217191942j:plain

スープは二人が慣れ親しんできた、昔ながらの中華の卵スープの味です。

このスープの味で、多分この店の味は、

二人が憶えている広東料理の味だろうと想像した通り、

それは三種の突出しで確認できました。

懐かしく、おいしく頂きます。

 

良かった、この店は味が変わってなかった。

ご無沙汰していると、知らぬ間に味が変わっている店もあるので、

それを心配していたのですが大丈夫でした。

 

お酒は燗をした紹興酒とビール。

f:id:pochinokotodama:20191217200046j:plain

 「あて」に出てきたピーナッツを見ていると、

自分たちが子供の頃、親がビールを頼むとピーナッツも出てきた場面へ戻ったような錯覚をします。

そう言えば、ここの店のように、

昔は壁に鏡が掛けてある食べ物屋さんがよくあったような気がするけれど、

錯覚やろか。

f:id:pochinokotodama:20191217203353j:plain

 

右から

酢豚、エビの天ぷらとしし唐の天ぷら、海老マヨが次々と並べられます。

f:id:pochinokotodama:20191217201434j:plain
ウンウンと味に納得しながら結構な勢いで頂きます。

 

家では絶対作れない香ばしい炒飯。 

f:id:pochinokotodama:20191217202109j:plain

〆には定番の杏仁豆腐。

f:id:pochinokotodama:20191217204138j:plain

変わらない味が嬉しくて、また来ようかなと思ってしまいました。

 

ルミナリエは明日15日(日)が最終日なので、南京町広場は大勢の人で一杯。

f:id:pochinokotodama:20191217215846j:plain

 

きょうは、また見ようかな、また来ようかな、があって良い一日でした。

たまにこういう日があると楽しくなります。