「ブラックフライデー」の甘い罠

11月23日(土)、ハーバーランドの「umie」南館地1階の100円ショップ「Seria」で、配偶者が欲しい食器があるということで、お付き合いします。

f:id:pochinokotodama:20191129105812j:plain

欲しかった本命の器はこちら、ネコさんのお皿。

f:id:pochinokotodama:20191129110546j:plain

私が見ても、以前居たウチのコの似顔絵みたいで、配偶者が欲しかったのが分かります。

同じコが他の器にも描かれているそうで、今度はそれも買うことにしました。

 

ハーバーランドへ行くのに、元町商店街を通るか、ポートタワー経由で行くか迷ったのですが、天気が良いのでポートタワー経由にします。

f:id:pochinokotodama:20191127143423j:plain

 「あっ、飛行機雲。撮って!」

《言われんでも「おっ!」と思ったら撮りまっせ。(ダークサイドの私)》

 

今年もスケートリンク「umieアイスマリーナ」が「MOSAIC」前の高浜岸壁に出来ています。昨日の11月22日 (金)から始まったようです。

f:id:pochinokotodama:20191129125833j:plain

たくさんのスケート靴が出番を待っています。

暗くなって街の夜景やイルミネーションが映えるころには忙しくなるでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20191129132928j:plain


イオンの「ブラックフライデー」を当て込んではいる訳ではないが、それなりの期待はしているという、あわよくば根性が透けて見える、きょう23日(土)のハーバーランド遠征です。

 

ありました。

ブラックフライデー」の小旗が立っているワゴンに並べられている「炙り団子」。

「2個増量」のシールに、あわよくば根性が甘い罠にかかりました。

f:id:pochinokotodama:20191129135533j:plain

まっ、いいでしょう。

買ってきたばかりの器に、銀杏と収まります。

f:id:pochinokotodama:20191129140655j:plain

 

スケートリンク「umieアイスマリーナ」は、配偶者のクリスマス気分を盛り上げたのでしょうか、もう1軒スーパーに寄って材料を揃えます。

f:id:pochinokotodama:20191129142826j:plain

昔々、ショートケーキのトッピングによく使われていた銀の粒のアラザンを散らして、何となく懐かしみのあるホワイトクリスマスを作ります。

f:id:pochinokotodama:20191123225400j:plain

ジオラマ作者&撮影監督の配偶者より、

「全体の写りは優しく昭和のほんわかしたモノクロ調にして、後ろのマシュマロの丘がぼけるように」との分かったような指示があります。

《「ハイ、ハイ」なんなと言うとくなはれ、撮りまっせ。(ダークサイドの私)》

 

ただ、これだけでは気が済まないのがジオラマ作者&撮影監督の配偶者。

見事にかかった「ブラックフライデー」の二つ目の甘い罠も使います。

f:id:pochinokotodama:20191129165531j:plain

メタボの私にはブラックな物がいっぱい詰まっています。

f:id:pochinokotodama:20191129170347j:plain

垂直に近いモンブランエクレア壁とチョコエクレア壁、

オーバーハングのシュークリーム岳、穏やかな稜線のチョコロール山など、

甘味連山のクリスマス・ジオラマです。

f:id:pochinokotodama:20191129172458j:plain

サンタクロースの誘いの手とトナカイのほくそ笑みを乗せた、

甘味山岳鉄道も走っています。

 

あぁ、甘い奴らの誘惑に負けるのかなぁ。