秋晴れの摩耶山へ

今週のお題「秋の空気」

 

10月16日(水) 、

めっきり夜は涼しくなってきたのですが、週末は天気が崩れるので秋晴れの今日、摩耶山へハイキングに行きます。

新幹線の新神戸駅の山側で、おりこうさんが日向ぼっこ。

f:id:pochinokotodama:20191018102133j:plain

空を見ると温かいけれど風があるのか、雲が早く流れています。

f:id:pochinokotodama:20191018101651j:plain


「みはらし台」から海を見ると、寒い時の海の光りぐあいに秋を実感します。

f:id:pochinokotodama:20191018104501j:plain

 

新神戸駅から約1時間、市ヶ原の櫻茶屋前です。

平日はいつも人が少ないのに、今日は人がいるなぁ、何かあるんかなぁ、と一服。

f:id:pochinokotodama:20191018110439j:plain

 

風に流される雲で日影が出来たり、日向になったり、紅葉はまだですが、忙しい秋の山肌です。

トゥンティクロスの崩落した所が見るたびに少しずつ広がっているようです。

f:id:pochinokotodama:20191018144339j:plain

 

学校林道との分岐点に「ハチに注意」の貼り紙。

普段ならここで一服するのですが、スズメバチに一度刺されたことがあるのでさっさと先へ行きます。

f:id:pochinokotodama:20191018145837j:plain

 

ポートアイランド、空港島が見えます。

標高600m位でしょうか、ここまで来ると高度感があります。

f:id:pochinokotodama:20191018184145j:plain

 

市ヶ原から約2時間、摩耶山上の電波塔北側にある「海の丘」と呼ばれている展望地から、神戸西部方面を見ています。

晴れて風があれば小豆島を望めることもあるので、今日の天気に少しは期待していたのですが無理のようです。

f:id:pochinokotodama:20191018190546j:plain

風を受け流す摩耶山上の秋のススキは、まっすぐ元気に立っています。

奥にこんもりしている山のように見えるのは淡路島です。

f:id:pochinokotodama:20191018191622j:plain

ここ「海の丘」では二組のハイカーがお昼にしています。見晴らしが良いからご飯もおいしいでしょう。

景色に得心がいったので掬星台へ向かいます。

 

掬星台の展望台にはトレラン、ハイキング、ロープウェーで来た人、この後は自転車で来た人もいて賑やかになっています。

f:id:pochinokotodama:20191018193338j:plain

今日は人が多いなぁと思っていましたが、はたと気が付きました。

今の時間は正午頃なので、摩耶山上でお昼にする予定で皆さん登っているのだ、と今更ながら気が付きました。

私はお昼は別にどこでも良いと思っていて、午後1時以降に掬星台に着く事がほとんどだったので、平日は人が少ないなぁと勝手に思い込んでいたことに気が付いたのです。

 

掬星台から望む、右にポートアイランド、左に六甲アイランドの定番の景色に、

f:id:pochinokotodama:20191018200832j:plain

東灘から大阪の方まで、澄んだ秋の空気のせいか街並みが良く見えます。

f:id:pochinokotodama:20191018200055j:plain

私もここでお昼にします。

気温は13℃。

前回はロープウェーとケーブルを利用して下りたのですが、今日は歩いて青谷まで下ります。

 

摩耶山史跡公園」の旧天上寺跡まで下りてくると、風が当たらず冬でも温かい所で、体の緊張がほどけてゆきます。

f:id:pochinokotodama:20191018203311j:plain

 

青谷まで下りてきました。ここからバスで三宮へ出ることにしました。

f:id:pochinokotodama:20191018204643j:plain

新神戸までバス道を歩いて帰るのは、次回の楽しみに置いておきます。

 

今まで、平日は「掬星台」に人出が少ないと思い込んでいた自分に気がついて、恥ずかしくなった秋晴れのハイキングでした。