日曜の朝はクッキーを食べると目が覚めます。

12月9日(日)の朝、寒いけれど日差しもあって良い天気です。

こんな日は、エキセントリックにならない穏やかな雰囲気の

The Police「Every Breath You Take」です。

www.youtube.com

と、えらく鷹揚に構えてる割には、

朝ご飯の時、まだ牛乳も入れていないのに、

クッキーに手を出してイエローカード

配偶者がクッキーの写真を写そうとした時、

私がクッキーを摘まもうとしている一瞬を偶然に撮った1枚です。 

f:id:pochinokotodama:20181209120418j:plain


本来なら下の写真の状態で「いただきます。」が正解です。

ただし、マグカップは是非とも左側に置いて頂きたい。

因みに配偶者は、その性格も容貌も含めて、

マグカップのキャラクター「ミイ」と言われていたそうです。

f:id:pochinokotodama:20181209140419j:plain

お皿のクッキーは、配偶者のオリジナル。

という事は、この世に二つと無い、

貴重というよりは、続編は遠慮したい気分に襲われる、

オリジナリティあふれる逸品たちです。

 

上にある3枚のクッキーは、ピーナッツバターがベースになっています。

しかしピーナッツバターの量が半端ないので、

スプーン山盛りのピーナッツバターを、

一気に口に入れたような風味というか匂いが物凄く、

しかも多少ピーナッツの粒々が残っているので、

粒を噛むたびに一層匂いがしっかりと広がり、目が覚めます。

食べ応えは十二分にあります。

 

下のクッキーは、ドライフルーツがベースです。

見た目はかき揚げのようですが、クッキーもどきです。

摘まむとバラバラになってドライフルーツがそれぞれ独立を目指す、

危うい結束力でクッキーもどきを保っています。

こちらもドライフルーツが半端ないので、

からしっかり匂いが抜けてゆき、目が覚めます。

 

レシピを配偶者に訊ねると、殆どはアドリブ。

冷蔵庫にあった残り物を使った、その時・その場の閃きなので、

自分でも正確には分からない、とのことでした。

 

アドリブなので当然と言うべきか、

配偶者のしつこい性分がよく反映された、

しっかりとした朝ご飯だったので、

晩ご飯はごくごく普通のご飯が欲しくなりました。

 

そこで、以前ブログ記事にした三宮「そごう」地下食品売り場の

「古市庵のうず潮巻」を買いに行く許可を貰います。

www.pochinokotodama.com

 

「古市庵のうず潮巻」には、やはり日本酒が良く似合います。

晩ご飯は、朝と打って変わって穏やかな食卓になり、

我が家の「ミイ」もご満悦でした。