JR神戸線「元町駅」から5分・兵庫県公館の一般開放 その1

11月24日(土)、兵庫県公館の山側の玄関(北玄関)前を通ると、

迎賓館部門と県政資料館部門を一般開放していました。

f:id:pochinokotodama:20181127093437j:plain

毎週土曜日には開放されているようです。

兵庫県/兵庫県公館について

一度は入ったことはあるのですが、ちゃんと見学をしたことがないので、

看板を見たのを良い機会に入ってみます。

 

明治35年に建設された兵庫県公館内に流れていたのは、

建物のオーソドックスな雰囲気にぴったりの

FRANK SINATRA 「The Days Of Wine And Roses」でした。

www.youtube.com

 

北玄関は兵庫県公館の2階部分になります。1階は南側の「迎賓館玄関」と

大会議室になっています。

神戸ではよく見かける斜面にある建物の構造で、斜面の南側(海側)出入口が

1階になり、南側より高い北側(山側)出入口が2階になる構造です。

 

公館に入ると兵庫県のマスコット「はばタン」が出迎えてくれます。

f:id:pochinokotodama:20181127095613j:plain

 

順路に従って行くと、

県鳥「こうのとり」、県花「のじぎく」、県木「くすのき」

の謂れが説明されています。

f:id:pochinokotodama:20181127102745j:plain

f:id:pochinokotodama:20181127104053j:plain

f:id:pochinokotodama:20181127105551j:plain

f:id:pochinokotodama:20181127110610j:plain

 

 

「兵庫の魅力」展示室では、

兵庫県の地勢や産業、自然などが紹介されています。

f:id:pochinokotodama:20181127134517j:plain

目を引いたのは、床面に描かれた「伊能大図(いのうたいず)」の兵庫県地図です。

f:id:pochinokotodama:20181127130011j:plain

f:id:pochinokotodama:20181127131000j:plain

今日ほど観測機器が無い時代、ここまで地図を描き起こしたその熱意と持続力に心底感心します。

 

 

「兵庫の産業」展示室では、

伝統産業などが紹介されていて、

小学校か中学校の時、授業で習っていたように思います。

f:id:pochinokotodama:20181127133901j:plain

憶えているのは、やはり近隣地域の特産品になります。

 

「有馬の人形筆」は、ハイキングで芦屋川から六甲山越えで有馬へ行った時、

店頭に並べられているのをよく目にしました。

f:id:pochinokotodama:20181127173904j:plain

 

刃物は何でも三木がええ、と父がよく言っていたのでしっかりと脳細胞に

刷り込まれてしまいました。

包丁は大阪の堺、と知ったのはかなり大人になってからだと思います。

f:id:pochinokotodama:20181127144630j:plain

 

伯父が灘で工務店をしていた1970年頃、瓦は淡路の業者に注文し、

トラックで運ばれて来ていましたので、瓦は淡路でしか作っていない

と思い込んでいました。 

f:id:pochinokotodama:20181127151921j:plain

他にも「姫路張子玩具」「播州そろばん」「城崎麦わら細工」

「豊岡杞柳細工(とよおかきりゅうざいく)」「名塩紙」等々展示されています。

 

 

「兵庫の人」展示室では、

スポーツで功績のあった人や

f:id:pochinokotodama:20181127182405j:plain

文化勲章などの受賞者が紹介されています。

f:id:pochinokotodama:20181127182700j:plain

あっ!桂米朝

上方落語なので大阪のイメージがありますが、

姫路市出身で尼崎市に住んでいた「兵庫の人」です。

f:id:pochinokotodama:20181127190053j:plain

 

 

「兵庫初物語」展示室では、

f:id:pochinokotodama:20181127195338j:plain

年代ごとに兵庫県から全国へ広まった様々な事柄が紹介されています。f:id:pochinokotodama:20181127195644j:plainよく知られているものは神戸にまつわるもの、いわゆる舶来物が多いようです。

f:id:pochinokotodama:20181128125245j:plain f:id:pochinokotodama:20181128130248j:plain

ちょっと自慢も入りますが、配偶者の父も腕の良い紳士服の仕立屋さんでした。

f:id:pochinokotodama:20181128130638j:plain

f:id:pochinokotodama:20181128130916j:plain

などが有名ですが、

知らない事もあって、ついつい読み進んでゆきます。

f:id:pochinokotodama:20181128132758j:plain f:id:pochinokotodama:20181128142229j:plain

f:id:pochinokotodama:20181128141859j:plain

f:id:pochinokotodama:20181127200655j:plain

「川底トンネル・鉄橋」の項目を読んで立ち止まりました。

f:id:pochinokotodama:20181128205741j:plain

石屋川トンネルは母の実家近くにあり、また武庫川鉄橋も父の実家から子供でも自転車で約5分で行ける距離にありました。1960年当時、電気機関車が好きで石屋川トンネルや武庫川鉄橋まで見に行っていました。

f:id:pochinokotodama:20181128212824j:plain f:id:pochinokotodama:20181128212933j:plain

パネルの項目を読んでいると、クイズ的な知識の面白さがありますので、

読み流していっても楽しいと思います。

 

 

尚、ご紹介できなかった展示室には

「兵庫の歩み」展示室 「兵庫の復興・防災」展示室

「兵庫の文化」展示室 「兵庫の国際交流」展示室

などがありますが、この階(2階)のご紹介はここまでとさせて頂きます。

次回の記事では3階にある知事室などをご紹介したいと思います。