お彼岸は鵯越墓園へお墓参りに。

22日(土)、配偶者の両親のお墓がある鵯越墓園へ、お彼岸のお墓参りに行きます。

配偶者の母が好きだった Rod Stewart 「Sailing」です。

www.youtube.com

 

バス停から墓園へ行く途中振り返ると海が見えます。

f:id:pochinokotodama:20180924094844j:plain天気が心配でしたが、雨はもう大丈夫のようです。

f:id:pochinokotodama:20180925132140j:plain

 

墓園の管理事務所から、イノシシが穴を掘っていますと一昨日電話があり、

山で見かける「イノシシのぬた場」のようになっているのか心配でしたが、

行ってみると一筋二筋のいたずら程度で安心しました。

配偶者は墓石が傾いていないか心配だったそうです。

 

 安心したら晩ご飯はどうしよか、気になってきました。

セブンイレブンで買った「おでん」が残っているので、

f:id:pochinokotodama:20180924211611j:plain

「おでん」と全然つながりは無いけれど、そごう神戸店のニューミュンヘンで売っている「骨付きモモ肉の唐揚」が食べたくなります。

f:id:pochinokotodama:20180924213157j:plain

学生時代バイトで稼いだお金が入ったので、友人たちとニューミュンヘンにビールを飲みに行った事がありました。

トンカツやビフカツが大好きで、鶏肉は味が薄く食べ応えが無くて好きではありませんでした。

友人たちに「ここの鶏の唐揚は、おいしいから食べてみぃ。」と勧められ、

渋々食べたら「衣も肉も香ばしくて、おいしい!」と、以後病みつきになり、

何かと言えば「なぁ、ニューミュンヘン行かへんか?」と、ビアホールは一人では行きにくいので、人を誘うようになっていました。

今でも思い出したように、ニューミュンヘンの唐揚げが食べたくなる時がありますが、そんな時、そごう神戸店の地下食品売り場で、人を誘わなくても気軽に買えるようになったのは嬉しいことです。

 

たねや」で「おはぎ」も買って貰います。

「おはぎ」は、お米に十穀をあわせたものがベースになっていて、粒餡ときな粉の2種類で頂きます。

どちらも味がツンツンせず、もっちり感が豊かで食後の一服に良い塩梅でした。

f:id:pochinokotodama:20180924215423j:plain

父方の祖母は西宮生まれの西宮育ちで、十八番は手作りの「おはぎ」でした。

祖母は「おはぎ」と言わず「ぼたもち」と呼んでいました。

遊びに行くと必ず「ぼたもち」がたくさん用意されていて、お腹がいっぱいになるまで勧められ、大きくなるにつれて段々「ぼたもち」が鬱陶しくなりました。

 

ここ数年の事ですが、不思議な事に「甘いものは洋菓子だけ」の配偶者が「おはぎ」を食べるようになりました。

元々和菓子好きの私でも、「おはぎ」は避けていたのですが、配偶者に付き合って食べたのがきっかけで、おいしく食べるようになりました。

 

油ものと甘いもの。かかりつけのお医者さんから、糖尿病に近づき過ぎのイエローカードを貰っているのに、ついつい手を出してしまいます。

 

明日は天気が良さそうです。

f:id:pochinokotodama:20180925103420j:plain

当たり前のことですが、食べ物の好みは変るものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入盤 ROD STEWART / BEST OF [CD]
価格:1213円(税込、送料別) (2018/9/25時点)