私の好物(My Favorite Things)。

 好物1/抹茶と干菓子

f:id:pochinokotodama:20180822220129j:plain

「すみません、抹茶はもう少し細かい泡にして貰えませんでしょうか?」

《手早いのは認めるけど、荒っぽいなぁ!(ダークサイドの私)》

 

何を飲む?と聞かれると「水」とは言いにくいので、

その場の雰囲気でお茶かコーヒー、あるいは紅茶を頼みますが、

いずれも好物ではありません。

和菓子を好きな私は、合わせる飲み物はお茶ではなくやはり水でした。

 

が、配偶者から勧められてと言うより、

「この無粋者、和菓子は抹茶やろ!抹茶を飲め!」と恫喝されて飲んだのですが、

甘いものを食べて抹茶を飲むと、気分がしゃっきりしたのには驚きました。

多分カフェインの作用だと思いますが、それ以来、これは抹茶に合う和菓子だな、

と思う時には抹茶をリクエストするようになりました。

自宅用としてお店の人が勧めてくれた、丸久小山園の抹茶「又玄(ゆうげん)」を

飲んでいます。

f:id:pochinokotodama:20180823121140j:plain

 

 

好物2/初めてちゃんと聴いたジャズ John Coltrane「My Favorite Things」

ロックばかり聴いていた私に、友人がジャズを聴いてみるか?と勧めてくれたのが

John Coltrane「My Favorite Things」でした。

勧めてくれた友人は、温厚という程ではありませんが、チリチリと小心者の私とは違いずっとマイルドな性格なので、ちょっと気取った小綺麗な、

例えば " Autumn Leaves " Chet Baker - Paul Desmond

" Autumn Leaves " Chet Baker - Paul Desmond - YouTube

みたいな感じの曲やろと、小馬鹿にしていたのですが、聴いてびっくりです。
ジャズにこんな演奏があるんか!と。

大袈裟に言えば、唯一ロックだけが口には出せない自分を歌っていると、

信じ込んでいた思い上がりに一発喰らわされました。

本当に驚きでした。 

John Coltraneの「My Favorite Things」は色々なバージョンがあるのですが、

私は初めて聴いたNewport Jazz Festival(1963)のライブ演奏がベストと思います。

9分20秒あたりからのコルトレーンのアドリブに降参です。

演奏時間は17分36秒ありますから心積もりをお願いします。

John Coltrane Quartet at the Newport Jazz Festival 「My Favorite Things」

www.youtube.com

 

 

 好物3/初めて洋楽だと思った The Rolling Stones「Satisfaction」

小・中学校の音楽の時間は退屈で圧迫的で嫌いでした。

親の世代が聴く歌謡曲は自分が住んでいる世界と一体化していて 、

どこかにひがみを含んだ高圧的な情緒が厭でした。

プレスリーなどの1960年代前半頃までのアメリカのポップは、

まっとう過ぎて馴染めませんでした。

日本のグループサウンズは、女子用の音楽で問題外と思っていました。

 

初めてラジオで The Rolling Stones「 Paint It, Black」を聴いた時、

うおぉお!夏の甲子園の「AAB秋田朝日放送の公式Twitter」に負けない位の衝撃は十分にありました。

どんな歌詞なのかさっぱり分からんのに「そやそや」という思いで一杯になり、

何故か「これがほんまの洋楽や」と納得したのでした。

ビートルズの曲も入って来ていたのですが、ローリングストーンズの破綻しそうな怪しげな雰囲気に引き込まれていったのが、ロックの聴き始めでした。

The Rolling Stones「 Paint It, Black」

www.youtube.com

 その後、クリーム、ジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリン

ジャニス・ジョプリン等々を誰もが辿ったように、私も辿るのですが、

グランド・ファンク・レイルロードが登場した時、

「また、まっとうになった。あぁ、これで終わった」と思いました。

 

やはり1960年中頃~1970年までのようなロックが、

今でも一番のMy Favorite Things かも知れません。