京都・祇園祭 まだ夜店は出ない宵々々山。その1

7月14日(土)、今日から京都・祇園祭宵山になるとTVニュースで知って、

急に出掛ける事になりました。

天気予報を見ると京都は最高気温が38度になりそうだというので、

少しびびりますが「行きたい」という欲の方が勝ります。

 

夏という事で、定番の「Summertime」

Billie Holiday のヴォーカルで。

www.youtube.com

 

お昼の12時半頃JR京都駅に着きました。中央口では祇園囃子が流れています。

あ~、京都に来たんや。

赤い提灯の左に長刀鉾、その左は蟷螂山と、前祭の山鉾巡行の順番に

提灯が並んでいます。

f:id:pochinokotodama:20180716091400j:plain

 

配偶者の日傘が壊れているのですが、今日は絶対必要なのでまず日傘を探します。

京都駅の近くでも店は沢山あるのですが、やはりここはお上りさんらしく、

京都らしい繁華街と思っている新京極まで行きます。

ウロウロと何軒か探し回り、気に入ったのが見つかりました。

 

もう午後の2時前です。遅くなりましたがお昼ご飯にします。

新京極の「更科本店」で、きしめんを頂きます。

f:id:pochinokotodama:20180716103932j:plain

私は、「ざるきしめん」と「ミニ親子丼」。

注文して出来るまで、かなり時間が掛かります。

私が焦って、先に出てきた「ざるきしめん」のつけ汁だけを撮ろうとして、

配偶者から「ざるきしめん」と一緒に撮らなあかん、とたしなめられていると、

向かいの席に座っていた、ギリシャ人の若い女性が、言葉では分かりませんが、

配偶者に同意している事がその身振り手振りから分かります。

f:id:pochinokotodama:20180716104935j:plain f:id:pochinokotodama:20180716105000j:plain

彼女は鴨川の川床で撮影した「はも」料理の写真や、

川床から見上げた綺麗な夕焼け空の写真などを見せてくれました。

彼女が器用にお箸を使って「きしめん」を食べているので、

「上手やねぇ」と日本語で言うと、嬉しそうに頷いています。

配偶者は、「きしめん」と「ミニきつね丼」です。

f:id:pochinokotodama:20180716105747j:plain f:id:pochinokotodama:20180716105825j:plain

私には、つけ汁や親子丼は、食べなれた味でしたが、

配偶者は、きつね丼をしょっぱいと感じたそうです。

そう言えば、大分前になりますが、他の店のうどんの出汁が

しょっぱかった事を思い出しました。

京都では地元のお客さんが多い店の味は、大阪や神戸よりもずっと

しょっぱいのでしょうかねぇ。

 

腹ごしらえも十分に、例え火の中水の中も厭わない気構えが出来たようなので、

裏寺町通から四条通に出て八坂神社へ向かいます。

今日は「【Ren-new】くん (id:Ren_newkun38) 」さんのような

「【Ren-new】くんのような建物」を撮ってみようと思います。

勝手にブログを引用させて頂き申し訳ありません。

ren-newkun38.hateblo.jp

 「【Ren-new】くんのような建物」その1

う~ん、アカン。出来過ぎの町家になってしもたがな。違うなぁ。

f:id:pochinokotodama:20180716122211j:plain

 

あっ・つ・い~、四条大橋です。

改修中の南座が見えます。

f:id:pochinokotodama:20180716124225j:plain

これだけ日差しが強く暑かったら、さすがに鴨川と言えども

川堤に腰を下ろしている人はいません。

f:id:pochinokotodama:20180716125107j:plain

 

一番暑い午後3時頃。祇園祭の幟が立っている八坂神社です。

冷たい水をステンレスボトルに入れて持って来たのですが、

飲んでも飲んでも体温が下がる気がしません。

f:id:pochinokotodama:20180716130641j:plain

一年お世話になった八坂神社の「ちまき」を、納札所に納め、

新しい「ちまき」を頂きます。

舞殿に据えられている三基の神輿の前を通り、

f:id:pochinokotodama:20180716140147j:plain

謡曲の奉納が行われている能舞台前を抜けて、

円山公園の「祇園しだれ桜」へ向かいます。

f:id:pochinokotodama:20180716145621j:plain

 

円山公園の「祇園しだれ桜」は花の咲く頃と違って、生命力感もりもりです。

新京極で買った税込756円(UVカット加工無し)の日傘が役目を果たしています。

f:id:pochinokotodama:20180716150348j:plain

木陰に入って冷たい水を飲みますが、文字通り焼け石に水です。

風が抜けると多少の涼しさを感じますが・・・、人もまばらな円山公園

f:id:pochinokotodama:20180716205816j:plain

 

必ずお参りする建仁寺塔頭寺院へ行くのですが、足取りが重いです。

気が散漫になっていて写真をサボっています。

 

おお、ありました。「【Ren-new】くんのような建物」その2。

右側の改装が少し残念ではありますが。

f:id:pochinokotodama:20180716212544j:plain

「【Ren-new】くんのような建物」その3

焦点は建物ではなくて、塀に作られた勝手口です。

大昔、ご近所のおばさん方が口に手を当てて、こそこそ喋る場所でした。

今もゴミ出しの時に喋ってるのやろか。

f:id:pochinokotodama:20180716214102j:plain

 

建仁寺塔頭寺院近くで植えられている桔梗を見つけて、

配偶者曰く「何か意味があるのやろか?」

暑さにイラッとしてる私は、

《ご自分でお調べになったらどうですか。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20180716220401j:plain

 

お参りを済ませて、京都市役所までバスで出るために、鴨川の松原橋を渡ります。

id:flemy」さんのブログで恐ろしい川の流れを拝見させて頂いたので、

flemy.hatenablog.jp

松原橋から鴨川を見ると、水位が相当上がっていたのが分かります。

勝手に「id:flemy」さんのブログを引用させて頂き申し訳ありません。

f:id:pochinokotodama:20180717111425j:plain

アオサギやカモがいて、自転車が遊歩道を行く光景は鴨川でよく見ました。

f:id:pochinokotodama:20180717112901j:plain

7月始めから一ヶ月続く祇園祭で、きっと厄災は除去されるでしょう。

京都市役所近くの寺町二条からの記事は、

「京都・祇園祭 まだ夜店は出ない宵々々山。その2」になります。