神戸・三宮は気まぐれ天気の土曜日でした。

6月30日(土)。今週は天候のせいか体がだるく、外は曇っているので、

家の中でぐずぐずしていると一層体がだるくなりそうです。

やはりブルースな気分でしょうか。

Aretha Franklin - with Eric Clapton 「Good To Me As I Am To You」

www.youtube.com

 

口では「いや、もう歳ですから。」と言いながら、

《そやけど俺はちょっと違うで。》と腹の中にダークな思い込みも飼っています。

それでも年齢にふさわしく、体調の話題になると切実に聞き入ったりもします。

ご近所の方に、

「枕は、〈そばがら〉がええよ。そばがら枕は高さがあるけど、自分で調整して使うねん。朝起きた時に首から肩が辛いんやったら試しはったら。」

と言われ、素直に午後から三宮へ物色に出掛けます。

山手幹線を東へ、鯉川筋の交差点近くまで来る頃には東の空は晴れて、

入道雲が大きくなっています。

f:id:pochinokotodama:20180702094450j:plain

 

中山手通4丁目交差点で右折、鯉川筋を海側へ下りようと、歩いてきた西の空を見ると、こちらも晴れて風があるせいか雲が切れて流れています。

f:id:pochinokotodama:20180702100944j:plain

 

鯉川筋の奥に大丸神戸店。

出掛ける時は曇っていたので、私は帽子を、配偶者は日傘を家に置いてきました。

風があるとは言え日差しのきつさが辛いです。

生田新道交差点を東へ。

f:id:pochinokotodama:20180702101915j:plain

 

トアロード交差点海側。

日の当たる所と影のところがくっきり分かれています。

影のある所を選んで歩きます。

f:id:pochinokotodama:20180702103535j:plain

トアロードの交差点山側。

f:id:pochinokotodama:20180702104004j:plain

雲がものすごく速く流れています。

f:id:pochinokotodama:20180702104320j:plain

 

JRと阪急の高架に挟まれた所を通らないと、三宮に来た実感が湧きません。

ノスタルジックな所ですが、賑わいがあるので侘しさを感じさせないのが、

来たくなる理由でしょうか。

f:id:pochinokotodama:20180702105556j:plain

 

暑い中を歩いて来たので、何か冷たいものをと談合した結果、

何故か「ざるそば」を食べようという結論になり、

そごう神戸店の新館にある「やぶそば」へ向かいます。

多分《そばがら枕→そば→ざるそば→冷たい》という妄想の流れでしょう。

f:id:pochinokotodama:20180702130127j:plain

「せいろうそば」と

f:id:pochinokotodama:20180702131952j:plain

「だし巻き玉子焼き」を頼み、

f:id:pochinokotodama:20180702132228j:plain

冷酒をちょこっと頂きます。

f:id:pochinokotodama:20180702133508j:plainf:id:pochinokotodama:20180702135227j:plain

おいしい!暑い時の冷酒、たまらん。

最後に「そば湯」を飲んで、 ごちそうさまでした。

 

人心地が付いたところで、「三宮OPA2」へ「そばがら枕」を探しに行きます。

「三宮OPA2」から窓越しに見る西の空は晴れています。

f:id:pochinokotodama:20180702144452j:plain

こちらが買った「そばがら枕」です。

f:id:pochinokotodama:20180702141432j:plain

高さは「高」「低」の2種類があり、二人とも「低」を選びましたが、

家で「そばがら」を少し減らして首が楽になるように、調整しました。

その夜使ってみたらぐっすり眠れ、首から肩が楽になり、

教えて頂いた方に感謝です。

 

晩ご飯はタイ風カレーにするので、ココナッツミルクや豆を買おうと外に出ると、雨が降っているので、びっくりです。

f:id:pochinokotodama:20180702145434j:plain

地下街を通って必要な物を買い、自宅近くまで帰ってくると

西の空が晴れてきました。

f:id:pochinokotodama:20180702210229j:plain

 

晩ご飯は、頂き物のル・クルーゼ を使いたいので、タイ風カレーにしました。

ココナッツミルクとレンズ豆とチキンがあればタイ風になると、

安直に考えたのが間違いでした。コクと旨味が今一つ足りません。

結局はカレールーを入れた自己流タイ風カレーにするのですが、

ルーを入れたために全体がドロッともたつきます。

味は可も無く不可も無くはっきりしません。

唯我独尊の料理法は恐ろしい結果を見ることになりました。

f:id:pochinokotodama:20180702213809j:plain

パンは、皮の硬さと中のもっちり感、それに香ばしい風味が気に入っている、

トアロードのパン屋さん「ル・ディマンシュ」のバゲットです。

これが無ければ、不機嫌が吹き荒れる食卓になった事でしょう。

f:id:pochinokotodama:20180702214243j:plain

よう分からん天気と晩ご飯でした。