梅雨入り宣言前と宣言後の紫陽花。

今週のお題「雨の日の過ごし方」

 

梅雨入り宣言は神戸では6月6日(水)でした。

気が早いですが、梅雨明けは7月後半?

という事で、誰が雨を止めるのでしょうか。

Creedence Clearwater Revival「Who'll Stop The Rain」

www.youtube.com

 

梅雨入り前の6月1日(金)は好天気。

「風見鶏の館」の前を通ると遠足の中学生でしょうか、何処を見て回るかの相談をしているようです。

f:id:pochinokotodama:20180611085926j:plain

「風見鶏の館」から少し東へ行くと、青い空に負けまいと淡い色のアジサイが咲いています。

「あぁ、今年も梅雨の季節になるんか、これから曇りや雨の日が多なるなぁ。」

f:id:pochinokotodama:20180611091642j:plain

 

梅雨入り後の6月9日(金)は曇り空。

兵庫県神戸総合庁舎」の東側道路にアジサイ

f:id:pochinokotodama:20180611095214j:plain

花びらのように見えるのが、飾り花(装飾花)で萼片が巨大化したもの。

写真の真ん中辺りに、飾り花(装飾花)の奥に、花火が開いたような形をしたブルーの本当の花(通常花)が咲いています。

f:id:pochinokotodama:20180611100057j:plain

アジサイは、野生種(ガクアジサイ)から、装飾花がより多く萼片がより大きくなる系統を育種・選抜して作り出された園芸品種だ。

アジサイ類 より引用

 

こちらがガクアジサイでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20180611102002j:plain

ガクアジサイは「アジサイと一緒に植えられることも多い」そうです。

f:id:pochinokotodama:20180611102853j:plain

f:id:pochinokotodama:20180611103343j:plain

 アジサイガクアジサイを総称してアジサイということもある。さらに範囲を広げてアジサイアジサイ属全体の総称とすることもある。

アジサイ類 より引用

 

6月10日(金)は曇り空で、時おり小雨がぱらつきます。

確か、王子動物園にもアジサイがあるので、見に行きます。

今日のパンダは、完全にだらけています。

f:id:pochinokotodama:20180611104050j:plain

遊園地にいるコースターの「パンダッシュ」の様子も見ておきます。

 

さすがに天気が悪いので、たまに乗り物の発車アナウンスが聞こえてくる、静かな遊園地です。

f:id:pochinokotodama:20180611104823j:plain

雨雲はもっと低いと思っていたのに、摩耶山の掬星台にあるロープウェー乗り場の建物が見えるので、「何でやろ。」的な感じです。

f:id:pochinokotodama:20180611105549j:plain

 

「パンダッシュ」には、お客さんがいなくて

f:id:pochinokotodama:20180611110016j:plain

手持ち無沙汰のパンダさん達です。

f:id:pochinokotodama:20180611110232j:plain

 

「あっ、アジサイの事、忘れとった。あかんなぁ。」

チンパンジーやオランウータンなどが居る建物の東側にアジサイ

f:id:pochinokotodama:20180611111404j:plain

建物の南側にもアジサイ

動物の鳴き声もあまり聞こえず、シンとしています

f:id:pochinokotodama:20180611112031j:plain

 

近くのクマ舎を見ておきます。大体想像はつくのですが、やっぱり。

チベットヒグマも完全にだらけています。

f:id:pochinokotodama:20180611113055j:plain

なんと、エゾヒグマはうろうろして、クマらしい行動をしています。エライなぁ。

f:id:pochinokotodama:20180611113637j:plain

 

チンパンジーやオランウータンの建物に戻ると、親子連れが何組か楽しそうに歩いています。f:id:pochinokotodama:20180611114337j:plain

雨の日、外出は鬱陶しいものですが、思いかけない場所でアジサイを見つける楽しみが有ります。