神戸南京町の春節祭

南京町春節祭中秋節の獅子舞を楽しみにしています。

16日(金)・旧暦の元日に演じられた神戸中華同文学校獅隊の獅子舞を、

「知久直」さんが、YouTubeにアップされておられます。

先ずは、こちらからご覧下さい。

www.youtube.com

 

17日(土)長安門から南京町へ入ります。

南京町広場にある「関帝さま」の祭壇へ参拝し、おみくじも引きたいと思います。

f:id:pochinokotodama:20180219144128j:plain

 

人は多いのですが、お店をひやかしながらでも、ゆるゆると歩いて行けます。

f:id:pochinokotodama:20180219145856j:plain

 

お忙しいところ申し訳ありませんけれど、ピースさんはおられますか?

f:id:pochinokotodama:20180219204214j:plain

 そうですか、お出掛けですか。どうもすんませんでした。

 

「東京中国歌舞団」による歌が披露されている南京町広場まで来ました。

参拝の順番を待つ間におみくじを引きます。

f:id:pochinokotodama:20180219205517j:plain

くじは、「上上」と「中吉」で安心しました。

關帝廟のおみくじは、大吉・上吉・上上・中吉・中平・下下で構成されています。

   横浜 関帝廟《神筈式おみくじ》 から引用。

 

参拝用のお線香を買って参拝するのですが、子どもは参拝の様子が気になって仕方がありません。 

f:id:pochinokotodama:20180219212752j:plain

f:id:pochinokotodama:20180219212940j:plain

参拝を終えると、三蔵法師孫悟空猪八戒沙悟浄と一緒に記念撮影です。

f:id:pochinokotodama:20180219220729j:plain

 

ホッとしたら、お腹が空いてきました。

そば屋さんの「みゆき」で、「カツ丼定食のそば」をいただきます。ここの「おつゆ」が私と配偶者好みの懐かしい甘めの味です。

f:id:pochinokotodama:20180220091843j:plain

チェーン店のうどん屋さんが増えてきて、柔らかめのうどんと甘めの「おつゆ」が少なくなってきているなか、この店の味に和みます。

f:id:pochinokotodama:20180220091904j:plain

 

食後は、「子どもが入ってはいけない」怪しい場所と時間のままで止まってしまったような路地、を通り元町商店街へ向かいます。

f:id:pochinokotodama:20180220093548j:plain

「路地は表通りとは違ってトランス天国やねん。」

(自称トランス写真家:配偶者 撮影・談)

f:id:pochinokotodama:20180220094459j:plain

《素人が如何にも意味ありげにしたい、写真みたい。(ダークサイドの私)》

 

元町商店街6丁目の西入口から、獅子舞が祝儀とりに店を廻るので、私たちが6丁目へ行こうとしていると、丁度「神戸華僑総会獅子隊」の方も同じように行くところでした。

f:id:pochinokotodama:20180220101420j:plain

f:id:pochinokotodama:20180220101002j:plain

 

元町商店街での祝儀とりが6丁目西入口から始まります。

f:id:pochinokotodama:20180220102252j:plain

 

祝儀を貰う店に来ました。始まったばかりで獅子も元気に立ち上がります。

f:id:pochinokotodama:20180220104629j:plain

店の前で猫のようにグナグナして、なかなか中に入りません。

f:id:pochinokotodama:20180220105056j:plain

ようやく入るかなと思っても、そうは問屋がおろしません。

f:id:pochinokotodama:20180220105501j:plain

ずりずり後ずさりします。 えらいタメてはりまっせ。

f:id:pochinokotodama:20180220105903j:plain

やっとこさ店に入りました。

f:id:pochinokotodama:20180220110452j:plain

獅子が店の中に入っている間も鉦と太鼓を鳴らしていますが、この店が最初に祝儀を貰った店だった(多分そう思う)ので、記念の一枚を撮ります。

f:id:pochinokotodama:20180220111028j:plain

後ずさりしながら店から獅子が出てきます。

f:id:pochinokotodama:20180220112632j:plain

店の人から祝儀を貰い、無事祝儀とりは終わります。

f:id:pochinokotodama:20180220112859j:plain

 

これを祝儀を出してくれる店毎に繰返し、商店街を廻ってゆきます。

f:id:pochinokotodama:20180220131411j:plain

f:id:pochinokotodama:20180220134242j:plain

 

 

祝儀とりは店先に吊るしてあるものを採ると思っていましたが、手渡しのようなものもある事を初めて知りました。

f:id:pochinokotodama:20180220121800j:plain

見ていると祝儀の渡し方も色々あるようです。

脚立に乗って獅子を釣り上げるような渡し方。

f:id:pochinokotodama:20180220122605j:plain

上手に採れてご満悦です。

f:id:pochinokotodama:20180220123112j:plain

 

脚立と手渡しの合わせ技もあります。

f:id:pochinokotodama:20180220123449j:plain

 

今までよく見ていた採り方です。

ちょっと高めのところに祝儀が吊るしてあります。

f:id:pochinokotodama:20180220125300j:plain

サービス精神を出して、2階のバルコニーから採るふりをして見物人を沸かせますが、

f:id:pochinokotodama:20180220125425j:plain

到底無理なので、1階へ下りて来ていつも通り採ります。

f:id:pochinokotodama:20180220125521j:plain

 

獅子は子どもを見つけると、子どもが健やかに成長するよう頭を噛みます。

大人でも健康を願って頭を出せば噛んでくれます。

f:id:pochinokotodama:20180220132711j:plain

 

立ち上がっての二足爆走も可能です。

あー、千切られたー。アカン、写真が手ぶれになってるウ。

f:id:pochinokotodama:20180220130742j:plain

 

元町3丁目の商店街。獅子は元気ですが私たちはちょっと疲れてきました。

アカン、写真が手ぶれになってるウ。

f:id:pochinokotodama:20180220140213j:plain

獅子舞を十分に堪能させてもらったので、きょうは春節の大根餅を買って帰ることにします。

 

 

本来ならば大根餅や餃子は、「そすう」さんのブログ記事通りに、旧暦の元日にあたる16日(金)に食べれば良かったのですが、17日(土)になってしまいました。

www.prime-number.online

f:id:pochinokotodama:20180220140735j:plain

 左下のお皿は初めて食べる大根餅です。「ダイコン、ニンジンとは付き合いたくない」私でもおいしく食べられました。文字通りモチモチした食感で、全くと言って良い程ダイコンの味はしません。

上のお皿は焼き餃子。

右下のお椀は水餃子ですが、元の餃子はどちらも配偶者の手作りで同じものです。

 

大根餅を買ったお店の人にも「ほんまは、きのう食べるのが一番ええねんで」と言われたので、

来年は旧暦元日に食べよう!と意気込む私でした。