西宮の「えべっさん」2018年1月1日

西宮の「えべっさん」へは 元旦のおせちを頂いてからお詣りします。

お店で買って来たおせちが大半を占めていますが、らしく見えるようにお重に詰める、これも配偶者の腕と度胸の見せどころです。
花の形をしたニンジンの「煮たもん」さえ無ければ私に異存はないのですが。

f:id:pochinokotodama:20180103133950j:plain

 


阪急電車神戸三宮駅から夙川駅まで乗車して、あとは夙川堤を南へ歩いて「えべっさん」まで行きます。

夙川駅(西宮市)に着く頃は、駅の後ろの六甲連山は神戸に比べてかなり遠くになります。
六甲連山の終点の宝塚と、阪急神戸線西宮北口駅あたりとは直線距離にして約7kmも離れてしまいます。

神戸、芦屋では阪急電車から手を延ばせば届きそうな所に在るのに。

f:id:pochinokotodama:20180103134100j:plain
六甲連山を、宝塚の塩尾寺から最高峰直下の一軒茶屋を目指して、砂を詰めた30kgのザックを背負って初めて上った時、一緒にいた連中はどうしているかなぁ。
何十年と経つ間に疎遠になってしまったけれど、何十年と会わなかった従兄から電話もあった事だし、きっと皆元気でいると思う。

 


夙川の右岸の堤を南へ進み、JRの鉄橋を潜って堤の上にある日切地蔵(ひぎりじぞう)さんをお参りします。

f:id:pochinokotodama:20180103134143j:plain
何年前だったか忘れましたが、その時も西宮の「えべっさん」をお詣りしての帰り道、たまたまお地蔵さんの前を通りかかると、スケジュール手帳が段ボール箱に入れてあり、ご自由に持って行ってください、と張り紙が在ります。
使い勝手が良さそうなので、お賽銭をしてろうそくとお線香をあげてから、手帳を頂いて帰りました。
それから毎年元日に「えべっさん」へお詣りする時は、ここで手帳を頂くのが楽しみになっていました。
しかし、いつ頃からか、手帳を見なくなったのですが、やはり毎年元日には、ろうそくとお線香はさせて頂くようになりました。

 


国道2号線を渡り、来た道を振り返っています。

f:id:pochinokotodama:20180103134223j:plain
ここは堤防の道なので風が抜けて寒いのですが、今日は覚悟して来た程の寒さは無く、日差しの温かさが感じられます。
高校に通学している頃は、この道は車も通行出来たのですが、今は遊歩道専用なので、よそ見しながら松並木の真中を気兼ねなく歩けます。

 


真中にある丸くこんもりした山は「甲山」で、手前の高架は阪神電車です。

f:id:pochinokotodama:20180103134426j:plain
阪急からJR、国2号線、阪神と越えてかなり南まで下って来ました。海が近くなってきます。
えべっさんは元々漁業の神さんなので、神社は海の傍にあったと聞いています。

 


例年になく参道から混んでいたのですが、やはり境内も人が多いようです。

f:id:pochinokotodama:20180103134625j:plain
私たちと同じように毎年お詣りされているのでしょう、「十日戎やったら分かるけど、お正月こんな人多かった?」と後ろから声が聞こえてきます。
おっしゃる通り。確かに人が多い。

 

拝殿に飾られている「逆さ門松」です。謂れについては、こちらをご覧下さい。

えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト - 忌籠、門松、開門神事福男
尚、同じページにある「福男歴代名簿」が面白いです。

f:id:pochinokotodama:20180103134710j:plain

 

眼鏡の「えべっさん」が気軽に写真に納まってくれます。

f:id:pochinokotodama:20180103134858j:plain
左手は池で、甘酒の「おかめ茶屋」があります。
今日は人も多く、かなり待たないと入れないと思い、社務所近くの案内で見た神社会館の「ぜんざい」を頂く事にします。

 

場所が分かりづらいのか、それとも初詣はやっぱり出店やろということか、神社会館は混雑しておらず、暖房の効いた部屋でゆっくりぜんざいを頂きます。

f:id:pochinokotodama:20180103134948j:plain

 

塩昆布とお茶付きが嬉しいです。

f:id:pochinokotodama:20180103135057j:plain
お椀の蓋の内側にえべっさん。湯呑みにはえべっさんの紋の「三柏紋」が入っています。

f:id:pochinokotodama:20180103135154j:plain

私が通学していた高校の校章も柏と松が使われています。えべっさんの柏と夙川の松をあしらっているのかなと思っていますが、よく知らなくてすみません。

人の多い「えべっさん」と温かい日差しで 良いお正月です