麻婆豆腐が好きなので、季節を問わずよく作ります。

今週のお題「得意料理」

暑い時は食欲が無くて何を食べようかと迷った時に、ジトーッとした汗をしっかり出すために麻婆豆腐を作ります。
また、これからの寒い時期には、縮こまった身体をほぐしてくれるポカポカ感促進料理として作ります。

 いずれにせよ、季節を問わずよく作っていますので、いつしか自画自賛する得意料理になっています。

 

《用意するもの》
●お豆腐(木綿)
●タマネギのみじん切り
●牛肉を小さく切ったもの(ミンチ肉は堅くなるので、切り落とし肉などを使います。)
●ニンニクとショウガのおろしたもの

f:id:pochinokotodama:20171120110153j:plain

《調味料》ティースプーンでおおまかに計っていますので、計量スプーンを使った表記が出来なくて申し訳ありません。

●豆板醤:ティースプーンに1杯
●豆豉醤:ティースプーンに0.5杯
●シャンタン:ティースプーンに1杯

写真にはありませんが
オイスターソース:ティースプーンに1杯
●塩、胡椒:少々
●醤油:少々
●砂糖:ティースプーンに1杯
●山椒:適量(お好みの量で)
●水溶き片栗粉:ティースプーンに1杯を同量の水で溶いておく
●ごま油:少々


まず、タマネギのみじん切りとお肉をサラダ油で炒めます。
ここで塩と胡椒少々で下味をつけます。

お肉の色が変わりかけたところで、ニンニク、ショウガ、豆板醤、豆豉醤、シャンタンを加え、香りを出したいので、弱火で焦がさないように炒めます。

f:id:pochinokotodama:20171120110247j:plain



500mlぐらいのお水を加え砂糖、オイスターソース、醤油を入れて沸騰させスープを作ります。(スープの量はお豆腐がひたひたになるぐらいが適当です。)
調味料はお好みに合わせます。もし辛いもの好きならば豆板醤と山椒を多めにして、お豆腐を入れる前に味を決めておきます。
スープの味見をして美味しかったらお豆腐を入れ弱火で5〜6分煮ます。

f:id:pochinokotodama:20171120110323j:plain



お豆腐が沸々と美味しそうな色になってきたら、山椒をふり掛け、水溶き片栗粉でとろみを付けます。とろみ加減は少し固めの方が美味しくなります。
強火にしてしっかりブツブツと煮立てた後、火を消してごま油をフライパンのふちに回しかけ、全体をあおりながら混ぜれば出来上がりです。

 

餃子は味の素の冷凍ギョウザ、春巻きはニチレイです。デザートのポテトはセブンイレブン大学芋です。
全部作ると大変ですが、冷凍食品を使うと、家族を待たせずに皆で食べられるのが良いと思います。

f:id:pochinokotodama:20171120110812j:plain

 

今日はメインが麻婆豆腐でしたが、ギョウザがメインならギョウザだけを手作りします。
食べたい一品だけでも手作りすると、満腹満足感があります。

そうですよね、「紅葉の茶屋」のワトソン君。

f:id:pochinokotodama:20171120110840j:plain
That's right.