11月8日は「亥の子餅」でこの冬の無事を願います。

よく開運の参考にさせて頂いているprime__numberさんの、11月4日の記事を拝読して、8日には「亥の子餅」を頂く事にします。

www.prime-number.online

 

「亥の子餅」はどのような和菓子なのか知らないので、ワクワクしながら、8日に三宮そごう地下の和菓子売り場に行きます。

「あれ、亥の子餅が無い。おかしいなぁ、京都の和菓子屋さんやったら作ってるはずやのに。」と並べられているお菓子を注意深く見てゆきます。

 「仙太郎」で、「開運」と書いてあるように見えた紅い札の横に、包装してこんもり積んである「ゐの子餅」を見つけます。

「あった、これや!

「ゐの子餅」はこのお店独自の表記かなぁ?

f:id:pochinokotodama:20171109111122j:plain

 

仙太郎では、お餅にゆで小豆をつき混ぜて、餡をこのお餅で包んでいるそうです。

普通に甘くて、普通においしい、普通のお餅のところが私たちのお気に入りポイントになりました。

f:id:pochinokotodama:20171109114447j:plain

 

 お餅の形は、ずんぐり、もったりしていてウリ坊のようです。

食べようと箱から出すと、偶然鼻が出来てブタさんになってしまいました。

仙太郎では、熱い番茶がお薦めだそうですが、私たちは濃いめのインスタントコーヒーで頂きました。コーヒーの苦みが良い相性になっています。

f:id:pochinokotodama:20171109120410j:plain

この冬、無事に過ごせますように。

 

8日のご飯ではありませんが、先週の日本酒に合った肴ベスト3です。

亥の子餅がデザートだったらもっと楽しかったでしょうにね。

 

 第1位は昆布巻き。

お正月くらいにしか食べた事が無いような気がしますが、お酒に合います。日本酒大好きの方の大好物だった事を思い出しました。昆布の旨味がお酒に合うのでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20171109130149j:plain

 

第2位は肉じゃがです。

具材は、ジャガイモ、タマネギ、イトコンニャク、牛肉です。

お汁が無くなるほど煮ます。ジャガイモが煮崩れるくらいが、私たちの美味しさの頃合いです。

せっかく配偶者が作ってくれたのに、第1位にしていないので、今後の私の処遇に一抹の不安を覚えますが・・・。

特価品の牛肉切り落としの出汁が良く効いていて、食べ応えがあります。

f:id:pochinokotodama:20171109124419j:plain

 

第3位は伊達巻きです。

小さい器にキツキツに入れたら面白いかなと思ったのですが、置き方が悪くて丸くならず、鬼瓦巻きのようになっています。

味覚がお子様の私の大好物です。

f:id:pochinokotodama:20171109124438j:plain

 

番外ですが、好印象の肴が2点あります。

一つはギンナン。

茶碗蒸しの為に買ったのですが、余った分に塩をして苦みを味わいます。 

f:id:pochinokotodama:20171109140350j:plain

 

もう一つはイカのリング揚げ。

分かりきったイカの風味と衣が安心します。見栄えの為に上にギンナンを散らしています。

f:id:pochinokotodama:20171109132641j:plain

  

お酒は、過日40%引で買った京都伏見の「玉乃光」。燗をせずそのまま飲んでも、口の中にお酒と肴の風味が立って、何とも良い心持ちになります。