摩耶山は秋晴れですが、所々荒れています。

今日10月31日(火)の朝は冷えました。快晴ではありませんが、秋らしく空が高く風も弱いので、摩耶山のハイキングを楽しめそうで嬉しくなります。
《ほぼ一月ぶりの摩耶山で嬉しいのは分かるけど、一人でニヤニヤしていたらイノシシよりも警戒されるぞ。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20171102125422j:plain

 

前日は神戸でも木枯らし1号が吹いたので気温も下がりました。
見晴し台付近から西の尾根を見ると、先週市ヶ原へ散歩したとき時と比べて紅葉も進んでいるようです。

f:id:pochinokotodama:20171102125459j:plain

 

ハーブ園まで来ました。前方に変な木の葉のような塊があります。
カラスが2羽いますが、左側の上の塊の下部分にもカラスらしきものがもう1羽います。塊はひょっとしたらカラスの巣なのでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20171102125523j:plain

 

おはよう、ワトソン君。
今朝も日課のハイカーの皆さんのお出迎えですか。

f:id:pochinokotodama:20171102125549j:plain
左京君が何か言うてるで。用事があるみたいやで。

f:id:pochinokotodama:20171102125615j:plain

 

須磨、淡路島、右に明石海峡大橋が見えています。

今日は市ヶ原で休憩せずに通過して、学校林道分岐の手前まで一気に来ました。
カメラを取り出したら、休憩中の三人組の方が、遠くまで良く見える場所を譲って下さいました。ここは急坂を上ってきて一息つきたい場所なのに。すみません。

f:id:pochinokotodama:20171102130205j:plain

 

学校林道分岐を通り過ぎると折れた木が道の傍らにあります。
神戸では台風21号の瞬間最大風速が45.9mあったそうですから、尾根筋は遮るものが無くすさまじい風が吹いていたのでしょう。チェーンソーで枝を払って通行出来る様にしてあるので助かります。

f:id:pochinokotodama:20171102130334j:plain

 

更に少し進み岩屋尾根の分岐付近です。

折れた木が周りの木で上部を支えられ、道の真中に突っ立ています。ちょっと押してみましたがびくともしません。右側に折れた木の下部分があります。

凄いことになっているなぁ。

f:id:pochinokotodama:20171102130457j:plain

 

青谷が望めるイノシシの展望地にある方位柱が倒れています。これは風ではなく雨水で柱の周りの土が流されて倒れたのでしょう。台風21号は雨も又凄かったですからね。

f:id:pochinokotodama:20171102130544j:plain
方位柱はしっかりと立っていたように思うのですが、きっと余程の水量だったのでしょう。
しっかりと立っている方位柱です。今年3月14日に撮影しました。

f:id:pochinokotodama:20171102130611j:plain

 

地蔵谷の分岐を過ぎて最後の坂を上り始めると岩で道が塞がれています。
テープの向かって左側が元の道ですが、以前は急坂の隘路でしかもザレていて滑るので、木の根っこなどを手掛かりにして上っていました。
その道を岩が完全に塞いでしまい、テープの向かって右側が迂回路になっています。しかし元々道ではなかったのでザレていて滑ります。

f:id:pochinokotodama:20171102130722j:plain

 

山上の電波塔に着きましたが、ここでも木が折れています。この木もチェーンソーで枝が払われていて通行に支障はありません。
今日の天狗道の荒れ様を見ていると、ご近所の方が台風21号で家が揺れたと言っておられた事も合点がゆきます。本当に超大型だったのですね。

f:id:pochinokotodama:20171102130755j:plain

 

山上の展望地から神戸の西部を望みます。

天狗道の荒れように少なからず驚きましたが、此処からの視界の広さと高い空の開放感、それにススキのアクセントでホッとします。

f:id:pochinokotodama:20171102131233j:plain

 

掬星台から、空と海と市街地、それに対岸の大阪方面がうっすらでも見えると、自分はここに住んでいるんだと実感します。
下の写真はハーバーランド方面です。

f:id:pochinokotodama:20171102131443j:plain
下の写真はポートアイランド方面です。

f:id:pochinokotodama:20171102131519j:plain
下の写真は六甲アイランド方面です。

f:id:pochinokotodama:20171102131542j:plain
下の写真は芦屋、西宮、尼崎とうっすら見える大阪方面です。

f:id:pochinokotodama:20171102131611j:plain
高校まで神戸に住んでいて大学から東京に行き、そのまま就職もし、家庭も東京で持ち、たまに神戸に帰って来るというハイカーの方と、昨年の秋、この風景を見ながら言葉を交わした事を思い出しました。
海と山がある神戸が如何に住み良いかを訥々と話される口調に、この方にとっての神戸の原風景がよく理解出来ました。

 


掬星台の気温は10℃です。

体を冷やさないように汗で濡れたシャツなどを着替えて下りる事にします。

f:id:pochinokotodama:20171102131704j:plain

下り初めは木の枝や葉が沢山落ちていますが、天狗道のような荒れようではありません。

f:id:pochinokotodama:20171102131810j:plain


青谷道への分岐の行者場です。

山上からここまでの様子は、普段と殆ど変わりません。変わっているのは、行者場を流れる川の水量が多い事くらいです。
f:id:pochinokotodama:20171102132054j:plain


青谷は青紅葉で、色づき始めるのはもう少し先のようですが、よく見ると紅葉を見つける事も出来ます。此処は、布引の滝付近ほどには、昼間と夜間の温度差が無いのかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20171102132314j:plain


青谷の登山口に辿り着き来ました。久し振りのハイキングで体が緊張して、硬くなっているのが分かります。
午後3時頃ですが、太陽が尾根に隠れているので日影が大きくなっています。季節が進んで太陽が南へ傾くとそれほど尾根に隠れないので、ここまで日影が大きくなる事はありません。

f:id:pochinokotodama:20171102132403j:plain


新神戸に戻って来ました。
不意に今年の十三夜は明日11月1日というスーパーの広告が浮かんで来て、今は水が流れていませんが正面にある噴水台が三方に、尾根の上にあるハーブ園のロープウェイのゴンドラが団子に思えます。
よし明日は月見の団子を買って貰おう。

f:id:pochinokotodama:20171102135530j:plain

 

f:id:pochinokotodama:20171102132742j:plain
団子は私の、リンゴとカキは配偶者の好物ですが、翌日11月1日に二人ともお月見もしないで好物にパクつくお粗末でした。