新神戸から市ヶ原まで。次の台風が来る前の散歩です。

27日(金)は朝から天気が良く、次の台風22号が来る前に摩耶山へ行きたかったのですが、夕方から用事があるので市ヶ原までの散歩にします。

往路はいつも通りハーブ園の前を通ります。

f:id:pochinokotodama:20171029150447j:plain

 

ハーブ園の他の場所は未だ 緑が多いのですが、ロープウェイ中間駅のツタはすっかり紅くなっています。

下から見上げるゴンドラの鈴生りも愉快です。

f:id:pochinokotodama:20171029150534j:plain

 

紅葉の茶屋のワトソン君(本名はクロ君)。

ネコの左京君は今日は一人でお出掛けで、あなたはお留守番ですか?

日差しが強くて眩しいねぇ。

f:id:pochinokotodama:20171029150613j:plain

 

市ヶ原の櫻茶屋は閉まっていますが、久々の好天気を待ちかねた様にハイキングの方が大勢います。

大龍寺・修法ヶ原へ向かうために生田川に橋が架かっているのですが、今回の台風で流されなかったのは幸いでした。橋が無くなると浅い川でも結構難儀しますからねぇ。

f:id:pochinokotodama:20171029151239j:plain

 

 櫻茶屋から2〜3分歩くと、杉の枝や葉が道一杯に落ちています。ここでこのような光景を見るのは私は初めてです。余程風が強かったのでしょう。

これから奥は摩耶山などへのハイキングコースになります。残念ですがここから引き返します。

f:id:pochinokotodama:20171029151255j:plain

 

帰り道は布引貯水池、布引の滝を通ります。摩耶山へ行く時は、混雑を避けるためにほとんど通らない道なのですが、どんな様子になっているのでしょう。 

ワトソン君の居る紅葉の茶屋から少し下の分岐で、布引貯水池への道に入ります。

暑い日が最近まであったせいで季節感がズレているのか、紅葉には早いかなと思っていたのですが、貯水池の湖畔は所々紅葉が色づき始めています。

f:id:pochinokotodama:20171029151323j:plain

 

紅葉の写真を撮っていると、マガモがこちらにやって来ました。貯水池でこれほど間近に見た覚えはありません。

この道は摩耶山へ上る時に利用するので、これから先の天狗道の事に気が向いていて、貯水池に注意をしていないからかも知れません。これからはマガモさんにも気を付けますからね。

f:id:pochinokotodama:20171029151352j:plain

 

貯水池の南(市街地)方向を見ています。 

ベタッと凪いで鏡のような湖面も風景がしっかり映り込んで良いのですが、すこしゆらぎのある湖面の方が私は好きです。

f:id:pochinokotodama:20171029151414j:plain

 

今日は水量が多いので、オーバーフローした水が下流にある「五本松かくれ滝」へ流れて行きます。

堰堤の上の橋の幅は、人とすれ違う時には身を交わさないといけない位の幅です。ですからすれ違う時は出来るだけ貯水池側に身を置き、下の川を見て恐怖心を起こさないよう、私は極力注意しています。

《我ながら、橋一つ渡るのに高所恐怖症はほんまに難儀な性分やなぁ。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20171029151435j:plain

 

堰堤を下流側から見ます。

写真には写っていませんが、向かって右側には上り下りする為の階段道があるのですが、夏場は日を遮るものも無く辛い所です。今日は秋晴れで、しかも下りなので歩いていても辛くはありません。

f:id:pochinokotodama:20171029151451j:plain

 

堰堤の傍でも色づき始めの紅葉があります。

f:id:pochinokotodama:20171030191152j:plain

あと1週間もすればもっと色づいてくるでしょう。

f:id:pochinokotodama:20171029151520j:plain

 

貯水池の水がオーバーフローした時にだけ現れる「五本松かくれ滝」を、今日は迫力満点に見る事が出来ます。全く水が流れていない時や、流れても筋のような時と比べるとちょっと怖いくらいの水量です。

比較の為に、昨年10月7日に「おぉ、かくれ滝が見える。結構水量があるぞ。」と撮影した写真が下にあります。それと比べても今日の水量は桁違いです。

f:id:pochinokotodama:20171029151547j:plain

下の写真が昨年10月7日の撮影です。

f:id:pochinokotodama:20171030193029j:plain

 

見晴し台まで戻ってきました。海は霞んでいますが、対岸の和泉山脈の稜線がうっすら見えています。

市街地をボーッと眺めているとやはり気持ちが和みます。

f:id:pochinokotodama:20171029151615j:plain

 

布引の滝は下流から、雌滝(めんたき)、鼓ヶ滝(つづみがだき)、夫婦滝(めおとだき)、雄滝(おんたき)の四つの滝があり、これらの滝の総称が布引の滝です。

見晴し台から5分程下ると雄滝に出ます。今日は滝の落ちる音にも迫力があり、見ていて飽きません。

f:id:pochinokotodama:20171029151632j:plain

 滝壺付近では、水量が多いので細かい水しぶきが沢山舞っていて、虹を見る事が出来ます。ここで虹を見るのは多分私は初めてだと思います。

ここから新神戸までは約15分くらいです。道が濡れているので足元に注意しながら帰ります。

今日は歩き約2時間、休憩約2時間位のゆっくりした良い散歩になりました。

f:id:pochinokotodama:20171029151654j:plain

 

市ヶ原までの散歩でも、それなりの気分転換になりましたが、やはり摩耶山へ行きたかったというのが本音です。次の台風の後には、是非行きたいものです。