神戸・南京町の中秋節 その2は10月7日(土)の南京町。

曇り空で、ビーナスブリッジ辺りまで雲が下りてきています。昨年9月の中秋節イベント初日は雨模様でした。今年は10月の中秋節だから天気は大丈夫かなと思っていたのですが、誰とは言いませんが、私の身近に雨女がいるのでしょうか?

手前に見える相楽園では10月20日(金)より始まる「菊花展」の準備をしています。

相楽園(そうらくえん)- 神戸市中央区 都市公園・日本庭園 | つつじ遊山

f:id:pochinokotodama:20171011205627j:plain

 

長安門あたりの雑然とした雰囲気が、南京町の活気だと思い込んでいる私は、南京町へは大抵ここから入ります。予報では雨にはならないそうですが、曇り空が気になります。

f:id:pochinokotodama:20171011205705j:plain 

4日(水)と違って人出はありますが、春節祭ほど賑やかではないなぁ、というのが正直な感想です。

中国からの観光の人が、春節ほど浮かれ気分ではないからでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20171011210319j:plain

ハトさん、気つけや。

f:id:pochinokotodama:20171011210346j:plain

 
今日のお目当ては、ここ南京町広場で披露される中華同分校の獅子舞です。

獅子舞の詳細は

http://www.nankinmachi.or.jp/guide_book/img/guide_book.pdf 

の13ページ目「獅子舞」の項をご参照ください。

あづまやの地主財神(じぬしざいしん)の祭壇にお参りします。春節関帝参拝の時のように三蔵法師孫悟空猪八戒沙悟浄がいないのは残念です。

f:id:pochinokotodama:20171011210427j:plain

 

あづまやで参拝をした後、小腹を満たすため南京町にある「田舎そば みゆき」に向かいます。ここのざるそばの甘い付け汁が二人の好物です。普通に美味しい普通のお店なのが気に入っています。きょうはミニかつ丼とのセットメニューにします。

昨年9月18日撮影

f:id:pochinokotodama:20171012112303j:plain

 

食前のトランスです。

f:id:pochinokotodama:20171011210528j:plain


食後のトランスです。

f:id:pochinokotodama:20171011210553j:plain

 

食事も済んで、腹ごなしに配偶者好みのレトロな所をウロウロしていると、空が明るくなってきました。

f:id:pochinokotodama:20171011210926j:plain

f:id:pochinokotodama:20171011210942j:plain

 

用足しに立ち寄ったトイレの臥龍殿ですが、最初見たとき何の建物か分からず、獅子舞の展示場かと思いました。

http://www.nankinmachi.or.jp/guide_book/img/guide_book.pdf

より14ページ目「南京町的建物探訪」の項を抜粋引用

臥龍殿(がりょうでん)は市民トイレとして設置。「臥龍殿」の文字は作家の陳舜臣氏の揮毫で、三国志で知られる諸葛孔明の別名から命名された。

昨年9月18日撮影

f:id:pochinokotodama:20171011210755j:plain

今年10月7日撮影

f:id:pochinokotodama:20171012104951j:plain

f:id:pochinokotodama:20171011210847j:plain

   

南京町広場に来ると、中華同文の生徒が獅子舞の準備を始めています。

f:id:pochinokotodama:20171011211145j:plain

 

あづまやの屋根の上の特等席で、ハトさんも見物準備が出来ています。

f:id:pochinokotodama:20171011211818j:plain

 

ドラや太鼓の奏者が出てきました。いよいよ獅子舞が始まります。

f:id:pochinokotodama:20171011212850j:plain

ドラや太鼓は位置につき、獅子も準備をしています。

f:id:pochinokotodama:20171011212731j:plain

獅子舞が立ち位置を決めると、ドラと太鼓が鳴り響きます。

f:id:pochinokotodama:20171011213014j:plain

広場の中を舞いながら、見物の人に満遍なく見てもらうため移動して行きます。

f:id:pochinokotodama:20171011213052j:plain

見ている人の頭を噛みに、獅子が見物人へ寄って行きます。獅子に頭を噛んでもらうと縁起が良いそうです。

f:id:pochinokotodama:20171011213116j:plain

獅子が見物人を順に噛んでゆきます。お〜、来よったで〜。

f:id:pochinokotodama:20171012113634j:plain

獅子が立ち上がっています。ドラと太鼓が一層囃し立てます。

f:id:pochinokotodama:20171011213135j:plain

頭役が脚役の上に乗っているのですが、脚役の我慢のしどころです。

f:id:pochinokotodama:20171011213153j:plain

脚役の脚がプルプル震えています。20分近くも演じてきたら、脚にくるわ。

f:id:pochinokotodama:20171011213212j:plain

演じ切って最後のポーズを決めると拍手、拍手、よかったでぇ。

f:id:pochinokotodama:20171011213232j:plain

 

獅子から良い運を貰ったので、巨大ガラポンの「福球」をしてみます。

ハズレなしで1回500円。南京町の組合加盟店で使用できる金券が当たります。

f:id:pochinokotodama:20171011213316j:plain
二等/ごま団子8個分が当たりました。見ていると2回に1回くらいは2等が出ているようで、大盤振る舞いの当たりの確率です!

f:id:pochinokotodama:20171011213405j:plain

 

ガラポンの後、空を見上げると段々天気が良くなってきました。明日は朝から天気が良いのできっと沢山の人が来るのでしょう。

f:id:pochinokotodama:20171012121200j:plain

獅子が南京町元町商店街の店に、採青(祝儀とり)にまわるのは見れなかったのですが、獅子舞とドラや太鼓の演奏を十分楽しませてもらいました。