灘五郷のひとつ、魚崎郷の酒蔵へ。その2

酒蔵の余韻を持ったまま白鶴酒造資料館を出て、東へ少し歩くだけで菊正宗が近くに見えてきます。

f:id:pochinokotodama:20170928143925j:plain


10分足らずで菊正宗酒造記念館です。瓦葺きの屋根に、焼杉板張りの外壁が酒蔵らしさを感じさせます。記念館前の道路の右方向すぐに、住吉川に架かる橋があるので、周りの静かな佇まいとは対照的に車の通行量が多い所です

菊正宗酒造記念館|菊正宗~生酛(生もと)で辛口はうまくなる。~

f:id:pochinokotodama:20170928132103j:plain

 

酒蔵の長屋門には、定番の菰樽(こもだる)と杉玉が配置されていて、如何にもという決まり方を楽しめます。

f:id:pochinokotodama:20170928132135j:plain

外国人観光客の方が、楽しそうに杉玉とツーショットの記念写真を撮っておられましたが、神社の鈴緒とは違うから杉玉の紐を引っ張ったらアカンよ。

f:id:pochinokotodama:20170928132204j:plain

 

門を 入ってすぐ左側に「はねつるべ」があります。蔵と塀とのセッティングには思わず「おぉ!」と、立ち止まってしまいます。

f:id:pochinokotodama:20170928132355j:plain

 

記念館のエントラスホールには一枚板の大きな看板が置かれていて、ここでも白鶴酒造資料館と同様に、古い木造建築独特の香りがしてきます。

f:id:pochinokotodama:20170928132521j:plain

 

酒造り展示室は、昔ながらの酒造りの行程が順番に展示されています。
造り方は白鶴酒造と変わりませんが、今一度眺めて通るだけでも、何となくお酒造りの行程が理解出来たようで、ちょっといい気分になります。

白鶴酒造資料館では見なかった「会所場」という、杜氏が食事や寝泊まりしていた部屋が、一番最初に展示されています。
囲炉裏にかけられている鍋の説明には「牛鍋」と書かれています。
配偶者は思わず「エエなぁ」と呟きます。小腹が空いているのでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170928132636j:plain

f:id:pochinokotodama:20170928132650j:plain

 

お米を洗う「洗場」です。壁の写真には足で洗っている様子が写されています。
寒い時期に大変な作業やなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170928132808j:plain

 

「釜場」でお米を蒸します。
昔あったへっついさん(竃のことです)の釜しか知らない私には、大釜の口の広さ(白鶴酒造資料館で展示)と高さは恐ろしい気がします。

f:id:pochinokotodama:20170928132929j:plain

 

「麹室」ですが、壁や天井に藁束を断熱に使っていた事が分かります。六甲おろしの冷たい風も酒造りに利用するので、酒蔵全体が冷たくなっていますから断熱・保温にも工夫が必要だったのでしょう。

f:id:pochinokotodama:20170928133806j:plain

f:id:pochinokotodama:20170928133822j:plain

 

「もと場」で、麹とお米を混ぜる酛仕込み(もとしこみ)作業を行います。二人一組で作業する時は歌いながら息を合わせています。展示のBGMとして流れています。

根気がいる仕事やなぁ。イラチの私ではアカンかも知れん。

f:id:pochinokotodama:20170928134356j:plain

 

左にある縦の「男柱」を支点に、横に伸びている「はね棒」で、下にある「酒槽(さかふね)」の酒袋を押し絞ぼり、酒と粕に分ける「槽場」です。

柱に「昭和15年9月新調」とあります。戦後しばらくは使っていたのでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170928134437j:plain

 

ここでも道具などに動物の名前がついています。
「猿」です。猿の顔に見えるから?

f:id:pochinokotodama:20170928135244j:plain
「馬」

f:id:pochinokotodama:20170928135329j:plain

「猫」は前回記事にも出ていますが、やはり猫好きとしては今回も猫さんに登場して貰います。

f:id:pochinokotodama:20170928135429j:plain

 これで1階の展示は見ましたので、次は2階へ行きます。

ここでは、菊正宗が昔ながらの酒造りである「生酛づくり」を現在でも行っている様子が映像で紹介されます。

10人分位の椅子が用意されており、皆さん熱心に映像を見ておられるので、邪魔になってはいけないと思い、写真は撮りません。

生酛造りとは|酒の原点 生酛(生もと)Web|菊正宗~生酛(生もと)で辛口はうまくなる。~

より引用

菊正宗の淡麗辛口の酒質を醸し出すのが、本流「生酛造り」。アルコールを造る酵母を育てる「酛」(酒母)を、水と米と米麹から、昔ながらの手作業で4週間かけて造り上げる、酒造りの原点と言える製法です。
しかしながら生酛造りは通常の倍以上の時間と手間がかかり、安定的に行うことも極めて難しいため、全国千数百蔵の中でこれを伝承するのは、菊正宗を含めてわずか数蔵。ほとんどの酒蔵が市販の乳酸と培養酵母を加え、2週間あまりでできる速醸酛に頼る中、手から手へと受け継がれてきた生酛造りの技が今、見直されています。

 

映像を見終わって1階の売店に向かう頃には、頭の中は「生酛造り」一色になっています。

f:id:pochinokotodama:20170928135801j:plain


売店の入口で、「季節限定の生酛大吟醸ひやおろし」が紹介されているので、何の迷いも無くお土産に買います。「酒粕」や「どて焼き」も一緒にお土産にします。

f:id:pochinokotodama:20170928135915j:plain

 

菊正宗から近くにある櫻正宗記念館の「櫻宴」にも行ってみたいのですが、今日は白鶴と菊正宗で十分堪能出来ましたので、歩いて20分程の阪神御影駅前で買物をして帰ります。櫻正宗は次の楽しみにとっておきます。

酒蔵のゆったりした時間と、香りを身に付けているかのようなのんびりとした気分で、国道43号線を「酒蔵とんねる」で潜り、阪神電車の方へ向かいます。

f:id:pochinokotodama:20170928140251j:plain

 

阪神御影駅前にある阪神百貨店阪急オアシスで揃えた材料を使った晩ご飯です。
招き猫の右に粕汁、ナスビのピリ辛煮。二列目左から鳥むね肉の唐揚げ、ハマチの刺身、おはぎといなり寿司です。

「今日23日は、おはぎ。」と「prime__number」さんの9月20日の記事を拝見して配偶者が言ってますので頂きます。

9月23日は「秋分の日」食事を楽しんで金運アップ☆ - そんな私が開運生活をした結果、

f:id:pochinokotodama:20170928140320j:plain

粕汁の具は、ハマチとうす揚げの二種類のみです。また汁は、酒粕を思い切り味わえる様にポタージュスープ風に濃いめに仕上げて貰いました。菊正宗の「季節限定の生酛大吟醸ひやおろし」と一緒に頂きます。

櫻正宗へ行くのが楽しみになって来ました。