ビーナスブリッジから大師道へ散歩です。

15日(金)、諏訪神社からビーナスブリッジを渡り、展望台から大師道へ散歩です。このコースはご近所の方が散歩によく使われています。
下の写真は展望台に設置されているイラストマップです。

今日の散歩コースを赤い線で加筆しています。今日は「中の道」を通らず、イラストマップにはありませんが「中の道」の左側にある再度谷沿いの「大師道」を下る予定です。

f:id:pochinokotodama:20170918130952j:plain

 

諏訪神社の参道へ向かいます。バス通りの山麓道路(諏訪山線)に面している鳥居から参道が始まります。

f:id:pochinokotodama:20170918131024j:plain

 

上り始めの坂は急ですが、この先の階段も期待に違わず急で、本殿まで約15分間程は一息もつけません。
初めてここを上る時、見上げて一息もつけない事に気づいた人は、この坂道を蛇行して息が上がらないようにします。私がそうでした。何回か上ると慣れます。

f:id:pochinokotodama:20170918131110j:plain

 

本殿に参拝した後、右に折れてビーナスブリッジへ向かいます。

f:id:pochinokotodama:20170918144728j:plain

 

金星台から上って来る道と合流する所から見える、左手前が兵庫県庁舎、右手前はホテルオークラ、奥にポートアイランド神戸学院大学兵庫医療大学、更に奥に空港島、対岸の大阪南部です。
湿気が少なく、空気が澄んでいる秋はちょっとした高台や、高い建物から大阪方面がよく見えます。

f:id:pochinokotodama:20170918131136j:plain

 

約5分程でビーナスブリッジ手前の階段に着きます。
今日のコースは日が余り差さず風も通らない所が多いので、手強い蚊予防のためにハッカ油とメマトイ除けの団扇は必需品です。

f:id:pochinokotodama:20170918131216j:plain

 

二個一の街灯がある所は、ビーナスブリッジで展望が良く開けている所です。そこまで諏訪神社から休まず上って行きます。

f:id:pochinokotodama:20170918131318j:plain

 

今年2月に見た橋桁の鍵はまだ残っていましたが、数は増えていないようです。ここに鍵をかけるなとは言いませんが、ちょっと場所に凝り過ぎかと思います。

f:id:pochinokotodama:20170918131412j:plain

 

先ほどの諏訪神社から見た眺めとほぼ同じ方角の景色を、ビーナスブリッジから見ています。
展望台のビーナステラスで標高が約160mです。150m〜200m位の所に上って市街地を眺め、2時間以内の手軽な散歩を楽しむ方が多いと思います。次に多いのは、例えば諏訪神社から修法ヶ原までの往復など、標高は400m位、4時間以内の毎日登山でしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170918131601j:plain


やはり気になるのが摩耶山の方向です。新神戸ANAホテルが左に見えるのですが、摩耶山はここからは見えません。

f:id:pochinokotodama:20170918131629j:plain

 

展望台にある「愛の鍵」です。今年2月に見た時より増えています。

これは今年2月の撮影です。

f:id:pochinokotodama:20170918131656j:plain

今日9月15日に撮影しているのが、こちらです。

f:id:pochinokotodama:20170918131714j:plain

 

ビーナスブリッジのバス停まで来ると、道が3方向に分かれます。
右は小高くなっている丘に上る道です。残念ながら丘からの展望はそれ程でもありません。

先行されている方の道は丘をぐるっと廻っています。私もこの道を行きます。

左にある石段の道を下るとイラストマップにある「中の道」に合流します。

f:id:pochinokotodama:20170918131845j:plain

 

丘をぐるっと廻る道は、風が通らずメマトイが多く閉口します。持って来た団扇が役に立ちます。
ハッカ油はメマトイに余り有効ではありません。団扇で追い払うのがベストです。

f:id:pochinokotodama:20170918131947j:plain

 

ビーナスブリッジのバス停から小高い丘に上るとここで合流します。右の階段が丘からの道です。

車道を渡ると錨山に行きます。車道を渡らず左方向に行くと再度谷・大師道です。今日は再度谷・大師道へ行きます。

f:id:pochinokotodama:20170918132038j:plain

 

ほんの2〜3分で再度谷・大師道への下りに出ます。この辺りは道は勿論の事、道標や案内板も整備されていて危険も少なく、初めての方でも迷う事は殆ど無いと思います。

《偉そうに!5月に何でも無い青谷で転んだくせに。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170918132110j:plain

 

再度谷に出ると、左下の大師道と合流します。大師道を上ると大龍寺を経て、修法ヶ原あるいは市ヶ原に行けます。
私はここから大師道を下り、帰って行きます。

f:id:pochinokotodama:20170918132439j:plain

 

約5分程下ると稲荷茶屋です。昨年の春、大幅な改修で再開されました。
市街地からここまでは道が舗装されていて、気軽に来れますので、このお茶屋さんはイベントを開いたりして、ハイキングの他にも足を運ぶ楽しみを提供されているようです。
ハイキングコースのお茶屋さんが廃れて行く中、お茶屋さんの新たな在り方を探り続けて頂きたいと思います。

稲荷茶屋 | 訪れる方の憩いの場をめざして

f:id:pochinokotodama:20170918132711j:plain

f:id:pochinokotodama:20170918132737j:plain

 

神戸山手女子中・高校が見えて来ました。バス通りの山麓道路(諏訪山線)まで少しです。

f:id:pochinokotodama:20170918132813j:plain

 

バス通りに面している諏訪山児童公園と小さくバス停の「諏訪山公園下」が見えます。今日の散歩はここで終わります。

f:id:pochinokotodama:20170918132907j:plain

 

帰宅途中、中華同文校の横を通ると、龍舞の練習をしています。今年の中秋は10月4日(水)で、南京町中秋節で披露するのでしょうか。

2017年 中秋節|熱烈歓迎!南京町

f:id:pochinokotodama:20170918132932j:plain

 中秋節の獅子舞、月餅も楽しみになってきた、今日の散歩でした。