読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花見には無理がある京都でした。その1。

4月1日(土)は思いの外寒いと感じます。前から京都へ出掛ける予定をしていて、桜の花見が楽しみでしたが、これでは無理かも知れません。

京都駅にお昼頃着きました。駅のコンビニで買い物をしたら、店員さんに観光の方ですかと尋ねられ、そうですと答えると、今日の京都は本当に寒いからお気を付け下さい、と言われました。確かに北風が強くて寒いです。

f:id:pochinokotodama:20170403144552j:plain


東山方面のバス停にはそこそこ人が並んでいます。
私たちは取りあえずお昼ご飯にします。寒い中、空きっ腹では気が立って良くありませんからね。

f:id:pochinokotodama:20170403144710j:plain

京都市バスの一日乗車券を買って八坂の塔へ行きます。一日乗車券は500円なので、230円の均一区間で3回以上乗ればお得になります。極端な話、歩くのが辛くなれば1駅でも乗れば良いので、重宝しています。

京都市バスの一日乗車券については

京都市交通局:市バス・京都バス一日乗車券カード

 

定番の八坂の塔です。
居酒屋めぐりのTV番組で太田和彦さんが、「今、自分は京都でお酒を飲んでいるのだという現実に自分で感動する。」ような意味の事を述べておられましたが、これに倣うように私も八坂の塔を見ていると、今自分は京都にいるのだという現実に自分で感動してしまうところがあります。

f:id:pochinokotodama:20170403145107j:plain

桜は無理ですが、それでもどこか気分が高揚します。京都は不思議なところです。

f:id:pochinokotodama:20170403145213j:plain

おお!八坂通二年坂に向う途中にしだれ桜が。
以前には神戸も建物が低くこんな空もあって、街から海も山もよく見えたのですがねぇ。空を残している京都の街が羨ましい。

f:id:pochinokotodama:20170403145341j:plain

  

二年坂を下って建仁寺に向かいます。

建仁寺 The Oldest Zen Temple Kenninji

建仁寺の境内は広々していて、神戸からの移動の緊張や疲れがほぐれます。
本坊です、大書院には「風神雷神図」があります。

f:id:pochinokotodama:20170403145520j:plain

 

本坊の左側に玄関がありますが、立入り禁止になっています。左の建物は方丈です。「大雄苑」と呼ばれる枯山水様式の前庭があります。

f:id:pochinokotodama:20170403145604j:plain

f:id:pochinokotodama:20170403145623j:plain

 

法堂の天井には「双龍図」があります。

f:id:pochinokotodama:20170403145750j:plain

法堂の西側からも 方丈が見えます。

f:id:pochinokotodama:20170403200028j:plain

 

建仁寺の塔頭寺院は通常非公開だそうです。久昌院も非公開でしたが、モクレンが開花していました。

f:id:pochinokotodama:20170403145826j:plain

 

摩利支天堂から再び八坂通に出ます。
八坂通松原通の間にある、部外者の私が勝手にイメージする京都市中心部の生活道路です。

f:id:pochinokotodama:20170403145851j:plain

 

朝堀の竹の子を売っている三条寺町の「とり市老舗」へ行きたいので、バス停のある東大路へ戻ります。
「とり市老舗」は自宅用に手頃な値段の竹の子が置いてあります。一度食べたら病み付きになってしまいます。ただ時間が遅くなると売り切れになる可能性があり、もう午後2時過ぎです、ちょっと焦ります。

季節の京野菜とり市老舗

三条大橋から望む鴨川右岸と下流です。

f:id:pochinokotodama:20170403150040j:plain

 

三条大橋から手前に鴨川右岸、向こうに左岸と東山を望みます。

f:id:pochinokotodama:20170403150118j:plain


鴨川の鴨さん夫婦。えらい仲がよろしおすなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170403150141j:plain

《ええのんか?橋の上でチョロチョロしてて。売り切れたらどないすんのん。(ダークサイドの私)》


やってしまいました。売り切れです。


後日公開の「花見には無理がある京都でした。その2。」に続きます。