摩耶山からも見える「クイーン エリザベス」

20日(祝・月)はクルーズ客船「クイーン エリザベス」が神戸港に夜の9時まで碇泊しています。

摩耶ケーブル駅の西側の上野道を約10分程登れば、「クイーン エリザベス」が碇泊しているポートターミナルを見渡せる展望台があります。
そこで今日は、上りのルートは上野道から摩耶山・掬星台を目指し、下りのルートは掬星台に到着してから決める事にします。

 

市バス「観音寺」停留所から摩耶ケーブル駅へ行く途中、「あっ、ネコさん」と思ったら置物でした。カラスが悪戯しないように睨みをきかしているのでしょうか?

f:id:pochinokotodama:20170322133935j:plain

 

先週確認した「桜のトンネル」は1週間経ってどうでしょうか?

「桜のトンネル」の場所は、この記事の下へ4枚目の写真(イラストマップ)に示しています。

f:id:pochinokotodama:20170322134206j:plain

 だいぶ蕾らしくなっています。先週はまだ恐竜の足みたいでした。

f:id:pochinokotodama:20170322134342j:plain

 

「クイーン エリザベス」がよく見える五鬼城展望公園へ上野道を上ります。

f:id:pochinokotodama:20170322134420j:plain

・ 五鬼城之由来
昔この地に五鬼氏と云う豪族が住んでいた。其頃この辺りは昼尚鬱蒼たる大森林に覆われていた。この自然の要塞を砦として外敵のしばしばの襲来にも一度として敗れた事なく、従って一族は益々隆盛を極めて繁栄したものである。当時この附近に住む土着民達の暮らしは大変貧しく、「病気、貧乏、ふしあわせ」等で苦しむ人々が多く、実に憐れな生活であった。この姿を見た五鬼氏は五情の戒めを説いて幸せの道として多くの人々の救済に尽くされたこの素晴らしい遺徳を賛えて、永くこの地の守護神とされたが、今では僅かに五鬼城の名称のみ残されているに過ぎない。

六甲山もの知り帳 より引用させて頂きました。

五鬼城展望公園には展望広場が三カ所あり、以前は標高の低い順にA、B、Cと名前が付いていました。

しかし上野道の登り口にあるイラストマップには、三カ所とも単に「展望広場」の表記のみです。そこで勝手に私が写真に「A、B、C」と「矢印」を赤い色で追加しました。

右下に「桜のトンネル」も「赤い線」で追加しました。

f:id:pochinokotodama:20170323144204j:plain

A展望広場は登り口から一番近い所ですが、ルートからほんの少し外れる感じになるので立寄った事が殆どありません。A展望広場から右(東)にあるのが、先週も撮影をしていて雨に降られたB展望広場です。登り口から約10分程でB展望広場に着きました。

「クイーン エリザベス」です。やはり大きい。今夜の9時には上海に向けて出港します。

《春霞でも、もうちょっとシャープな画に撮れんかなぁ。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170322134857j:plain

 

B展望広場から分岐を示す新しめの道標に表記されている「展望台・上野道」を上ります。イラストマップの赤い矢印で示した分岐で左側の道です。元々の「上野道」のようですが、あまり利用されていませんでした。最近整備されたようで大変歩き易くなっています。

f:id:pochinokotodama:20170323211230j:plain

 

 約10分程でC展望広場に着きましたが、「クイーン エリザベス」を見ると、B展望広場と見る角度が同じなので代わり映えしません。

《もうちょっとシャープな画に撮れんかなぁ。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170322135311j:plain

 

 

 C展望広場から現在の「上野道」に合流し、摩耶ケーブル・ロープウェー「虹の駅」へ向かいます。

下の写真も上野道の登り口にあるイラストマップです。

「虹の駅」付近に「1、2、3」と「矢印」を赤い色で追加しました。

f:id:pochinokotodama:20170324191901j:plain

 

「虹の駅」近辺が旧天上寺の参拝や観光で賑わっていた頃の名残の建物があります。近くには、完全に崩れて屋根だけが残っている建物もあります。

イラストマップ←1あたりです。

「摩耶観光ホテル」は、イラストマップの「虹の駅」の駅シンボルマークあたりにあります。

f:id:pochinokotodama:20170322135406j:plain

 

「虹の駅」を通過して、暫くすると1926年に建てられた「摩耶花壇」という宿泊施設の基礎の遺跡があります。

イラストマップ2 ↑あたりです。

f:id:pochinokotodama:20170322135500j:plain

f:id:pochinokotodama:20170322135519j:plain

 1960年に宿泊施設の旧「摩耶花壇」を解体し、その廃材を利用して建てた「摩耶花壇」の廃墟です

配偶者は子供時分、恐らく1965年前後に、「虹の駅」を降りて茶店のような所に入った事があるそうですが、ただそれがどの辺りにあった店なのかは思い出せないそうです。

f:id:pochinokotodama:20170322135728j:plain

f:id:pochinokotodama:20170322135808j:plain

f:id:pochinokotodama:20170322135826j:plain

f:id:pochinokotodama:20170322135838j:plain

 昨年12月25日当ブログ「摩耶山と猫さん」記事中の「峠茶屋跡」は、

 イラストマップ3 ↑あたりです。

f:id:pochinokotodama:20170324083315p:plain

 

摩耶山史跡公園(旧天上寺跡)からの「クイーン エリザベス」です。

C展望広場と見る角度が同じですが、目線が若干高くなったような気もします。
《シャープな画にならんか!(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170322140856j:plain

 

掬星台は気温11度。霞んではいますが良い天気です。
先週は蕾でしたが、梅の花が一輪開いていました。

f:id:pochinokotodama:20170322140955j:plain

 

お気に入りの山上の展望地からは、いつもボーッと遠景を眺めてしまいます。

ヨシッ、今日は休日で人出も多い市ヶ原はパスして、天狗道から学校林道、雷声寺、新神戸にしよう。

f:id:pochinokotodama:20170322141054j:plain

 

「イノシシのある展望地」から、学校林道の四本鉄塔越しの「クイーン エリザベス」です。
・・・。・・・!!(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170322141212j:plain

 

学校林道・四本鉄塔より高い場所の展望地からの「クイーン エリザベス」です。
《・・・。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170322141307j:plain

 

四本鉄塔まで下りて来ました。

f:id:pochinokotodama:20170322141401j:plain

残念ながらここからの「クイーン エリザベス」は建物の陰になってしまいます。

f:id:pochinokotodama:20170322141437j:plain

 

雷声寺。

桜が咲くと、そろそろこの辺は毛虫とメマトイの盛り場になるなぁ。汗をかく季節の虫は嫌やなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170322141543j:plain

 

f:id:pochinokotodama:20170322150336j:plain

 新神戸駅まで今日も無事に帰って来ました。

膝も好調、コーラが飲みたい。