「うずまき」思い込み三人組

私は「古市庵」の「うず潮巻」という少し甘めの巻き寿司が大好きで、口が「お子様」の私はこれを肴に日本酒を頂くと堪りません。

f:id:pochinokotodama:20170308110319j:plain

写真を撮るのを忘れましたので、下記HPより使わせて頂きました。

-古市庵:定番商品:巻寿司-

私と配偶者は、「うず潮巻」なのに「うずまき」と思い勝ちです。

 

 5日(日曜)は自宅で配偶者の高校時代からの友人と食事をする事になっていたので、三人の好物の「うず潮巻」もお酒の肴にしようと、三宮の「そごう」地下食料品売り場に行きました。


「古市庵」に着くと配偶者は私に向かって、
『これの名前をよう間違えてるよ。ほんまは「うず潮巻」と言うんよ。「うずまき」と違うねんよ。』
「ああ、そやなぁ。確かによう間違えてるなぁ。」
素直に思い込みを認めた私に配偶者は気を良くしたのか、大きな声で
このうず巻きひとつ下さい。
他にお客さんがおらず、やり取りの全てを聞いていた店員さん
「・・・?あぁぁぁ、はい。」
私は後難を恐れ間違いの指摘は止めておきました。

 

以前私も「ホイップを買ったらあかんよ。生クリームやで。」と配偶者に言われ、「ホイップと違う、ホイップと違う、ホイップ、ホイップ、ホイップ・・・ホイップ」となり、ホイップを買って帰った事がありましたからねぇ。

 

友人が来て、お皿の「うず潮巻」を見つけ、

『わたし、この「うずまき」好きやねん』
すかさず配偶者
『「うず潮巻!」「うずまき」と違うねん。』

もう辛抱出来ん。
『あんた今日そごうで大きな声で「このうず巻きひとつ下さい。」言うてたで!』
「そうやった?ギャハハハ。」
という「うずまき」思い込み三人組でした。

 

最後に「古市庵」のうず潮巻」の作り方はこちらです。

www.youtube.com