読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージ通りの摩耶山・雪ハイクになりました

2月7日(火)は朝から曇り空です。ひと月近くのブランクのある摩耶山ハイキングに行きます。家を出ると白いものがチラチラ。雨になり損ねの重い雪です。

風もあるし寒いなぁ。新神戸から見晴し台までは、普段は防風ジャケットは着いへんけど、今日は着とこかな、とブツブツ思いながら見晴し台の一段上の所まで来ました。ビーナスブリッジと同じくらいの標高150mあたりです。

※標高は、神戸市発行の2500分の1の白地図を参考にしています。以下同様です。

f:id:pochinokotodama:20170209133020j:plain

ハーバーランドの方も見通しは良くありません。曇った日の眺めです。

f:id:pochinokotodama:20170209133048j:plain

 

人がいない。布引ハーブ園は閑散としています。ロープウェイ中間駅付近は標高270m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209133224j:plain

2月15日(水)〜3月3日(金)ロープウェイは運休、ハーブ園も休園になります。

運休、休園については

ロープウェイの年次点検による運休・休園について | 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

f:id:pochinokotodama:20170209133254j:plain

 

左に布引貯水池を見ながら市ヶ原へ少し下りますが、頭の中で「サイモンとガーファンクル〜冬の散歩道〜」が鳴ってきたぞ、もう疲れてきたのか?

ひと月のブランクのせいやろか?

f:id:pochinokotodama:20170209133527j:plain


But look around leaves are brown.
And the sky is a hazy shade of winter.

leavesはgreenもあるけど、妄想に細かい事はええか。

f:id:pochinokotodama:20170209133558j:plain

 

市ヶ原の櫻茶屋は営業中。ここは標高250m位なので市街地より若干多めの雪がちらついてきました。新神戸駅から約1時間、ここを散歩の折り返し点にされてる方が沢山おられます。

f:id:pochinokotodama:20170209133656j:plain

おっ、トレイルランナーは短パン!上着は長袖、ということは脚周りは相当熱をもつし、左右上下に脚捌きを良くするため、やろな。ガンバレ!

f:id:pochinokotodama:20170209133731j:plain

 

市ヶ原から約5分。「新市ヶ原砂防ダム」が冬の間だけよく見えます。昭和42年の水害の後、生田川の土石流を防止する目的で建造されました。母は子供時分の昭和13年の水害で相当怖い思いをしたようで、水害の事はよく話していました。

f:id:pochinokotodama:20170209134136j:plain

 

市ヶ原から約15分、天狗道への分岐辺り(標高300m位)からの黒岩尾根です。今日の黒岩尾根コースは雪混じりの西風がまともに当たって歩くのは辛そう。

f:id:pochinokotodama:20170209134312j:plain

 

標高420m位の布引ハーブ園への分岐付近で見つけた雪の名残りらしきもの。

f:id:pochinokotodama:20170209134344j:plain

 

1月に見に来ようとしていた、雪があってもアイゼンの必要がない摩耶山ハイク、のイメージ通りになっています。嬉しい。標高490m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209134448j:plain

555ピークがある学校林道分岐まであと少し。滑りそう。標高540m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209134519j:plain

 

学校林道分岐は風が強いので、この先にある風の弱い所まで行こう。標高560m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209134606j:plain

道の西側がほんの少し盛り上がっているだけなのに、風があまり当たりません。バイクのヘッドライトあたりに取り付ける小さなカウルのように、体に当たる風を弱める効果があるのかなぁ。ここでエネルギーゼリーを摂って一服します。

f:id:pochinokotodama:20170209134631j:plain

そんなに降っている訳でもないのにザックの雪が溶けていない。気温が低いのかも知れないので、休憩中は防風ジャケットの上からダウンを着ておこう。標高570m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209134803j:plain

 

雪が固まっています。滑らないように慎重に歩きます。

f:id:pochinokotodama:20170209134847j:plain

小さな岩場でも気を抜かずに足場を選びます。
毎日登山のように歩かれている方から、帰り道でこの辺りの岩場を下っている時、うっすらした雪なので無造作に足を置いたら、雪の下が凍っていて滑り、ズルズル下の道まで行った事があるので注意した方がええよ、と教えて頂いた事があります。幸いお怪我は無かったそうです。標高590m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209134921j:plain

 

学校林道の4本鉄塔。撮影しているこの場所は雪雲の中になるのでしょう、視界は良くありません。

f:id:pochinokotodama:20170209135014j:plain

「イノシシのある展望地」から5分程の所から山上の電波塔を見ています。標高620m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209135042j:plain

電波塔の写真を撮った所から少し下り、最後の上りになります。

f:id:pochinokotodama:20170209135107j:plain

 

ここまでくればあと一息。山上はすぐそこ。

f:id:pochinokotodama:20170209135200j:plain

到着。あぁしんど!(口癖やな)標高690m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209135228j:plain

ギュッ、ギュッ、雪の上を歩く音がします。
それにしても、我ながら、すごいガニ股やな。後ろから見たら、脚は電車のパンタグラフみたいになってるんちゃうか。これはヒアルロン酸コンドロイチンが要りまんな。

f:id:pochinokotodama:20170209135304j:plain

 

いつもの展望地ですが、雪が降ってきて、視界が悪いです。標高685m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209135557j:plain

f:id:pochinokotodama:20170209135618j:plain

風に煽られて木の葉に着いた雪が飛ばされています。風に押されるように掬星台へと行きます。

f:id:pochinokotodama:20170209135707j:plain

 

掬星台に人は居ません。気温はマイナス2度。標高680m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209135754j:plain

今日は火曜日なので、摩耶ロープウェーとケーブルはお休みです。
2月13日(月)から2月28日(火)までは点検のため運休します。

運休については

六甲・まや空中散歩 -

f:id:pochinokotodama:20170209135831j:plain

 

展望台で写真を撮ろうとしたら、木の床が濡れていて滑るので怖い。

f:id:pochinokotodama:20170209140129j:plain

視界が悪いですが、
ポートアイランド方面。

f:id:pochinokotodama:20170209140202j:plain

六甲アイランド方面。

f:id:pochinokotodama:20170209140222j:plain

芦屋方面。

f:id:pochinokotodama:20170209140440j:plain

有名な掬星台からの夜景は

まやビューライン 掬星台|神戸夜景 KOBE Jewelry Box

 

撮影もそこそこに、またまたガニ股で引き揚げます。

f:id:pochinokotodama:20170209140652j:plain

青谷道へ行きますが、石の階段は凍っていると危ないから、探りながら下ります。

f:id:pochinokotodama:20170209140803j:plain

f:id:pochinokotodama:20170209140818j:plain

 

標高620m位で雪が無くなってきました。六甲山系の南斜面のこっち側は、やっぱり、ぬくいんや。

f:id:pochinokotodama:20170209140908j:plain

史跡公園には雪が殆どありません。標高610m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209140937j:plain

日が射してきました。ポートアイランドがよく見えます。

f:id:pochinokotodama:20170209141002j:plain

石段は濡れていますが、夏の夕立あとのような雰囲気で、雪に不慣れで緊張していた体の固さがほぐれてきます。こっち側は、やっぱり、ぬくいんや。

f:id:pochinokotodama:20170209141025j:plain

 

石段下の仁王門跡です。標高540m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209141104j:plain

さっきからパラパラ音がするので、何かと思ったら、木の葉に付いていた氷が落ちて、地面に当たる音でした。こっち側は、やっぱり、ぬくいんや。

f:id:pochinokotodama:20170209141126j:plain

 

雪はすっかり無くなりました。日が射して気温が上がってきたからでしょう。こっち側は、やっぱり、ぬくいんや。標高540m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209141225j:plain

 

目の前が行者場です。ここはいつでもジメジメしていて、苔も生えているので、急な坂はもう終わりと気を抜くと滑ります。脚力に余裕のヨッチャンが、油断して滑って「ケツが二つに割れた!」と中学生レベルの笑いを穫ろうとする場所です。

f:id:pochinokotodama:20170209141357j:plain

行者堂跡からフェンス側の青谷道へ入ります。真っ直ぐの道は旧摩耶道で、雷声寺・新神戸へと続きます。標高330m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209141438j:plain

 

青谷道をダラダラと下りていると、また頭の中で「サイモンとガーファンクル〜冬の散歩道〜」が鳴ってきました。

But look around leaves are brown.
And the sky is a hazy shade of winter.

f:id:pochinokotodama:20170209141553j:plain

 

日当りの良い青谷の登山口まで帰ってきました。イメージ通りの雪の摩耶山ハイクで楽しかったのですが、緊張して体も固くなっていたのでしょう、ひと月ぶりのハイキングで膝に痛みがきました。
ここは無理せず「青谷」バス停からバスを使おう。きっと晩ご飯はおいしいぞ。

f:id:pochinokotodama:20170209141730j:plain