猫の臨時集会 お題は「もしも魔法が使えたら」

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

今日は臨時の集会やけど。どうや、皆変わりないか?これから暑なるから熱中症とか気い付けなあかんよ。

お題は「もしも魔法が使えたら」やで。

f:id:pochinokotodama:20170626191958j:plain

 

私暑いの苦手やわ〜。どこか涼しい所に瞬間移動でけへんやろか。
チョチョイのチョイって魔法でも使えたらええのにな〜。

f:id:pochinokotodama:20170626192042j:plain

 

もし魔法が使えるのであれば、僕なら有意義な使い方を考えますねぇ。

f:id:pochinokotodama:20170626192118j:plain

 

いや!!有意義やて!なんか私バカにされてるみたいで気い悪いわ!左京君!!

f:id:pochinokotodama:20170626192157j:plain

 

いや、みー子さん、バカになどしていませんよ。ただ、涼しい所に行くためだけに魔法を使うのは、如何なものかと思ったものですから。

f:id:pochinokotodama:20170626192232j:plain

 

モンブランのアイスがあると、ええのにな〜。

f:id:pochinokotodama:20170626192310j:plain

 

おっ、今日はモンブランのおっちゃん早めの登場ですね。

f:id:pochinokotodama:20170626192343j:plain

 

そや、わしも魔法使いたい思てなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170626192457j:plain

 

モンブランのおっちゃんは何に魔法使うん?

f:id:pochinokotodama:20170626192537j:plain

 

そやな、今いちばん気にかけてる事があるねん。
世界情勢というか、まぁ、その〜、世界経済の安定なのであ〜る。

f:id:pochinokotodama:20170626192939j:plain

 

モンブランのおっちゃんは偉いなぁ。ちゃんと考えてるんや。

f:id:pochinokotodama:20170626193017j:plain

 

そやで、魔法でお金をぎょうさん、いっぱい、たくさん作るやろ。それから皆に分けて、世界中の皆を大金持ちにするねん。すなわち、モンブラン1個が1億円になるのであ〜る。

f:id:pochinokotodama:20170626193056j:plain

 

差し出がましい事を言うようですが、それは間違っています。それはただのインフレであって、決して経済の安定にはなり得ません。

f:id:pochinokotodama:20170626193240j:plain

 

左京君、皆が大金持ちになって何で悪いのよ。ええやないの!!
ケチばかり付けて、左京君は魔法を何に使うの。

f:id:pochinokotodama:20170626193308j:plain

 

僕は常々、一度人間になってみたいと思っていました。そこで魔法によって人間になり、世界を動かしてみたいのです。
僕の頭脳ならば十分可能かと思いますし、また何処まで可能なのか、僕の頭脳を試してみたいのです。

f:id:pochinokotodama:20170626193359j:plain

 

相変わらず、自信家やね。あきれるわ。あんたね、世界を動かすいうて、ご大層な事言うてるけど、どんな仕事するんや?

f:id:pochinokotodama:20170626193434j:plain

 

やはり経済関係でしょうか。アベノミクスに今それほどの期待性はないにしろ、何と言っても為替や株などのデイトレードが一番でしょうね。

f:id:pochinokotodama:20170626193538j:plain

 

それは世界を良い方向に動かすのんと違うて、自分のお金儲けのためとちゃうん?

f:id:pochinokotodama:20170626193616j:plain

 

そういう事になるのでしょうか、何せネコのままでは為替や株に手を出せませんからね。ここはひとつ人間になるしかありません。

f:id:pochinokotodama:20170626194021j:plain

 

チッ、結局お金がほしいだけか、さもしいなぁ。
僕は魔法で、日々ゆっくり休める場所を作ったり、おいしいご飯をおいしいなぁ、と言える仲間が一緒におれるように魔法を使うなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170626194107j:plain

 

そや、たまにマロングラッセが食べられたら文句無しや。

f:id:pochinokotodama:20170626194332j:plain

 

そうや、そんな簡単な事でええねんけどなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170626194404j:plain

 

しかし普通の様でなかなか難しい事ですね、そういう生活。

f:id:pochinokotodama:20170626194449j:plain

 

ほんまやわ〜。難しいな〜。

f:id:pochinokotodama:20170626194854j:plain

 

早よモンブランがおいしい季節になりますように。エイ!!

f:id:pochinokotodama:20170626194935j:plain

 

ぎゃっ、やめて!モンブランのおっちゃんが枝で薮を突つくからトカゲが出てきたやんか。こわい!

f:id:pochinokotodama:20170626195021j:plain

 

左京君びっくりしたら関西弁になるんや。

f:id:pochinokotodama:20170626195153j:plain

 

そやで、それにヘタレやねん。わはは。

f:id:pochinokotodama:20170626195227j:plain



さぁ、皆さん、左京君の関西弁が出たところで、今日は蒸し暑いので辛〜い麻婆豆腐ですよ。
それと、春雨サラダ(錦糸卵が太くて焦げてますが)、頂き物のハム、スーパーで買ってきたお稲荷さんです。中華ポテトもあります。麻婆豆腐は弱火でくつくつと煮込むとおいしくなります。
猫舌の皆さんは気を付けて、どうぞ召し上がってください。

f:id:pochinokotodama:20170626195311j:plain

神戸市営地下鉄に昔の市電のカラーリング。

16日(金)の9時半頃、地下鉄に乗る時、車両が何か変やなぁと思い、下車した「新神戸」駅で見るといつもの車体とは違う色のものでした。

f:id:pochinokotodama:20170621112706j:plain


普段見ている車体の色はこちらです。

f:id:pochinokotodama:20170621112742j:plain

 

さらに西神側の1両目を見てビックリ。阪急電車と違うんか?

f:id:pochinokotodama:20170621112826j:plain


古い形式の車両ですがこれが阪急電車です。今年2月18日「西宮北口」駅で撮影しています。

f:id:pochinokotodama:20170621112920j:plain

 

しかし顔付きは神戸市営地下鉄です。阪急電車ではありません。

f:id:pochinokotodama:20170621113002j:plain


普段見ている1両目こちらです。

f:id:pochinokotodama:20170621113029j:plain

 

これは神戸市電開業100周年、神戸市営地下鉄開業40周年を記念し、昔の市電のカラーリングをした車両です。

f:id:pochinokotodama:20170621113430j:plain

f:id:pochinokotodama:20170621113447j:plain

 

詳しくは下記の記事をご参照ください。

神戸市営地下鉄3000形「市電デザイン列車」特別試乗会「東洋一の市電」蘇る | マイナビニュース

 

最近、配偶者は知人から、阪急電車が「王子公園」駅と「三宮」駅を今の高架駅から地下駅に変更するらしい、と聞かされたと話していました。
私は「地下駅→地下鉄→相互乗り入れ」と妄想していたので、「阪急電車の試運転や!」と、一瞬勘違いをした「昔の市電のカラーリング」地下鉄でした。

「ヴィッセル神戸」の応援で「ノエビアスタジアム神戸」へ

17日(土)は、「ヴィッセル神戸」の応援で「ノエビアスタジアム神戸」へ行きました。対戦相手は「ガンバ大阪」です。
試合結果は悔しいものでした。ヴィッセル神戸のオフィシャルサイトでご確認ください。

ヴィッセル神戸 | VISSEL KOBE

 

ノエビアスタジアム神戸については、5月20日の記事に小さいですが外観と付近の写真があります。

神戸のA面は六甲山・摩耶山とすると鍋蓋山はB面? - pochinokotodamaのブログ

和田岬と、写真右側の大きな三角と白い建物の組み合せが「ノエビアスタジアム神戸です。サッカーJリーグの「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムです。

f:id:pochinokotodama:20170519221821j:plain

 

試合開始は午後7時です。スタジアムに着いたのが午後5時半頃、すでにサポーターで一杯です。もっと早く来る予定が遅れてしまい、選手を囲んでのイベントも終わっていました。引き揚げる選手の後ろ姿しか見れず残念です。

f:id:pochinokotodama:20170619152058j:plain

 

それでも試合前のサポーターの声援を聞きながら、入場口に向かうとワクワクしてきます。
以前のヴィッセル神戸の旗もあります。

f:id:pochinokotodama:20170619152241j:plain

 

試合開始1時間前です。バックスタンド席で応援します。

f:id:pochinokotodama:20170619152308j:plain

 

来るのが遅れたので、やはりスタンドの最上部付近の席しか空いていません。それでも席を選べるだけラッキーです。ガンバのゴール裏のサポーター席もびっしり満員です。

f:id:pochinokotodama:20170619152730j:plain

 

キックオフは午後7時3分となりました。

f:id:pochinokotodama:20170619152800j:plain

 

選手がウォーミングアップを始めます。試合開始30分前です。

f:id:pochinokotodama:20170619152825j:plain

 

選手が引揚げ、ヴィッセルの旗が入場してきます。試合開始20分前です。

f:id:pochinokotodama:20170619152853j:plain

 

開閉式のドームです。薄暮になりました。

f:id:pochinokotodama:20170619152932j:plain

 

ゴール裏のサポーターの応援も段々熱を帯びてきます。試合開始10分前です。

f:id:pochinokotodama:20170619152954j:plain

 

クラブマスコットの「モーヴィ」がマフラータオルを持って、ゴール裏のサポーターと一緒に応援します。

f:id:pochinokotodama:20170619164210j:plain

 

審判団を先頭に選手が入場してきました。試合開始5分前です。

f:id:pochinokotodama:20170619153021j:plain

 

旗が引揚げます。試合開始2分前です。

f:id:pochinokotodama:20170619153049j:plain

 

試合前の撮影です。試合開始1分前です。

f:id:pochinokotodama:20170619160606j:plain

 

試合開始です。

f:id:pochinokotodama:20170619160633j:plain

 

前半15分経過。両チームともゴール前では決めきれません。上位チーム相手にヴィッセルは互角の戦いです。

f:id:pochinokotodama:20170619160707j:plain
目線を上げると夕焼けです。

f:id:pochinokotodama:20170619160740j:plain

 

前半20分経過。一進一退のままです。

f:id:pochinokotodama:20170619160809j:plain

 

前半30分経過。日が暮れてきました。試合が動きません。
後ろの席にいる子どもがヴィッセルがボールを廻しながら上がってゆく度に、「点が入りそうな気がする」を先ほどから何回も繰返しています。
《子どもの期待に応えたれや!ホームやろ!行かんかい!(ダークサイドの私)》

結局前半は無得点のままでした。

f:id:pochinokotodama:20170619160859j:plain

 

ヴィッセルは後半も無得点のままで残念な結果となりましたが、何年か振りの試合の臨場感を満喫出来ました。

梅雨なのかなぁ?好天気の摩耶山。

13日(火)は天気が良さそうなので、約10日振りに摩耶山へハイキングです。
湿気も少なく対岸の南大阪方面が見えて、梅雨時とは思えない好天気です。

f:id:pochinokotodama:20170614220929j:plain

 

ハーブ園の緑も濃くなってきましたが、少し上っただけで、風がサラッとしていて秋のような空気です。

f:id:pochinokotodama:20170614221011j:plain

 

黒岩尾根が望める所まで来ましたが、通過した市ヶ原の気温は15℃(11時頃)です
汗をかいても肌がべとつかず楽です。

f:id:pochinokotodama:20170614221121j:plain

 

ここは天狗道で最初に淡路島が見えるポイントですが、今日は淡路島の形がよく見えます。

f:id:pochinokotodama:20170614221242j:plain


明石海峡大橋もくっきりとは言えませんが、よく見える方だと思います。

f:id:pochinokotodama:20170614221310j:plain

 

「イノシシのある展望地」まで焦らずのんびり来れました。

4本鉄塔越しにポートターミナルに碇泊しているクルーズ船が見えます。
「ダイヤモンド・プリンセス」です。
乗客定員 2,706人、乗組員数 1,100人、総トン数 115,875トン、全長 290m、船籍 英国、建造 2004年。日本で建造された最大の客船です。

f:id:pochinokotodama:20170614221338j:plain

 

足元の少し先は切り立った崖になっているので、風が抜けてゆき、市街地と海と青空が身近にあります。好きな景色です。

f:id:pochinokotodama:20170614221406j:plain


青谷からJR灘駅方面です。

尾根のはっきりした雲の影と市街地の照り返しは夏のようです。

f:id:pochinokotodama:20170614221441j:plain

 

山上の展望地までこの時期にしては珍しく、息があがる事もなく来れました。多分湿気の少ない天気のためでしょう。

菊水山の電波塔、明石方面です。少し霞んでいます。

f:id:pochinokotodama:20170614221513j:plain


空が高く、雲がゆっくり流れます。

ここでお昼にします。好物のコロッケパンなので一人ニヤニヤしながら頂きます。

周りに誰もいないのでニヤニヤしようが、変顔しようが誰にも迷惑はかけていません。

f:id:pochinokotodama:20170614221543j:plain

 

山上の展望地でお昼の一服の後、掬星台に着きましたが、人が少ないようです。

それでもハイカーの数は冬に比べると多いです。冬は無人の時がよくあります。

梅雨が明けると海や山の季節になり、沢山の人がここにも来られるのでしょう。気温は18℃(13時頃)です。

f:id:pochinokotodama:20170614221615j:plain

イメージ通りの摩耶山・雪ハイクになりました - pochinokotodamaのブログ より

掬星台に人は居ません。気温はマイナス2度。標高680m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209135754j:plain

 
今日は火曜日で、ケーブルとロープウエーは定休日です。それで人が少ないのかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20170614221701j:plain

冬の2月には点検のためケーブルとロープウエーが運休します。そのため一層人も少なくなるのでしょう。

イメージ通りの摩耶山・雪ハイクになりました - pochinokotodamaのブログ より

2月13日(月)から2月28日(火)までは点検のため運休します。

運休については

六甲・まや空中散歩 -

f:id:pochinokotodama:20170209135831j:plain

  

掬星台からも「ダイヤモンド・プリンセス」がよく見えます。
これ程大きな船になると、デッキを散歩しても、きっと歩きごたえがあることでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20170614230451j:plain

 

東灘から、芦屋、西宮、大阪方面です。

f:id:pochinokotodama:20170614230525j:plain

 

赤茶色は神戸製鋼所です。その向こうは六甲アイランド六甲アイランド沖に新しい埋め立て地を造成しています。

f:id:pochinokotodama:20170614230556j:plain

 

六甲アイランドポートアイランドの中間にある摩耶ふ頭です。「港湾幹線道路」の橋が見えます。

f:id:pochinokotodama:20170615131223j:plain

 

葺合からポートアイランド、空港島です。

f:id:pochinokotodama:20170614230821j:plain

 

ハーバーランド和田岬方面です。対岸の南大阪が見えています。友が島が見えるか見えないか微妙です。

f:id:pochinokotodama:20170614230853j:plain

 

六甲連山の東方面です。六甲山山頂の電波塔がチョロッと見えますが、残念ながらこの写真では確認出来ません。

f:id:pochinokotodama:20170614230915j:plain

 

史跡公園へ下りてきましたが、いたる所で緑が元気を主張しています。

f:id:pochinokotodama:20170614230945j:plain

 

青谷の登山口まで無事に帰ってきましたが、ここで気を抜いてはいけません。

今年はヘビ、トカゲが少なくて、今日も小さなトカゲ1匹しか見ていません。虫も同じように少ないです。何かサイクルがあるのかな?

f:id:pochinokotodama:20170614231010j:plain


ここからも「ダイヤモンド・プリンセス」が見えます。

3月に「クイーン エリザベス」が入港した時、上野道でお会いした方が、自宅からポートターミナルのクルーズ船がよく見えて、夜は本当に綺麗ですよ、と話しておられたのを思い出しました。

「ダイヤモンド・プリンセス」は今日の17時には出港するので綺麗な夜景が見られないのは、さぞかし残念でしょうね。

f:id:pochinokotodama:20170614231037j:plain

 

f:id:pochinokotodama:20170615132639j:plain

青谷のお利口さんは、お昼寝タイムですか、失礼しました。

猫の集会 「家飲み」サスペンス劇場

今週のお題「家飲み」

 

いよいよ梅雨になったけど、みんな元気にしてた?

f:id:pochinokotodama:20170612134719j:plain

 

みんな、「家飲み」って知ってる?

ホラーなんやけど、大丈夫やろか〜?

f:id:pochinokotodama:20170612134751j:plain

 

ツートーン君、わたし、こわいのは苦手やわ〜。

f:id:pochinokotodama:20170612134830j:plain

 

そしたら止めよか〜。

f:id:pochinokotodama:20170612134858j:plain

 

う〜んでもやっぱり聞きたい。どんなん?

f:id:pochinokotodama:20170612134935j:plain

 

題名が「家飲み」いうて、大きな怪物が大きな口で家を丸呑みする話やねん。

f:id:pochinokotodama:20170612135051j:plain

  

それは、さしずめ「進撃の巨人」といったところでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170612135125j:plain

 

そんな感じや。《チッ!左京が食い付いたんか。(ダークサイドのツートーン)》

f:id:pochinokotodama:20170612135208j:plain

 

おやおや、随分とあやふやですねぇ。あなたは、もうご覧になったのではないのですか?

f:id:pochinokotodama:20170612135246j:plain

 

ただ「家飲み」て聞いただけでは、映画か、アニメかよう分からんからなぁ。

ご覧になりようがないんですウ

f:id:pochinokotodama:20170612135015j:plain

 

それはね〜、家飲むのではなくてね〜、家飲むんよ〜。人とか、犬とか、ネコとかをね〜。

f:id:pochinokotodama:20170612135524j:plain

 

お〜っ!!やめて。こわいやんか!!

飲み込まれたらどないなんねん?わし、痛いのいやや。

f:id:pochinokotodama:20170612135359j:plain

 

それはあくまでフィクションの話で、現実の話ではありませんよ。ですから心配の必要はないかと思いますよ。
家が何かを飲み込むなんて普通あり得ないでしょう。それにフィクションとしてもあまり出来の良い話とは思えませんがねぇ。

f:id:pochinokotodama:20170612135614j:plain

 

家が、次々に血しぶきをあげながら、人とか犬とかネコを飲み込むなんてこわいやんか。

f:id:pochinokotodama:20170612140313j:plain

 

わたしらどこに逃げたらええのん!!どないしたらええのん!!

f:id:pochinokotodama:20170612140343j:plain

 

だからフィクションですよ。しっかり現実を見てください。

f:id:pochinokotodama:20170612140514j:plain

 

左京君それは無理や。家に大きな牙が生えてその牙でガリガリ食べられたら、そらこわいし痛いに決まってるやん。

f:id:pochinokotodama:20170612140559j:plain

 

はぁ〜。 皆さん、話がどんどん過激になっていませんか。

f:id:pochinokotodama:20170612140710j:plain

 

ビールがおいしい季節になったなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170612140750j:plain

 

あっ!モンブランのおっちゃんや。
また、話がかみ合ってないんやけど、突然ビールですか。

f:id:pochinokotodama:20170612140831j:plain

 

焼きそばにビール。冷や奴に日本酒。モンブランシャンパン。お酒はやっぱりおいしいなぁ

f:id:pochinokotodama:20170612140928j:plain

 

う〜んと、モンブランさんは行きつけのお店とか、おありなんでしょうか?

f:id:pochinokotodama:20170612141044j:plain

 

昔は新開地や花隈、三宮なんかで顔やったけど。このごろは家でじっくり飲む方が多なったなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170612144735j:plain

 

家で飲むんですか。うん?・・・・、家で飲む。

f:id:pochinokotodama:20170612141222j:plain

 

そうや、今流行の「家飲み」や。家が何かを飲み込むんとは違うで。

f:id:pochinokotodama:20170612141325j:plain

 

いやね、僕もそうではないかと思っていたんですよ。何が牙ですか、そんなの有り得ないでしょう。
そもそも発想がチープなんですよ。

f:id:pochinokotodama:20170612141447j:plain

 

なにがチープよ。よう言うわ、進撃の巨人って言ったのは左京君でしょ。

f:id:pochinokotodama:20170612152301j:plain

 

そやそや。あんたが言うたんや。ええかっこしてからに。

 

やっぱりモンブランは美味しいなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170612141528j:plain

 

いま 責任の追求をしているとこなんです!!

黙ってて!!

だいたい、モンブランのおっちゃんも最初からおったんやから、「家でお酒飲む事やで」て、もっと早よ言うてくれたらええのに。

f:id:pochinokotodama:20170612160754j:plain

 

おっしゃる通りだと思います。

f:id:pochinokotodama:20170612141833j:plain

 

今回は発言を控えて、様子を見たろ思てな。わしも大人やからな。
あ〜痒い、急に痒なった。

f:id:pochinokotodama:20170612141906j:plain

 

ガッシャン!!★ ⁂ ⁑ *

キャーン!!※▲◎☆〠・・・。

  

ぎゃーああ!!

f:id:pochinokotodama:20170612163734j:plain

 

どないしたんや?ワーッ、となりの柴犬ジローが家に食べられてるー!

f:id:pochinokotodama:20170612141941j:plain

 

えらいこっちゃ!!みんな逃げー!!

「家飲み」やー!!やっぱりおったぞー!!

あかん!腰ぬけそうや、走られへん。

f:id:pochinokotodama:20170612142012j:plain

 


ジロー君の犬小屋が倒れただけで、幸いジロー君はなんともなかったけど。
みんな、ジロー君をほったらかしで逃げたらあかんやろ。

仲直りにジロー君も一緒にみんなで「家飲み」をしましょう。
セブンイレブンモンブランがあったので、シャンパンと一緒にどうでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170612162429j:plain

はい、カンパーイ。

竹中大工道具館は木の香りがいっぱいです。その2

「棟梁に学ぶ」コーナーです。

ここでは建築を作り上げて行く工程が、1階ロビーから地下1階へ行く時に目を引いた、唐招提寺金堂の組物を実例として説、展示されています。

f:id:pochinokotodama:20170608134024j:plain

 

まず図面を引きます。

f:id:pochinokotodama:20170608134158j:plain

 

次に引いた図面の原寸図を作ります。
床に原寸図が描かれています。
唐招提寺金堂組物原寸図  紙の図面ではわかりにくい細部の納まりは、実物大の原寸図を描くことで確かめる。そこでは軒の反り具合も実際通りである。自らの目で、実際の大きさで確かめる。手間はかかるが、質を高め、間違いを防ぐ最良の方法である。」床に書かれたキャプション

f:id:pochinokotodama:20170608134303j:plain

 

部材の型板を作ります。洋服を作る時の型紙に相当するものだそうです。
型板は「フリーハンドで引いた線を刃物で直してつくりだすのである。刃物が切れなくては自然で優しい曲線は生み出せない。」そうです。

f:id:pochinokotodama:20170608134434j:plain

 

型板から部材を作ります。

f:id:pochinokotodama:20170608134535j:plain

 

丸柱は8角から16角、32角と角を落として作って行きます。

f:id:pochinokotodama:20170608134602j:plain

 

隣には「規矩術」の説明パネルがあります。
『三次元の複雑な納まりを、曲尺と図法を駆使して解く規矩術(きくじゅつ)。棟梁となる人物に欠かせない大工技術の神髄である。その難解さから「大工と雀は軒で鳴(泣)く」の言がある。』
その複雑な軒が展示されています。ガイドの方は滑らかに軒が反ってゆくのが日本独特の美しさで、反りのきつい中国とは異なっていると説明されていました。

f:id:pochinokotodama:20170610163414j:plain

 


「道具と手仕事」のコーナーです。
大工道具の標準編成です。179点あります。

f:id:pochinokotodama:20170610163446j:plain

このコーナーでは標準編成の道具のそれぞれが数多く展示されていますので、そのなかから私が気になった道具をご紹介します。

 

曲尺です。
私の父は建築関係の仕事をしたことはありませんが、日曜大工をしていて、曲尺を「かねざし」と呼んでいました。私は鉄製の物差しなので、そう呼ぶのかと思っていました、今の今まで。
ネットで見るといろいろな呼び方があるようです。

曲尺(かねじゃく)とは - コトバンク

f:id:pochinokotodama:20170610163907j:plain
ガイドの方が私に巻き尺を渡し「この丸太の円周を測ってください。私はこれ(曲尺)で円周を測ります。」と言われて丸太の直径を測り円周の長さを出されました。私が測ったのと同じ円周の長さでした。
下記のHPのページ下部に「丸目を使う」項目をご覧になれば、曲尺を使った円周の出し方が分かると思います。

さしがねの使い方 ~ セルフビルドの豆知識

更に曲尺はただ長さを測ったり、直角を見たりするだけではなく計算尺としても使えるそうです。

曲尺利用に潜む数学

  

一種類しかないと思っていた墨壷がこんなにあるとは驚きです。

私は墨壷を見るとすぐに「斑鳩(いかるが)」という言葉が浮かび、場面としては三谷幸喜監督「みんなのいえ」で棟梁役の田中邦衛が天井裏に墨壷を置くシーンが浮かびます。

f:id:pochinokotodama:20170610164730j:plain

 

初めて見る「水盛管」です。水平を出す時に使われる道具で、10年くらい前までは使われていたそうです。
容器に水を入れ、ホース先を移動させても容器の水面とホース先の水面は同じ高さになる原理を利用しています。
水平を出す方法は下記HPを参考にしてください。

【庭造りDIY】水盛り・遣り方のやりかた【超図解!】 – caDIY3Dオフィシャルサイト

f:id:pochinokotodama:20170610172603j:plain

 

「蟇股(かえるまた)を刻む  寺社建築の細部を飾る、優美な曲線をもつ彫刻。曲面の曲がり具合に応じて、異なる刃幅の丸鑿を使い分ける。」
すごい!

f:id:pochinokotodama:20170610165200j:plain

 

目立てをしながら「使い込まれた両刃鋸」(上)と「新しい両刃鋸」(下)です。
すごい!

f:id:pochinokotodama:20170610165528j:plain

 

「正確な溝をつくる工夫  溝をまっすぐ削るため、定規の役目をもつ板が付いている。」鉋です。
すごい!

f:id:pochinokotodama:20170610165756j:plain

 

曲面を削る鉋です。

すごい!

f:id:pochinokotodama:20170610165821j:plain

 

木組と大きな木槌。
昔々大工さんが木槌で柱を打ち込んでいたのを見ていたなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170610165854j:plain

 


「世界を巡る」コーナーです。
『押し使いと引き使い  ヨーロッパは鋸も鉋も「押して」使う。アジアの国々でも同じだ。ところが日本では全く反対に「引いて」使う。木の硬さと力の入れ方、あるいは加工精度の追求度合いに原因があると見られる。』解説パネル

 

中国の道具です。

f:id:pochinokotodama:20170610170004j:plain

f:id:pochinokotodama:20170610170029j:plain

 

「ヨーロッパの代表的な木造建築であるエスリンゲン市庁舎(1430年建立)。柱梁と腰貫に筋違(すじかい)を組合わせた軸組を繰返し、特徴的な意匠をつくり出している。」写真のキャプション

f:id:pochinokotodama:20170610170204j:plain
ドイツ壁模型(縮尺2/3)

f:id:pochinokotodama:20170610170234j:plain

ヨーロッパの道具。
怖い!斧を持ち、甲冑を付けた騎士が古城を徘徊しているイメージ。

f:id:pochinokotodama:20170610170327j:plain

 


地下2階へ移動します。
「和の伝統美」コーナーです。
茶室のスケルトン模型の外観は、「竹中大工道具館は木の香りがいっぱいです。その1」でご覧下さい。
茶室内部です。

f:id:pochinokotodama:20170610170547j:plain

 

組子細工の障子です。
ガイドさんに「たいしたもんやなぁ。ところで、なんぼすんのん?」と聞いているおじさんがいました。
「よう聞かれますねん。クラウンの上級グレード1台分ぐらいですわ。」
《600万円〜700万円ぐらいするのん?!(ダークサイドの私)》
「あっ、触らんとってください。」とガイドさん。
若い姉さんが何を思ったか、指で細工部分をつまんで引っ張ろうとしています!
《・・・???!!!(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170610170654j:plain

 


「名工の輝き」コーナーです。
千代鶴是秀の工房を再現しています。

f:id:pochinokotodama:20170610170748j:plain

 

f:id:pochinokotodama:20170610170812j:plain

f:id:pochinokotodama:20170610170836j:plain

 

f:id:pochinokotodama:20170610170904j:plain

f:id:pochinokotodama:20170610170927j:plain

 

f:id:pochinokotodama:20170610185750j:plain

f:id:pochinokotodama:20170610171023j:plain

 


「木を生かす」コーナーです。
「様々な木目を楽しもう  丸太から材木を切り出したとき、どのような木目ができるのか、木を取り出して、それぞれの面をながめてみよう。」説明パネル
これは「さわってみよう」マークがあるので、さわってみよう。

f:id:pochinokotodama:20170610171126j:plain


木目が一目で分かります。

f:id:pochinokotodama:20170610171201j:plain


それぞれの木の香りの違いが体験できます。

f:id:pochinokotodama:20170610171229j:plain



ガイドさんの説明を聴きながら、館内を2時間弱で巡りました。神経をガイドさんの説明に集中させていたのでぐったり疲れました。配偶者はちゃんと説明を聴こうと緊張し過ぎて、地下2階へ行く頃には眠気が襲ってきたそうです。
やはり私たちは理系は無理、論理思考も無理、でした。

それでも木の香りの中で、木造建築とそれを支える美意識と技の凄みは十二分に理解出来た楽しい体験でした。

震災で否定的なイメージのある木造建築ですが、大工道具館のように骨組に鉄骨を使うなど、技術面、コスト面で工夫をして木造建築が残れるようになってほしいものです。

竹中大工道具館は木の香りがいっぱいです。その1 

6月4日(日)は、ご近所の方から「雲内(くもち)の竹中大工道具館は面白いよ、一度行ってみれば。」と勧められ出掛けます。

竹中大工道具館

新神戸駅から東へ歩いて約5分、坂になっているバス道に面しています。

f:id:pochinokotodama:20170607103918j:plain
お教え頂いた方は理系のお仕事をされている方なので、恐らく建築の事も興味がおありなんでしょう。しかし私と配偶者は100%文系でしかも論理的思考は苦手の二人が、果たして大工道具や建築をどれ程理解出来るのか少し不安です。


木製の自動ドアを入ると、木材を使った舟底天井のロビーと、木の香りに圧倒されます。建物の骨格は木材ではなく鉄骨だそうです。

f:id:pochinokotodama:20170607104031j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607104056j:plain

 

ロビー左手のテラスではカヤックづくりを実演をしています。

f:id:pochinokotodama:20170607104256j:plain

 

展示物を見ただけでは分からないので、ガイドさんの説明を聞きながら館内を巡る事にします。
地下1階へ行く時に目を引くのが、原寸の唐招提寺金堂の組物模型です。模型にもかかわらず迫力満点です。

f:id:pochinokotodama:20170607104329j:plain

 

歴史コーナーから巡ります。
縄文時代は石斧を使って木を伐り出していましたが、弥生時代からは鉄斧を使って伐り出すようになりました。

石斧は繊維が硬くて剥がせる木には有効ですが、繊維が柔らかい木だと繊維を潰して凹ますだけで切断出来ません。しかし鉄斧は繊維を切断するので伐り出せる木の種類が増えました。

左が石斧、右が鉄斧で、それぞれの伐り口の違いが展示されています。

石斧、鉄斧が展示してあるので触ってみると、石斧が石とは思えない程硬く表面の滑らかさには驚きます。

f:id:pochinokotodama:20170607104412j:plain

 

伐り出された木の丸太は割って材木にしていました。打割製材と呼ばれます。

f:id:pochinokotodama:20170607104458j:plain

 

板は、厚い割板を釿(ちょうな)で厚みを落とし、ヤリガンナで削って作ります。
左がヤリガンナ、右が釿(ちょうな)です。 

f:id:pochinokotodama:20170607104607j:plain

 

板にする為に、釿やヤリガンナで削った見本に触れます。

釿で削っただけでは明らかに荒っぽ過ぎます。

「釿斫り(ちょうなはつり) 打ち割った後、釿で大胆に削り落として材の形を整える。」写真のキャプション

f:id:pochinokotodama:20170607104634j:plain

 

触る前はもっと表面がガタガタしていると思っていましたが、意外と滑らかです。

それにしても釿やヤリガンナを使うのは現在の私たちからすれば、ものすごく根気がいる作業に思えますが、当時はあたり前だったのでしょうね。
「ヤリガンナ削り 台鉋がなかった時代の仕上げ道具。ヤリガンナで削った面は漣(さざなみ)状の跡が残る。」写真のキャプション

f:id:pochinokotodama:20170607104726j:plain 

1000年以上続いた打割製材に替わって、挽割製材が普及します。
二人掛かりで大鋸(おが)を使って製材をするようになります。製材技術の大革新と言われています。これによって使いにくかった木も使えるようになりました。15世紀頃(室町時代)に普及したそうです。因にこの時に出る屑を「おがくず」と呼ぶそうです。

展示されている大鋸(おが)です。

f:id:pochinokotodama:20170607104846j:plain

パネルによる解説です。

f:id:pochinokotodama:20170607104938j:plain

《この作業は、息が合わんかったら言い合いになって、最後は諍いになるで。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170607104954j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607105021j:plain
展示されている前挽大鋸(まえびきおが)です。

《一人の作業になって良かったなぁ。諍いの種が一つ減って。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170607105122j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607105533j:plain

表面の滑らかさにこだわるのは、部屋の中では素足で触れるからかも知れない、とはガイドの方の見解です。

江戸時代になると多様な建築様式にあわせて大工の専門化と、大工道具の多様化が進みます。
パネルによる解説です。

f:id:pochinokotodama:20170607110138j:plain

竹中大工道具館の地下2階には茶室のスケルトン模型があり自由に入れます。

モデルは江戸時代中期の名席・大徳寺玉林院蓑庵(さあん)1742年。

f:id:pochinokotodama:20170607200020j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607110153j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607110211j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607110233j:plain

解説パネルのイラストを私は結構気に入ってます。

 

江戸初期の大工心得「五意達者」の解説パネルと、天保12年(1841年)京都伏見の桃山天満宮の社殿完成時に奉納した大工道具59点が展示されています。

f:id:pochinokotodama:20170607110332j:plain

f:id:pochinokotodama:20170607110349j:plain

 

明治時代になると西洋から伝わったネジの技術を用いた道具が普及します。
また廃刀令によって刀鍛冶が道具鍛冶に転向し、高い技術力を持つ名工が誕生することになります。
「ボールト錐(きり)の革新 ねじの回転機構を用いた錐の登場によって、従来の手揉み錐ではできなかった大きく深い穴をあけられるようになった。」写真のキャプション

f:id:pochinokotodama:20170607110420j:plain

 

私が子供の頃は、大工さんが大工道具で家を建てている姿を見るのは当たり前の事でした。その時の大工道具の印象は、桃山天満宮の社殿完成時(1841年)に奉納した大工道具59点とほとんど変わらない印象です。

ほんの少し前までは、建築は手間と根気がいる仕事だったのですねぇ。

 

竹中大工道具館では他のコーナーも巡っていますので、「竹中大工道具館は木の香りがいっぱいです。その2」に続きます。