雨の神戸 1月17日。

朝から雨です。

f:id:pochinokotodama:20180118095206j:plain

 

諏訪山やビーナスブリッジ付近まで雨雲が下りてきていますが、真中あたりの錨山は見えています。

f:id:pochinokotodama:20180118095553j:plain

なんで風鈴が大きな音で鳴ってるんや?

なんかおかしい!起きたいけど立たれへん。

おっ、揺れてる!

風鈴と違う!瓦や、瓦が割れてるんや!

声を出さなあかん!声を出さんと恐さに負けるぞ!

声を出せ!

 

1995年(平成7年)1月17日 午前5時46分。

阪神・淡路大震災が発生した時の事だけは、今でもはっきり憶えています。

 

新神戸ANAホテルも霞んでいます。

f:id:pochinokotodama:20180118095607j:plain

 声も出せない恐怖は、入院をしている時にもう一度ありました。

「体調が極端に悪くなり、看護士さんを呼ばなければ死んでしまうのに声が出ない。」という夢うつつになった時です。

こういうことは誰でもあると思うのですが、私は看護士さんに起こされるまでベッドの上でジタバタしていたそうです。

 

ビーナスブリッジから見る街もガスで霞んでいます。

f:id:pochinokotodama:20180118095633j:plain

住む所、仕事、いろんな事が強制的にリセットされました。

今日まで一体何をどうしてきたのか、の記憶は脈絡の無い細々とした切れっ端になっています。

どう知恵を絞ろうとしても、せいぜい明日の事しか考えられない緩い性分の為かも知れません。

 

ガスが流れてポートアイランドが見えました。

f:id:pochinokotodama:20180118100325j:plain

見ず知らずの人と震災がきっかけで知り合い、復旧してゆく速度と同じ速度で震災前の疎遠な関係へと回帰してゆく事もありました。

 

阪神淡路大震災1.17のつどい」の東遊園地では、竹灯籠がろうそくで点灯されています。

f:id:pochinokotodama:20180118100337j:plain

 お昼近くの東遊園地には早朝から取材をしている報道機関の人ばかり目立ちます。

ご遺族に配慮して撮影して下さい、という旨の注意書きがあり、報道機関以外で撮影している人は殆どいません。

 

 

翌日(18日)は晴れの良い天気です。

錨山から市街地と対岸の和泉山脈の稜線が見えます。

f:id:pochinokotodama:20180118141435j:plain

今までと同じように、

明日しなければならない事だけは考えるようにしよう。

明日しなくても良い事はメモだけにしよう。

十日えびすで思い出した事と「琉球國祭り太鼓」。

十日えびすは、1月9日の宵えびす、10日の本えびす、11日の残り福、とあるのですが、もう何年もこの三日間に西宮のえべっさんにお詣りした事はありません。

 

今年も1月13日(土)に西宮のえべっさんへお詣りです。

f:id:pochinokotodama:20180115214145j:plain

10年くらい前に呼吸器系の病気で入院した事があります。

退院する時、看護師さんから「風邪を引くと、以前より色々と辛くなり易いと思うので気を付けて下さいよ。」と言われました。

退院した最初のうちは何かと身体が不調になるので、気を付けて行動していたのですが、1年も経って不調になることが少なくなると、調子乗りの私はいい気になっていました 

f:id:pochinokotodama:20180115214131j:plain

風邪を引かないよう人混みは出来るだけ避けてきたのですが、懐かしさもあって西宮神社の十日えびすへ出かけました。

十日えびすの三日間は、境内への入場が制限をされる程混雑します。

f:id:pochinokotodama:20180115214200j:plain

今まで混雑を避けてきていたので、周りは人でびっしりの混雑に息苦しくなりこのままでは息が出来なくなると思い始めました。

あぁこれは軽いパニックや、と自覚出来る程になってきたので、配偶者に何とか混雑から連れ出してもらいました。

f:id:pochinokotodama:20180115214221j:plain

押し合いへし合いの混雑では、呼吸器系の弱い私は自分のペースで息が出来なくなる、と思い込んだのでしょう。

それがあって以来、十日えびすの三日間は避けるようになりました。

f:id:pochinokotodama:20180115214239j:plain

今は10年前のように息苦しくなる事はありませんが、混雑を避けたがる傾向はあります。

自分のブログを見てみると、人で混んでいるかどうかを気にしたり、青空を入れた風景を撮りたがったりするのを見ると、影響が残っているかも知れません。

 

 

お正月に来た時よりも寒いので一服も兼ねて、池の傍にある「おかめ茶屋」のあま酒で暖まります。

十日えびすの後片付けが境内のあちこちで行われており、おかめ茶屋でも何かと片付け作業が行われています。

f:id:pochinokotodama:20180115214317j:plain

f:id:pochinokotodama:20180115214301j:plain

今年の十日えびすは平日だったので、土曜日の今日、福笹を持っている人もいて賑わっています。 

f:id:pochinokotodama:20180115214342j:plain

西宮のえべっさんとは、ほんの小さい子どもの時に来て以来の長いご縁やなぁ。

 

 

帰り道の阪神御影駅前にある「御影クラッセ」で晩ご飯の買物をします。

駅を出ると太鼓の音が聞こえてきます。

f:id:pochinokotodama:20180115214417j:plain

阪神淡路大震災追悼コンサートの「琉球國祭り太鼓」だそうです。

rhyogohp.jimdo.com

f:id:pochinokotodama:20180115214435j:plain

大きな舞と沖縄独特の演奏に指笛、見ているだけで楽しくなります。

f:id:pochinokotodama:20180115214454j:plain

アンコールがあったのですが、「もの凄く体力を消耗しますので、アンコールは一回だけでお願いします。」

そらそうやろ、こんだけ動き回ったら、何回も出来んやろなぁ。

 

琉球國祭り太鼓」を見た後は本来の目的の買物です。

クリームシチューが食べたかったので、パンはポンパドウルのフォカッチャとガーリックパンを買って貰いました。

パンとシチューだけでは口淋しいので、海鮮焼きそばと鶏の立田揚げの惣菜もリクエスト。

ホットワインで頂きます。

f:id:pochinokotodama:20180115214552j:plain

お椀の内は粕汁ではありません、おかわり自由のクリームシチューです。

彩りとしての存在を逸脱し、お椀のド真中で自己主張するニンジン、しかも焼きそばにも、横目の細目で睨んでやります。

久々の京都は年末です。その2

八坂神社を出て、四条通にある「美々卯 京都祇園店」のうどんすきを食べようと思ったのですが、何と今日はお休みです。

京都祇園店|店舗のご案内 関西|美々卯

「ええー!休み。ええー!吉本新喜劇内場勝則になりました。

30日なら普通に営業しているものと思っていた私たちが甘かったようです。

京都では大晦日とお正月が強固なセットになっていて、実質の新年は12月31日から始まり、12月30日で1年は終わるのかなぁ。

 

とにかく食事をしたいので、季節的にどうかなと思ったのですが、馴染みのある河原町三条のビアホール「スーパードライ京都」に行きます。

スーパードライ京都|スーパードライエクストラコールドの飲めるお店|アサヒビール

さすがに祇園祭の時のような混雑はありませんから、ゆっくりと食事ができて、暖房もしっかり効いた中で、おいしく冷たいビールを飲めました。

 

 

年末の京都をぶらついてみたかっただけなので、食事の後は三条通の商店街を西に行き、寺町通を北に姉小路通まで来た所で、おせちの準備を何もしていないので、そろそろ帰りの予定を考え始めました。

f:id:pochinokotodama:20180105113432j:plain
それでも配偶者はトランスが気になるようです。

f:id:pochinokotodama:20180105113414j:plain

 その上「奥の電信柱がえらい傾いている」と、こちらも気になるようです。

「そうかなぁ、そんなに気にはならんけど。」とは思うものの、外出先で気まずくなって口論にでも発展したら、とんでもない大晦日とお正月になりそうなので、口には出しません。

f:id:pochinokotodama:20180112105744j:plain

車が頻繁に通行する河原町通はすぐそこです。鴨川を見たいので、河原町通を三条まで行き、三条大橋を目指します。

 

 

三条大橋から見る鴨川の上流方面です。

f:id:pochinokotodama:20180105114731j:plain

北山には雪が見えます。神戸では未だ六甲山には雪が見えません。

やはり京都の方が寒そうです。

f:id:pochinokotodama:20180105114802j:plain

 

 

夕方になってきたので、温かく賑やかな新京極の蛸薬師通へ。

f:id:pochinokotodama:20180105114820j:plain

午後の4時半頃なのに、もう日が暮れかけています。

ごちゃごちゃした楽しさが溢れています。

f:id:pochinokotodama:20180105114846j:plain

寛永堂 京極店」で、お土産に私の好物の「丸房露」を買って貰います。

京都三条菓子司|寛永堂|アクセス

他のお菓子は京菓子をひとつずつ買える「京名菓 匠味」で揃えました。JR京都駅地下1階コンコースの東にある店でよく利用します。

今だとお正月仕様を買ってしまいます。

京名菓 匠味(たくみ)|The CUBE 京都駅ビル専門店街

f:id:pochinokotodama:20180105115526j:plain

 

 

そろそろ、おせちの事を決めなければと思い、とりあえず錦市場を冷やかしてみる事にします。

f:id:pochinokotodama:20180105114918j:plain

ところが錦市場は人が多過ぎてなかなか前へ進めません。これではどうしようもありませんので、早々にここでの物色は諦めて、新京極へ戻ります。

f:id:pochinokotodama:20180105115036j:plain

「寿司 乙羽」の蒸し寿司の蒸気と人混みが、この時期にぴったりです。

寿司 乙羽|新京極商店街振興組合公式ウェブサイト

 

 

このままでは「おせち物色」はできそうにもありませんので、配偶者より『四条通に出てバスに乗り清水道まで行き、「ハッピー六原」に寄って、おせちを探してみないか?』と提案があり、私は一も二もなく賛成して向かいます。

京都市東山区 スーパー 毎日お買得価格でご提供 ハッピー六原 - iタウンページ

 

地元中心の小さなスーパーですが、偶然見つけて試しに惣菜を買ったところ、味がトゲトゲしていなくて私たちの口に合うので時々買って帰ります。

 

下の写真は、1月3日の記事でご紹介したおせちです。

「ハッピー六原」では、黒豆、ごまめ、昆布巻、鳥もも焼きの惣菜を買いました。

クワイは野菜で買って家で調理しました。小振りで値段も安かったのですが、とてもホクホクして美味しく、びっくりしました。

f:id:pochinokotodama:20180103133950j:plain

以前、四条河原町の「高島屋の地下食料品売り場で、形が悪いからと九条ネギが安売りされていて、それ程期待もしないで買って帰ったところ、その美味しさにびっくりした事がありました。

今回のおせちにも同じようにびっくりしました。

嬉しい発見に巡り会えた年末の京都でした。

久々の京都は年末です。その1

去年7月、祇園祭の宵々山へ出掛けて以来の京都です。

12月30日(土)、JR京都駅の中央口を出ると、正面に京都タワーです。

あぁ、京都は空が広い、ええなぁ。

f:id:pochinokotodama:20180105112322j:plain

大晦日に来る予定をしていたのですが、天気に不安があったので一日早めました。

冬の京都に出掛ける時は、枕詞のように「底冷えのする」が浮かぶのですが、この日は手袋をしなくても平気なくらい冷えていません。

 

 

最初に、パワースポットとしてよく紹介される、安井金比羅宮にお参りします。

老いてくると体調が気に掛ります。病の悪縁を切り、健康と良縁を結べるようにお願いします。

有名な「縁切り縁結び碑(いし)」では、祈願の順番を待つ人の列が出来ています。

www.yasui-konpiragu.or.jp

f:id:pochinokotodama:20180105112929j:plain

金比羅宮の境内で祀られている天満宮の社が、修理されていています。

修理前はかなり傷んでいたので、天満宮がある事さえ知らなかったのですが、鮮やかな朱色と屋根の真新しい銅の色で、その存在が蘇りました。

f:id:pochinokotodama:20180105112956j:plain

柱の象の彫り物に配偶者が食いつきます。

社の両脇に、北野天満宮より紅梅、白梅の献木があります。

f:id:pochinokotodama:20180105113017j:plain

f:id:pochinokotodama:20180105113034j:plain

ここから少し西に歩いて建仁寺へ向かいます。

 

 

建仁寺は京都に来ると必ず訪れます。

境内見取図 | 建仁寺 より引用

法堂です。

屏風画の「風神雷神図」のある本坊や、天井画の「双龍図」のある法堂には沢山の観光客が訪れます。

f:id:pochinokotodama:20180105113104j:plain

建仁寺の境内は広く、法堂より南側は、人で賑わっている本坊辺りと比べると静かで、気に入っている一帯です

法堂の南にある三門です。

f:id:pochinokotodama:20180105113051j:plain

建仁寺の塔頭寺院である、久昌院や禅居庵がある辺りは本当に静かです。

4月に来た時には、発声方法が未成熟なウグイスが鳴いていて、その拙さに思わず微笑んでしまいました。

f:id:pochinokotodama:20180105113120j:plain

ここから八坂神社に行きたいのですが、花見小路通を通ると、観光客の往来の凄まじさに怖じ気づいてしまいそうです。

そこで遠回りになりますが、大和大路通から四条通に出て八坂神社に向かいます。

 

 

四条通を歩き、八坂神社の西楼門から本殿、円山公園へ向かいます。

境内マップ・アクセス | 八坂神社 より引用

境内マップ

本殿、舞殿に向かう参道の両側には屋台があり、いつもは開いているのですが、今日は閉まっています。明日の大晦日とお正月の準備をしているのでしょうか。

舞殿には、大きな戌の絵馬が置かれています。

愛嬌のある戌やなぁ。

f:id:pochinokotodama:20180105113134j:plain

明日、明後日の準備で、建仁寺とは違って境内全体がざわざわしています。

うろうろするのも気が引けそうな雰囲気です。

f:id:pochinokotodama:20180105113204j:plain

 掃除をしている能舞台の前には、白朮詣の火種の準備がされています。

白朮(をけら)祭 | 八坂神社

f:id:pochinokotodama:20180105113357j:plain

NHKの腕章を巻いた人たちが、大晦日の「ゆく年くる年」の中継の打ち合わせをしています。

f:id:pochinokotodama:20180105113220j:plain

八坂神社から円山公園の「祇園しだれ桜」まで来ました。

桜が咲いているときは勿論の事、桜が咲いていなくても、この角度から見る「祇園しだれ桜」は、「生きている」という実感があり一番好きです。

あっ、昼寝をしてるお利口さんがいる。

f:id:pochinokotodama:20180105113242j:plain

日差しがあると、枯れ草の上は気持ちが良いのでしょう。

何人かの人がお利口さんの写真を撮ったりしていると、「大きなため息を一つ、ついたよ。」と配偶者が言っています。

f:id:pochinokotodama:20180105113306j:plain

再び西楼門へ戻ってきました。四条通が西へ延びています。

f:id:pochinokotodama:20180105113330j:plain

 寒くない、とはいえ、ここは底冷えの京都。出来れば、歩く時はアーケードのある商店街を歩きたいものです。

とりあえず四条通寺町通まで行こう。

 

「久々の京都は年末です。その2」に続きます。

西宮の「えべっさん」2018年1月1日

西宮の「えべっさん」へは 元旦のおせちを頂いてからお詣りします。

お店で買って来たおせちが大半を占めていますが、らしく見えるようにお重に詰める、これも配偶者の腕と度胸の見せどころです。
花の形をしたニンジンの「煮たもん」さえ無ければ私に異存はないのですが。

f:id:pochinokotodama:20180103133950j:plain

 


阪急電車神戸三宮駅から夙川駅まで乗車して、あとは夙川堤を南へ歩いて「えべっさん」まで行きます。

夙川駅(西宮市)に着く頃は、駅の後ろの六甲連山は神戸に比べてかなり遠くになります。
六甲連山の終点の宝塚と、阪急神戸線西宮北口駅あたりとは直線距離にして約7kmも離れてしまいます。

神戸、芦屋では阪急電車から手を延ばせば届きそうな所に在るのに。

f:id:pochinokotodama:20180103134100j:plain
六甲連山を、宝塚の塩尾寺から最高峰直下の一軒茶屋を目指して、砂を詰めた30kgのザックを背負って初めて上った時、一緒にいた連中はどうしているかなぁ。
何十年と経つ間に疎遠になってしまったけれど、何十年と会わなかった従兄から電話もあった事だし、きっと皆元気でいると思う。

 


夙川の右岸の堤を南へ進み、JRの鉄橋を潜って堤の上にある日切地蔵(ひぎりじぞう)さんをお参りします。

f:id:pochinokotodama:20180103134143j:plain
何年前だったか忘れましたが、その時も西宮の「えべっさん」をお詣りしての帰り道、たまたまお地蔵さんの前を通りかかると、スケジュール手帳が段ボール箱に入れてあり、ご自由に持って行ってください、と張り紙が在ります。
使い勝手が良さそうなので、お賽銭をしてろうそくとお線香をあげてから、手帳を頂いて帰りました。
それから毎年元日に「えべっさん」へお詣りする時は、ここで手帳を頂くのが楽しみになっていました。
しかし、いつ頃からか、手帳を見なくなったのですが、やはり毎年元日には、ろうそくとお線香はさせて頂くようになりました。

 


国道2号線を渡り、来た道を振り返っています。

f:id:pochinokotodama:20180103134223j:plain
ここは堤防の道なので風が抜けて寒いのですが、今日は覚悟して来た程の寒さは無く、日差しの温かさが感じられます。
高校に通学している頃は、この道は車も通行出来たのですが、今は遊歩道専用なので、よそ見しながら松並木の真中を気兼ねなく歩けます。

 


真中にある丸くこんもりした山は「甲山」で、手前の高架は阪神電車です。

f:id:pochinokotodama:20180103134426j:plain
阪急からJR、国2号線、阪神と越えてかなり南まで下って来ました。海が近くなってきます。
えべっさんは元々漁業の神さんなので、神社は海の傍にあったと聞いています。

 


例年になく参道から混んでいたのですが、やはり境内も人が多いようです。

f:id:pochinokotodama:20180103134625j:plain
私たちと同じように毎年お詣りされているのでしょう、「十日戎やったら分かるけど、お正月こんな人多かった?」と後ろから声が聞こえてきます。
おっしゃる通り。確かに人が多い。

 

拝殿に飾られている「逆さ門松」です。謂れについては、こちらをご覧下さい。

えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト - 忌籠、門松、開門神事福男
尚、同じページにある「福男歴代名簿」が面白いです。

f:id:pochinokotodama:20180103134710j:plain

 

眼鏡の「えべっさん」が気軽に写真に納まってくれます。

f:id:pochinokotodama:20180103134858j:plain
左手は池で、甘酒の「おかめ茶屋」があります。
今日は人も多く、かなり待たないと入れないと思い、社務所近くの案内で見た神社会館の「ぜんざい」を頂く事にします。

 

場所が分かりづらいのか、それとも初詣はやっぱり出店やろということか、神社会館は混雑しておらず、暖房の効いた部屋でゆっくりぜんざいを頂きます。

f:id:pochinokotodama:20180103134948j:plain

 

塩昆布とお茶付きが嬉しいです。

f:id:pochinokotodama:20180103135057j:plain
お椀の蓋の内側にえべっさん。湯呑みにはえべっさんの紋の「三柏紋」が入っています。

f:id:pochinokotodama:20180103135154j:plain

私が通学していた高校の校章も柏と松が使われています。えべっさんの柏と夙川の松をあしらっているのかなと思っていますが、よく知らなくてすみません。

人の多い「えべっさん」と温かい日差しで 良いお正月です

異人館と摩耶山、ハーバーランドで今年は〆〼。

今年最後の記事になります。

クリスマスが終わって28日(木)までの間に、目に残った事などをご紹介します。

 

26日(火)には、「洋館長屋」にサンタさんはもう居ません。

知人宅で用事を済ませての帰り道は、籠池通から新神戸までバス道を歩き、異人館街を通り帰宅しますが、今度は観光コースを行きます。
「洋館長屋」はクリスマスラッピングが施され、サンタさんのフリークライミングの練習場にもなっています。

f:id:pochinokotodama:20171211164432j:plain

異人館とビーナスブリッジの年末に、ルミナリエをプラスしました。 - pochinokotodamaのブログ  12月12日の記事より

クリスマスラッピングも片付けています。

梯子を掛けて作業する人を見ていると、今年6月10日神戸ハーバーランドで撮影した写真を思い出しました。

f:id:pochinokotodama:20171229090747j:plain

神戸ハーバーランドの「ハーバーウォーク」の西の端辺り、丁度「神戸煉瓦倉庫」の南の対岸にあるJR西日本の建物に、あたかも作業しているかのようなマネキン人形が置かれています。

配偶者は、私がマネキンと言うまで、「何してるんやろ、変な人やなぁ」と思っていたそうです。

梯子を掛けて作業している様子は洋館長屋の光景そのものです。

f:id:pochinokotodama:20171229090842j:plain

 

 

27日(水)は気温も低く風が強くて寒いのですが、天気は良いので摩耶山へ今年最後のハイキングです。

山上の電波塔直下の反射板辺りから再度山大龍寺が見えます。

ここから見るのは私は初めてなので、お宝を見つけたような嬉しさでニンマリしてしまいました。

f:id:pochinokotodama:20171229091018j:plain

山上の展望地から、久し振りに明石海峡大橋がくっきり見えます。

これほど眺望が良いと寒さは帳消しになります。

f:id:pochinokotodama:20171229090920j:plain

期待していた小豆島も見えています。

ここは風当たりが強く、木立がザーッと鳴って落ち着かない気分ですが、遠くまで見通せるので、ものすごく楽しくなります。

f:id:pochinokotodama:20171229090951j:plain

 

掬星台に来ると、今日は大阪の生駒山地辺りもよく見えています。

5分もじっとしていると足元からじんじん冷えて来ます。

f:id:pochinokotodama:20171229205950j:plain

気温はマイナス1℃で、氷が溶けずに残っていて、時折チラチラと白いものが風に舞っています。

これからは、日溜まりも出来る少し下った摩耶山史跡公園で、休憩した方が良いかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20171229091050j:plain

今年最後の摩耶山ハイキングで、良い眺めに出会えて心地良い〆になりました。

 

   

下山してバス道を新神戸まで帰る途中、以前のブログ記事でご紹介した「竹中大工道具館」では、門松が飾られていました。

竹中大工道具館は木の香りがいっぱいです。その1 - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20171229091129j:plain

 

 

28日(木)、「洋館長屋」のラッピングは、新年用にアレンジしています。

f:id:pochinokotodama:20171229091235j:plain

f:id:pochinokotodama:20171229091254j:plain

「Happy New Year」のメッセージ。

 皆様 どうぞ良いお年を 。