神戸・中山手通の関帝廟

先週は色々と気を揉むことがあったり、朝晩はめっきり涼しくなっても身体が慣れてくれなかったりで、二人とも疲れ気味です。

 まぁそれでも何とかなるやろ、みたいな感じで

Creedence Clearwater Revival「Proud Mary」です。

www.youtube.com

 

14日(日)は良い天気なので、ご近所まわりの散歩で気分転換を図ります。

f:id:pochinokotodama:20181015134945j:plain

 

神戸中華同文学校の西の端まで来ると、「ここから観光地ですよ」のような道標があります。

壁にあるプレートには「1913(大正2)年3月13日 孫中山先生来訪之地」と刻まれていて、孫中山(孫文)がこの地へ来たことが記されています。

f:id:pochinokotodama:20181015134646j:plain

近くにある兵庫県庁の敷地にも孫中山(孫文)が、有名な「大アジア主義講演」を行ったというプレートがあります。

f:id:pochinokotodama:20181016085930j:plain

 

 

中華同文学校から歩くこと5~6分で、南京町の「春節祭」や「中秋節」で臨時に祭壇が設けられる「関聖帝君」の廟・「関帝廟」があるので足を延ばします。

「関聖帝君」とは「三国志」に登場する実在の武将「関羽」のことで、商売繁盛の神様としても信仰されています。

f:id:pochinokotodama:20181015144624p:plain

今年の南京町春節祭」では、孫悟空猪八戒沙悟浄三蔵法師と共に

祭壇へ参拝しています。

神戸南京町の春節祭 - pochinokotodamaのブログ

 

関帝廟の山門です。

少し南に行くと山手幹線があり、その海側には花街で栄えた花隈地区があるのですが、今はこの辺りは静かな住宅地で、華僑の方が普段の生活の中で利用される色合いが濃い所と思われます。

関帝廟の紹介などは

一般社団法人中華会舘 | The Institute of zhonghua-huiguan 

を参考にしています。

f:id:pochinokotodama:20181016091535j:plain

三宮の生田神社のように観光客がいるわけでもなく、人の話し声が聞えてきますが、ひっそりとした雰囲気です。

f:id:pochinokotodama:20181016201754j:plain

 

山門へ入ると鮮やかな天井画が飾られていて目がゆきます。 

f:id:pochinokotodama:20181016094245j:plain

画の謂れは分かりませんが、色使いや模様を見ていると大袈裟かも知れませんが、やはり文化が違うのかなぁと思います。

f:id:pochinokotodama:20181016101047j:plain

 

中門、別名「登龍門」とも言われています。

中門の右に居る唐獅子は雄で、写真では分かりづらいですが、唐獅子の持っている小判にお札を当てて右回りにさすると金運に恵まれるそうです。 

f:id:pochinokotodama:20181016102430j:plain

記念撮影用の「関羽」と案内板が、観光を多少は意識はしているのでしょうか。

 

中門の左には子供の唐獅子を抱いた雌の唐獅子が居て、子供の唐獅子をさすると子宝に恵まれるそうです。

f:id:pochinokotodama:20181016103403j:plain

雄の唐獅子も、雌の唐獅子も撫でまわされたようには見えないので、人がひっきりなしにやって来る所でも無さそうです。

 

中門の柱は台湾檜の一刀彫で、黄河龍門の鯉が龍になる故事になぞらえているそうです。

f:id:pochinokotodama:20181016110052j:plain

建物の様々な所に獅子や龍が設えられたり、春節中秋節のお祝いに獅子や龍が舞うのも、その開運力を敬うからでしょうね。

 

本堂の屋根の上に大きな青龍が迫力十分に居ます。

f:id:pochinokotodama:20181016113115j:plain

北京の紫禁城と同じ皇帝色の瓦の上に飾られていて、宝玉をつかんで、お互いにらみ合っている青龍をみると幸せになるという言い伝えがあるそうです。

  f:id:pochinokotodama:20181016112226j:plain

 

青空と爽やかな風は有難いです。

例え見慣れたご近所巡りでも、リフレッシュしたような気がします。

いも男の育て方

10日(水)・11日(木)と雨模様ですが、秋ですね。また、食べ物の話です。

Tinsley Ellis「In From The Cold」

www.youtube.com

 

10日(水)、写真左は雨の諏訪山、錨山方面。

右の直線距離で約2km弱の新神戸ANAホテルが殆ど見えません。

f:id:pochinokotodama:20181010130548j:plain

いも男を育てるStep 1

父の実家は農家でした。

祖母は私が物心ついた頃には、殆ど田畑に出ることはありませんでした。

家事をしたり、藁(わら)で「縄」や「筵(むしろ)」を作ったりしていました。

農作業に使う「藁草履」を小さく子供用に編んでいて、遊びに行くと渡してくれたのですが、普通の運動靴が欲しかった私にはちょっと不満でした。

今よりもう少し先の稲刈りの時期、父は会社の休みの日に実家へ手伝いに行っていたので、私はよく父にくっついて行きました。

すると祖母は、古くなった「縄」や「筵(むしろ)」、「もみ殻」などを燃やして納屋の整理を始め、サツマイモやジャガイモをその中に入れて焼いてくれました。

 

焼けるのが待ちきれず、棒切れで突きまわす私。

「さわったらアカン!まだ早い、早い!」と祖母。

 

これを何回か繰り返した後、口にする事が出来たアツアツのイモの香ばしさと、ほの甘さは、その時だけしか味わえないのものでした。

私は見事に「イモ」の虜になりました。

 

 

11日(木)、トアロードの突き当りの奥、堂徳山(約337m)より低い所まで雨雲が降りていて、時おり小雨がぱらつきます。

f:id:pochinokotodama:20181011142640j:plain

いも男を育てるStep 2

母は、甘く味付けされたジャガイモだけの「イモの煮っころがし」を私に食べさせていました。

後年、牛肉が気軽に買えて「肉じゃが」の甘味と牛肉の風味を味わえるようになるまで、よく食べていました。

食糧事情が良くなってきた「肉じゃが」期と同じくして、母は牛ミンチを使った「イモコロッケ」をよく作るようになりました。

祖母によって「イモ」男の素地を作られていた私には、たまらない逸品でした。

私は見事に「イモコロッケ」の虜になりました。

 

きょう一日は雨が降ったり止んだりのようです。

f:id:pochinokotodama:20181011200312j:plain

それ以来ずっと変わらずイモコロッケが好きで、イモコロッケだと極端な話どんなものでもOKです。

ただ一度だけ駄目だったのが、もう10年以上前のことですが、あるコンビニで買ったイモコロッケで、マッシュポテトを握り固めて塩もコショウもしないで、パン粉を付けて揚げただけのような代物に遭遇した時でした。

口の中がバサバサになり食べ物とは思われなくて、さすがにこれは駄目でしたが、他に駄目だった記憶はありません。

毒が仕込まれていてもきっと食べてしまうなぁ、とは配偶者のお言葉。

その通り、間違いございません。

 

 

 雨で眠いのかお米屋さんの店先で、のろのろと二匹でじゃれています。

f:id:pochinokotodama:20181011150025j:plain

いも男を育てるStep 3

お酒を飲む年になると、お金が無い時は自宅飲み。

悪酔い必至の安ウイスキーのコークハイにポテトチップ。

多少懐が暖かい時は、店で子芋とイカの煮付け、鶏の唐揚げとフライドポテト、ジャーマンポテトなどイモ尽くしでご満悦でした。

今でも外で飲むとこの頃と変わりなく、イモ料理を必ず一品は頼んでいます。

私は見事に「いも男」になっていました。

 

 

その結果 

「いも男」はもちろんサツマイモも好きです。

つい最近は、繊維質も摂れると思い夜のおやつとして連夜食べていたので、

その結果完全にメタボになってしまいました。

f:id:pochinokotodama:20171019230912j:plain

かかりつけのお医者さんから「食べるのを止められないなら、かなりハードに運動した方が良いよ。」と言われ、それは不可能なので夜のおやつとしての焼き芋は諦めました。

が、「いも男」を諦めるつもりは全くありません。

 


 

グラタンに思い出は・・・無かった事にしたい。

John Mayall「The Mists of Time」

www.youtube.com


10月8日(月)午後5時半頃、昼間は暑いと思うのに日が落ちるのが随分早くなりました。夜は寝やすく夏バテをした体には助かります。

f:id:pochinokotodama:20181008180303j:plain

 

やはり食欲の秋になったのでしょうか、

「元町ケーキ」の「ざくろ」を濃いコーヒーと一緒に無性に食べたくなったので、

f:id:pochinokotodama:20181008103509j:plain

晩ご飯にケーキと相性が良いであろうマカロニグラタンを作って貰います。

 

 

ホワイトソースは手作りすると味が定まりませんので、躊躇なく市販されているものを使います。

f:id:pochinokotodama:20181008145105j:plain

私が小学生の頃には、グラタンという言葉の響きだけで物凄くハイカラな食べ物という印象がありました。

母は洋食が好きで嫁ぐ前は、祖父(母の父)によく食べに連れて行って貰ったようです。恐らくその時グラタンも食べたことがあるのでしょう。

ある時母は、父も好物のグラタンをどうしても作りたくなったのでしょう、何とかチーズなどその頃は手に入りにくい材料も工面してきました。

こういう時の母の集中力と行動力はかなりのものでした。

 

 

鶏もも肉を焦げ目が付く位まで焼いておきます。

鍋にバターを入れタマネギもしんなりとなるまで炒め、先の鶏もも肉を入れて馴染ませます。

馴染んだら、いったん火を止めて牛乳、ホワイトソースの素、マカロニを入れて煮込みます。

f:id:pochinokotodama:20181008181904j:plain

母の作り方は分かりませんが、オーブンなんか無いのにどうして作ろうとしたのか、無謀な試みでした。

私は自分でも時々変なことしているなぁと思う事があるのは、母の血を受け継いでいるからかも知れません。但しその集中力や行動力は継いではいないと思います。

 

 

適度のとろみが付いたらグラタン皿に移し、チーズをたっぷり載せ、風味と焼き色を付けるためにパン粉、バターを散らし、オーブンで焼きます。たっぷりのチーズが風味とコクを作ってくれます。

f:id:pochinokotodama:20181008183204j:plain

母が置いたフライパンには、白いベタっとした煮物が入っていました。

食べるとホワイトソースを焦がしたのか、鼻に変なにおいが纏わりついて離れません。父は無言で食べています。さすがに「おいしくない。」とは言えず私も黙って食べたのですが、匂いとベタつく食感にもう二度と食べたくないと思いました。

 

 

チーズの焦げ目にそそられます。白パンと赤ワインで頂きます。

f:id:pochinokotodama:20181008184958j:plain

 再び食べるきっかけは、友人たちとお酒を飲んでいて偶然取り分けて貰った小皿に入っていたマカロニグラタンを食べた時、「これおいしいなぁ、何や?」と聞くと「え~知らんのんか?マカロニグラタンやんか」。

これがグラタンか!おいしい!

さすがにこの頃になると、母はこれを作りたかったのだろうという事は私にも理解できるようになっていて、二度と見たくも食べたくもないリストからグラタンは削除されました。

 

私たちは二人とも両親が既に他界していて、普段は全く忘れているのですが、何かの拍子に突然思い出すことがあります。

よく言われるように「年を取ると、昨日の晩に何を食べたか思い出せないのに、はるか子供の時の光景は細部まで思い出す。」そうですが、今回は母の作ったグラタンの匂いまで思い出しました。

 


 

神戸・ビーナスブリッジで束の間の秋空

10月2日(火)、サラッとした空気と青い空。束の間の秋空です。

ビーナスブリッジに上がると、近くの淡路島や遠くの友ヶ島も見えます。

f:id:pochinokotodama:20181002130747j:plain

 

足元の街から学校のものと思われる何やかやのアナウンスと、

「天国と地獄」の曲が聞こえてきます、運動会でしょうね。

f:id:pochinokotodama:20181002134638j:plain

www.youtube.com

 

「天国と地獄」と言うには、作った人に申し訳が無いけれど、

先月の29日に恐ろしいものを見ました。

これです!

これはなんでしょうか?味は天国、見た目は地〇の、

f:id:pochinokotodama:20181002173848j:plain

そうです「スペインオムレツ」だそうです。

作者がそう言ってますから間違いはありません。

 《普通は丸いやん。これ完全にばらけてるで。

そう言えば小学校低学年の頃、じゃんけんをする時、

「ばらけつ、おけつで、いんじゃんホイ!」

言うてたけど、そのじゃんけんにピッタシのオムレツやな。

 (ダークサイドの私)》

赤ワインがあれば味は確かに天国です 、作者である配偶者の名誉の為に言っておきます。

が、赤ワインがもしなければ・・・?かな。

 

東の方の空は、低い雲が多いせいか空も低そうやなぁ。

f:id:pochinokotodama:20181002143915j:plain

幸いなことに、ご飯はスペインオムレツの他に店屋物もありました。

もし何も買ってなかったら・・・、えらい事になったやろなぁ。

f:id:pochinokotodama:20181002172305j:plain

見た目で、思い付きで、何も考えずに買ったので、

無茶苦茶な献立になってしまいました。

 

元町商店街の回転寿司で買った穴子の押し寿司。

そごう地下食品のピロシキ3種類。

豊水梨は「思いつき和風パフェ」にも使った頂き物。

バラ寿司のあとは、思いつき和風パフェ。 - pochinokotodamaのブログ

とどめは「天国と地獄」のスペインオムレツ。

 

「統一感のかけらもないバラバラも楽しい人生や」by 配偶者。

 

 


 

神戸・南京町の中秋節「獅子舞採青」。その2

前回に続き、今回も神戸・南京町の獅子舞をご紹介します。

 

Mick Jaggerの動きが獅子舞ようにどこかグナグナしている曲、

The Rolling Stones「Gimme Shelter」です。

www.youtube.com

 

南京町広場の北側の店にご祝儀を貰いに行きます。

獅子が移動の道すがら咬みに行くと、たまに逃げる方もおられます。

f:id:pochinokotodama:20180930141922j:plain

獅子に頭を咬んで貰うと開運厄除や無病息災のご利益があるという、

謂れを知らないとびっくりして逃げるかも知れませんね。

f:id:pochinokotodama:20180930143107j:plain

 

獅子舞は階段を上がって2階の店に行くようです。

f:id:pochinokotodama:20180930144618j:plain

階段で相変わらずグナグナしてます。

階段から落ちたらあかんで。気い付けや。 

f:id:pochinokotodama:20180930155849j:plain f:id:pochinokotodama:20180930155934j:plain

もう、身を乗り出したら危ないやろ。早よ、上に行き。

f:id:pochinokotodama:20180930160155j:plain f:id:pochinokotodama:20180930160320j:plain

 

ご祝儀を貰って、2階の店から出てきます。

下りは危ないから、あんまりグナグナしたらアカンで。

f:id:pochinokotodama:20180930201410j:plain f:id:pochinokotodama:20180930202303j:plain

階段の途中で変な事したらアカンやろ、ハラハラするがな。

f:id:pochinokotodama:20180930201510j:plain f:id:pochinokotodama:20180930201543j:plain

 

 下りてくると、獅子は舞を止め、ドラも太鼓も鳴らさず、

そのまま路地を東へ行きます。

どうやらこのまま東の端、大丸のあるメリケンロードに出て、長安門から「獅子舞採青」を始めるようなので、先回りして長安門で一行を待ちます。

f:id:pochinokotodama:20180930213804j:plain

南京町のマップは https:nmachi.or.jp/map/map.pdf//www.nanki をご参考に。

 

来ました、来ました!

f:id:pochinokotodama:20181001120956j:plain

ポーズを決めるとドラと太鼓の音が盛り上がりいよいよ始まります。

f:id:pochinokotodama:20181001132121j:plain

気合が入ってまっせ!

f:id:pochinokotodama:20181001133910j:plain f:id:pochinokotodama:20181001135549j:plain

 ホイッ!

f:id:pochinokotodama:20181001142411j:plain f:id:pochinokotodama:20181001142725j:plain

ドヤ顔決めました!

f:id:pochinokotodama:20181001143739j:plain

習性かな?せっかくドヤ顔決めたのに、柱にスリスリしたり、

f:id:pochinokotodama:20181001144930j:plain

見物の人に寄って行ったりして、まっすぐ歩くのを見たことがありません。 

f:id:pochinokotodama:20181001145524j:plain

あっ、ロックオンされた。来るぞー!

f:id:pochinokotodama:20181001204217j:plain

僕はさっき咬んでもろたけど、左の人まだやから咬んであげて。

ありがとう。

f:id:pochinokotodama:20181001205721j:plain

咬むのは大人より子供を優先します。左側に子供を見つけたので、

健やかに育つようにまっしぐらに咬みに行きます。

f:id:pochinokotodama:20181001211100j:plain

獅子舞の本来の仕事であるご祝儀を貰いに店に入って行くお昼過ぎ頃には、

沢山の人だかりが出来ています。

f:id:pochinokotodama:20181001230122j:plain

獅子舞のご利益がお店にも見物の人にもあると良いですね。

 

 今年も中秋節の獅子舞の追っかけをして、楽しい気分で南京町広場まで戻り、

中秋節を祝い、家族や知人と切り分けて、一緒に幸せを願うお菓子の「月餅」を買って帰ります。 

f:id:pochinokotodama:20181001214118j:plain

ずっしり重い塩卵入り月餅です。

f:id:pochinokotodama:20181001214323j:plain

月餅の中に満月があるように、良いことが重なりますように。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★輸入DVD★ローリング・ストーンズ/GIMME SHELTER:新品★
価格:950円(税込、送料別) (2018/10/2時点)


 

神戸・南京町の中秋節「獅子舞採青」。その1

今年の中秋は9月24日(月・祝)で、旧暦の8月15日(十五夜)に当たるそうです。

雨が降るかも知れないどんよりした天気の中、南京町へ出掛けます。

今日のお目当ては、獅子が南京町の商店街を回ってご祝儀を貰う「獅子舞採青」を見る事と「月餅」を買う事です。

配偶者は、獅子舞とドラと太鼓が大好きなので、定番のこの曲です。

もちろん映画も大好きです。

少林サッカー主題曲

10分近い演奏です。お好みの長さでお聴きください。

www.youtube.com


長安門から南京町へ入りますが、春節祭ほど人であふれていません。

関空が復旧したとはいえ海外からの観光客が減っているのでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20180927110051j:plain

南京町のマップは https:nmachi.or.jp/map/map.pdf//www.nanki をご参考に。

 

南京町広場では、爆竹の大きな音で邪気を払うための準備をしています。

奥のテントで月餅を売っているので帰る時に寄ります。 

キャスターの付いた赤い箱の中で爆竹を鳴らすのですが、

去年は平気を装っていましたが、大きな音に内心びっくりしながら見ていました。

今年は大丈夫です、多分。

f:id:pochinokotodama:20180927102406j:plain

爆竹に火を入れると、予想に違わず大きな音と煙がもくもく出て来ます。

覚悟はしていましたがやっぱり慣れません。

f:id:pochinokotodama:20180927104337j:plain

爆竹が鳴り終わっても耳がキーンと鳴っています。

 

ここ南京町広場から獅子舞が出発するのですが、

まだ時間があるので辺りをぶらぶらします。

 

何と言っても外してはいけないのがトランス。

いつか無くなるかもしれないので、撮っておきます。

f:id:pochinokotodama:20180927132556j:plain

 

 路地には観光ズレしていない場面もあって、ホッと出来ます。

f:id:pochinokotodama:20180927113421j:plain

 

今年は本当に人が少ない南京町の西の端にある西安門です。

f:id:pochinokotodama:20180927131211j:plain

つい最近まで、台風が来ていても仕事をするのが当たり前のようになっていましたが、立て続けの自然災害にその慢心を思い知らされたような気がします。

 

南京町広場から獅子舞が出発する時間が近付いてきたので戻ると、

出発前のけだるいような、緊張するような空気が流れています。

f:id:pochinokotodama:20180927134901j:plain

始まりました。

f:id:pochinokotodama:20180927135546j:plain

おっ!

初手から肩車の大技が出ると、どよめきと拍手が起こります。

f:id:pochinokotodama:20180927140341j:plain

そのまま、じわ~っと回って広場の皆さんに出発前のお披露目です。

f:id:pochinokotodama:20180927141103j:plain

 

南京町広場の向かい側の店に来て、今日最初のご祝儀を貰います。

あっちを向いたり、

f:id:pochinokotodama:20180927145442j:plain

入口の置物が気になったり、

f:id:pochinokotodama:20180927150004j:plain

振り返ってみたり、

f:id:pochinokotodama:20180928202846j:plain

 立ち上がったりで落ち着きません、まるでネコの動きです。

f:id:pochinokotodama:20180928202934j:plain

 さんざんグダグダした挙句、ようやく店の中へ入って行きます。

f:id:pochinokotodama:20180927193429j:plain

獅子に頭を咬んで貰うと開運厄除や無病息災のご利益があると言われていて、

店の中に居た人達が咬んで貰っています。

f:id:pochinokotodama:20180927194558j:plain

最後に店の入口でご祝儀を貰います。

f:id:pochinokotodama:20180927195958j:plain

 

それから次の店に行くのですが、獅子も沢山の人にご利益があるように、

移動の道すがら見物の人も咬んでゆきます。

あっ!こっち来よるで!

f:id:pochinokotodama:20180927201216j:plain

咬まれる!

f:id:pochinokotodama:20180927201803j:plain

獅子頭の内の腕。

無病息災、ありがとうございます。

f:id:pochinokotodama:20180927202016j:plain

 

もちろんドラや太鼓も獅子と一緒に回りますが、

f:id:pochinokotodama:20180927202850j:plain

店の中には入れませんから、外から流れを読んでいます。

f:id:pochinokotodama:20180927203911j:plain

 

こうして獅子舞は南京町の店を回ってご祝儀を貰います。

f:id:pochinokotodama:20180927222556j:plain

次回も獅子舞の様子を、

『神戸・南京町中秋節「獅子舞採青」。その2』

の記事にします。

お彼岸は鵯越墓園へお墓参りに。

22日(土)、配偶者の両親のお墓がある鵯越墓園へ、お彼岸のお墓参りに行きます。

配偶者の母が好きだった Rod Stewart 「Sailing」です。

www.youtube.com

 

バス停から墓園へ行く途中振り返ると海が見えます。

f:id:pochinokotodama:20180924094844j:plain天気が心配でしたが、雨はもう大丈夫のようです。

f:id:pochinokotodama:20180925132140j:plain

 

墓園の管理事務所から、イノシシが穴を掘っていますと一昨日電話があり、

山で見かける「イノシシのぬた場」のようになっているのか心配でしたが、

行ってみると一筋二筋のいたずら程度で安心しました。

配偶者は墓石が傾いていないか心配だったそうです。

 

 安心したら晩ご飯はどうしよか、気になってきました。

セブンイレブンで買った「おでん」が残っているので、

f:id:pochinokotodama:20180924211611j:plain

「おでん」と全然つながりは無いけれど、そごう神戸店のニューミュンヘンで売っている「骨付きモモ肉の唐揚」が食べたくなります。

f:id:pochinokotodama:20180924213157j:plain

学生時代バイトで稼いだお金が入ったので、友人たちとニューミュンヘンにビールを飲みに行った事がありました。

トンカツやビフカツが大好きで、鶏肉は味が薄く食べ応えが無くて好きではありませんでした。

友人たちに「ここの鶏の唐揚は、おいしいから食べてみぃ。」と勧められ、

渋々食べたら「衣も肉も香ばしくて、おいしい!」と、以後病みつきになり、

何かと言えば「なぁ、ニューミュンヘン行かへんか?」と、ビアホールは一人では行きにくいので、人を誘うようになっていました。

今でも思い出したように、ニューミュンヘンの唐揚げが食べたくなる時がありますが、そんな時、そごう神戸店の地下食品売り場で、人を誘わなくても気軽に買えるようになったのは嬉しいことです。

 

たねや」で「おはぎ」も買って貰います。

「おはぎ」は、お米に十穀をあわせたものがベースになっていて、粒餡ときな粉の2種類で頂きます。

どちらも味がツンツンせず、もっちり感が豊かで食後の一服に良い塩梅でした。

f:id:pochinokotodama:20180924215423j:plain

父方の祖母は西宮生まれの西宮育ちで、十八番は手作りの「おはぎ」でした。

祖母は「おはぎ」と言わず「ぼたもち」と呼んでいました。

遊びに行くと必ず「ぼたもち」がたくさん用意されていて、お腹がいっぱいになるまで勧められ、大きくなるにつれて段々「ぼたもち」が鬱陶しくなりました。

 

ここ数年の事ですが、不思議な事に「甘いものは洋菓子だけ」の配偶者が「おはぎ」を食べるようになりました。

元々和菓子好きの私でも、「おはぎ」は避けていたのですが、配偶者に付き合って食べたのがきっかけで、おいしく食べるようになりました。

 

油ものと甘いもの。かかりつけのお医者さんから、糖尿病に近づき過ぎのイエローカードを貰っているのに、ついつい手を出してしまいます。

 

明日は天気が良さそうです。

f:id:pochinokotodama:20180925103420j:plain

当たり前のことですが、食べ物の好みは変るものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入盤 ROD STEWART / BEST OF [CD]
価格:1213円(税込、送料別) (2018/9/25時点)