鶏鍋と布引貯水池

11月16日(土)、「おっ、夕焼け。撮って!」と配偶者から言われ、

撮ったのがこちら。

f:id:pochinokotodama:20191118113803j:plain

《言われんでも「おっ!」と思ったら撮ってまっせ。(ダークサイドの私)》 

 

夕焼けの出る頃は外は冷たくなっています。

こうなると食べたいのは鍋物

この冬の鍋の先陣には、ぶつ切りの鶏肉が選ばれました。

f:id:pochinokotodama:20191118141711j:plain

うすあげ、とうふ、中華そば、白菜が入ります。

出汁は以前食べておいしかった「博多華味鳥の寄せ鍋スープ」、

我が家の冷蔵庫の常備品「日本丸天醤油の天翔ゆずぽん酢」を好みで使います。

f:id:pochinokotodama:20191118143711j:plain

中華そばとお豆腐を入れる前に、白菜がクタクタになるまで、ぐつぐつとよ~く煮込みます。

すると見た目は「白湯スープ」のようになります。スープは飲み応えというよりも食べ応えと言ったほうが良さそうな程、とろみがあります。

日本酒よりビールの方が合うのは予想通りでしたが、とろとろの出汁とビールでお腹が一杯になり、思うほど具が食べられなかったのが残念ですが、次の日の晩ごはんのメニューもこれで確定となりました。

 

ビールの「あて」は神戸阪急の「双樹(ソウジュ)」の出し巻玉子です。

f:id:pochinokotodama:20191118213156j:plain

出汁の味が出しゃばらず、タマゴの味を引き立てているのが二重丸。おいしい。

店に陳列してあった「出し巻玉子のサンドイッチ」もおいしそうだったので、今度は買ってみたいですね。

 

出し巻玉子を食べていると、何の関連もないのに、まだ布引貯水池の紅葉を見ていないことを思い出し、翌日の日曜日に出掛けて行きます。

 

市ヶ原へ行く時のいつもの道は通らずに、布引の滝を経由します。

f:id:pochinokotodama:20191119103237j:plain

大量の水が勢いよく落ちてきて、轟音と共に水しぶきが散るのも迫力があって良いのですが、私はこれ位の穏やかな時の布引の滝が好きです。

 

布引貯水池へは運よく見頃に来たように思います。

f:id:pochinokotodama:20191119105208j:plain

日曜日なので人出もあるのですが、ざわめきは景色に吸い取られて、目の前に静けさが広がっているような錯覚をします。

f:id:pochinokotodama:20191119110401j:plain

歩いていても汗でべとつく事もなく、暑くも寒くもなく、本当に良い季節です。

 

今まで気づかなかったのですが、周りを紅葉で囲まれているので「紅葉の茶屋」。

ここの紅葉も見頃です。

f:id:pochinokotodama:20191119111804j:plain

このあと成り行きで市ヶ原まで行って引き返します。先週に引き続き、たらたら歩きの日曜日となりました。

 

昨日(18日・月曜日)の雨の後はぐんと冷えてきました。いよいよ冬になります。

みなさまも温かくすごされますように。

新神戸から市ヶ原へ、たらたら歩きます。

寝る前にしてはいけない事は、

アイスミカンパフェで余ったワッフルにラム酒で少し香りをつけ、

生クリームを添えて紅茶での一服。

f:id:pochinokotodama:20191113140739j:plain

癖になりそうなので気をつけましょう。

 

11月10日(日)、フラワーロード山側の突き当りにある新神戸ANAホテルの向こうに、四本鉄塔や摩耶山上の電波塔がくっきり見える快晴です。

f:id:pochinokotodama:20191113135339j:plain

今週は14日(木)からぐっと寒くなるそうです。

寒くなると体がこわばって、何やかや理由をつけては出かけるのが面倒になるかも知れませんから、気張らずたらたらと歩けるのは今のうちかな。

 

新神戸駅の下を流れる生田川の桜の木はすっかり赤くなっています。

f:id:pochinokotodama:20191113144409j:plain

春になると、生田川のこの橋の上は、駅の方や反対の海の方の桜並木を見る、

混雑しない花見スポットとして重宝しています。

昨年3月28日に一つ下流の橋から写した桜です。

f:id:pochinokotodama:20191114094157j:plain

 

見はらし台の少し上に来ると、山肌も黄や赤へ変わっています。

f:id:pochinokotodama:20191113150152j:plain

 

昨日9日(土)にハーバーランドで赤く色づいた葉を見ていて、

f:id:pochinokotodama:20191114103225j:plain
布引ハーブ園のロープウェイの「風の丘中間駅」のツタも赤くなっているかな、

と思っての確認です。

f:id:pochinokotodama:20191113222026j:plain

「ハーブ園山頂駅」側の山にも黄と赤が来てますね。

f:id:pochinokotodama:20191114101916j:plain

 

「紅葉の茶屋」の紅葉は木曜日の冷え込みで、今週末には赤くなりそうです。

f:id:pochinokotodama:20191114105645j:plain

ここしばらくの間、ワトソン君を見かけません。

f:id:pochinokotodama:20191114110847j:plain

ワトソン君の写真は下記のブログより引用

ネコさんが堂々と「紅葉の茶屋」を行く。 - pochinokotodamaのブログ

 

以前、仕事の上でお付き合いのあった方が、

犬さんを可愛がっておられたのですが、

いつものように犬さんの様子を聞くと、見る見るうちに涙目になってきて、

知らない事とはいえ、まずいことを聞いてしまったと猛省したことがあるので、

何となくお茶屋さんの雰囲気からしてワトソン君の事を聞きかねていますが、

やはりこのまましばらくの間、何も聞かないでおきます。

 

紅葉はまだまだの「櫻茶屋」の前で休憩しているハイカーが沢山いたり、

えぇ、何と⁈ トイレの前では順番待ちのが行列ができています。

f:id:pochinokotodama:20191114140851j:plain
帰宅してから調べると「六甲全山縦走大会」が開催されていたので、

普段見たこともない光景があっても当然ですよね。

 

「六甲全山縦走大会」参加者とは逆行して修法ヶ原まで来ると、

紅葉も進み、それほど寒くもないので、ハイカーも余裕でお昼にしています。 

f:id:pochinokotodama:20191114142412j:plain

 

空を見上げて雲を楽しむのもそろそろ潮時かも知れません。

秋はあっという間に終わりそうです。

f:id:pochinokotodama:20191114143435j:plain

これから寒くなりそうですが、みなさまも風邪には気をつけてくださいね。 

アイスミカンパフェにハーバーランドの夕暮れを添えて。

11月6日(水)近所のスーパーで、箱入りの「九州産の小さなミカン」を見つけると配偶者が動きません。

ミカンは、お茶で有名な福岡県八女市産ですが、動かないということは買って欲しい!ということですので、素直にレジへ持参します。 

f:id:pochinokotodama:20191111152907j:plain

配偶者のささやかな感謝の気持ちを表現しているそうです。

f:id:pochinokotodama:20191111223536j:plain

さぁ、さっそく今日から気合を入れて食べましょう。

 

11月9日(土)午後4時半頃の高浜岸壁。

f:id:pochinokotodama:20191110161049j:plain

摩耶山上の電波塔。 

f:id:pochinokotodama:20191111142551j:plain

右側に神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール、正面奥には旧神戸港信号所と、分かりづらいですが海上自衛隊の潜水艦が係留されている川崎重工の神戸工場。

f:id:pochinokotodama:20191111143142j:plain

もうすぐ日が暮れます。

この時間の港の風景をぼんやり眺めていると、今日を無事に過ごせた小さな安心感と、漠然とした明日の小さな不安感が同時並行に浮かんできます。

 

さて、たくさん買ったミカンの使い道は、期待通りアイスパフェに供されます。

f:id:pochinokotodama:20191111221211j:plain

今回は生クリームとワッフル、スーパーカップ

それと目玉は配偶者お気に入りの「出始めの九州の小さな甘いミカン」です。

 

上から 生クリームとワッフル

アイス

ミカン

生クリーム

一番下に ミカン となっています。

f:id:pochinokotodama:20191111224236j:plain

確かにミカンは甘い。

生クリームは効きます。ミカンやワッフルがスルスルと滑らかな楽しい食感になります。ひょっとすると、生クリームもスーパーカップバニラのようにレギュラーになるかも知れません。

今回も普通においしいボリューム感のあるアイスミカンパフェでした。 

 

ハーバーランドはオレンジ色の夕暮れが目一杯広がり、

アイスミカンパフェでお腹一杯のあとは、

f:id:pochinokotodama:20191111143948j:plain

人通りのないモザイクの裏道に塀の向こうの小さな庭。

f:id:pochinokotodama:20191111144433j:plain

もし昼間のまっすぐな賑やかさに疲れたら、日暮れ前、静かな裏道と庭でたまに黄昏るのも良いかも知れません。

寒くなってもアイスパフェ。

11月6日(水)午前9時半ごろ、ビーナスブリッジからポートアイランドを見ると、海が光っています。

寒い時によく見る海です。

f:id:pochinokotodama:20191108100141j:plain

 

おとつい4日(月)の夜中に甘い物をしっかり食べたのに、さらに翌日の5日(火)も食べたので、これは歩いて脂肪を燃そうと、散歩がてら再度公園の修法ヶ原へ紅葉の様子を見に出かけます。 

f:id:pochinokotodama:20191107143143j:plain

 

というのも4日(月)の昼間、何か買っているなとは思っていたのですが、アイスパフェの材料を揃えていたようです。

f:id:pochinokotodama:20191107145438j:plain

左から

アイスの実」「栗」「ラム酒(レーズンを漬け込んだもの)」と定番の「スーパーカップ」。

写真にはありませんが、10月26日に買って少し残っていた「カステラの切り落とし」も用意されています。

 

ラム酒」を滲み込ませた「カステラの切り落とし」を左側に、

真ん中に「栗」、「アイスの実」を右側に、

下に「スーパーカップ」を置いて完成。

f:id:pochinokotodama:20191107144917j:plain

ラム酒」を滲み込ませた「カステラの切り落とし」の強い風味に「栗」が負けてしまった事と、この栗は渋皮ごと食べるタイプだったので、盛り付けると見た目がおいしそうでは無かった事が残念ポイントです。

それを除けば、それぞれの味のバランスが良くおいしい出来栄えです。

特に「ラム酒」を滲み込ませた「カステラの切り落とし」はそれだけでも十分おいしく、次の日にも食べました。

 

甘い物を控えめにしなくてはいけない私の体なので、さすがに摂り過ぎに焦って6日(水)の泥縄の修法ヶ原散歩になりました。

f:id:pochinokotodama:20191107143938j:plain

土・日・祝にオープンするカフェがあるボートハウスは、平日は静かでのんびり。

今は青葉と紅葉が混ざっている時かも知れません。

f:id:pochinokotodama:20191107144230j:plain

 

アイスパフェを食べた日の夕方は寒さを実感。

それでも配偶者は寒くなってもアイスパフェへの執念は衰えるどころか色々と思いを巡らしているようで、この日は午後10時頃に考えがまとまり、制作となったようです。

f:id:pochinokotodama:20191106221316j:plain

来週末あたりから紅葉が増えてくるのでしょうね。

脂肪燃焼が目当ての散歩も楽しくなります。

朝晩はさすがに冷たいと思うこともあります。

11月2日(土)午後1時半ごろ、空が高いなぁ、と見ていると飛行機雲。

このごろ朝晩はさすがに冷たいと思うこともあり、天気の良い日には飛行機雲をよく見かけます。

f:id:pochinokotodama:20191105091835j:plain

 

ハロウィンが終わった三宮は、もうクリスマス一色。

特に雑貨・小物を扱う店では、クリスマス用品が店の一番前に並べられています。

f:id:pochinokotodama:20191105093434j:plain

配偶者は三宮・生田筋にある「3COINS」で買ったサンタ・トレインが気に入っているようで、「トナカイはそりを引かんと楽しとるなぁ。」と言いながらカラーボックスの上に置きました。

今はもういないネコさんは、きっとこのサンタ・トレインで遊んでバラバラにしてしまうやろなぁ、と私は想像しています。

 

 三宮の阪急地下食品売り場で、催事物の和菓子を見るとつい買ってしまいました。

長崎県諫早市の和菓子の「つづみ団子」です。 

f:id:pochinokotodama:20191105091152j:plain

上は「栗おはぎ」。

あまり見かけないので買ってみました。秋らしく刻んだ栗で包まれていて、餡はさっぱりとした甘さです。

右から

きび団子:鬼退治の桃太郎さんの行動食として有名ですが、私はあまり食べたことのない団子で、ほの甘さが印象に残りました。

秋の三色団子:ピンク色は柿かな?店員さんから説明はしていただいたのですが忘れてしまいました。黄色はきび団子、茶色はコーヒー。特にコーヒーの香りが残ります。

よもぎ団子:こちらも餡はさっぱりとした甘さです。

団子はどれも私には固すぎず柔らかすぎず、程よい弾力です。

「つづみ団子」の人気商品が「みたらし団子」と分かっていて、食べ過ぎになるかも知れないと思い、今回買わなかった事を今頃になって悔やんでいます。

催事物で迷った時はその時に買っておく方が良いのかも知れません。

 

桃太郎ときび団子の話は、「北見花芽 (id:KihiminHamame)」さんが、

独特の視点からブログでご紹介されていますので、ぜひお読みください。

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

 

団子を食べて一服していると、夕方にも飛行機雲が出ています。

f:id:pochinokotodama:20191105093836j:plain

良い天気は続いて欲しいなぁ。

今回のアイスパフェは絶対に「食べておいしい」。

10月30日(水)の朝、中突堤からの港風景。

f:id:pochinokotodama:20191031101829j:plain

 

今回のアイスパフェは、

10月11日の記事で、「ジャンドゥーヤクリーム」をスプーンですくって、たら~っと垂らす事が出来なかったことを、私の目の前で絶対にやりたいという意地の強さと、絶対に「食べておいしい」と私に言わすという執念で作っているようです。

秋ですよ、柿のアイスパフェと気の早い紅葉は。 - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20191031100359j:plain

そのままでもおいしいセブンの「パリパリとしたチョコバナナオムレット」を使ってくるとは。本気度がかなり高そうです。

 

メリケンパークの「BE KOBE」は今朝も順番待ち。

奥はポートアイランドへ渡る「神戸大橋」、ポートライナーが通過中です。

f:id:pochinokotodama:20191031105211j:plain

港巡りの遊覧船乗場もまだ準備中のようです。

f:id:pochinokotodama:20191031110028j:plain

 

よ~見て下さいや! たら~っとなってまっせ。

f:id:pochinokotodama:20191031110758j:plain

見分けがつきにくいですが、

左に「パリパリとしたチョコバナナオムレット」、

右に「スーパーカップ・超バニラ」です。

「チョコバナナオムレット」の生クリームを口に入れると、確かにこれはパフェになっている、と思わせます。

また「チョコバナナオムレット」の固形チョコとジャンドゥーヤクリームの相性が良く、苦味と甘味のメリハリがはっきりしていて、おいしい!

また食べたい、と初めて思えたアイスパフェになりました。

 

そやから、アカンて!

風呂上がりにめちゃくちゃおいしいけど、メタボの俺には危ないて!

お腹がすく季節です。

天気の良い日にはお腹が空いて、「口養生をしなさいよ。」と言うかかりつけのお医者さんの言いつけを忘れがちになります。

f:id:pochinokotodama:20191029145921j:plain

 

10月26日(土) 三宮へ出た後、家の近所のスーパーまで行って晩ごはんの材料を揃えるのは面倒なので、「そごう」から「阪急」と名前の変わった地下食料品売り場で食材を物色。

f:id:pochinokotodama:20191027140704j:plain

野菜売り場で「えのき」「しめじ」が、魚売り場では「生鮭」が特売品だったので買います。見るからにどちらもおいしそう。

家で揚げるだけの「鶏むね肉の香草揚げ」も。

あぁ季節のせいか、油物を食べたくなっている。

 

他に、配偶者が何故か「カステラ」より好きな「カステラの切り落とし」、何故か鹿児島市内産にこだわる「さつま揚げ」。

それと付け合わせ用の「マカロニ」。

f:id:pochinokotodama:20191027140135j:plain

食事にはチーズ風味が良いかなと思ったので「チーズロール」 です。

f:id:pochinokotodama:20191027141000j:plain

 

前回のブログ記事では高浜岸壁から山の方の風景でしたが、今回はビーナスブリッジの展望台から高浜岸壁の港風景です。

空気が澄んでいるので、写真左上の神戸空港海上誘導灯までよく見えます。

f:id:pochinokotodama:20191029144725j:plain

タワーマンションが多くなりました。「海と山がすぐそこ」がマンション販売の時の決まり文句。

上の階では冬の「六甲おろし」は相当強いのではないでしょうか、とは高層階に住んだことのない私の想像ですが。

 

出来上がりは、「鶏むね肉の香草揚げ」は少し揚げ過ぎになっています。

お腹のすく季節なので「口養生をしなさいよ。」とは分かっていますが、「生鮭」はフライになりました。

せめてもの対策として、大皿から直接取って食べ過ぎにならないよう、各人用にお皿に盛りつけます。

f:id:pochinokotodama:20191027142325j:plain

案外ボリュームがあった「さつま揚げ」。

f:id:pochinokotodama:20191027142922j:plain

オーブントースターで少し温めるとチーズの風味が 一層はっきりした「チーズロール」。

f:id:pochinokotodama:20191027143528j:plain

最後に濃いコーヒーと一緒に「カステラの切り落とし」。 

f:id:pochinokotodama:20191027143825j:plain

ごちそうさん

 

口養生ではなく、お腹を油物と甘い物でなだめる晩ごはんになってしまいました。

これから気温が下がってくると油物と甘い物がおいしいので気をつけねば。