布引貯水池でUターン、布引の滝から異人館通りの路地へ。

裏山から市街地を見ていると風景のあるミュージックビデオが見たくなります。

Playing For Change | Song Around The World

「All Along The Watchtower」

www.youtube.com

 

5月15日(水)

天気予報を見ていると、気持ちよく体を動かせる天気はきょうまでかも知れないと思い、行き先は気分しだいで決めようと新神戸に。

実際は次の日も良い天気だったのですが、それはさておき、

みはらし展望台の少し上からからのポートタワーやハーバーランド

f:id:pochinokotodama:20190516092927j:plain

 

ハーブ園の入口を過ぎて谷側にある道標に「布引貯水池を経て新神戸」。

そう言えばここ最近行っていなかったので急な坂を下り貯水池へ。

f:id:pochinokotodama:20190516095928j:plain

下りてみると貯水池の水や周りの緑は青緑から黄緑まで元気そう。

f:id:pochinokotodama:20190516100422j:plain

貯水池には溢れるほどの水はありません。

f:id:pochinokotodama:20190516123404j:plain

「五本松かくれ滝」に水は流れているのでしょうか。

確かめたくなって下へ行ってみます。

f:id:pochinokotodama:20190516123859j:plain

 

「五本松かくれ滝」は水の落ちる音はしているのですが、水の量が少なくて見えかくれする微妙な滝になっています。

f:id:pochinokotodama:20190516125543j:plain

ここまで来ると市ヶ原へ上り返す気が無くなってしまい、天気が良い日の異人館通りへ行きたくなってきました。

  

下ってくると城山から再度山ドライブウエイ方面の分岐になっている「猿のかずら橋」があります。

ツルがかなり少なくなっているなぁ。

f:id:pochinokotodama:20190516133944j:plain

 

見はらし展望台へ戻ってきました。

暑そう~、に見えるけれどカラッとしているので暑さは気になりません。

f:id:pochinokotodama:20190516134632j:plain

 

「布引の滝」も水の量が多い方ではありません。

水の量が多い時は風を起こして、水しぶきがカメラのレンズにかかり難儀することもあるのですが、きょうはおだやかな滝です。

ちょっと迫力不足、かな。

f:id:pochinokotodama:20190516140417j:plain

 

異人館通りへ出ようと北野坂を下りかけて、振り返ると風見鶏の館の屋根が裏山の緑をバックにチラッと映えます。

f:id:pochinokotodama:20190516201855j:plain

  

異人館通りにある、シュウエケ邸の車庫の右にある路地が、以前から気になっていたのでネコさんのようにヒョコヒョコ入ってみます。

f:id:pochinokotodama:20190516204413j:plain

路地へ入った途端に目の前の景色は、50年以上も前に戻ったような景色です。

勝手口のためのような路地は今でも残っているのか?!

f:id:pochinokotodama:20190516211830j:plain

左の塀の向こうはシュウエケ邸の庭ですが、現在は非公開の住居です。

住んでいる人でしょうか、話し声が聞こえてきます。

f:id:pochinokotodama:20190516212733j:plain

南隣の塀は非公開の異人館「旧キャセリン・アンダーセン邸」のものです。

f:id:pochinokotodama:20190516214708j:plain

南への路地は塀の先で終わり、東西の道に出ます。

ネコさんのようなヒョコヒョコ探索はここで終わり、

f:id:pochinokotodama:20190517202318j:plain

突き当りを西へ行くとトアロードです。

f:id:pochinokotodama:20190516221027j:plain

路地に良い思い出ばかりがあるわけではありませんが、私の神戸の原風景は、坂になった路地と側溝と石垣の三点セットでイメージとしてこびりついています。

 

きょう17日(金)、出かけた鍋蓋山の北側のすぐそこに鈴蘭台の街が見えます。

f:id:pochinokotodama:20190517142739j:plain

1970年代にニュータウンとして鈴蘭台へ六甲山の南側に住む人がたくさん引っ越してゆきました。

母の兄姉はすべて阪神間に住んでいたので、引っ越した人の話として、鈴蘭台は夏は涼しくて快適な所らしい、と羨ましそうに話していたのを憶えています。

その時子供の私は「鈴蘭」という名前にハイカラな感じがして惹かれたのと、冬には日当たりが悪くて寒い路地なんかきっと無いに違いないと想像していました。

 

鈴蘭台のことはいまだに知りませんが、ニュータウンと呼ばれた街にはきっとネコさんの通り道のようなくねくねした路地は無いのでしょうね。

神戸新開地音楽祭

神戸新開地音楽祭ではアマチュアのバンドが、コピーバンドとして演奏していることもあります。

で、ジミヘンのコピーバンドではありませんが

The Classic Rock Show

「The Jimi Hendrix Experience "All Along the Watchtower"」

www.youtube.com

ジミヘンのオリジナルはこちらです。

www.youtube.com

 

日差しはきついけれど湿気が少なく、山手幹線沿いに湊川公園へ。

街路樹の青葉がまず目に入ってきて気持ち良く歩けます。

f:id:pochinokotodama:20190513111343j:plain

 

公園に着くと「名物!新開地のど自慢」が始まるところです。

出演する人はこれからステージのパイプ椅子に座って出番を待ちます。

f:id:pochinokotodama:20190513111929j:plain

初めのうちは2~3人聴いたら移動しようかなと思っていたのですが、お祭り気分がいっぱいで知らず知らずのうちに全員の歌を聴いてしまいました。

f:id:pochinokotodama:20190513113028j:plain

出演する人と見ている人がそれぞれに楽しい時間をすごせているので十二分のパフォーマンスです。

f:id:pochinokotodama:20190513130216j:plain



立ち見の後ろの広場では、両側に屋台、まん中にテーブルとイス、日よけのテントにもテーブルとイスがあって屋台グルメを楽しんでいます。

f:id:pochinokotodama:20190513125313j:plain

フリーマーケットでは暑くても熱心に物色中。

ビールばっかりやったらあかんで。たまに水も飲みや。

f:id:pochinokotodama:20190513132346j:plain

 

公園から南へ。新開地商店街に入った所ではギターソロの弾き語り中心のプログラムです。

f:id:pochinokotodama:20190513134952j:plain

商店街のまん中あたりに、昨年の7月にできた寄席の「神戸新開地 喜楽館」があります。「天満天神 繁盛亭」に次ぐ上方落語の定席の一つだそうです。

f:id:pochinokotodama:20190513141644j:plain

多聞通を渡って新開地商店街の南の端にあるシンボルゲートまで行きます。

f:id:pochinokotodama:20190513142733j:plain

 

高いアーケードの商店街に入ると、通りの車の音にも負けないロックやブルースのバンドの熱演です。

f:id:pochinokotodama:20190513143720j:plain

高いアーケードは、天井が有るような無いような不思議な感覚になります。

f:id:pochinokotodama:20190513220121j:plain

 

神戸アートビレッジセンター」前は、カンカン照りでしかも影が少ないので集まっている人は若干少なめです。

f:id:pochinokotodama:20190513221539j:plain

神戸アートビレッジセンター」の2階ホールは涼しいので、兄さんと姉さんのバンドと一緒になって、

f:id:pochinokotodama:20190514131219j:plain

兄さんと姉さんの観客が安心してはじけています。

f:id:pochinokotodama:20190514130348j:plain

 

新開地商店街の南の端にあるシンボルゲート「BIG MAN」まで来ました。

f:id:pochinokotodama:20190514132455j:plain

「BIG MAN」のモデルは、

「新開地に来たことのあるチャップリンが帽子をかぶっている姿やで。」と、

配偶者は言ってますが・・・。

f:id:pochinokotodama:20190514135005j:plain

 

新開地商店街でおいしそうな巻きずしと稲荷ずしを買って湊川公園へ戻ります。

懐かしいというか食べなれた味に落ち着きます。

f:id:pochinokotodama:20190514140426j:plain

きょうは、東山商店街で野菜を買って帰ろうと思っているのですが、

まだ暑い時間なので公園の木陰で一服してからにします。

天気が良くてのんびりした「音楽」の「祭り」を堪能できました。

口養生(くちようじょう)

記事とは全く関連はありません。

久しぶりにカチッとした音が聴きたくなりました。

Joe Cocker with Jools Holland & David SanbornUnchain My Heart」

www.youtube.com

 

かかりつけのお医者さんから「口養生してくださいね。だけどタンパク質はちゃんと摂ってくださいよ。」「おいしいのは、甘いものと油のものやから気を付けてね。」と言われているので、まず最初は野菜ジュース。

次に野菜そして果物の後にタンパク質、炭水化物の順で食事をします。

 

5月4日の夕食。

カップの野菜ジュースを飲み、左のお皿のリンゴを食べます。

右の青いお皿のシャブシャブ用の豚ロース肉には、軽く塩をしたトマトとタマネギのみじん切りがかけてあり、食べる時にはこの上からポン酢をかけます。

レタスを少し食べてから、写ってはいませんが赤ワインを飲みながら、リンゴのお皿にあるカマンベールチーズやシャブシャブ食べます。

右上にあるのは高野豆腐。配偶者によると少し甘い「箸休め」だそうです。

f:id:pochinokotodama:20190510133824j:plain

赤ワインとチーズはおいしい!週に一回か二回はお酒は飲みます。

f:id:pochinokotodama:20190510141424j:plain

家族二人では、カマンベール丸ごと一個だと切り分けて残すと傷むと思い、ついつい食べてしまいそうなので、切れているタイプが助かります。

 

野菜ジュースや野菜を最初に摂るとおなかが落ち着いて、以前ほどがつがつ食べなくなりました。

例えば

 

f:id:pochinokotodama:20190223153019j:plain

うちの2月23日(土)の朝ご飯。 自作のパンケーキ1人前です。直径203mm 厚み14mm。 原材料100gの小麦粉・砂糖・ベーキングパウダー・牛乳・卵・バニラエッセンスなどです。 配偶者は何枚も焼くのが面倒で一枚にしたそうで、パンケーキに蜂蜜とバター、ソーセージと卵焼きにケチャップをかけて、なかなかの腹持ちでした。

ネコさんもウロウロする季節になりました。 - pochinokotodamaのブログ

 

のような朝食はひとまず保留にして、

5月5日の朝食。

カマンベールチーズ とトマト、タマネギをのせて一緒にトーストした食パン。

リンゴ、バナナ、トマト。砂糖控えめのカフェオレ。

写ってはいませんがまず野菜ジュースを飲んで、トマトや果物を食べてからパンをいただきます。

f:id:pochinokotodama:20190510180717j:plain

これで十分満足します。

 

食事を「口養生」になっているであろうバージョンに変えて、ハイキングコースの大師道を1時間から2時間くらい、週に3日の散歩をして二か月で体重が3kgは確実に落ちました。

f:id:pochinokotodama:20190510185156j:plain

10年くらい前に一か月で10kg近い無茶な減量をして体調を壊したことがあるので、

お医者さんが言う通り「先は長いので焦らずに。」様子を見てゆきます。

ゴールデンウィークやなぁ、と思った時。

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

休みの日はお気楽な感じで、

Iggy Pop「The Passenger」

youtu.be

 

5月2日(木)

季節の野菜がスーパーで買うよりも季節の香りがするので、時々来る湊川公園の山側にある「東山商店街」へ出掛けます。

神戸電鉄湊川駅」と地下鉄「湊川公園駅」がある湊川トンネル。陸橋の上が湊川公園になっています。

f:id:pochinokotodama:20190506130228j:plain

右の工事中の建物の山側に東山商店街があります。

f:id:pochinokotodama:20190506130632j:plain

工事中少し小さくはなっていますが陸橋とは思えない広い公園で、

「神戸新開地音楽祭」など色々なイベントが開催されます。

第19回神戸新開地音楽祭 2019 5/11(sat).12(sun)

f:id:pochinokotodama:20190506131152j:plain

海(南)側には新開地商店街。

f:id:pochinokotodama:20190506133003j:plain

公園から見る西の方は地下鉄で二つ先の長田駅あたりまで約2kmの道はほとんど一直線です。

f:id:pochinokotodama:20190506135257j:plain

東側は約200m先で道がカーブしているので西側のような一気感はありません。

f:id:pochinokotodama:20190506140545j:plain

ここは東西や南北の幹線道路が交差しているところですが、普段は車が混んでいるのにきょうはかなり少なくて、

ゴールデンウィークやなぁ、と思いました。

 

公園を出て東山商店街へ向かう途中の消防署の前で、梯子を掛けたり外したりする手順を確認していました。体に覚え込まさないと危険なのでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20190506143056j:plain

 

きょうは配偶者が一緒ではなく、私一人では野菜の目利きができないので並べてある野菜を見て配偶者への報告のみとなります。

「うすいえんどう」「たけのこ」「ふき」などが好きなので、出回っているかどうか見て帰ろうと思っています。

f:id:pochinokotodama:20190506151017j:plain
しもた!食パンを買うつもりやったのに、休みや!

商店街を見るとばらばらに店が休んでいて、

ゴールデンウィークやなぁ、と思いました

 

5月3日(金)

家から大師道を通って大龍寺、市ヶ原に出てきました。

余力があるので稲妻坂を上り学校林道分岐の555mまで行って、もしまだ余力があればそのまま天狗道で摩耶山へ行ってみようかと思います。

 

午前11時半ごろの学校林道分岐は平日にはほとんど人がいないのですが、きょうは10人以上が休憩しています。

 

がんばれば摩耶山上まで行って、もし下りがきつそうならロープウェーとケーブルカーで下れるのですが、天狗道は人が多そうなので学校林道から旧摩耶道(もとまやみち)で新神戸まで帰ることにします。

 

布引ハーブ園の山頂が苧川谷を挟んで西に見えます。

f:id:pochinokotodama:20190506213807j:plain

学校林道を下りてすぐの所で上ってくるハイカーに一人会っただけで他には誰にも会っていません。下るには早すぎるし、上るには遅すぎる時間だからでしょうか。

ここからは春日野道の丸いガスタンクが二個見える、学校林道で一番好きな見はらしポイントです。

f:id:pochinokotodama:20190506215031j:plain

学校林道から旧摩耶道の取付きの雷声寺まで誰一人会いませんでした。

それにしても普段であれば多少つらくても何とかして摩耶山上に上ったのでしょうが、学校林道分岐で休憩している人の数を見て帰ろうと思うところは、

ゴールデンウィークやなぁ、と思いました。

 

5月5日(日)

配偶者は三宮へ買い物に、私は三宮で別れて新神戸から市ヶ原へ行きます。

新幹線新神戸駅の裏山に豆粒のような布引ハーブ園のロープウェイ。

f:id:pochinokotodama:20190507123354j:plain

異人館街や旧居留地ハーバーランドを走るシティループバスが新神戸駅に向かっています。

大人の1日乗車券が660円やし一回乗ったろかな。

 

生田川沿いの桜もすっかり緑です。今年も毛虫は今のところ少なそうで裏山散歩にはありがたい限りです。

f:id:pochinokotodama:20190507124028j:plain

 

市ヶ原の「紅葉の茶屋」のワトソン君!

f:id:pochinokotodama:20190507125904j:plain
昼寝?うそ寝?

f:id:pochinokotodama:20190507125924j:plain

せっかく重い装備の登山派兄さんが撮ってるんやから愛想したりーな。

f:id:pochinokotodama:20190507125942j:plain

 

市ヶ原の「櫻茶屋」の前や、

f:id:pochinokotodama:20190507130545j:plain

川原の木陰など、人で賑わっています。

f:id:pochinokotodama:20190507131003j:plain

 

六甲全山縦走路の大師道分岐の大龍寺駐車場。

f:id:pochinokotodama:20190507132020j:plain
水だけ入っている自販機の補給を待つ人や、

私が歩きなれている裏山散歩コースに家族連れが多いのを見ると、

ゴールデンウィークやなぁ、と思いました。

 

普段とあまり変わらない暮らしの私たちでしたが、それでもゴールデンウィークやなぁ、と思うことがあった長い休みでした。

トアウエストやモトコーの記事で気になっていた事。

GW中なのでお気楽な感じの Juicy Lucy「Promised Land」です。

youtu.be

 

4月30日(火)

トアウエストの記事を書いていると、トアイーストはどうなんやと思い、

気になるので、トアイーストらしき一帯を歩いてみました。

路地ではなく車が通りやすい道と駐車場。

f:id:pochinokotodama:20190501124900j:plain

いつかは建物ができて風景も変わるのでしょうが、ちょっと不思議な虚脱感があるような風景。

f:id:pochinokotodama:20190501130043j:plain

昭和感の強い路地と、

f:id:pochinokotodama:20190501131354j:plain

食べ物屋さんなど。

f:id:pochinokotodama:20190501133924j:plain

ひやかし歩きもOKのトアウエストとは明らかに異なり、常連さんの界隈かな?

 

モトコ―を紹介した時は休みだった「モトコ―2タウン」の「ミスターボンド」は、是非紹介したい私の好きな店です。

f:id:pochinokotodama:20190501140532j:plain

店の南側。

兄さん、何か気になるもんでもあるんですか?

f:id:pochinokotodama:20190501140706j:plain

靴が気になるんやろか。

f:id:pochinokotodama:20190501141013j:plain

 

 

モトコ―はJR元町駅から神戸駅の高架下の商店街ですが、

JR三ノ宮駅から元町駅の高架下商店街は「ピアザkobe」と名前がついていますが、私と配偶者は二つの商店街を単に「高架下」と言ってきっちり区別はしていません。

 

JR元町駅東口が「ピアザkobe」の西入口になります。前の道は鯉川筋で海側(写真右側)に行くと大丸神戸店があります。

f:id:pochinokotodama:20190501142959j:plain

商店街の案内板を見るとモトコ―よりは多くの店が開いています。

三ノ宮側から「PIAZA 1」「PIAZA 2」「PIAZA 3」となっています。

f:id:pochinokotodama:20190501143549j:plain

「PIAZA 3」へ入ってすぐの所は拍子抜けするほどの歩きやすさです。

f:id:pochinokotodama:20190501144543j:plain

中ほどにある帽子屋さんで私の帽子を買ったことがあります。

f:id:pochinokotodama:20190501150743j:plain

高架下と言えば靴・服・小物雑貨・レコード・電気製品のイメージでしたが、

いつ頃からか食べ物の店を見かけるようになりました。

f:id:pochinokotodama:20190502122905j:plain

 

「PIAZA 2」のトアロード側の入口です。

f:id:pochinokotodama:20190502123356j:plain

f:id:pochinokotodama:20190502124411j:plain

高架下定番の靴と革製品の店。

「京都の着だおれ、大阪の食いだおれ、神戸の履きだおれ、と言うねんで。」

と、生まれ育ちも神戸で三代目の年長の方から教わったことがあります。

神戸はやはり靴なんですよね。

f:id:pochinokotodama:20190502125124j:plain

「工房」と思わせる靴修理の店が出来ているとは知りませんでした。

f:id:pochinokotodama:20190502130505j:plain

久しぶりに中国服の店を見ました。

洋服の店は神戸の土地柄よく見かけていたのですが、中国服、サリー、チョゴリの店などが町なかにもありましたが、最近は洋服も含めて店が少なくなっていたので、ちょっと感動しました。

f:id:pochinokotodama:20190502132016j:plain

海側の路地から見ると、地下街に「三宮市場」があるセンタープラザがあります。f:id:pochinokotodama:20190502134411j:plain

スマートフォン関連の店が多くなっています。やはり売れ筋なんでしょう。

時代に応じてその都度小回りをきかせる商売ができるのも、昔々大昔の闇市からの高架下の伝統でしょうか。

f:id:pochinokotodama:20190502135618j:plain

 

「PIAZA 1」の「いくたロード」側入口。

f:id:pochinokotodama:20190502140314j:plain

f:id:pochinokotodama:20190502141028j:plain

山側には生田神社があります。

f:id:pochinokotodama:20190502141711j:plain

入口の台湾茶のスタンドには行列ですが、

f:id:pochinokotodama:20190502143453j:plain
阪急三宮駅JR三ノ宮駅の方へ歩くと、あれっ?と思う程人が少ないのは、お昼時なので一本山側にある高架下の飲食店などに人が流れているのかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20190502144224j:plain

阪急三宮駅西口の近く、「ピアザkobe」の東の端まで来ました。

f:id:pochinokotodama:20190502145201j:plain

ピアザkobe」はイメージとしての「高架下」を所々残しているので、

これからも人の流れがある商店街であって欲しいものです。

 

ここまで来たら、やはり阪急とJRの高架に挟まれた赤ちょうちんを見に行きます。f:id:pochinokotodama:20190502145723j:plain

おぉ!これや。納得して帰ります。

旧居留地とハーバーランドは朝から冷たい風の4月27日(土)。

4月27日(土)

朝から寒い。配偶者が三宮で用事があるので一緒に出掛けた後、時間がものすごく余ってしまいました。

そういえば、前日(26日)に連休のイベント準備をしているのをハーバーランドの高浜岸壁で見たので、行って何なのか見てみようと思います。

よく晴れて風が強い天気のようなビート感がいっぱいの、

Black Sabbath 「Paranoid」

youtu.be

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入盤 BLACK SABBATH / ULTIMATE COLLECTION [2CD]
価格:1742円(税込、送料別) (2019/4/30時点)


 

センター街からトアロードを海側へ。大丸東側・明石町筋の並木が元気です。

f:id:pochinokotodama:20190429144916j:plain

振り返って三宮方面を見ます。

強い風に乗り雲が次々と流れてゆきます。

f:id:pochinokotodama:20190429143620j:plain

天気のせいで服装も冬から初夏まで色々。着る人の自由意思です。

何かというと「それはあなたの自由意思です!」が我が家のブーム。

 

街灯に「神戸まつり」のバナーが付けられています。

もうそんな時期か、早いなぁ。

f:id:pochinokotodama:20190429145601j:plain

「人流計測中」?誰が測ってんねんやろ?

f:id:pochinokotodama:20190429150701j:plain

 

メリケンパークを通ってハーバーランドまで行くつもりでしたが、おそらくメリケンパークはこの風では相当寒いと思い、また腰を痛めたらかなわないので、

f:id:pochinokotodama:20190429203047j:plain

明石町筋と毎年ルミナリエが開催されている仲町通の交差点から西(写真では左側)へ行き、元町商店街を通ることにします。

交差点近くには花の鉢があり配偶者がじっと見つめています。

配偶者の母はロッド・スチュワートと花が好きな人でした。

思い出しているのかなぁ。

f:id:pochinokotodama:20190429204535j:plain

 

元町商店街を通ると気になるポートタワー。

きょうは空気が澄んでいるのでよく見えます。

f:id:pochinokotodama:20190429210235j:plain

 

おぉ、すごい!

嘘ではなく海の色がほんとにこんな色です。

神戸港と言えば灰色に近い印象ですが、こういう色の時もあることを知りました。

f:id:pochinokotodama:20190429212335j:plain

自分自身の目で、これほどくっきりしたポートアイランドを高浜岸壁から見たことはありません。

f:id:pochinokotodama:20190429232936j:plain


それにしても風が強い!

f:id:pochinokotodama:20190429213856j:plain

 

山の稜線がはっきり。

高浜岸壁の北側で前日準備していたイベントが開催されています。

f:id:pochinokotodama:20190429234124j:plain

 

イベント会場へ下りて行きます。

f:id:pochinokotodama:20190429221440j:plain

「078」と名付けられたイベントのようですが、

詳しくはこちらを https://078kobe.jp/ 

高浜岸壁では設置されたスクリーンで映画の上映があるのですが、吹き抜ける風に恐れをなして帰ることにしました。寒過ぎる。

f:id:pochinokotodama:20190429235656j:plain

 

観覧車は風できっと揺れてこわいぞー。

《こわいと思おうが、楽しいと思おうが、それはあなたの自由意思です!

(ダークサイドの配偶者)》

f:id:pochinokotodama:20190430000746j:plain

 

白い灯台や沖にある空港島の建物もちゃんと見えます。

f:id:pochinokotodama:20190430095611j:plain

 

きょうは寒いなぁ。そしたら、またね。

f:id:pochinokotodama:20190430100114j:plain

もやっとしているのが基調の神戸港の空気ですが、

まるで空気が澄んでいる晩秋のようなほんとうに青い空と海は、

別の海を見ているような気がします。

『ディープな神戸として紹介される「モトコ―(元町高架下)」です。』から約一年後。

『ディープな神戸として紹介される「モトコ―(元町高架下)」です。』は

こちらです。

www.pochinokotodama.com

 

今回も「モトコ―(元町高架下)」にはこの曲しかありません。

Steely Dan「Do It Again」

youtu.be

 

4月24日(水)くもり時々小雨

モトコ―(元町高架下)のJR元町駅側入口の右側には本屋さんがあって時々利用していたのですが、完全に撤去されています。

f:id:pochinokotodama:20190425133953j:plain

上の写真は午前10時頃撮っていて、ここからモトコ―の西の端・神戸駅近くまで行ったのですが、この時間では店はほとんど開いておらず、夕方もう一度撮っている所もあります。撮影時間がばらばらですが、ご容赦ください。

 

入ってすぐ左、ラーメン屋さんの隣の雑貨屋さんがなくなっています。

約一年の間に撤退してゆく店がだんだん増えてきたのかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20190425135559j:plain

商店街では営業中の店のマップを作っています。

これを見るとまだまだ残ってるみたいです。

f:id:pochinokotodama:20190425140916j:plain

 

蒸し暑いなぁ。Tシャツ買うて、塩タンで冷酒を飲もか、のコラボ。

f:id:pochinokotodama:20190425144541j:plain

 

通り過ぎてから気がつきました。パソコンとスマホの店も健在。頑張ってます。

f:id:pochinokotodama:20190425185704j:plain

 

「モトコ―1番街」西の端近くになってきました。

どこに何があるか、分かるんやろか。ただ者ではない積み方のレコード屋さん。

上の段ボールの箱に「小林旭」 「大川栄策」など、

下の段ボールの箱に「薬師丸ひろ子」「柏原芳恵」「田原俊彦」などなど。

f:id:pochinokotodama:20190425194401j:plain

 

「モトコ―2タウン」の元町駅側はお菓子屋さん。

f:id:pochinokotodama:20190425221529j:plain

 

モトコ―2タウンでは営業中の店のマップは見つかりませんでした。

f:id:pochinokotodama:20190426102910j:plain

天井の空のイラストがここの特徴です。 

f:id:pochinokotodama:20190426104301j:plain

高架下は安いもんは極端に安いけれど、目利きが出来んと上手に買えんぞ、というイメージがずっと子供の時からありました。

f:id:pochinokotodama:20190426104748j:plain

「レコード・CD」の時代が長かったのかなぁ。

f:id:pochinokotodama:20190426111152j:plain

  

前を通る度に目の保養をさせてもらってるトラッドの「ミスターボンド」。

ちゃんとした品質が揃っていて長持ちします。きょうは休みのようです。

f:id:pochinokotodama:20190426113232j:plain

 

モトコ―3番街の元町駅側の入口は、山側に花隈公園があるタワーロードに面しています。

f:id:pochinokotodama:20190426130103j:plain

1年前に危機感が強かったのですが、マップを見るともう半分くらいは工事中になっています。

f:id:pochinokotodama:20190426131516j:plain

工事用の防護壁があると、どことなく落ち着きませんが、

f:id:pochinokotodama:20190426134122j:plain

それでも、ちゃんと続けている

f:id:pochinokotodama:20190426133402j:plain
店もあります。

f:id:pochinokotodama:20190426141304j:plain

神戸駅側入り口の「もっこす」も隣のバイク屋さんも営業していません。

f:id:pochinokotodama:20190426142505j:plain

 

モトコ―4番街(花隈南商店街)の元町駅側の入口山側には、コンバースの靴で有名な「柿本商店」があります。

今日は定休日で営業はしていないようです。

f:id:pochinokotodama:20190426145101j:plain

柿本商店のように他のモトコ―から引っ越してきた店が入っているようです。

f:id:pochinokotodama:20190426201948j:plain

交渉中?

f:id:pochinokotodama:20190426204316j:plain

 モトコ―感が流れていますね。

f:id:pochinokotodama:20190426204838j:plain

カバンにアクセサリーはあたりまえ、数珠も地球儀も兜もあります。

f:id:pochinokotodama:20190426205413j:plain

モトコ―3番街から引っ越してきた店があります。

f:id:pochinokotodama:20190426211122j:plain

この店も4番街へ来たようです。

f:id:pochinokotodama:20190426212031j:plain

3番街のマップに引っ越しリストがあって4番街が多かったですね。

空きスペースの壁にはイラスト。

f:id:pochinokotodama:20190426213007j:plain

 

モトコ―5番街の元町駅側の入口です。

山側(写真右側)に「モダン寺(浄土真宗本願寺派 本願寺神戸別院)」が遠慮がちに少し見えます。

f:id:pochinokotodama:20190426215550j:plain

f:id:pochinokotodama:20190426220635j:plain

マップでは店があるのですが、

f:id:pochinokotodama:20190426221521j:plain
進んでゆくと照明も天井も無くなります。

f:id:pochinokotodama:20190426222811j:plain

大丈夫かなぁ、と上を見ているうちに神戸駅側入り口になります。

f:id:pochinokotodama:20190426224209j:plain

 

モトコ―6番街の元町駅側の入口です。

f:id:pochinokotodama:20190426234201j:plain

f:id:pochinokotodama:20190426234709j:plain

山側には店がほとんどありません。

一年前営業していたメリヤスの店は現在も営業中。

向かいの二階の手すりが不思議です。

f:id:pochinokotodama:20190427012403j:plain

朝の10時半ごろなので多くの店が閉まっています。 

f:id:pochinokotodama:20190427001926j:plain

神戸駅側入り口の山側(右側)には、宇治川商店街があります。

f:id:pochinokotodama:20190427002749j:plain

 

モトコ―7番街は迂回しないと通行ができません。

段々こうなってゆくのかなぁ。

f:id:pochinokotodama:20190427003813j:plain

元町駅側にはもう店がありません。

迂回路で山側に出て神戸駅の方へ行きます。

f:id:pochinokotodama:20190427010143j:plain

7番街の神戸駅側の前の通りは多聞通です。

f:id:pochinokotodama:20190427010926j:plain

神戸駅側の入口から覗くと一軒だけ開けている店がありました。

f:id:pochinokotodama:20190427012830j:plain

耐震工事が済んだ後はどうなるんやろなぁ。

 

三ノ宮駅から神戸駅までの高架下を歩いていたのは昔々大昔で、憶えているのは、とにかく人が多かった事と、安く珍しいものがあるはずや、とウロウロしていた事です。