読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸まつり その1

21日(日)は、「神戸まつり」に出掛けました。前に見たのはいつの事か、思い出せないくらい昔々のことです。配偶者は、いも虫の扮装でパレードに参加した事があるそうです。

《今やったら扮装無しでもええねんけどなぁ。(ダークサイドの私)》

第47回神戸まつり

「神戸まつり」は、大阪の「天神祭」や京都の「祇園祭」のように神事ではなくて、人が集まって「パーっとやろか!」で始まったお祭りですから、開催日や何をするのかは、その時代の神戸人の判断で決めて良いのだと思います。

多分このやり方が、歴史や格式の縛りが余り無い、何でも有りの神戸の土地柄に合っているのだと私は思います。

詳しくは、下記URLをご参照ください。

神戸まつりの歴史|第47回神戸まつり

尚、会場や付近の簡単なマップ画像を貼付けますが、詳しいマップは下記URLをご参照ください、分かり易いと思います。

茄子紺の太い矢印がパレードのコースです。フラワーロードの東遊園地前から出発して、神戸国際会館で左折、三宮中央通をトアロードまでパレードをします。パレードはここまでです。その後、鯉川筋まで進み左折で大丸横を通り、仲町通りでまた左折し旧居留地解散します。

http://www.kobe-matsuri.com/map/img/47-map.pdf

f:id:pochinokotodama:20170523085949j:plain

 

大丸北側沿いの花時計線を三宮方向へ向かいます。

大丸前の「ダンスアベニューステージ」ではダンスが終わったようで、皆さんほっとされてるようです。

f:id:pochinokotodama:20170523090843j:plain

 

次に「ゆるキャラ」がステージに登場します。MCのお姉さんがゆるキャラ」を紹介しながら点呼をとっているようですが、歩みが遅く集合に時間がかかります。

f:id:pochinokotodama:20170523090923j:plain

中にはお子さんの相手をしていてステージに行けないキャラクターがいて係員があせっています。

f:id:pochinokotodama:20170523090950j:plain

 

花時計線に立って三宮方向を見ています。普段は車道で西行一方通行となっており、市バスも通っています。歩道を人にぶつからないように歩いている事を思うと、車道を歩くと理由もなくワクワクします。
左に三宮神社の鳥居が見えます。ここはトアロードとの交差点です。

f:id:pochinokotodama:20170523091108j:plain

 

トアロードを山側へ行くとすぐ三宮中央通りです。パレードは右方向からやって来ます。この場所はパレードの終点になります。
誰に言われる訳でもなく最前列の人は地面に座って見物をする、という行為を見るのはすごく久し振りの様な気がします。

f:id:pochinokotodama:20170523091208j:plain

 

再び花時計線に戻ると、朝日会館のエントランス広場では「KOBE JAZZ LIVE STREET」で、市民の方によるジャズ演奏が行われています。出番を待つバンドの方が楽しそうに演奏を聴いておられます。

f:id:pochinokotodama:20170523124545j:plain

 

生田神社の鳥居が正面に見える「いくたロード」も今日は歩いてもOKです。車道は、歩道のようにガタガタしていないので大変歩き易く、あちこちを見て回るのには快適です。

f:id:pochinokotodama:20170523093353j:plain

 

花時計線から南へ延びる浪花町筋です。正午頃なので皆さん適当な日陰を見つけて休憩中です。日差しがきついので帽子は被っていますが、水分を摂るように気を付けます。

f:id:pochinokotodama:20170523093433j:plain

 

花時計線の浪花町筋から東端のフラワーロードまで屋台が出ています。この暑さです。ビール屋台の誘惑にお父さんは堪りません。お母さんに内緒かな。どうやら子どもはジュースで口止めされたようですね。

f:id:pochinokotodama:20170523093558j:plain

 

京町筋は「サンバストリート」になっていて、色々なサンバグループが出演します。トラックにバンドとPAを載せて移動しながら演奏します。

このサンバグループは日伯(にっぱく)協会です。日伯協会は当ブログで記事にした事のある「海外移住と文化の交流センター」を運営しています。

一般財団法人日伯協会 - 日本とブラジルの架け橋 since 1926

神戸北野・風見鶏の館から元町へ - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20170523094207j:plain

 パレード参加者は、協会の関係者だけではなく一般の個人でも、申し込みをすれば参加出来るようになっています。

http://www.nippaku-k.or.jp/news/pdf/170521.pdf

f:id:pochinokotodama:20170523094227j:plain

日伯協会の名に懸けて、打楽器チームも人数を揃えています。

f:id:pochinokotodama:20170523094250j:plain

目を引くのは華やかなダンスチーム。カメラマンがぎっしりです。今は京町筋ですが、後ほどパレードに出て行きます。軽いウォーミングアップというところでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170523094326j:plain

 

賑やかな京町筋の 「サンバストリート」を南へ下り、ひとつ西側の筋・浪花町筋の「旧居留地15番館」前まで来ました。

受付を済ませたパレード参加者が、それぞれのグループ毎に集まっています。

f:id:pochinokotodama:20170523094404j:plain

 

参加者は前町通りを東方向へ、江戸町筋の集合地点まで行きます。

f:id:pochinokotodama:20170523132131j:plain

 

ここでプラカードを渡され、いよいよ出発地点まで移動します。

見ているこちらもワクワクします。

f:id:pochinokotodama:20170523094512j:plain

 

生田神社のグループです。大所帯のようです。

f:id:pochinokotodama:20170523094539j:plain

はぐれたらあかんで。ちゃんと付いて行きよ。

f:id:pochinokotodama:20170523094637j:plain

 

ここ東遊園地の西側で、待っていたパレード参加の車と合流します。
神戸サンバチームが自分たちの車と合流します。

神戸サンバチームも個人で参加出来るようになっています。

第47回神戸まつり の「新着情報」より

2017.4.6サンバ教室参加者募集!
5月21日のおまつりパレード等にサンバで参加を希望する人を対象に、事前にサンバ教室を開催します!初めての方にも初歩から指導しますので、ぜひご参加ください(参加料は無料、当日現地にて受付)。
日程:4月16日~5月14日の日曜日 13:30~
会場:メリケンパーク(雨天中止)
問い合わせ先:神戸サンバチーム TEL:078-882-5067

f:id:pochinokotodama:20170523094731j:plain

 

神戸サンバチームの後ろは、先ほどの生田神社のグループを待つ車です。

f:id:pochinokotodama:20170523094808j:plain

 

車を先頭に神戸サンバチームが出発地点に向かいます。 行きまっせ!

f:id:pochinokotodama:20170523095000j:plain

 

サンバチームは人気が高く、歩道はカメラマンや見物人が多くて通りにくいので、私は東遊園地の内を抜けて出発地点に向かいます。

「神戸まつり その2」に続きます。

神戸のA面は六甲山・摩耶山とすると鍋蓋山はB面?

17日(水)は霞んでいるかなと思っていましたが、意外と対岸の大阪南部がよく見えます。

見晴し台に行くまでに人の声が聞こえませんので、今日は人出は少ないかも知れないと思い、市ヶ原経由で摩耶山へ行く事にします。

f:id:pochinokotodama:20170519124439j:plain

 

 サツキの様子も気にはなりますが、ハーブ園には入らずパスします。

f:id:pochinokotodama:20170519124505j:plain

 

元気な葉っぱです。これからしっかりとした木陰を作ってくれるので、歩くのが楽しみになります。

f:id:pochinokotodama:20170519124637j:plain

 

紅葉茶屋の犬さんが道のど真中で一服です。お日さんと風が心地良いのでしょう。通る人の匂いを嗅いで詮索するような小者ではありません。

f:id:pochinokotodama:20170519124824j:plain

 

市ヶ原を過ぎて黒岩尾根が右に見える所へ来ました。まるで夏のような景色です。

中学生くらいの歓声が先ほどから聞こえています。結構な人数のようです。このすぐ先でトゥエンティクロスと摩耶山への分岐があります。彼らがどちらへ行くか、そこで分かるでしょう。

f:id:pochinokotodama:20170519124856j:plain

 

摩耶山へのコースを歩いて行くと、彼らの声がどんどん近くなってきます。

《同じコースを歩いているぞ。このまま行くと、お昼を予定している555ピークで追い付いてしまうなぁ、どうしよう。追い付き追い越し、引き離せるか?恐らく追い越しても引き離せる事は出来ず、山上まで歓声に付き合う事になる。よし、予定変更。》

摩耶山を止めて、ここの分岐からハーブ園方面に歩き、途中の分岐で市ヶ原に戻り、お昼にする事にします。

f:id:pochinokotodama:20170519124954j:plain

 

菊水山の電波塔と大龍寺が見えます。市ヶ原から大龍寺を経由して、菊水山(458m)の手前の鍋蓋山(486m)へ行きます。鍋蓋山へは2年間位行ってませんので、どんな様子なのか楽しみです。

位置関係は下記URLを参考にしてください。

地理院地図

f:id:pochinokotodama:20170519125115j:plain

 

ハーブ園と市ヶ原の分岐です。ここから市ヶ原に戻ります。

f:id:pochinokotodama:20170519125219j:plain

 

市ヶ原の櫻茶屋ですが、今日は休みです。木陰の風は涼しく、私以外にもお昼にしている方がいます。大龍寺へは柵の手前から川原に下りて橋を渡り、緩やかに上って行きます。

f:id:pochinokotodama:20170519125319j:plain

 

橋を渡ります。川原や木陰で休んでいるグループで賑やかです。

f:id:pochinokotodama:20170519130159j:plain

この橋は2015年の台風11号の増水で流されました。よく天狗道でお会いする方が、大龍寺方面から来られたら、橋が流されていたので、再度公園にある神戸市の公園事務所まで知らせに行ったそうです。そのあと再び必死で川を渡って櫻茶屋へ来たそうです。私は思わず「えーっ!増水の川を渡りはったんですか!・・・」と絶句しました。

この方は2月9日の記事でご紹介した方です。結構冒険家で色々やらかしていて、失敗をした時は、「あそこでこうしたら危険」とか教えて頂いていますが、最近お会いしなくなっています。コースを変えられたのかなぁ。

イメージ通りの摩耶山・雪ハイクになりました - pochinokotodamaのブログ

小さな岩場でも気を抜かずに足場を選びます。
毎日登山のように歩かれている方から、帰り道でこの辺りの岩場を下っている時、うっすらした雪なので無造作に足を置いたら、雪の下が凍っていて滑り、ズルズル下の道まで行った事があるので注意した方がええよ、と教えて頂いた事があります。幸いお怪我は無かったそうです。標高590m位です。

f:id:pochinokotodama:20170209134921j:plain

 

大龍寺までは アスファルトの退屈な道です。

f:id:pochinokotodama:20170519125424j:plain

 

大龍寺山門に着きました。山門左側の道を上ります。

f:id:pochinokotodama:20170519135707j:plain

 

上ると駐車場広場です。奥に見えるのは再度山(470m)です。

f:id:pochinokotodama:20170519135754j:plain


ここの自販機の片方は「水」しか入っていません。六甲全山縦走の時、縦走コースの神戸電鉄鵯越駅からここまで自販機が無いので、多分「水」補給の利用が多いのでしょう。もう1台は普通の自販機です。

f:id:pochinokotodama:20170519135822j:plain

 

鍋蓋山まで上り下りはありますが、淡々としたコースです。

豚まんが頭の中で浮かんだり消えたりします。疲れてきたのか?

f:id:pochinokotodama:20170519135902j:plain

 

鍋蓋山まであと5〜6分、見通しの利く所まで来ました。振り返ると右下にハーブ園山頂の建物、左に学校林道の4本鉄塔が見えます。

f:id:pochinokotodama:20170519135945j:plain

 

鍋蓋山に着きました。

右に菊水山の電波塔、奥に淡路島が見えます。当たり前ですが摩耶山からるよりも良く見えるので、意外と感動します。

写真の中央左下の辺りで煙が上がっているのが気になりますが、鍋蓋山からほぼ南のJR神戸駅方面を見ることにします。

f:id:pochinokotodama:20170519140127j:plain

 

JR神戸駅付近のビルや川重の工場が左側。奥に空港島の誘導灯も見えています。右の方は和田岬三菱重工です。

f:id:pochinokotodama:20170519221803j:plain

 

和田岬と、写真右側の大きな三角と白い建物の組み合せが「ノエビアスタジアム神戸です。サッカーJリーグの「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムです。

f:id:pochinokotodama:20170519221821j:plain

 

ノエビアスタジアム神戸」と右側は苅藻島方面。

f:id:pochinokotodama:20170519221836j:plain

 

建物に囲まれて緑の小高い岡(約50m)が会下山(えげやま)です。写真には写っていませんが、その左に前回の記事「神戸新開地音楽祭」の会場になった湊川公園があります。右側は駒ケ林方面。奥にうっすらと友ヶ島が見えます。

f:id:pochinokotodama:20170519221902j:plain

 

当ブログによく出てくる垂水から明石海峡大橋と淡路島です。代り映えしなくてスミマセン。

f:id:pochinokotodama:20170519235004j:plain

 

鍋蓋山で眺望を楽しんだ後は、来た道を大龍寺まで引き返し、そこから二本松、錨山経由で元町方面へ帰ります。
少し下った辺りで、正面に摩耶山山上の電波塔が見えます。いつもは電波塔の左の少し低い所からこちらを眺めています。

f:id:pochinokotodama:20170519140307j:plain

 

たいした休憩もせずに錨山まで戻ってきましたが、鍋蓋山からここまで約1時間半程かかっています。

午後3時頃には人家のある所へ下りる事を一応原則にしてるので、真面目に歩いてきたつもりやけど遅いなぁ。何でやろ、まあ、ええか。

f:id:pochinokotodama:20170519140333j:plain

 

ポートタワーはやはりランドマークです。裏山に登ればよく見えますが、私は遠くから見るよりも、近くに行って見上げる方が好きです。

茶色いラジエターみたいな兵庫県庁舎三兄弟は、えらい目立つ建物やなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170519140359j:plain


鍋蓋山だけを目的にハイキングするのはお薦め出来ませんが、修法ヶ原から約30分で行けますので、修法ヶ原とセットにする方が楽しいと思います。

「神戸新開地音楽祭」で、「もんたよしのり」はやっぱり神戸訛りでした。

13日(土)は「神戸新開地音楽祭」を楽しみました。

第17回神戸新開地音楽祭~2017年5月13日・14日に開催!

もんたよしのりスペシャバンド」が出演するので、「もんたよしのり」の現在が見たくて出掛けました。

六甲山、異人館、三宮・元町、旧居留地、中華街、メリケンパーク、ハーバーランドなどをA面の神戸とするなら、新開地はB面の神戸になるのでしょうか。

新開地という所の、おおまかな変遷はこちらをご覧下さい。

「新開地」まちの変遷 | 新開地のまちづくり | 新開地オモシロ情報サイト 新開地ファン

 

 「神戸新開地音楽祭」の会場になっている湊川公園に山手幹線の山側から入ると、海側に見えるビル屋上の鳥居が気になります。お稲荷さんでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20170515132201j:plain

 

午後3時過ぎの湊川公園メイン会場の人出はまだまだです。

屋外の会場なので、快晴の時は日差しと照り返しが強烈で、ついつい屋台の缶ビールを飲み過ぎてしまい、肝心のお目当ての演奏を聴く頃にはヘロヘロの事もありました。

今日は曇り空で暑くはないのでその心配は全くありません。

f:id:pochinokotodama:20170515210312j:plain

 

公園の山側は地道なので、下がぬかるんでいます。
また滑らないかと気になって歩き辛くはありますが、アルコールが入っていないので大丈夫です。

《調子こいてたら滑るぞ!懲りんやっちゃなぁ。(ダークサイドの私)》

公園を抜けて新開地商店街を昔の聚楽館の前まで行きたいと思います。

f:id:pochinokotodama:20170516003738j:plain

 

「神戸新開地音楽祭」の演奏は、公園の他にも商店街の様々な場所で行われています。

配られているパンフレットには、各ステージで演奏されるジャンルが紹介されているので、お目当てのステージに行き易くて便利です。

f:id:pochinokotodama:20170515133146j:plain

 

新開地商店街の入り口付近に人が集まっています。どうやら演奏が行われているようです。音が聞こえてきます。

f:id:pochinokotodama:20170515134046j:plain

ギターソロの弾き語りです。

f:id:pochinokotodama:20170515133933j:plain

 

公園側からは緩い下り坂のアーケード商店街を南へ、昔の聚楽館があった所を目指します。食べ物屋さんや居酒屋さんがあって、配偶者が話しかけてきても上の空の返事になっているようです。

f:id:pochinokotodama:20170515134138j:plain

 

古い映画のポスターやパンフレットが置かれている古本屋さんがありました。映画好きの配偶者が釘付けになってしまいました。

f:id:pochinokotodama:20170515134752j:plain

 

聚楽館があった所まで来ました。昔は映画館で娯楽の代表でした。母が「ええとこ、ええとこ聚楽館」と言っていました。私は連れて来てもらった事はありませんが、配偶者は一度来た様な気がすると言ってます。

今は複合レジャー施設となっています。

今日はここでUターンします。このまま商店街を南へ行くと串カツで有名な店や居酒屋さん、食べ物屋さんなどがあります。ついつい「吉田類の酒場放浪記」を気取りたくなって、「良かったですねぇ〜。あともう一軒行ってみたいと思います。」と、何をしに新開地に来たのか分からなくなる程の危険地帯です。

f:id:pochinokotodama:20170515134845j:plain

聚楽館があった頃の手描きマップの復元図ですが、市電の路線図が怖い。車輪が外れそう。

f:id:pochinokotodama:20170515134857j:plain

 

商店街を湊川公園へ戻る途中、子供時分を思い出す路地があります。

分かりづらいかもしれませんが、地面のグレーチング(鉄製のドブ板)がジグザグに置いてあります。なんでドブが直線やないのんやろ。

f:id:pochinokotodama:20170515140438j:plain

f:id:pochinokotodama:20170515140453j:plain

 

口寂しくなって、商店街でたこ焼きを買って、再び湊川公園に戻って来ました。どこか適当な場所で頂きます。

f:id:pochinokotodama:20170515140526j:plain

 

 フリーマーケットに出品される皆さんは、きのうの晩は準備をしながら、やきもきしたでしょうね。雨が上がって良かったですね。

フリーマーケットの裏側のベンチに腰掛けて、配偶者がビールを勧めてくれましたが、暑くは無いのでビール抜きでたこ焼きを頂きます。

f:id:pochinokotodama:20170515140611j:plain

 

たこ焼きで小腹を落ち着かせるつもりが、却ってお腹を空かせてしまいました。湊川公園の北側にある東山商店街にたまに買い物に来ますが、その時よく食事をする食堂でカツ丼を食べる事にします。

たこ焼きとカツ丼のお陰で、お腹は落ち着きました。そろそろ時間も良い頃になってきましたのでメイン会場に行くと、午後の3時頃に来た時とは比較にならないくらい、人が集まり始めています。

f:id:pochinokotodama:20170515142925j:plain

 

日も暮れかけてきました。青空になったぞ!よかった。

f:id:pochinokotodama:20170515142957j:plain

 

足元は相変わらず悪いですが、屋台にも行列が出来て盛況です。公園の照明にも灯りが入ります。会場の期待感が高揚して来るのが分かります。

f:id:pochinokotodama:20170515143024j:plain

 

もんたよしのり」の登場です。
彼は神戸出身で、実家は神戸東灘の芦屋に近い国道2号線沿いの布団屋さんだったと思います。
歌い始めると、あの独特のハスキーボイスは、私が思っていた彼の若い時の声と変わりません。びっくりです。彼の歌を初めて聞いてから37年も経っているのに心底感心しました。

曲の合間の話し方は、ゆるい神戸訛りで訥々としていて、やっぱり「もんたよしのり」や、と安心しました。
あっという間に演奏時間は過ぎてしまいましたが、最後の曲は皆が納得の「ダンシングオールナイト」で締めくくってくれました。

f:id:pochinokotodama:20170515143133j:plain

 

ライブを聴いて久し振りに「楽しい!」と思った満足の時間でした。 

メリケンパークの『KOBEメリケンフェスタ2017』へ

5月6日(土)は、メリケンパークで『KOBEメリケンフェスタ2017』のイベントが開催されていました。
ここのところ土曜日は天候に恵まれず、今日も雨の予報ですが、部屋でごろ寝とTVでは肩が凝りそうなので出掛けます。

タワーロードを通って、ポートタワーからメリケンパークに行きます。

浜手バイパスまで来ると、ポートタワーの鯉のぼりが良く見えます。真鯉と緋鯉と子鯉の3匹のようです。

あれ、5月1日のブログ記事では2匹に見えたのですが、見間違ったのでしょうか?画像編集ソフトで拡大してもはっきりしません。
《カメラのズームが、・・・!(ダークサイドの私)》

神戸市 北野浄水場跡地のサツキ - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20170509211903j:plain

 

進行方向右手に、鯉川筋のメリケンパークの入り口付近に置かれている、大きな鯉のオブジェ「フィッシュ・ダンス」が見えます。

フランク・オーウェン・ゲーリー(カナダ・トロント出身の建築家)が設計、安藤忠雄(建築家)が監修を担当しました。
以前、鯉の表面に使用している金網が錆びてきたので、錆防止のピンク色塗料で塗り替えて彼らの批判を浴びた事があります。私もひどい事をするなぁ、と思いました。その後オリジナルの仕様に戻されました。

f:id:pochinokotodama:20170509211951j:plain

 

土曜日です。曇天です。また雨予報が当たりそうです。天気が良いと、それだけでも何となく気分が浮き立つお出掛けになるのに残念です。

やはり鯉は2匹に見える、と思います。

f:id:pochinokotodama:20170509212021j:plain

 

新緑のモコモコとサツキの鮮やかさは、山でも海でも変わりません。

f:id:pochinokotodama:20170509212042j:plain

f:id:pochinokotodama:20170509212058j:plain

 

メリケンパークの海の側から、先ほどからヘリコプターの音がずっと聞こえてきます。見に行くと遊覧飛行のヘリコプターが降りてきました。

f:id:pochinokotodama:20170509212125j:plain

そこまで来ました。

f:id:pochinokotodama:20170509212153j:plain

間もなく着陸です。

f:id:pochinokotodama:20170509212221j:plain

着地の瞬間。おお、すごい風。子ども、踏ん張れ!

f:id:pochinokotodama:20170509212249j:plain

 

次のお客さんを乗せて飛んで行きます。

f:id:pochinokotodama:20170509212308j:plain
離陸しました。

f:id:pochinokotodama:20170509212324j:plain
沖に向かって飛んで行きます。約4分間のフライトだそうです。
高所恐怖症の私には足元が透けて見えるヘリコプターは恐怖の乗物です。

f:id:pochinokotodama:20170509212347j:plain

 

ヘリコプターが離陸したので山の方を見ると、今にも降りまっせと言わんばかりの空です。メリケンパークの鯉川筋付近のイベントを見るために、写真右側・東方向へ行ってみます。

f:id:pochinokotodama:20170509213354j:plain

上の写真の左側の芝生広場にブラジルの国花「イペ」が植えられています。芝はまだ養生中で広場の利用は出来ません。
先日「神戸市立海外移住と文化の交流センター」でもイペの黄色い花が咲いていました。

http://www.pochinokotodama.com/entry/2017/05/01/120611

f:id:pochinokotodama:20170509212920j:plain

 

飲食ブースではいろいろメニューが選べそうですが、空模様のせいかゆっくり物色する気持ちの余裕に欠けます。

f:id:pochinokotodama:20170509212941j:plain

 

『KOBEメリケンフェスタ2017』のイベントのひとつ「Japan Coffee Festival in KOBE 2017」が開催されている会場に来ました。大きな鯉のオブジェ「フィッシュ・ダンス」の海側で開催されています。
いよいよ雨がポツポツ降ってきましたので、ハーバーランドの方へ戻ります。

f:id:pochinokotodama:20170509213008j:plain

 

こちらでは「神戸ワイン&ビーフ祭」で試食や販売が行われています。目ぼしいものを見つけておきましたので、イベント会場を一渡り見てから立ち寄ろうと思い、やって来たらもう完売していました。
大きなテントはありますが、雨模様で満員になっています。

f:id:pochinokotodama:20170509213028j:plain

 

雨が強くなりそうなのでハーバーランドの「umie」へ移動します。屋外イベントには残念な天候の日でした。

f:id:pochinokotodama:20170509213052j:plain

 

雨の港を見ていると、朝の連ドラ「ひよっこ」で主人公がトランジスターラジオを作る場面が浮かび、「トランジスターラジオ→洋楽スタンド・バイ・ミー」と妄想しました。

www.youtube.com

小学生の私にとって、トランジスターラジオと洋楽は、モダンな娯楽を象徴する強烈な組み合せでした。

と、これで記事を公開する予定でした。

ところが昨日/11日(木)摩耶山から帰って来る時の事です。青谷登山口まで無事でしたが、突き当りを右へ曲がってすぐの所にお利口さんが居たので写真を撮ろうとした時、急な坂道の枯葉に乗って転んでしまいました。

f:id:pochinokotodama:20170512095826j:plain

カメラを庇おうとして変な転び方をして、手足のあちこちに擦り傷を作ってしまいました。しかし結局カメラを壊す羽目になってしまい、その日のうちに同型機を買いました。幸いSDカードは無事だったので、画像は取り出す事が出来ました。

お利口さん、びっくりしたやろ。ごめんね。

f:id:pochinokotodama:20170512095905j:plain

きっとダークサイドでカメラの不満ばかり言ってるから罰が当たったのでしょう。

配偶者からも「あなたの身体はあなたが思う程柔らかくないので、これを良い薬に今後気を付けるように。」と注意を受けました。

おっしゃる通りです。いい気になっていたのかも知れません。反省します。

摩耶山ハイクは賑やかでした

今日(5月5日)は良い天気で、新神戸から、摩耶山・掬星台へ向かいます。

明日は天気が悪そうなので人出が多いかも知れません。市ヶ原は混雑しそうだから避けて、ハーブ園を横切って東尾根から縦走路に合流します。
見晴し台の東側ではサツキが満開です。

f:id:pochinokotodama:20170508214135j:plain

 

メリケンパーク、ハーバーランドの風景です。

f:id:pochinokotodama:20170508214156j:plain

 

フジはもうしぼみかけていますが、空は高く、ハーブ園のロープウェイが忙しそうです。今日は沢山の人を運ぶ事になるのでしょう。

f:id:pochinokotodama:20170508214221j:plain

 

今時刻は9時50分頃です。ハーブ園は10時開園のはずですが、連休中はもう開園しているのでしょう、人が乗っているゴンドラが多いです

f:id:pochinokotodama:20170508221528j:plain

 

次々とゴンドラがやってきます。ハーブ園の山頂はきっと人で賑わっているかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20170508214325j:plain


記念写真用の白いフレームが置いてあります。フレームの内側の花の前に置いてあるベンチに座って撮るようです。カメラ台も設置されています。

f:id:pochinokotodama:20170508214352j:plain

 

4月29日の記事ではサツキがほとんど咲いていませんでしたが、今日はかなり咲いています。

桜とツツジと青空、一ヶ月ぶりの摩耶山です。 - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20170508214417j:plain

 

ハーブ園の山頂横を抜けて、大龍寺と菊水山の電波塔が見える所まで来ました。
さっきからブ〜ンと大きな羽音でクマバチが私の回りを飛んでいます。スズメバチとは違って毒性は少ないようですが、一度芦屋のロックガーデンでスズメバチに刺された経験があるので、気持ちの良いものではありません。

f:id:pochinokotodama:20170508214439j:plain

 

登り始めの見晴し台からの市街地の眺めと、全山縦走路・稲妻坂の555ピーク手前からの明石海峡大橋眺めとで、その日の大体の天候を予想します。

今日は湿気が少なく淡路島もよく見えるので、空気が乾燥しているかも知れないので、意識して水分を摂ることにします。

f:id:pochinokotodama:20170508214517j:plain

 

555ピークで木陰に入ってお昼にします。ハイカーやトレイルランナーが通過したり、一服したりして今日は賑やかです。

それでは、たまごサンドを頂こうとして口に入れると「あれ?魚臭い!」、パッケージを見るとツナサンドの表記。私はツナが苦手です。

「あぁ・・・」「誰のせいでも ありゃしない みんな俺らが悪いのか」

《尾藤イサオ気取りか。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170508215051j:plain

 

昼食を済ませた後、天狗道にある小さな岩場を上り切った所から、4本鉄塔越しにポートアイランドが見えます。対岸の大阪南部の上空に雲が横一文字にできています。

f:id:pochinokotodama:20170508215130j:plain

 

「イノシシのある展望地」から見る青谷は、勢いのある新緑でモコモコしています。ムシムシする暑さではないので、影にいると心地良いです。

f:id:pochinokotodama:20170508215207j:plain

 

4本鉄塔越しには神戸ポートターミナルが見えていますが、今日は入港しているクルーズ客船はないようです。

f:id:pochinokotodama:20170508215227j:plain

 

山上に着くとツツジがまだ残っています。

f:id:pochinokotodama:20170508215246j:plain


夏かなと思わせるような山上からの風景です。

f:id:pochinokotodama:20170508215411j:plain

 

掬星台の眺望は、ハイキングで来ても、まやケーブル・ロープウェイ利用で来ても楽しめます。

f:id:pochinokotodama:20170508215441j:plain

休日には掬星台のバス停付近に、たこ焼き屋さんも出ますから、ご安心ください。

f:id:pochinokotodama:20170508215625j:plain

 

自販機の横にも、後ろにも、八重桜が残っています。

f:id:pochinokotodama:20170508220424j:plain

 

ツツジもちゃんとあります。

f:id:pochinokotodama:20170508220506j:plain

 

前回と同じように「桜とツツジと青空」を満喫出来て楽しくなります。

桜とツツジと青空、一ヶ月ぶりの摩耶山です。 - pochinokotodamaのブログ

f:id:pochinokotodama:20170508220533j:plain

 

史跡公園には、さすがに桜はもう残っていません。

f:id:pochinokotodama:20170508220602j:plain

 

青谷道の静香園付近は青もみじが鮮やかです。

f:id:pochinokotodama:20170508220657j:plain

 

青谷登山口まで無事帰ってきました。大阪の上に横一文字の雲です。

f:id:pochinokotodama:20170508220728j:plain

 やはり摩耶山のお昼には、カレーパンもしくはコロッケパンを食すべし!

猫の集会はゴールデンウイークど真ん中

ゴールデンウイークやね〜。出掛けてるモン(者)も多いけど、集会に来たみんな、何かこれからの予定あるのん?

f:id:pochinokotodama:20170501133140j:plain

 

どこいっても人でいっぱいやから、ごろごろしてるわ〜。

f:id:pochinokotodama:20170501133202j:plain

 

わしはせっかくのゴールデンウイークやからな。

f:id:pochinokotodama:20170501133509j:plain

 

えっ、モンブランのおっちゃんどっか旅行に行くん?

f:id:pochinokotodama:20170501133531j:plain

 

誰が、旅行に行くねん。

f:id:pochinokotodama:20170501133605j:plain

 

えぇ?せっかくのゴールデンウイークや、って今言うたやんか。

f:id:pochinokotodama:20170501133640j:plain

 

旅行に行かなあかんのん?なんで?

せっかくのゴールデンウイークや、って言うただけで、必ず旅行いかなあかん決まりでもあるんですか?

f:id:pochinokotodama:20170501133812j:plain

 

いえ、いえ、ございません、わたしが悪うございました。すんません。

f:id:pochinokotodama:20170501133836j:plain

 

なんで、こどもの日はたんごの節句って言うか知ってるか。

f:id:pochinokotodama:20170501133921j:plain

 

突然ですね、そこにいきますか?知りませんけど。

f:id:pochinokotodama:20170501133942j:plain

 

それはアルゼンチンからきてるからや。

f:id:pochinokotodama:20170501134014j:plain

 

え〜っとアルゼンチン?もしかして、タンゴ、踊るやつですか?

f:id:pochinokotodama:20170501134201j:plain

 

当たり前やんか。たんごいうたら、タンゴしかないやろ。

f:id:pochinokotodama:20170501134236j:plain

 

失礼。モンブランのおっちゃん、とかおっしゃいましたね。

たんごの節句は、端午の節句と書きまして。カタカナではないのですが。

f:id:pochinokotodama:20170501134513j:plain

 

そうや、そうや、左京君の言う通りや、モンブランのおっちゃんそれは間違いやで!!

f:id:pochinokotodama:20170501162638j:plain

 

男の子の節句端午の節句やんか。

f:id:pochinokotodama:20170501134725j:plain

 

そうとも言う。諸説色々あるのであ〜る。

f:id:pochinokotodama:20170501134804j:plain

 

諸説っておっしゃいますが、さすがにタンゴの節句は無理があるかと思われますが。どうでしょう。

f:id:pochinokotodama:20170501134833j:plain

 

黒猫のタンゴって歌知っとおか?

古来より、まさしくこどもの日はネコの日でもあるのであ〜る。

f:id:pochinokotodama:20170501134014j:plain

 

黒猫のタンゴは昭和45年頃に流行った歌ですよね。歴史的に古来とは、いかがなものでしょうか。いかにも事実性が曖昧で、しかも真実性もかなり乏しいですねぇ。はっきり言ってこじつけ、としか言いようがないじゃありませんか。

ちなみに僕は黒猫ですがタンゴは踊りませんよ。

f:id:pochinokotodama:20170501161705j:plain

 

ちょっと待って、あんたが黒猫でタンゴが踊れん事くらい見たら分かるわ!

私はね、ネコの日があってもええと思うから、その黒猫のタンゴ説に賛成してるねん。皆でタンゴ踊って楽しそうやんか。

f:id:pochinokotodama:20170501135434j:plain

だいたい、左京君は理屈ばっかりやし。既成概念に囚われていて面白ないわ。そんな端午の節句の謂れなんか、スマホで調べたらすぐ分かる事やんか。

 

おやおや、それは心外ですね。僕は正しい事を皆さんにお伝えしようとしただけですよ。

f:id:pochinokotodama:20170501135513j:plain

 

あ〜!!その言い方勘にさわるわ〜!!正しい事が良いとは限らんと思うけど。時代によっても変わるやんか。
とにかく、5月5日はネコの日!!決まり!!

f:id:pochinokotodama:20170501135948j:plain

 

僕は信条として、個人の自由を尊重しています。ですから、あなたが5月5日をあなたにとってのネコの日と思われるのはご自由ですよ。でも、他人にあなたの考えを押し付けるのはいかがかと思いますよ。

f:id:pochinokotodama:20170501135858j:plain

 

あー、もー、イライラするわ〜その言い方、皆はどないなん!!私についてくるん!!それとも左京君に賛成なん!!はっきりして!!

f:id:pochinokotodama:20170501163642j:plain

 

なにもそんなに怒らんでも、どないしたん。落ち着いて。
皆びっくりしてるやんか、どっちもお互いを尊重せなあかんで。

f:id:pochinokotodama:20170501165400j:plain

 

フッ、尊重ね。

f:id:pochinokotodama:20170501140114j:plain

 

あ、左京君、今、鼻で笑うたんか。失礼やな、なんとも失礼な人やなあ!!

f:id:pochinokotodama:20170501165422j:plain

 

ネコの日やけど、ニャンニャンと言って、22日はネコの日としてスーパーなんかで缶詰を安くしてるんや。わしなんか、その日は普段食べられん上等なご飯にありつけるんやで。

f:id:pochinokotodama:20170501140514j:plain

 

どうゆうこと?

 

そやから、ネコの日は毎月22日がええ、という事やね。そしたら、お先に失礼。

f:id:pochinokotodama:20170501140729j:plain

 

エ〜ッ!!私の立場はどないなんのん!!

f:id:pochinokotodama:20170501135606j:plain

 

お取り込み中恐縮ですが。みなさん柏餅ですよ。まだたくさんあるから、機嫌を直して皆で仲良く食べてね。

さぁどうぞ。

f:id:pochinokotodama:20170501141033j:plain

 

 

ゴールデンウイークが天候に恵まれると良いですね。

神戸市 北野浄水場跡地のサツキ

週末の29日(土)は、中央区熊内へお昼頃に用事があるので歩いて行きます。その後は配偶者に提案した、北野浄水場跡地のサツキを見に行く予定です。
お昼前のフラワーロードからANAホテル、摩耶山が見えます。
天気予報では、午後に一時的にしっかりした雨が降り、雷が鳴るかも知れないとの事ですが、いまのところ良い天気です。念のため折り畳み傘を持っています。

f:id:pochinokotodama:20170430150920j:plain

 

用事が済んで昔の市電通りに出ます。写真の道を右に行くと王子公園、左に行くと新神戸になります。中央分離帯のサツキが満開です。北野浄水場跡地のサツキにも配偶者の期待は高まります。
が、空模様が怪しい。配偶者の顔も雲行きが怪しい。

f:id:pochinokotodama:20170430145955j:plain

 

新神戸からハーブ園ロープウェイの山麓駅前を経由して、浄水場跡地のサツキを上から見る事にします。浄水場跡地は右方向、奥に見える木の階段を上がって行きます。向こうに見える建物はANAホテルで、駅から海側を見ています。
が、空模様が怪しい。配偶者の顔も雲行きが一層怪しい。

f:id:pochinokotodama:20170430150052j:plain

 

ああ、降ってきた。雨粒がカメラに・・・。それも結構な雨脚で冷たい風まで吹いてきました。天気予報が的中です。
《予報が外れても許してやるつもりやったのになぁ。(ダークサイドの私)》
が、現実は厳しい。配偶者は黙り込んでしまいました。

f:id:pochinokotodama:20170430145832j:plain

 

雷まで鳴り出しました。

が、雨・風・雷にもひるまずロープウェイは働きます。
が、こちらは最悪の事態になっています。

この事態を何とかしようと、一旦新幹線の新神戸駅に陣を引き直し、様子見の雨宿りをしながら何か温かい物か、甘い物でも、と配偶者殿に言上し許しを得ます。

f:id:pochinokotodama:20170430153517j:plain

 

文字通り「待てば海路の日和あり」になって、再びロープウェイの山麓駅まで来ました。雨宿りした新幹線の新神戸駅が奥に、手前にANAホテルです。
天気の回復でサツキに期待は高まります。

f:id:pochinokotodama:20170430153828j:plain

 

北野浄水場跡地です。
あれーっ!サツキはどこや。えーっ。嘘やろ!

f:id:pochinokotodama:20170430153923j:plain


日陰にそれらしい雰囲気があるけど、一体どないなってんねん!
遅かったのか、早かったのか、花に詳しく無い二人には分かりません。

f:id:pochinokotodama:20170430153951j:plain

 

が、天気はどんどん良くなり、配偶者の好物のポートタワーが見えます。しかも何と、てっぺんに「鯉のぼり」2匹付きです。

f:id:pochinokotodama:20170430154022j:plain

 

諦め切れない二人は下の道(北野通り)まで下りて、確認です。写真左の石垣の所も昔はサツキがたくさん咲いていた記憶があるのですが、知らないうちにサツキの木は無くなっています。

f:id:pochinokotodama:20170430154321j:plain

 

あ〜、やっぱりあかんか。
期待は外れましたが、天気も良くなってきたので、北野通りを西へ歩いて帰る事にします。

f:id:pochinokotodama:20170430154055j:plain

 

有名な「風見鶏の館」を過ぎてハンター坂の少し西に、公開はされていませんが、こぢんまりした異人館風の建物があります。人は住んでいない様です。以前は荒れた様な雰囲気で、寂しかったのですが、補修されて建物が元気に見えます。塀に貼られたプレートに「神戸市教育委員会によって指定された、伝統的建造物です。」とあります。
正面です。坂がきついです。

f:id:pochinokotodama:20170430154453j:plain


側面です。海に向かって眺望が良さそうです。

f:id:pochinokotodama:20170430154515j:plain

 

建物の背山もモコモコしていて、背山全体がキラキラしているような気がします。

f:id:pochinokotodama:20170430154543j:plain

 

「神戸外国倶楽部」まで来ました。

何の花でしょうね?垣根に沿って咲いています。

f:id:pochinokotodama:20170430154618j:plain

 

トアロードの海側を見ています。ここでトアロードは、右のバス通りの諏訪山線、左の異人館通りと交差しています。

f:id:pochinokotodama:20170430154643j:plain

 

「神戸市立海外移住と文化の交流センター」で黄色い花が咲いています。ブラジルの国花「イペ」だそうです。初めて知りました。

イペの花

f:id:pochinokotodama:20170430154725j:plain
花で国旗を象っています。

f:id:pochinokotodama:20170430154752j:plain

 

北野浄水場跡地のサツキは残念でしたが、帰って来る道で色々な花を見れましたので、自宅に着く頃には二人とも機嫌はすっかり治っていました。