読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜とツツジと青空、一ヶ月ぶりの摩耶山です。

24日(月)は、新神戸駅から歩く一ヶ月ぶり摩耶山です。

張り切り過ぎてペースを上げないように自身に言い聞かせます。最初に飛ばすと後がもちませんからね。

見晴し台まで来ると日差しが強く、結構暑くなって来ました。薄着になってサングラスを掛けます。真夏の頃は、日差しに目が慣れるのか、サングラス無しでも平気ですが、この時期は掛けないと辛いです。
モコモコの新緑の斜面にロープウェイが見え隠れします。

f:id:pochinokotodama:20170427140231j:plain

 

神戸布引ハーブ園の門まで来ました。

このまま市ヶ原へ行くか、ハーブ園を横切ってハーブ園の東尾根に行くか迷いましたが、もしかしてハーブ園のある世継山の北斜面に桜が見れるかも知れないと思い、ハーブ園に入ります。
入ってすぐの生け垣が綺麗に剪定されています。

f:id:pochinokotodama:20170427140318j:plain

 

ロープウェイ中間駅から市街地を見ていると、日差しがまるで初夏のようです。街を見る時、晴れてモコモコの新緑が見えると、いよいよ身体を動かすのに良い季節がやって来たぞ、ワクワク感がちょっとあります。

f:id:pochinokotodama:20170427140339j:plain

 

奥に桜の名残がちらっとありますが、ハーブ園はもうこれから、手前にあるサツキの季節になってゆくのでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20170427140419j:plain

 

ハーブ園を横切って、東尾根を歩き、世継山の北斜面が見える所まで来ましたが、残念ながら桜を見る事は出来ません。

ちょっと遅かったなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170427140511j:plain

 

東尾根にはツツジが咲いていますが、しぼみかけの花もあり、今が見頃のピークかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20170427140635j:plain

すぐこの先で六甲全山縦走路に合流します。

おっ!今年初、トカゲを見ました。配偶者はトカゲとヘビが大の苦手で、ハイキングには殆ど同行しません。

f:id:pochinokotodama:20170427140624j:plain

  

555ピークまでもう少しの所から見る明石海峡大橋です。先週の土曜日はマリンピア神戸から大橋を見ていたのだ、と思うと急にビールが欲しくなり、しかもお腹まで空いて来ました。腹が減っても焦るな。焦ると転ぶぞ。

f:id:pochinokotodama:20170427140706j:plain

 

555ピークでお昼にします。ここもツツジが咲いています。

一ヶ月ぶりなので膝が痛くなる予防にアミノ酸ゼリーを摂ります。気休めかも知れませんが、気が休めば結構な事です。

ハンバーガーを食べて一息つきます。ほんまに、ええ天気や。

f:id:pochinokotodama:20170427140725j:plain

 

お昼を済ませて、歩き出して5〜6分くらいの所に桜が綺麗に咲いています。桜を期待していなかったので思わず見入ってしまいました。

追い越して行く若人グループが「わぁ!綺麗やなぁ!」。『仰せのとおり!』

f:id:pochinokotodama:20170427140745j:plain

 

天狗道のちいさな岩場の手前で白いツツジが咲いています。奥のボヤ〜と赤いのは、葉の方が目立ち始めた桜です。

f:id:pochinokotodama:20170427214318j:plain

 

前回来た時は茶色に囲まれていましたが、今日は緑色に囲まれ鎮座まします4本鉄塔です。ポートアイランド、空港島が見えています。

f:id:pochinokotodama:20170427140806j:plain

 

今日は月曜日なのに人が多いです。陽気が良くなって来たからでしょうね。

英語ではない言語を話す長身・短パン・Tシャツの白人男性3人組が、追い越して行きます。

ペラペラよう喋っとるけど、ドイツ語のような、そうでないような。分からん。

f:id:pochinokotodama:20170427140825j:plain

 

定番のビューポイント「イノシシのある展望地」から、右にポートアイランド、左に六甲アイランド。右の谷が青谷です。ここは標高約620mくらいです。

ここから直線距離で6〜7kmのポートアイランドの見え方は、東京スカイツリーが634mだから、東京スカイツリーから直線距離で6〜7kmの街の見え方という事になるのでしょうか。なるほどスカイツリーは高いなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170427140949j:plain

 

いつもの山上の展望地は、今日はグループで大変賑わっているのでパスして掬星台に行きます。

掬星台の桜を背に、

f:id:pochinokotodama:20170427141048j:plain

街を眺めたり、《イヤ、これはスマホ見とるなぁ。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170427141022j:plain

桜の下でポーズを極め込んで撮ったり、それぞれの娯楽が青空に似合ってます。

f:id:pochinokotodama:20170428094929j:plain

 

 この桜の葉が、子供時分から柏の葉と同じように見え、柏餅を連想します。恐らく色が多少似ているからなんでしょうがね。

思いもかけず掬星台で桜を楽しめて、ご機嫌さんになっています。

f:id:pochinokotodama:20170427141101j:plain

 

摩耶山山頂を背景にした史跡公園の桜も見事です。

やっぱり花と青空の取り合わせは安心感があるのかなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170427141121j:plain

 

時期的にメマトイなどの虫が多くなっているのかなと、気掛りでしたがそれ程でもなく青谷登山口まで帰って来ました。

今日は、桜とツツジと青空の一日でした。

f:id:pochinokotodama:20170427141138j:plain

 これからはサツキのシーズン。今週末は、北野にある浄水場跡地へサツキを見に行きませんか、トカゲの小さいうちに。配偶者殿、如何? 

明石海峡大橋の間近にマリンピア神戸

天気の安定している22日(土)に、ハイキングで摩耶山からいつもランドマークのように眺めている明石海峡大橋が見たくなりやって来ました。
垂水のマリンピア神戸にある「三井アウトレットパーク」からは、明石海峡大橋を間近に見る事が出来ます。

買い物だけでなく、ご近所の方の散歩コースにもなっているようです。

三井アウトレットパーク マリンピア神戸|神戸公式観光サイトFeelKOBE

f:id:pochinokotodama:20170425142847j:plain

 

垂水には漁港があり、春のイカナゴ漁の時期は、ここで水揚げされたイカナゴがすぐ鮮魚店やスーパーで売られます。各家庭では鮮度の落ちない間に「イカナゴくぎ煮」を作ります。

商品としての「神戸のイカナゴくぎ煮」もありますが、各家庭で味付けがそれぞれ違う「うちで作るイカナゴくぎ煮」が、「くぎ煮」だと私には思われます。

f:id:pochinokotodama:20170425142917j:plain


漁港のトンビも今は漁に出る時間帯のようで海の上に出たり、アウトレットパークを背に街灯で一服したりしています。

f:id:pochinokotodama:20170425142943j:plain

 

漁港に因んで「マリンピア神戸さかなの学校」があります。

塩づくり体験など海に関した体験イベントが開催されていて、アウトレットパークの海側にあります。

マリンピア神戸 さかなの学校|神戸公式観光サイトFeelKOBE

f:id:pochinokotodama:20170425143057j:plain

 

ヨットハーバーの「神戸フィッシャリーナ」に来ました。橋の向こうの淡路島はすぐそこに見えます。

ここにはイベント用の屋根付きの観覧席があり、良い具合に影が出来ていました。神戸土産の売店で買って来た缶ビールとおつまみを頂きます。

f:id:pochinokotodama:20170425143131j:plain


左は「レストラン」で、右に缶ビールを頂いた屋根付きの観覧席があります。

それにしても空のトンビが気になります。何を探しているのやら。

f:id:pochinokotodama:20170425143210j:plain

 

やっぱり明石海峡は行き来する船が多いなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170425143232j:plain

 

ヨットハーバーの横を、子供用の電動蒸気機関車が行きます。風はありますが、日差しは暑いくらいです。
マリンピアはゆる〜い空気だらけで、こちらも気が緩み放しになって、船を見たり散歩の人をボ〜ッと眺めたりしています。

f:id:pochinokotodama:20170425143256j:plain

 

遊歩道の左に防波堤があります。この防波堤は陸地から離れた所に作られていて、ここで釣りをする人は渡し船を利用しています。

f:id:pochinokotodama:20170425143357j:plain

 

海沿いにアウトレットパークの西の端まで来ましたので、ここから、何かあるかな?とショップ巡りをしながら東へ引き返します。

f:id:pochinokotodama:20170425143428j:plain

 

左の建物が「セントラル」。ここで配偶者は雑貨を、右の「ウエスト」で私はハイキングシューズやハイキングウエアなどを物色します。それからGパンも見ますが、う〜ん、今日は目星い物は無いか。

f:id:pochinokotodama:20170425143706j:plain

 

「アネックス」では今使っているハイキングシューズのメーカーが出店しているので、ここもチェックしますが思うような物はありませんでした。アウトレットの店にハイキングシューズはあまり出回らず、メーカーの通販サイトから購入する方が確実に手に入るようです。
《そやけど靴は普通試し履きせんと、あかんやろ。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170425143825j:plain

 

イースト」。ここでも以前履いていたハイキングシューズや、スニーカーの店があるので覗きます。

私はビールの酔いと日差しでボ〜ッとして来たのでベンチで一服ですが、配偶者は意欲満々で雑貨をチェックしに行きます。すごい。
イースト」前の広場のベンチに座っていると、左側に居る黒服の人が、何かイベントの準備らしき事を始めました。

f:id:pochinokotodama:20170425144058j:plain

 

準備をしながらの客寄せ口上に人が集まって来ます。どうやらけん玉を使ったパフォーマンスのようです。前の方へ行けばよく見えるのですが、私のお尻に根が生えて動けません。
配偶者が帰って来ました。手ぶらです。どうやら収穫は無かったようです。

《配偶者がトンビのように、アウトレットをくるくる回りませんように。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170425144213j:plain

 

日陰に入りたくなったので、「イースト」と「アネックス」の間の渡り廊下へ。

広場の遊具で遊ぶ子供の姿が見えたり、歓声が聞こえたりしています。

f:id:pochinokotodama:20170425144307j:plain


渡り廊下から海の方を見ると、写真では分かりづらいですが、街灯のポールと防波堤が交わっている右側に古タイヤがあります。

これは釣り人用の渡し船が、エンジンをかけたまま、舳先を古タイヤに押し付けた状態で、釣り人を乗下船させる為に置かれています。

f:id:pochinokotodama:20170425144354j:plain
拡大しましたが、これでもよく分かりませんね。ちゃんとズームで撮れば良かったのに、スミマセン。

f:id:pochinokotodama:20170425221543j:plain

 

 

風に当たっていると体が少し冷えてきたので、そろそろ帰ります。

良かった、トンビにならなくて。(ダークサイドの私)》

JR垂水駅までの送迎バスを待っている間に、自販機で暖かい物を買って飲んでいると目の前で魚が跳ねました。

お〜っ!偶然撮れた。

f:id:pochinokotodama:20170425144653j:plain


海や明石海峡大橋を見ながら、日や風に当たり、緩い緩い時間を過ごせたので、今夜はぐっすり眠れそうです。

「天満の天神さん」のお土産

天神さんへお参りしたお土産は、天神橋筋商店街の「噂のやおや~ラッキーベジタブル」の店先にありました。

噂のやおや~ラッキーベジタブル | 天神橋筋商店街1丁目2丁目3丁目

以前この店では好物の「宮崎産の割干し大根」を買った事があり、何気なく立ち寄った店先に、何と皮の色が薄い竹の子!これや、これや!

値段も手頃な京都・山城産の朝堀竹の子。今年は朝堀を諦めていたのですが、思わぬ掘り出し物に即購入。

f:id:pochinokotodama:20170418141227j:plain

 

 お店の人に湯がき方を聞いたら「これは朝堀の白子(しろこ)やから、ヌカや唐辛子を使わんでええよ。使わん方がおいしいよ。」と教えられました。白子(しろこ)という言い方は初めて聞きました。
湯がき方は教えられた通りにして、若竹煮で頂きます。

大正解です。風味一杯の竹の子に大満足です。

f:id:pochinokotodama:20170418141400j:plain

 

もう一つのお土産は、「喜八洲」の 焼もちと酒饅頭です。大阪に出掛けたら、JR大阪駅の南隣の大丸梅田店で必ず買って帰ります。
家に帰って、焼もちはフライパンで焼くとヨモギの風味が、酒饅頭は電子レンジで温めるとお酒の香りが楽しめます。
私の知人で、お酒を飲んだ後は必ず阪急の十三(じゅうそう)駅西口にある本店で酒饅頭を買い、帰宅途中の阪急京都線の車内で食べる変わった人が居ましたが、東京へ転勤になって、お酒の後の酒饅頭がさぞかし恋しいでしょうね。

みたらし団子 きんつば 酒饅頭:大阪・十三「喜八洲総本舗」

f:id:pochinokotodama:20170418141536j:plain

 

おいしい竹の子・焼もち・酒饅頭に配偶者の元気も増えたようです。

「ここは大阪だ」と思う、「天満の天神さん」辺り。

15日(土)は大阪の天神橋筋商店街へ出掛けました。目的はありませんが、一時期大阪で仕事をしていた事もあるので、何となく行ってみたくなりました。
JR大阪駅から天神橋筋まで、関西テレビのある扇町公園を通って歩いて行きます。

土曜日の午後の賑やかな扇町公園関西テレビです。
山は北、海は南という方角に馴染んだ神戸で生活している私は、どこまでも平地の印象の大阪は、ともすれば方角が曖昧になります。

f:id:pochinokotodama:20170417104543j:plain


桜が残っていました。神戸以外の桜を見る機会は余りありませんから、京都の桜に振られた配偶者はちょっぴりご機嫌です。

f:id:pochinokotodama:20170417104621j:plain


配偶者好みの風景です。面白いとは思いますが、私の好物ではありません。
《腹に何か一物持っとる奴の心象風景やな。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170417104652j:plain

 


天神橋筋商店街のアーケードにぎょうさんの鳥居。すごいな、大阪の発想かな。

神戸は小ジャレた事がエエと思う節があるから、チマチマした所があるなぁ。(ダークサイドの私)》

天神橋筋商店会

f:id:pochinokotodama:20170417104803j:plain

 

アーケード入り口に浄瑠璃人形。なるほど、京都から天満に移り住んだ近松門左衛門に因んでいるのかな。

f:id:pochinokotodama:20170417124233j:plain

 

 

天神橋筋商店街へ来たら、大阪天満宮へお参りに行きます。
伯母は上本町生まれの上本町育ちでしたが、よく「天満の天神さん」とか「天神祭り」とか言っていたので、何となく親近感はありました。京都の八坂神社のように観光色がてんこ盛りではありませんが、気張らない雰囲気はやはり「天満の天神さん」です。

大阪天満宮

f:id:pochinokotodama:20170417124949j:plain

 

楼門の大きなしめ縄と十二支です。

f:id:pochinokotodama:20170417125051j:plain

f:id:pochinokotodama:20170417125102j:plain

 

拝殿へお参りをします。健康で過ごせますようお願いします。
大阪はせっかちと言うけれど、境内はおっとりしています。

神戸の人間でもこらえ性のないガサガサした者も居ますからね。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170417125406j:plain

 

十二支の絵馬ですが、配偶者は戌がお気に入りです。
子、丑、寅

f:id:pochinokotodama:20170417125450j:plain

卯、辰、巳

f:id:pochinokotodama:20170417125521j:plain

午、未、申、酉、戌、亥

f:id:pochinokotodama:20170417125548j:plain

戌を拡大しました。

配偶者に言わせると、上目使いの物憂げな表情が可愛いそうです。
《配偶者の美意識はよう分からん。電柱のトランスが好きなくせして。落語家におりそうな、おっさんの犬やんか。しかし、頭・胴・足に梅の紋・・・う〜ん天神さんのか。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170417125651j:plain



夕方になったので、洋食の「らんぷ亭」に行きます。
お父さん、お母さん、ここのハンバーグは安くて美味しいですよ。

http://www.4bangai.com/shop104.html

f:id:pochinokotodama:20170417130049j:plain

私たちが気に入っているのが、ハンバーグセット/870円です。
ハンバーグ(180g)は硬過ぎず、柔らか過ぎず肉汁が沢山あって食べ易いです。付け合わせのジャガイモも風味があり、目玉焼きには軽く塩をしていて白身の旨味が引き立ちます。

f:id:pochinokotodama:20170417130116j:plain

セットにはご飯、みそ汁、ドレッシングをかけたキャベツが付きます。みそ汁は辛過ぎず私たちの好みで、キャベツのドレッシングも口に合います。大阪の味と言えば良いのでしょうか。ご飯は、大盛りにしても、お替わりしても追加料金は要りません。私たちは、ハンバーグで十分お腹が一杯になるので、大盛りもお替わりもした事はありません。

f:id:pochinokotodama:20170417130143j:plain



日が大分傾いてきました。食事も終えて、扇町公園通って再びJR大阪駅まで戻ります。

f:id:pochinokotodama:20170417130214j:plain

 

 

f:id:pochinokotodama:20170417130258j:plain

モンブランのおっちゃん、天神橋筋商店街モンブランいう喫茶店があるで。

喫茶モンブラン | 天神橋筋商店街1丁目2丁目3丁目

何やて!わし、聞いとらんで。誰に断ってモンブラン言うとんねん。

f:id:pochinokotodama:20170417130329j:plain

 いや、いや、あの〜、

おいしいハンバーグの店もありますし、行ってみはったらどないですか。

《お〜怖っ。猫は見掛けによらんなぁ。(ダークサイドの私)》

次回は大阪で買った自宅用のお土産をご紹介します。

4月10日(月) 神戸に桜の満開宣言が出ましたが・・・

神戸では、桜の満開宣言が10日(月)に出たのですが、私たちが住む中央区では、翌11日(火)は雨で、しかもお昼頃まで10mを超える強風でした。満開になり、あと1週間は花見が出来るかと思っていましたが、咲いていた桜は、こんもりした丸みを無くしました。残念です。
ただ運良く、10日(月)は神戸王子動物園へ出掛けていたので、満開の桜を見る事が出来ました。


小さい子供に手を振ってるつもり、かな?

f:id:pochinokotodama:20170413111119j:plain

 

遊園地の北側、少し高くなっている所から見ると桜、桜、桜・・・!

f:id:pochinokotodama:20170413112112j:plain

 

観覧車のゴンドラから、園内の桜が一望出来そうやけど・・・。
《この高所恐怖症、何とかならんか!(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170413112151j:plain

 

竜頭猫又コースター(本当の名前は「ドラゴンコースター」)は増結していて、二つに割れた尻尾が猫又ハウスに入り切れず、はみ出しています。
《「頭隠して、尻隠さず」やんか!(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170413114443j:plain


花も嵐も何のその。例えお客が一組とて、手抜きなしの全力疾走。
竜頭猫又コースターは今日も無敵の面構え。

f:id:pochinokotodama:20170413114520j:plain



摩耶山の中腹辺りではうっすら白いものが。もう山桜が咲き出しているのかな。

f:id:pochinokotodama:20170413114558j:plain

 


王子動物園異人館の「旧ハンター住宅」があり、館内が公開がされていたので入ってみました。

http://www.kobe-ojizoo.jp/area/hunter/

f:id:pochinokotodama:20170413114704j:plain


東側の1・2階ベランダ。

建物の向かって右側は、園外の駐車場と一般道路になっています。摩耶山からの帰り道に通る事もありますが、館内を公開しているとは知りませんでした。

f:id:pochinokotodama:20170413114743j:plain


西側の2・3階塔屋。

元は北野町3丁目にあったそうですが、異人館ブームの前に王子動物園に移築されています。もしそのまま北野町に在ったら、これだけ大きな異人館を公開して維持するのは大変だったかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20170413114802j:plain

 

1階の応接室(手前)と食堂です。

f:id:pochinokotodama:20170413115112j:plain

 

1階ベランダから、前庭と桜です。

ベランダに桜色の光が入ってくるようで、市川崑監督の映画「細雪」の嵐山のシーンが浮かんできます。どちらも桜色の光が印象的です

f:id:pochinokotodama:20170413114954j:plain

 

窓からの風は、外の景色もあるのでしょうが、春を感じます。

f:id:pochinokotodama:20170413115021j:plain

 

階段踊り場のステンドグラスです。解説によると「英国のジョージアン風の趣きで、英国から取り寄せた」そうです。

f:id:pochinokotodama:20170413115200j:plain

 

2階の居間です。

f:id:pochinokotodama:20170413115221j:plain

 

2階の寝室です。

f:id:pochinokotodama:20170413115253j:plain

 

2階ベランダの開けられた窓からの眺めです。ものすごく開放感があります。北野町の高台に在った頃は本当に眺望がよかったのでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20170413115712j:plain

 

異人館と桜」という、神戸観光の春定食を頂いた後は、配偶者ご贔屓のエゾヒグマの所へ来ました。

人と桜で賑やかですが・・・

f:id:pochinokotodama:20170413115751j:plain

我関せず、で寝ています。起こして機嫌が悪かったら怖いから、皆さん!静かにそっとしておきましょう。

f:id:pochinokotodama:20170413115816j:plain

 


最後にもう一度パンダさんを見て帰ろうかな。

f:id:pochinokotodama:20170413115952j:plain


また食べてるわ。お腹こわしたら、あかんで。

f:id:pochinokotodama:20170413120018j:plain


また来るからね。たまにお風呂入りや。

神戸・灘 「桜のトンネル」も満開でした。

7日(金)は、平日で降水確率は午前40パーセント/午後60パーセントなので、見物の人や車も多くは無いだろうと思い、「桜のトンネル」へ出掛けました。
「桜のトンネル」の坂道を上がって「摩耶ケーブル駅」から「箕岡(みのおか)公園」まで花見を楽しみたいと思います。
3月25日のブログ記事に、この辺りのイラストマップを掲載していますので、ご参考にどうぞ。

 

おお、見事にトンネルになっています。

それにしても京都の桜と竹の子が残念な結果で、配偶者は帰ってからもおとなしいままやなあ。よっぽど京都見物に入れ込んでたんやろねぇ。

f:id:pochinokotodama:20170409153642j:plain

 

お子達!市バスが来たで。道の真中やし、桜に気をとられてると危ないで。

道が予想以上に空いていて、雨も降っていなくて良かった。

f:id:pochinokotodama:20170409153714j:plain

 

行き先表示や車体に桜シールが貼ってあります。桜の木を右に左にかわしながら下りてきます。ここは下りの一方通行です。

摩耶ケーブル駅」経由の18系統だけが「桜のトンネル」を通ります。

f:id:pochinokotodama:20170409153750j:plain

 

歩くと案外の坂になってるなぁ、しんどい。

ハイキングの時に、これ位で「しんどい」と思った事も無いのに、服装がそれなりでないと疲れるのか?服を着過ぎで蒸せ上がっとんか?

子供達は普通に坂道を歩いています。う〜ん、自分も子供時分は歩けたはずやのに。《何百年前の話や!(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170409153819j:plain

 

トンネルの終点まで来ました。左に折れると「摩耶ケーブル駅」で、バス停があります。平気を装ってゆったりした歩調で、しかし気は焦りまくりでバス停のベンチへまっしぐら。

一服させてもらってお茶を飲もう。ハイキング道やったら何時でも、何処でも座れるのになぁ。

f:id:pochinokotodama:20170409153846j:plain

 

摩耶ケーブル駅です。今日は掬星台からの見晴らしが良くないから人出は少ないかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20170409153942j:plain

 

「箕岡(みのおか)公園」の桜も満開です。ここは有名な桜の名所ではありませんし、まだ朝の10時過ぎなので静かな花見が楽しめます。

f:id:pochinokotodama:20170409154018j:plain

f:id:pochinokotodama:20170409154028j:plain

 

公園を抜けて西側の道に出て海の方を見ていると、「坂バス」が上がってきました。民間が運営するコミュニティバスです。向かって左に折れて、「摩耶ケーブル駅」に行きます。「摩耶ケーブル駅」「阪急王子公園駅」「JR摩耶駅」「JR灘駅」「阪神岩屋駅」を循環する文字通り坂道を走るバスです。このバスは残念ながら「桜トンネル」を通りません。

f:id:pochinokotodama:20170409154120j:plain

 

再び「桜トンネル」に行きます。帰り道は下りになるので余裕です。
桜を「上から目線」で楽しみます。右折してトンネルに入って行くあの車も、おそらく花見のはず。

f:id:pochinokotodama:20170409154148j:plain

 

ハイ、ポーズ。パシャ!
ご近所のお母さんが、お子さん達とお花見です。車が少なくて良かったですね。

f:id:pochinokotodama:20170409154215j:plain

 

雨が降っていないので散歩の人も増えてきました。

2年前、摩耶山からの帰りに寄った時は、土曜日という事もあって車が一杯で気ぜわしく、花見を楽しむ事が出来ませんでしたから、今日は別世界のようです。

f:id:pochinokotodama:20170409154244j:plain

 

この道からも海が見えたのか。知らんかったなぁ。

f:id:pochinokotodama:20170409154313j:plain

 

後ろから市バス。
このバスは先刻「摩耶ケーブル駅」へ上がって行く時に出会ったバスです。ナンバープレートで確認出来ます。「JR六甲道」に行き、折り返して「三宮」に行くところです。

f:id:pochinokotodama:20170409154347j:plain


後ろの窓もシールまみれの市バスでした。

《貼り過ぎとちゃうのん。(ダークサイドの私)》

f:id:pochinokotodama:20170409154414j:plain

 

雨は降りそうにもないので、3月31日のブログ記事にある県警本部横や花隈公園の桜も見に行きます。

 

県警本部の下の桜は満開です。後ろの高い建物が県警本部です。

こちらも、幹に貫禄がある「桜トンネル」同様ベテランの木です。

f:id:pochinokotodama:20170409154447j:plain

近くの木も満開です。この辺りは事務所が多いので、仕事で通りすがった人が、携帯でパシャして行きます。

f:id:pochinokotodama:20170409154515j:plain

 

 

花隈公園の桜は、3月29日に見に来た時から10日程で提灯を隠すまでになっていました。

それにしても今年は花見にタイミングの悪い天気やったなあ。

f:id:pochinokotodama:20170409154553j:plain

f:id:pochinokotodama:20170409154605j:plain

配偶者の好物であるポートタワーも、顔だけですがこの公園からも見えます。

f:id:pochinokotodama:20170409154714j:plain

 

帰宅途中、桜の咲いている四宮神社さんに立寄りました。

配偶者は鳥居の朱色と桜の白っぽいピンク色の組み合わせに、花曇りの空が良いと言いますが、私は鳥居と桜に異議はありませんが、空は雲の流れる青空の方が好みです。

f:id:pochinokotodama:20170409154739j:plain

 

 

ところで桜トンネルに行きはった?

 う〜ん?眠たいから話は今度にしてくれる。

f:id:pochinokotodama:20170409154821j:plain

 

分かりました。おやすみなさい。

花見には無理がある京都でした。その2。

竹の子が買えなかったのは、3月末になっても寒かったし、雨も少なかったから出荷数が少ないに違いない、と自身を納得させようとします。配偶者はえらい静かになってしまいました。
《単に来るのが遅かっただけやろ。(ダークサイドの私)》

 

 三条京阪からバスに乗り、四条京阪で降りて八坂神社まで歩きます。四条通の突き当たりに八坂神社の西楼門が見えてきました。

あっ、道の真中を歩いてる人がおる。しかも道路と同色の服、恐ろしや。

f:id:pochinokotodama:20170405221432j:plain

八坂神社

八坂神社の正門である南楼門です。

f:id:pochinokotodama:20170405221755j:plain

去年の夏に来た時は南楼門の屋根の改修工事中で、全体が防護用シートで覆われていましたが、屋根にシートはもうありませんでした。楼門の北(内)側には少しシートが残っていましたが改修もほぼ終わったのでしょう。

f:id:pochinokotodama:20170405221823j:plain


八坂神社を抜けて、円山公園の「祇園枝垂桜」を見に行きます。
桜守(さくらもり)の方が、「祇園枝垂桜は見に来た人を憶えてるから、季節毎に顔を見せたって。」と言っておられたのが印象に残り、京都に行けば「祇園枝垂桜」を見に行くようにしています。

f:id:pochinokotodama:20170405221950j:plain

 

「ぼんぼり」は花見気分を、らしくするアクセントのようです。

f:id:pochinokotodama:20170405225616j:plain

 

何年か前、和服で京都を観光すると特典が有ります、みたいなキャンペーンをしていましたが、それが今も続いていて和服の女性が多いのかな。若い女性の和服は華やかで良いですね。

f:id:pochinokotodama:20170405225644j:plain

 

花見をする為の有料の床几台です。緋毛氈・座布団・ちゃぶ台が用意してあります。床几台を管理している屋台に飲物や食物を注文しなければいけません。持ち込みは出来ません。今日みたいに寒い日はレジャーシートに座るのは冷たいですから良いかも知れません。

f:id:pochinokotodama:20170405225710j:plain

 


体が冷えたので夕食は「うどんすき」にしました。

大阪が本店の「美々卯(みみう)」というお店に入りました。せっかく京都なのにわざわざ大阪のうどんを、と思われるでしょうが、ここの出汁とうどんが、自分のおいしいという感覚に一番ぴったりくるのです。特に寒い時期には堪りません。熱燗も頼んで、あ〜極楽。

“美々卯”商標登録「うどんすき」を中心とする麺類日本料理の老舗

 


お腹も気持ちも満足しました。桜の季節に京都に来ると、歓楽街を流れる高瀬川の夜桜を見る事にしています。
夕暮れの四条大橋を渡って高瀬川へ向かいます。左手のシルエットの建物は何かとTVの画面に出て来る中華料理の「東華菜館」です。

f:id:pochinokotodama:20170405231035j:plain



四条高瀬川近くで配偶者の好物がありました。

f:id:pochinokotodama:20170405231103j:plain

トランスです。「料亭ちもと」「東華菜館の壁」には興味はありません、いずれもトランスの引き立て役だそうです。

f:id:pochinokotodama:20170405231128j:plain

 

 

高瀬川の歩道は、お酒も入って上機嫌の人たちと一緒に、浮かれ気分で夜桜を見ながら、ゾロゾロと歩く楽しさがあります。ここの桜が私たちにとって夜桜No.1です。肝心の桜ですがチラホラの開花です。

f:id:pochinokotodama:20170405231205j:plain

夜桜には、冷やであれ燗であれ、やはり日本酒でしょう。

f:id:pochinokotodama:20170405231237j:plain

《酔うてるからいうて、ピンぼけ写真、変な設定にして真っ黒の写真ばっかし撮るな、しっかりせぇ。(ダークサイドの私)》

 


四条河原町の「高島屋」の地下食料品売り場に行きます。「とり市老舗」が出店しているので、もしや、の悪あがきですが、もしや、ではなく、もはや、ありませんでした。

《残念也、無念也。この悔しさ争かで晴らしてくれようぞ。おおそうじゃ、「鶴屋𠮷信」があるはずじゃ。此処にて菓子を求めん。配偶者殿、参るぞ!(酔っているダークサイドの私)》

 

日はとっぷり暮れて、京都駅に帰ってきました。おお、えらい冷える。酔いも醒めてきました。
帰ってからの抹茶とお菓子が楽しみです。

f:id:pochinokotodama:20170405231500j:plain

 

京菓匠 鶴屋吉信

買ったのは鶴屋𠮷信の京観世です。抹茶と頂きます。

 

f:id:pochinokotodama:20170406150101j:plain

京観世のうず巻きは時計回りなのに、慌て者の配偶者は手前の京観世の方向を間違えて置いています。ご確認ください。

京観世|お取り扱い商品|京菓匠 鶴屋吉信

ほんま、うず巻きに弱いなぁ。