風見鶏の館~新神戸駅裏の背山散策路をリハビリ散歩

昭和の「純喫茶」のBGM、みたいな季節もので「枯葉」です。

Cannonball Adderley「Autumn Leaves」

www.youtube.com


今週(11日)からは時々早歩きをして調子を見てください、と

カイロの先生から言われているので、13日(火)は北野の方へ出掛けて行きます。

 

自分の好きなペースで歩けるように、人通りの少ない道を選びながら、

5分間の早歩き、5分間のゆっくり歩きを繰り返し、

「萌黄の館」の裏手まで来ました。

f:id:pochinokotodama:20181114120515j:plain

裏口から見ても確かに異人館「萌黄の館」です。

f:id:pochinokotodama:20181114121925j:plain

裏口の反対にある正面入り口の山側には「風見鶏の館」があります。

f:id:pochinokotodama:20181114122626j:plain

 

ここまで腰の痛みはありません。

足も快調なので、図に乗って「風見鶏の館」の東隣にある

北野天満宮」の石段を上ってみると、流石に息が上がりそうになりますが、

一服せずに上がれたので、ちょっと自信が出てきました。

f:id:pochinokotodama:20181114125046j:plain

定番ですが「北野天満宮」からの眺めも楽しいですね。

f:id:pochinokotodama:20181114130134j:plain

 

足腰の調子は良さそうです。 

とりあえず新神戸駅までは、と決めていたので東へ向かいます。

f:id:pochinokotodama:20181116135045j:plain

異人館街「ウィーン・オーストリアの家」の西側の小道から新神戸駅まで

「背山散策路」と呼ばれる歩きやすいハイキングコースがあるので、

この道で足腰を試してみようと思い立ちます。

f:id:pochinokotodama:20181116135302j:plain

 

「背山散策路」に入ってすぐの所は、細い坂道・小さな側溝・石垣が

半世紀以上も前、まだ母方の祖父母が健在な頃の風景のようです。

f:id:pochinokotodama:20181114133652j:plain

 

5~6分も歩くと「港みはらし台」です。

f:id:pochinokotodama:20181114140635j:plain

「港みはらし台」は「うろこの家」の裏手にあるのですが、

ポートタワーが見えるとは気が付きませんでした。

夏場は蒸し暑く虫も多そうなので、私は余り訪れないコースだからでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20181114141116j:plain

後ろは山で、文字通り「背山散策路」を新神戸駅まで歩きます。 

f:id:pochinokotodama:20181114141341j:plain

 

「港みはらし台」から2~3分、分岐案内の道標があります。

左の階段を上がるとハイキングコースの案内石碑にあった「城山展望公園」、

直進すると「新神戸駅」です。今日は足腰の調子を見たいので直進します。

f:id:pochinokotodama:20181116141317j:plain

 

今までなかったのですがイノシシ除けの扉が出来ていました。

下の市街地にイノシシが入るのを防いでいます。

f:id:pochinokotodama:20181114142805j:plain

イノシシによって人が被害を受けるニュースが多くなったような気がします。

イノシシと衝突か、バイクの男性転倒し重傷 神戸 - 産経ニュース

 

イノシシの扉から約10分。

「ハーブ園山麓駅」が見えるロープウェイの下を通ります。

f:id:pochinokotodama:20181114144010j:plain

ここから道はジグザグの下り坂になります。

 

再びロープウェイの下を通ります。

膝が笑う程ではありませんが、足の運びがぎこちなくなっています。

約3週間ぐらい歩かないと、こうなりますか。

f:id:pochinokotodama:20181114145457j:plain

 

ANAホテルの東側まで来ました。真下に新幹線の新神戸駅です。

f:id:pochinokotodama:20181114194904j:plain

 

左の階段を下りてきました。

f:id:pochinokotodama:20181114202634j:plain

ここが「背山散策路」の新神戸駅裏の起点になります。

f:id:pochinokotodama:20181114203147j:plain

このコースを歩こうと思われる方は、

北野異人館街の起点は見つけにくいので、

新神戸駅裏から行かれる事をお勧めします。

f:id:pochinokotodama:20181114204225j:plain

また、おみ足に自信がお有りの方は便所スリッパでも構いませんが、

スニーカーを履かれた方がずっと楽かも知れませんね。

 

新神戸駅を潜り抜け、坂を上って来て左側の階段を上ると「背山散策路」、

直進すると布引の滝、市ヶ原等に行けます。

f:id:pochinokotodama:20181114205429j:plain

 

ここまで全く問題はありませんでしたが、

今回の腰痛で思っている以上に体が老けていた事が分かったので、

調子に乗らないように、と自分に言い聞かせつつ、

フラワーロードから山手幹線を歩いて帰ります。

神戸・旧居留地にも紅葉

私には、「秋」らしい曲

Fleetwood Mac「hypnotized」 です。

www.youtube.com


11月10日(土)、生田新道を三宮まで来ると、

色づいたツタをバックに、配偶者の大好物のトランスがあります。

久々に配偶者が撮影します。

f:id:pochinokotodama:20181111144354j:plain
このビルの1階に居るネコさんに呼びかけても、全く無視されます。

f:id:pochinokotodama:20181111145105j:plain

生田筋を三宮中央大通りまで下りてきて、元町方面を見ると

「ホテル ケーニヒス・クローネ 神戸」前の並木も色づき始めています。

f:id:pochinokotodama:20181111152845j:plain

交差点を渡って振り返った生田神社の鳥居は、ビルに挟まれて、

何となくこぢんまりと見えます。

f:id:pochinokotodama:20181111162002j:plain

 

さらに南へ1分、「朝日ビルディング」前の花時計線の花壇では

力強いススキが真直ぐです。

f:id:pochinokotodama:20181112093355j:plain

花時計線を渡り浪花町筋へ入ると、ここも紅くなり始めています。

f:id:pochinokotodama:20181112094548j:plain

六甲山では紅葉の見頃を迎えているそうですから、

来週には街中でもかなり見かけるでしょうね。

f:id:pochinokotodama:20181112095030j:plain

 

東西に走る仲町通まで下りてくると、ここから東遊園地まで

神戸ルミナリエ」の準備をしています。

f:id:pochinokotodama:20181112103026j:plain

期間は12月7日(金)から12月16日(日)までです。

「こんな早くから用意してたんやろか?」とは、通りすがりのお姉さん。 

ほんまや、早いかも知れんなぁ。

神戸ルミナリエ

 

ここから仲町通を西へ、大丸の方へ歩きます。

 

南北の通りの明石町筋まで来て、

南を見ると高架道路が見えますが、道路の下はもう海です。

f:id:pochinokotodama:20181112104856j:plain

北を見ると「旧居留地38番館」。

兄さん、兄さん、交差点のど真ん中を渡ったら、あきまへんで。

f:id:pochinokotodama:20181112110302j:plain

f:id:pochinokotodama:20181112113555j:plain

日差しを「暑い」ではなく「温い」と思える時期になってきました。

f:id:pochinokotodama:20181112112418j:plain

 

街中の紅葉狩りでも、さすがに食欲の秋、食べるものが欲しくなります。

思わず足が南京町へ向かいますが、人出の多さに圧倒されてUターンします。

f:id:pochinokotodama:20181112132405j:plain

 

何か紅葉らしい晩ご飯と考えながら、いつも買い物をしているスーパーへ

元町商店街を抜けてゆくと、兵庫県の特産品を扱う店があります。

ひょっとしたら何かあるかなと寄って行きます。

f:id:pochinokotodama:20181112140731j:plain

紅葉らしいかどうかかなり疑問ですが、美味しそうなので買ったのが、

シイタケと甘エビの干物、ヨモギ餅です。

f:id:pochinokotodama:20181112142639j:plain

網で焼くとシイタケは一層風味が強くなり、バターを載せて頂きます。

f:id:pochinokotodama:20181112143525j:plain

甘エビの干物を肴に、美味しいお酒となりました。

f:id:pochinokotodama:20181112144045j:plain

シイタケの軸は炊き込みご飯に入れます。

f:id:pochinokotodama:20181112145457j:plain

これはカボチャではありません、紅葉の時期らしく柿です。

f:id:pochinokotodama:20181112163516j:plain

こじつけで黄色ならOKという事で、ポテトサラダを作りました。

f:id:pochinokotodama:20181112163404j:plain

最後に紅葉に全く何の関係もありませんが、スーパーで安かったブリを買い

南蛮漬けにしました。

鷹の爪を散らせば良かったと気付いた時はもう後の祭り、食べていました。

f:id:pochinokotodama:20181112163604j:plain

何にせよ食欲の秋、美味しく頂ければ満足、満足。

神戸ポートタワー、メリケンパーク辺りからハーバーランドまでリハビリ散歩

11月3日(土)は天気が良く、家でじっとしているだけでは息が詰まりそうなので、

散歩に出ます。

10日(土)位までは長い時間歩き回らないようにと言われていますので、

腰を下ろせる場所があちこちにあるポートタワー辺りへ出かけます。

 

タイトル「Fresh Airだけで曲を選びました。

Quicksilver Messenger Service「Fresh Air

www.youtube.com


青空にポートタワーは出来過ぎですが、それでも見飽きません。

f:id:pochinokotodama:20181105122102j:plain

 

ポートタワーのある中突堤に、客船の「飛鳥Ⅱ(50,142t)」が入港しています。

5万トンは傍で見ると大きいですね。

f:id:pochinokotodama:20181105123656j:plain

 

人の流れが賑やかなメリケンパークへ向かっているので、

何があるのか見に行きます。

 

メリケンパークでは、

日差しを避けてテントの影で休憩したり、ステージを見たり、

大勢の人が思い思いに過ごしています。

f:id:pochinokotodama:20181105140528j:plain

 

「ロータリーデーひょうご五国+ワールドフェスタ」という

イベントが開催されていて、

ステージには兵庫県下の「ゆるキャラ」が並んでいます。

f:id:pochinokotodama:20181105133911j:plain

毎年5月に行われる「神戸まつり」に参加している神戸のゆるキャラ

ワケトン」と「キャプテンタワー君」もステージ上にいました。

f:id:pochinokotodama:20181105135336j:plain

 

屋外のイベントには屋台は欠かせません。ましてや食欲の秋ですからね。

空気が乾いているのでビールは効きますよね。

f:id:pochinokotodama:20181105142740j:plain

 

30分近く歩いてきたけれど、腰が痛くならないので

メリケンパークの東の端まで行ってから一服します。

f:id:pochinokotodama:20181105143548j:plain

途中で手渡された「灘の酒蔵探訪」のパンフレット。

見ていると、そろそろ燗酒を欲しくなる季節、

ちょっと酒蔵探訪したくなります。

f:id:pochinokotodama:20181105145401j:plain

 

メリケンパークの東端に来るとアオサギがいます。

f:id:pochinokotodama:20181105205134j:plain

アオサギは京都の鴨川でよく見かけますが、海岸で見た記憶は無いので、

配偶者が「あっ!アオサギや!」と言った時、

「また慌てもんが!海にアオサギがおる訳ないやろ。」と思ったのですが、

調べてみると海辺にも生息しているようです。

 ※アオサギ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動 を参照しました。

 確かにアオサギです。魚を狙って集中しているのでしょうか。

f:id:pochinokotodama:20181105210848j:plain

 

向かいの新港第1突堤に停泊している、帆船「海王丸」を眺めながら、

ベンチで一休みします。

暑過ぎず寒過ぎず、潮風もサラッとしていて気持ち良い天気です。

f:id:pochinokotodama:20181105213303j:plain

 

 中突堤に戻ってゆくと、「オルタンシアの鐘」というオブジェが目に入ります。

メリケンパークを舞台に実施された第1回神戸ファッションフェスティバル(1989年)を記念して作られたものです。
「オルタンシア」は、神戸市の市花「あじさい」のことで、1日4回鐘を鳴らしていましたが、阪神淡路大震災で被災した後は鳴らしていないそうです。

f:id:pochinokotodama:20181106095806j:plain

 

こちらは以前にもご紹介した「BE KOBE」のモニュメント。

神戸・メリケンパークの春は「Sittin' On The Dock Of The Bay」 - pochinokotodamaのブログ

ほんの少し前まで、ここで記念撮影する人達が順番待ちをしていました。

神戸に来たことを証明する撮影スポットになっているようです。

f:id:pochinokotodama:20181106095833j:plain

 

突堤に戻りもう一度「飛鳥Ⅱ」を見て行きます。

左側の「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」と、

同じくらいの容量があるのかなぁ、と思ってしまいます。

f:id:pochinokotodama:20181106100109j:plain

ここまで腰の調子も良くて、ハーバーランドの「モザイク」や「umie」にも、

行けそうです。

f:id:pochinokotodama:20181106100154j:plain

 

バス専用駐車場に観光バスが停車していて賑わっています。

イベントもあるので行楽地の雰囲気がいっぱいです。 

f:id:pochinokotodama:20181106100127j:plain

京都祇園の「花見小路」や大阪の「ミナミ」界隈の賑やかさには、

騒々しく感じて、疲れる事もありますが、

神戸の街の大きさでは、これ位の賑わいが丁度良いかなと思います。

f:id:pochinokotodama:20181106100234j:plain

 

ハーバーランド側から見ても大きいなぁ。

f:id:pochinokotodama:20181106100316j:plain

ポートタワーを背景に「飛鳥Ⅱ」を撮るため、モザイクの高浜岸壁まで行くと、

結構な風が吹き抜けています。ウロウロと撮影場所を探し始めると、

配偶者から「体を冷やして腰が痛くなった時の二の舞になるで!」と言われ、

写真は諦め、風の無い「umie」で一服して散歩を終了させます。

思ったより順調に回復していて気が楽になりました。

体を冷やすと腰痛になるのかなぁ。

沢山の方からお見舞いを頂きました。

ありがとうございます。

 

先週の月曜日(10月22日)に診察してもらった外科病院で、

今週10月29日の月曜日に再診察を受けたところ、

これからは痛みも和らいでゆくので大丈夫、

と診断され気が楽になりました。

 

という事で、気楽に聴ける

Joe Bonamassa「Drive」です。

www.youtube.com

 

腰痛の原因で思い当たるのは・・・

そろそろセーターが要るかなと思い、10月20日の土曜日のお昼過ぎ、

散歩がてらハーバーランドへ物色に行きます。

 

この日は良い天気なのですが、

風が強く長袖のシャツ1枚ではまずいなぁ、と思いつつも

空と雲を見ていると、ついつい寒さも忘れてしまいます。

f:id:pochinokotodama:20181030095546j:plain

 

トム・クルーズ主演の映画「コラテラル」で、

ロサンゼルスの風景がビルに映り込んでいるシーンのようです。

しかも雲が風で流れているので、見飽きません。

f:id:pochinokotodama:20181030101737j:plain

これは写真に撮っておこうと、得心が行くまで辺りをチョロチョロします。

どうやらこの時すっかり体を冷やしてしまったようです。

 

この後は「umie」にある「Right-on」で、イメージ通りのセーターがあったので、

即買って、ご機嫌でハーバーランドのモザイクへ向かいます。 

 

モザイク2階から高浜岸壁を見下ろすと、手前の黒テント横に「やきいも」の幟。

f:id:pochinokotodama:20181030142633j:plain

「この時期『焼いも』を食べると、ええねんで。」と、

「そすう (id:prime__number)」さんの記事を配偶者が教えてくれました。

www.better-fortune.net

 

対岸の大阪南部にある和泉山脈の稜線がよく分かります。

港めぐりの遊覧船「コンチェルト」 が停泊する高浜岸壁でくつろぐ人の右は、

メリケンパークの「オリエンタルホテル」。

沖の建物はポートアイランドの建物です。

f:id:pochinokotodama:20181030144340j:plain

 

南へ進み、建物からちょこっと出ている角の様な観覧車まで行きます。

f:id:pochinokotodama:20181030202922j:plain

観覧車はいつも岸壁側から見ているのですが、

今日は、このままモザイク2階を南へ行くと直ぐにある

アンパンマンミュージアム」側から観覧車を見る事にします。

f:id:pochinokotodama:20181030203740j:plain

おっ、ええやん!

ポートアイランドに架かる赤い神戸大橋が奥に小さく見えて、

ここから見る観覧車も良いですね、と自画自賛

f:id:pochinokotodama:20181030205322j:plain

 

下の岸壁を覗くと、一風変わった自動車が集まりだしたので1階へ下ります。

丁度、遊覧船「コンチェルト」 が接岸作業の真っ最中で、

それを眺める人の向こうにポートタワーがひょいと顔を出しています。

f:id:pochinokotodama:20181030212241j:plain

 

下は風が吹き抜け、しかもモザイクの建物の影になっていて結構寒く、

買ったばかりのセーターを早速着て、何とか人心地がつきました。

 

岸壁で何かイベントがあるようで、自走して来たり、

車両運搬車に載って来たりした車が並んでいます。

オーナーの方から撮影やナンバーもそのままでブログに載せても良い、

と許可を頂いたのですがナンバーはぼかします。

f:id:pochinokotodama:20181031101715j:plain

アニメ映画の「カーズ」みたいです。

実車で作ってしまう人がいるんや、と感心しました。

f:id:pochinokotodama:20181031102100j:plain

この他にもアメリカのパトカーのような車があったりしたのですが、

体がかなり冷えて来たので、煉瓦倉庫前を通り、

JR神戸駅近くにあるスーパーで「焼いも」を買って帰ることにします。

 

台風で被害を受けた煉瓦倉庫は修理中です。

f:id:pochinokotodama:20181031104731j:plain

修理前のレンガ倉庫の写真はこちらの記事にあります。

神戸・ハーバーランドの空と港は見飽きません。 - pochinokotodamaのブログ

振り返って見ると、向かって左の神戸港信号所は今は使われていないのに、

右の川重のクレーンとセットで今も働いているように見えます。

f:id:pochinokotodama:20181031105819j:plain

この後スーパーで買い物をして帰るのですが、

体が冷えて腰が少し痛い位だったのが、翌日の日曜日はかなり痛み、

寝返りが難しくなってきました。

 

月曜日(10月22日)に近くの外科病院で診察を受けたところ、

診断は、加齢で背骨が変形していて、重い物を持ったり、

強い力が体に加わったりすると腰痛になる、との事でした。

多分からだが冷えて硬くなっているところに、覚えはないのですが、

何かの拍子に強い力が加わって痛みが出たのでしょう。

湿布薬を処方して貰い、様子を見ることになりました。

 

体が自分が思っているより老けているのがショックでした。

 

また木曜日(10月25日)には、

時々お世話になっているカイロプラクティックでも診てもらい、

来週の週末(11月3日)位には痛みもとれると思うが、良くなってきたからといって、

ウロウロ歩き回らないように、と釘を刺されました。

痛いのはこりごりなので、体の取り扱いには注意をしたいと思います。

フライ物好き

何にしようか迷った時、フライ物を作ると我が家では波風は立ちません。

 

配偶者が好きな カルメンマキ&OZ「空へ」です。

www.youtube.com

 

今日は魚肉ソーセージ、サーモン、ジャガイモの3種類です。

f:id:pochinokotodama:20181018111139j:plain

フライ物を揚げる前に、具材に小麦粉をまぶして溶き卵にくぐらせてパン粉を付けますが、今日は溶き卵に粉チーズ、牛乳、塩コショウを入れてチーズ風味がするようにしてみます。

f:id:pochinokotodama:20181020193906j:plain

サーモンで思い出しました。
40年ほど前ですが、友人の結婚式に招かれてホテルの宴会場に、学生時代のバカ仲間が10人近く顔を揃えました。

育ちのガサイ私たちはテーブルマナーを知らないので、

「とりあえずナイフフォークは外から順に使って、おかしな具合になったらボーイさんに言うたらええ。」

と教えてくれる者がいたので、ちらちらと彼の方を見ながら、かなり緊張して食事をしていました。

f:id:pochinokotodama:20181020194401j:plain

何品目か忘れましたが、スモークサーモンが出てきました。まだその頃スモークサーモンは、私たちにとって今程馴染みのある食べ物ではありませんでした。
見たところニンジンかなと思ったのですが、そんな事はないだろうと、とりあえず少しだけ食べてみると、これはおいしいスモークサーモンと分かりました。
私の食べる様子を見ていた隣の席の友人が

「何や?」

と訊くので、彼が私と同様ニンジン嫌いなのを知っていましたので、咄嗟に

「ニンジンや。嫌いやろ、俺が食うたるで。」

と言って彼の分を食べてしまいました。
こんな嘘はすぐばれてしまうものですが、緊張もほぐれてガヤガヤとなってきた時、スモークサーモンが美味しいという話になり、私の嘘はあっさりばれてしまいました。

f:id:pochinokotodama:20181020170831j:plain

確か蟹が出ていたと思うのですが、何があったのか皿から蟹が勢い良くテーブルの真ん中まで飛び出して来たり、喉が渇いたと言ってフィンガーボウルの水を冗談ではなく飲む者がいたりした、遠い時間の場面が浮かびました。

何時しか音信が途絶えたけれど、笑顔の彼らは息災にしているだろうか。

 

 

思い出にぼんやりとしていると、フライが出来てきました。
左端がサーモン、真ん中はジャガイモ、右は魚肉ソーセージです。
今日は衣にチーズ風味がするようにしたのが大正解です。

いつもよりずっと香ばしくて食べやすく、食べ過ぎに注意です。

f:id:pochinokotodama:20181020163927j:plain

 

「鍋キューブ」を出汁にします。団子は塩味を付けた小麦粉を水で溶いて程良い硬さにしてからスプーンですくって出汁の中に落とします。他に具材は鶏もも肉、うすあげ、白菜です。

配偶者の両親の郷土・宮崎の「だんご汁」です。

フライと一緒に頂きます。食べ応え十分です。

f:id:pochinokotodama:20181020164248j:plain

 

食後は店頭で一目惚れした鹿児島の「黒糖カステラサンド」です。

ほの甘さと、「鈴カステラ」のような食感が期待通りです。

f:id:pochinokotodama:20181020165824j:plain

 家に波風を立てないフライ物は偉大です。

神戸・中山手通の関帝廟

先週は色々と気を揉むことがあったり、朝晩はめっきり涼しくなっても身体が慣れてくれなかったりで、二人とも疲れ気味です。

 まぁそれでも何とかなるやろ、みたいな感じで

Creedence Clearwater Revival「Proud Mary」です。

www.youtube.com

 

14日(日)は良い天気なので、ご近所まわりの散歩で気分転換を図ります。

f:id:pochinokotodama:20181015134945j:plain

 

神戸中華同文学校の西の端まで来ると、「ここから観光地ですよ」のような道標があります。

壁にあるプレートには「1913(大正2)年3月13日 孫中山先生来訪之地」と刻まれていて、孫中山(孫文)がこの地へ来たことが記されています。

f:id:pochinokotodama:20181015134646j:plain

近くにある兵庫県庁の敷地にも孫中山(孫文)が、有名な「大アジア主義講演」を行ったというプレートがあります。

f:id:pochinokotodama:20181016085930j:plain

 

 

中華同文学校から歩くこと5~6分で、南京町の「春節祭」や「中秋節」で臨時に祭壇が設けられる「関聖帝君」の廟・「関帝廟」があるので足を延ばします。

「関聖帝君」とは「三国志」に登場する実在の武将「関羽」のことで、商売繁盛の神様としても信仰されています。

f:id:pochinokotodama:20181015144624p:plain

今年の南京町春節祭」では、孫悟空猪八戒沙悟浄三蔵法師と共に

祭壇へ参拝しています。

神戸南京町の春節祭 - pochinokotodamaのブログ

 

関帝廟の山門です。

少し南に行くと山手幹線があり、その海側には花街で栄えた花隈地区があるのですが、今はこの辺りは静かな住宅地で、華僑の方が普段の生活の中で利用される色合いが濃い所と思われます。

関帝廟の紹介などは

一般社団法人中華会舘 | The Institute of zhonghua-huiguan 

を参考にしています。

f:id:pochinokotodama:20181016091535j:plain

三宮の生田神社のように観光客がいるわけでもなく、人の話し声が聞えてきますが、ひっそりとした雰囲気です。

f:id:pochinokotodama:20181016201754j:plain

 

山門へ入ると鮮やかな天井画が飾られていて目がゆきます。 

f:id:pochinokotodama:20181016094245j:plain

画の謂れは分かりませんが、色使いや模様を見ていると大袈裟かも知れませんが、やはり文化が違うのかなぁと思います。

f:id:pochinokotodama:20181016101047j:plain

 

中門、別名「登龍門」とも言われています。

中門の右に居る唐獅子は雄で、写真では分かりづらいですが、唐獅子の持っている小判にお札を当てて右回りにさすると金運に恵まれるそうです。 

f:id:pochinokotodama:20181016102430j:plain

記念撮影用の「関羽」と案内板が、観光を多少は意識はしているのでしょうか。

 

中門の左には子供の唐獅子を抱いた雌の唐獅子が居て、子供の唐獅子をさすると子宝に恵まれるそうです。

f:id:pochinokotodama:20181016103403j:plain

雄の唐獅子も、雌の唐獅子も撫でまわされたようには見えないので、人がひっきりなしにやって来る所でも無さそうです。

 

中門の柱は台湾檜の一刀彫で、黄河龍門の鯉が龍になる故事になぞらえているそうです。

f:id:pochinokotodama:20181016110052j:plain

建物の様々な所に獅子や龍が設えられたり、春節中秋節のお祝いに獅子や龍が舞うのも、その開運力を敬うからでしょうね。

 

本堂の屋根の上に大きな青龍が迫力十分に居ます。

f:id:pochinokotodama:20181016113115j:plain

北京の紫禁城と同じ皇帝色の瓦の上に飾られていて、宝玉をつかんで、お互いにらみ合っている青龍をみると幸せになるという言い伝えがあるそうです。

  f:id:pochinokotodama:20181016112226j:plain

 

青空と爽やかな風は有難いです。

例え見慣れたご近所巡りでも、リフレッシュしたような気がします。